甲斐です。

今回はせどり転売ビジネスで稼ぐための必須アイテム
「古物商許可証」の取得方法について解説していきます。

せどり転売の古物商許可証とは?個人と法人で変わる取得方法と手順を解説

「古物商許可証(古物商)」とは、
簡単に言えば、中古商品を取り扱うための「免許」になります。

自宅の不用品を販売するだけであったり、
新品商品だけを取り扱うのであれば必要はありませんが、
原則「中古商品」を商用目的で販売するには必要です。

なので、せどり転売で稼いでいる人が
「古物商許可証」を所持してない場合、
法律違反となり、罰せられることがあります。

「古物営業法違反」による刑罰は、
「無許可営業」だと3年以下の懲役又は百万円以下の罰金です。

その他にも、古物営業法は違反内容によって様々な罰則があるため、
今後、せどり転売で稼ごうとお考えであれば、必ず取得してください。

ただ、少々厄介なのが、せどり転売を、

「個人で取り組む場合」

と、

「法人として取り組む場合」

では、「古物商許可証」の取得方法や手順が変わるという点です。

一体何がどう違うのか、
それぞれのケースを紹介していきます。

※各都道府県によって詳細が異なる場合もあります。

古物商許可証を個人が取得する方法と必要な書類

個人が古物商許可証を取得する方法を解説します。

必要な書類は以下の通りです。

  • 本籍記載の住民票(申請者、管理関係者)
  • 戸籍謄本
  • 登記されていないことの証明申請書(登記印紙代:400円)

住民票と戸籍謄本は市役所又は区役所で入手できます。

登記されていないことの証明申請書は法務局で入手するか、
法務省に電話で問い合わせて入手することができます。

上記の書類が用意できましたら、あとは簡単です。

まずは、警察に電話をかけて、
「古物商許可証の取得を希望」という旨を伝えて、
管轄になっている警察署を聞いてください。

次に、実際に教えてもらった管轄の警察署へ赴き、
「古物商許可証の取得を希望」と伝えてください。

すると、担当の課へ案内されますので、そこで、

  1. 古物商許可証の説明書
  2. 古物営業の誓約書
  3. 古物商許可証の申請書
  4. 経歴書

上記の4点をもらうことができると思います。

続いて、事前に用意した書類と、受け取った書類に
必要事項を記入してください。

※「虚偽申請・届出」も罰則対象なので、
記入漏れや訂正箇所がないか要確認してください。

特に問題がないようであれば、
管轄の警察署へ必要書類を提出してください。

※古物営業の許可を受ける場合は19000円の手数料が必要です。
(古物競りあっせん業の認定を受ける場合は17000円の手数料が必要)

必要書類提出後、40日以内に連絡がきますので、
管轄の警察署にて古物商許可証を受け取ることができます。

古物商許可証を法人が取得する方法と必要な書類

法人が古物商許可証を取得する方法を解説します。

必要な書類は以下の通りです。

  • 法人の定款(古物売買の取り組みに関する文言が必要)
  • 法人の履歴事項証明書
  • 誓約書(法人用)
  • 経歴書
  • 本籍記載の住民票
  • 市区町村長発行の身分証明書
  • 登記されていないことの証明申請書(登記印紙代:400円)
  • 賃貸契約書類

※原本と写しの2部を提出します。

上記の書類が用意できましたら、
先述した個人の取得方法と同様の手順を踏んでください。

記入事項に訂正箇所や間違いがないか、
確認を忘れないようにしてくださいね。

あとは提出した書類に特に問題がなければ、
40日以内に連絡がきますので、
管轄の警察署にて古物商許可証を受け取ってください。

法人営業の場合も古物営業の許可を受ける申請手数料として、
個人と同じように19000円が必要です。
(古物競りあっせん業の認定を受ける場合は17000円の手数料が必要)

古物商許可証における個人と法人の違い

古物商許可証の取得方法の解説は以上です。

上述したように、基本的に法人営業と個人で違うのは、
申請のために用意しなければいけない必要書類です。

ただ、あくまで解説したのは一般的なケースであって、
詳細は各都道府県で違いますので、
説明書をしっかりと呼んでから申請してくださいね。

これであなたも何の心配もなく、思う存分、
せどり転売ビジネスで稼ぐことができると思います。

より具体的な稼ぎ方や、お勧めのノウハウに関しては、
他のブログコンテンンツや、無料メールマガジンで公開しています。

こちらはせどり転売ビジネスに限らず、
ネットビジネスで稼ぐべくして稼ぐための情報が満載なので、
もしも興味があれば、併せて参考にしてみてください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから