image-10

 

甲斐です。

 

今回はネットビジネスに必ず役立つ「オススメ書籍」をご紹介しようと思います。

 

コピーライティングの専門書籍なのですが、文章を書かない人でも

ビジネスのヒントになる考え方や、戦略が要所要所に散りばめられています。

 

ブログやメルマガを使ったアフィリエイトをされていて

コピーライティングの重要性に気づかれているのであれば、

是非手にとって頂きたい”良書”と言える一冊です。

 

これだけでも、ビジネスの売上げを大幅に増やす事はもちろん、

一生涯にわたって使えるスキルを習得できますので、

短期的なお金だけではなく、将来的に得られるリターンを考慮すると、

その費用対効果はありえないほど高いと思います。

 

ザ・コピーライティング〜心の琴線にふれる言葉の法則〜

ジョン・ケープルズ【著】

神田昌典【監訳】

斎藤慎子、依田卓巳【訳】

ザ・コピーライティング〜心の琴線にふれる言葉の法則〜(ジョン・ケープルズ、神田昌典)

 

「ザ・コピーライティング〜心の琴線にふれる言葉の法則〜」は、

”76年読み継がれてきた伝説のバイブル”と称されるほど、

古くから世界中のコピーライターに愛されてきた書籍です。

 

「広告の父」と呼ばれるデビット・オグルヴィも

”今までで一番役に立つ広告の本である!”と絶賛しており、

コピーライティングの基礎から応用までを、”個人的な感情や考え方”は一切抜きに

科学的根拠に基づいて研究した「人間の深層心理」と共に学ぶことができます。

 

”感覚的”ではなく、”具体的な根拠”の元に

コピーライティングの原理原則を学べるという事です。

 

著者のジョン・ケープルズ(1900~1990)は

アメリカで58年間活躍し続けた伝説的なコピーライターです。

 

「科学的根拠に基づいた広告」を追求したコピーライターとして

最も有名な一人かもしれません。

 

その功績が認められて出身のアメリカでは”殿堂入りコピーライター”であり、

”広告業界殿堂入り”もしている人物ですので、

世界中のコピーライター、広告に今でも多大な影響を与えた偉人です。

 

監訳者である神田昌典氏は

「日本一のマーケッター」に選出された事もあり、

日本で最も有名なコピーライターの一人だと思います。

(厳密に言うと「経営コンサルタント」のようですが・・・)

 

国内のコピーライティング関連で”良書”だと言われている

有名書籍の大半に、なんらかの形で携わっている方ですが、

それはつまり実力、実績、信頼などを認められているという事だと思います。

 

”携わっている方”と言っても自らが著者であったり、監訳であったりと

バラバラですが、「神田昌典」が手がけている書籍とあれば

”一度読んでみよう”と自然に思ってしまう人もいるほどです。

 

私自身も神田昌典氏の出版された書籍は

この「ザ・コピーライティング」以外にも、有名どころで言えば

「伝説のコピーバイブル」など、他にも何冊か手にとって学びましたが、

心底”学んでおいてよかった”と思っています。

 

「広告の父」デビット・オグルヴィが学んだ7つの原則

 

「ザ・コピーライティング〜心の琴線にふれる言葉の法則〜」は、

全430ページにもわたってコピーを学べる大ボリュームですが、

その1ページ毎に全く無駄はなく、1ページめくって読み進めるたびに

”大きな発見”と”目から鱗”が落ちるような感覚になると思います。

 

そして、その全てを読み終わった時には、

76年間読み継がれてきたコピーライティングの原理原則が

自然にスッと腑に落ちてきているので不思議な感覚です。

 

内容はボリュームが全く気にならないほど読みやすく、

終始スラスラ読めるので、あっと言う間に読み終わりますが、

綺麗にポイントがまとめられており、何度も読み返して勉強できます。

 

コピーの書き方、見出しの書き方、広告戦略、レイアウト、マインド・・・

今の自分に足りないもの、文書にたりないものをピンポイントで復習する事で

読み返すたびに新しい発見がある書籍です。

 

「広告の父」デビットオグルヴィが”一番役に立つ”とまで絶賛し、

この書籍で学んだ事は大きく分けて”7つ”だと言われています。

 

  1. 成功(最大限の費用対効果)へのカギは、広告のあらゆる要素を絶えずテストすることにある。
  2. どう言うかより、何を言うかの方が重要。
  3. ほとんどの広告では、見出しが一番重要。
  4. 1番効果的な見出しは、相手の「得になる」とアピールするか、「新情報」を伝えるもの。
  5. 中身のない短い見出しより、何かをきちんと伝えている長い見出しのほうが効果的。
  6. 一般的な内容より、具体的な内容の方が信用される。
  7. 短いコピーより、長いコピーのほうが説得力がある。

 

この”7つの原則”を習得することで、

ネットビジネスの売り上げに与える影響は計り知れないと思います。

 

それこそ私はデスクに置いていつでも読み直せるようにしていますので、

文章を書く前、書いている最中、書き終わった後、

ここからヒントをもらって書き直したりしています。

 

コピーライティングのスキルの他にも、ネットビジネスに限らず、

”ビジネス全般”に通用するビジネスマインドも身につきますので、

ただの「コピーライティング書籍」というよりも

色々な書籍や情報商材で文章の勉強したけどイマイチ伸び悩んでいる方、

ビジネスアイディアに困っている方、コピーライターを目指している方、などなど

幅広くオススメできる「ビジネス書籍」だと思います。

 

更に「ネットビジネス」に特化して学びたい方はThe Million Writing「ミリオンライティング」

 

「ザ・コピーライティング〜心の琴線にふれる言葉の法則〜」は

ビジネスに幅広く活用出来るコピーライティングを学ぶことができますが、

ネットビジネスに焦点を当ててコピーライティングを学ぶのであれば、

宇崎恵吾さんのThe Million Writing「ミリオンライティング」が逸脱です。

 

金額的にも「ザ・コピーライティング」は税抜きで3200円、

「ミリオンライティング」は3980円とほとんど同じくらいなので、

情報商材では珍しく、非常に安価で手に入れることができる

本当に価値あるコピーライティング教材です。

 

どちらかが一方が優れているというわけではありませんので、

両方とも”超優良”コピーライティング教材です。

 

もしも可能なのであれば、

「ザ・コピーライティング〜心の琴線にふれる言葉の法則〜」と、

『The Million Writing「ミリオンライティング」』を、

両方手にとって学ぶことが望ましいと思います。

 

率先してコピーライティングを”学ぶか学ばないか”で

今後の収入が左右するといっても決して大げさでも何でもありませんので、

アフィリエイトに限らず”文章でお金を稼ぐ”という選択を選ぶのであれば、

多少無理してでもコピーライティングは学んでおいた方がいいと思います。

 

強いてどちらか片方だけ学ぶのであれば、

アフィリエイトなどのネットビジネスに活用するなら「ミリオンライティング」

一般的な広告、例えば新聞や通販広告などであれば「ザ・コピーライティング」

コピーライティングを極めたいのであれば、やはり、「両方」ですね。笑

 

どちらのコピーライティング教材にも通じて言えるのは、

ただのデタラメではなく「科学的な根拠やデータ」に基づいて

人間の深層心理の原理原則に沿って作られた教材だということです。

 

なぜ、ネットビジネスで稼ぐためにコピーライティングが必要なのか、

それを理解できている方は是非学んでみてください。

 

「ミリオンライティング」には”365日間の無条件返金保証”がついていますので、

教材内容が気に入らなければ教材は手元に残ったまま、

メール一通送れば無条件でお金は返金してもらえます。

 

コピーライティングやネットビジネスに興味がある方には、

どちらにとってもいいキッカケになる教材です。

 

世界中のコピーライターが手に取った一冊の書籍と、

情報業界トップのコピーライター二人が手がけた教材を手に取り、

新たな収入の柱を確立させましょう。

 

「ザ・コピーライティング」にはありませんが、

「ミリオンライティング」には私からも特典をつけていますので、

興味があれば、目を通してみてください。

 

ミリオンライティングの詳細レビューはこちら

 

それでは。

無料メルマガ講座はこちら

トップメニューへ戻る

 

ネットビジネス基礎講座一覧

ネットビジネスで成功するために必要な準備

ネットビジネスで成功するために必要なスキル

ネットビジネスで成功するための最短最速のビジネスモデル

アフィリエイトとは。

ツイッターアフィリエイト講座

ツイッターの完全自動化

動画で稼ぐという選択肢

WordPressの基礎全般講座