甲斐です。

今回はGoogleアドセンスを始めるためには避けては通れない
「アドセンスアカウント」を取得するまでの審査の手順を解説していきます。

Googleアドセンスの審査は全二回にわたって行われます。

はじめに「一次審査」の手順を解説したあと、
順を追って「二次審査」の手順を解説していきたいと思います。

Googleアドセンスの審査で押さえておくべきポイントは、
以下のページに全てまとめていますので、参考にしてください。

>Googleアドセンスの審査申請用の準備

今からGoogleアドセンスを始めようと考えている方は
是非参考にして頂ければと思います。

それでは、早速参りましょう。

Googleアドセンスの一次審査

Googleアドセンスの一次審査の準備として、
「アドセンスアカウント」の取得手順を解説していきます。

まずは「Googleアドセンス」のサイトにアクセスしてください。

以下のページが表示されます。

ad1

上記ページ内の「今すぐ開始」をクリックしてください。

すると、以下のページが表示されます。

ad2

上記ページの左側下部の赤枠で囲ってある
「アカウントを作成」をクリックしてください。

すると、以下のページが表示されます。

ad3

上記ページでは「入力事項」があります。

以下の通りです。

・ウェブサイト

あなたが準備している審査申請用ブログのURLを入力してください。

※現在は独自ドメインでなければ申請できないようです。

・コンテンツの言語

あなたが準備している審査申請用ブログで主に使用している言語を入力してください。

上記の入力が終わりましたら、
入力事項に間違いや訂正箇所などがないか確認してください。

特にそういった問題がなければ、
「次へ」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

ad4

上記ページでは入力事項があります。

以下の通りです。

・国または地域

現在お住まいの居住区名を入力してください。

・タイムゾーン

・アカウントの種類

「個人」または「ビジネス」から選択してください。

・お支払い受取人の名前

報酬が確定された際の振り込み予定先にしている

銀行口座の氏名と一致している必要があります。

・住所

・電話番号

・AdSense を知ったきっかけ

当てはまるものを選択してください。

・メールサービスの設定

アドセンスに登録するGoogleアカウント(Gmailアドレス)宛に

Googleアドセンスから様々なフォローメールが届きます。

入力事項に間違いや訂正箇所がないか確認してください。

特に問題がなければ、
「お申し込みを送信」をクリックしてください。

以上で、Googleアドセンスの一次審査への申請は完了です。

一次審査は機械的にコンテンツを判断されるだけなので
審査結果の通知にそこまでの時間はかからないと思います。

合否通知のメールは早くて翌日、
遅くとも一週間前後で送られてくるのが一般的です。

Googleアドセンスの二次審査

引き続き、Googleアドセンスの二次審査では、
機械的にコンテンツを判断されるだけの一次審査と違い、
実際にアドセンス広告を貼り付けてみて、人の目視による審査が行われます。

先述した一次審査を通過することができれば、
Googleアドセンスに「ログイン」することができるようになります。

すると以下のページが表示されます。

ad5

上記ページの赤枠で囲ってある
「広告の設定」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

ad6

上記ページの赤枠で囲ってある
「広告ユニット」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

ad7

上記ページでは広告の「名前」を入力して、
「サイズ」「広告内容」を選択してください。

「名前」と「広告内容」は自己確認用なので、
特に何かに影響するわけでもありません。分かれば何でもいいです。

「サイズ」も特に広告スペースに問題がなければ、
審査中に掲載される広告は空白状態になり結局見えないので、
そのままのデフォルト状態でも構いません。

引き続き、「保存してコードを取得」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

ad8

上記ページでは「広告ユニット」が作成されます。

赤枠で囲ってあるのが「広告ユニット」になりますが、
この「広告ユニット」を審査用ブログにコピー&ペーストします。

では一度、審査用ブログにログインしてください。

無料ブログであれば「テンプレートの設定、もしくは編集」、
ワードプレスであれば「テンプレートの編集」の「header.php」から
「HTMLファイル」を編集することができます。

HTMLファイルの編集方法はウェブサイトよって若干の違いはありますが、
HTMLファイルの構造自体にはそこまで大きな違いはありません。

ほとんどの場合、広告ユニットを貼り付ける場所は、
HTMLファイルの<head>の一段落上になります。

ウェブサイトの編集方法に沿って適切な箇所にコピー&ペーストしてください。

HTMLファイルを編集する際の「注意事項」として、
もしも間違って謝った箇所を変更してしまった場合、
全体のレイアウトが崩れてしまう恐れがあります。

HTMLファイルの記述はたった一文字の違いだけでも
大きく全体が影響されてしまいます。

コピー&ペーストする際に万が一失敗すると取り返しがつかなくなるため、
HTMLファイルの編集前には必ずバックアップを保存しておいてください。

広告ユニットのコピー&ペーストが終わり次第、
二次審査が開始されます。

二次審査の審査期間は一次審査より長く、
一般的に二週間ほどが目安です。

早くても数日はかかりますので、
長ければ二週間以上経ってから合否通知のメールが届く場合もあります。

もしも、どうしても結果が気になって仕方がないのであれば、
一応、審査の合否はメール以外でも確認することができます。

審査期間中は掲載しているアドセンス広告は空白状態で見えませんが、
二次審査に合格すると、アドセンス広告が見えるようになります。

あまりにも連絡がこない場合は直接Google社に問い合わせるか、
審査用ブログのアドセンス広告を掲載しているスペースを確認してみてください。

広告が確認できるようであれば、
それは審査に「合格した」ということです。

最後に、Googleアドセンスの報酬が確定すると、
Google社から住所宛にPINコードが記載された手紙が届きます。
(基準額の8000円を超えると指定の銀行口座に報酬が振り込まれます。)

ad9

上記の赤枠で囲ってある入力事項へ
住所宛に送られてきたPINコードを送信すれば
Googleアドセンスの収益化までのプロセスは全て終了です。

万が一、Googleアドセンスの審査に合格できない場合は
以下のコンテンツもご覧になっていただければと思います。

Googleアドセンスの審査申請用の準備

Googleアドセンス主体のアフィリエイトで稼ぐ方法は、
以下のページで解説していますので、目を通してみてください。

Googleアドセンスで効率的に稼ぐ秘訣は外注化戦略

また、より具体的なアフィリエイトの稼ぎ方に興味があれば、
他のブログコンテンツや無料メールマガジンで公開していますので、
そちらも併せて参考にしてみてくださいね。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから