甲斐です。

今回はコピーライティングのスキル向上に役立つ
多種多様な文章の書き方を学べる一般書籍を取り上げていきます。

つい先日、近所の某有名大型書店で手に取った
「究極の文章術」という書籍です。

こちらですね。

文章読本の名著90冊から抽出した「究極の文章術」

著者:ひらのこぼ

文章読本の名著90冊から抽出した「究極の文章術」(ひらのこぼ)レビュー

「究極の文章術」は、
国内の有名作家、ライター達が日頃から心がけている
文章のポイントやテクニックを簡潔に集約した一冊です。

実際に書店で販売されているライティング書籍の一部を、
各著者の紹介と共に転載、引用するようなスタイルになっています。

なんと、その出典、参照元になっている書籍数は90冊。

90人の文章のプロ達が駆使している卓越したスキルをまとめたものが、
「究極の文章術」というタイトルの由来になっているということですね。

なので、本書の著者である「ひらのこぼ」さんが、
「究極の文章術」を持っていたり、
それを解説するわけではありません、、、。笑
(ひらのこぼさんもプロのコピーライターです。)

どうやら、「ひらのこぼ」さんが、
過去に出版された「文章上達術」の本を何百冊も読んだ中で、
特に名著だと感じた90冊の書籍を厳選して、
各著者に一部の掲載許可を取ったのだそうです。

しかも驚くことに、”各ページ毎に講義が入れ替わる”ので、
「文章」という分野において非常に豊富なエッセンスを
たった一冊の書籍を介してふんだんに取り入れることができます。

勿論、90項目同士で被っていたり、
類似している点などはありません。

一度に「90通りの文章術」を学ぶことができますので、
なかなか珍しい構成で、”お得な内容”だと思います。

究極の文章術の内容

「究極の文章術」の主な内容は、

  1. 発想術-なにを書くか
  2. 構成術-どんな順序で書くか
  3. 表現術-どう書くか
  4. 説得術-どうやって共感を呼ぶか?

上記の4部構成に分かれています。

セールスレター、論文、報告書、手紙、小説、など、
読み手側の書く文章のテーマやジャンルに生かせる項目をはじめ、
”同じ文章”でも畑違いな、異なる切り口や観点を並行して学べます。

こうして専門外の分野を知り、理解を深めることで、
客観的に文章を見つめ直すことにも繋がります。

例えば、ビジネスでセールスレターを書くのであれば、
作家のストーリテリングや、個人宛の手紙の書き方から、
これまでにない新たな着想を得ることもできますよね。

”あえて”専門外の分野から学ぶことで、
コピーライティングのスキルを向上させるということです。

究極の文章術でタメにならない、無駄な項目はないのか?

「究極の文章術」は、

  • コピーライター
  • 雑誌の編集長
  • 塾講師
  • 新聞記者
  • 大学教授
  • 言語学者
  • 文学者
  • コラムニスト
  • エッセイスト
  • 歌人
  • 小説家
  • 芥川賞・直木賞作家
  • 翻訳家
  • 評論家
  • 経営コンサルタント

など、あらゆる文章のエキスパートから、
独自の文章作りの”極意”に該当するポイントを学ぶことができます。

他分野がごちゃ混ぜになりすぎている点について、

「結局は何も肝心なところは学べないのでは?」

という懸念も購入前にはあったのですが、
実際に読んでみると、全然そんなことはなかったです。

全編通して、タメにならない、無駄なところはないと思います。

各項の最後に本書の筆者独自の見解を踏まえた
解説、要約で締めくくって次項へ進む、という感じですから、
サクサク進むわりに意外と”分かりにくさ”を感じることもありません。

その辺は「ひらのこぼ」さんによって、
うまくまとめられていると思いました。

きちんと自分の中に”腑に落ちる感覚”が掴めた上で、
一冊丸ごとインプットしていくことができますので、
只々、ページをめくって読み進めていくたびに、

「こんな方法があるのか」

「こんな感じで使うんだ」

という、新たな発見と、イメージが湧いて、

「さっそく取り入れてみよう」

と、実践してみたくてウズウズするんじゃないでしょうか。

一般的に、文章を執筆した著者個人の、
”単一的な視点や考え方”を学ぶ書籍が大半を占めている中で、
大勢の文章を書くプロ達の”キモ”となっている部分を
ストレスを感じることなく、掻い摘んで学べるという書籍は、
「究極の文章術」の他を探しても早々見つからないと思います。

勿論、全体的な内容としてはバラバラですし、
そこまで体系的にまとめられている書籍ではないのですが、
所謂、「テクニック集」のような一冊を求めているという方には、
この一冊で「90通りの文章術」を学べるのでオススメですね。

ただ、コピーライティングに限らず、
先立つ「基礎的な文章力」を培うのが目的なのであれば、
まずは体系的にまとめられている書籍を読んでおいた方が、
より本書の各項目に対する理解が深まると思います。

全体的な内容としては読みやすくて、
ライトな一冊なんですけどね。

おそらく、いきなり「究極の文章術」を手に取って、
「90通りの文章術」を掻い摘んだとしても、
それを十分に”生かすこと”は難しいでしょう。

つまり、”一冊目”に手に取るべき書籍ではなく、
”二冊目、三冊目以降”に手に取るべき書籍だということです。

その後は、「究極の文章術」を足掛かりにして、
特に参考になった項目の著者が出版している”原著を購入する”というのも、
コピーライティングのスキル向上に役立つのではないかと思います。

もしも、文章を書こうと思っても筆が止まって頭を抱えたり、
納得できる文章が書けなくて伸び悩んだときには、
一度に「90人の文章講師」を選りすぐることもできるということです。

そんな「究極の文章術」は、
全206ページ、本体価格1500円(税抜き)です。

どこかで見かけたら手に取ってみてくださいね。

お勧め書籍一覧はこちらから

それでは。

無料メルマガ講座はこちらから