甲斐です。

アフィリエイトに参入するのは簡単ですが、
HTMLサイトを利用する「サイトアフィリエイト」、
ブログ形式のサイトを利用する「ブログアフィリエイト」、
どちらの集客媒体を主体のアフィリエイトノウハウにするか悩みませんか?

アフィリエイトをするうえで、
HTMLサイトを使うべきか、ブログを使うべきか。

今回はそれぞれの特徴と優位性を解説していきたいと思います。

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイト、どちらがお勧めか。

サイトアフィリエイトとは、一つの商品やサービスに特化した
10〜50ページほどの「HTMLサイト」を量産していく方法です。

仮にHTMLサイトを10サイト作成して1〜2サイトが上位表示されたなら、
そのサイトのみを定期的にメンテナンスして検索上位を維持しながら、
同様のサイト作成作業をサイクル化して繰り返していき、
徐々に検索上位サイトとアフィリエイト報酬を増やしていく、といった感じです。

まぁその辺りの細かいやり方に関してはHTMLサイト以外にも
実際には無料ブログを利用したり、ペラサイトを量産したりと色々ありますが、
一般的にHTMLサイトを利用するアフィリエイトをサイトアフィリエイトと言います。

「HTMLサイト」の大きな特徴は、
それぞれのHTMLページが「独立して構成されている」という点かと思います。

ブログのように新しい記事を作成しても
トップページが自動的に最新の記事に更新されたりすることがありません。

そのHTMLサイト内に独立した新たな1ページが作り出されるだけです。

HTMLサイトはその特性から一つの商品、サービスに特化したり
ブログ機能が不要の情報まとめ系サイトの運営に適していると思います。

つまり、サイトアフィリエイトには、
「HTMLサイトが向いている」ということです。

一定以上のクオリティーを保ちながらコンテンツを作り込んでいけば
そのサイト以上のクオリティー、もしくは匹敵するサイトが現れない限り、
一度上位表示できれば、ちょっとやそっとのことでは検索順位が落ちません。

どれだけ”特化したHTMLサイトを作るか”が、
サイトアフィリエイトの一番の肝になります。

一見するとサイトアフィリエイトは、
資産構築型アフィリエイトのようにみえますが、
実際は検索上位サイト以外の見込みがないサイトは切り捨てて、
上位表示されるサイトのみを作り続ける必要があるので、
量産型アフィリエイトの典型です。

個人でそれなりの報酬を得ようと思うのであれば、
1日1記事更新のブログアフィリエイトと比べて
サイトアフィリエイトは1日1サイト作成など、
その作業量が比べ物にならないほど多いのも特徴の一つです。

通常はHTMLサイトを一から作成する場合、
ページの構造を作るHTML以外にも
ページのデザインを変えるためのCSSや、
ページに動きを与えるPHP、など、
少なからず専門的なプログラミングの知識が必要になり大変ですが、
HTMLサイト作成専用のツールを利用することで土台は簡単に作れます。

毎回サイトを一から作るとなると時間と労力がかかりすぎるので、
サイトアフィリエイトを実践しているアフィリエイターの多くは
そのようなHTMLサイト生成ツールを使って量産していると思います。

有名どころで言えばサイト生成ツール「シリウス」などがそうですね。

ブログアフィリエイトの特徴

続いて、ブログアフィリエイトですが、
ブログは記事を投稿するとトップページも最新の記事に更新されます。

そして、HTMLサイトのように各ページが独立しているのではなく、
コンテンツが積み重なって蓄積されていく構成です。

簡単に言えば、独立したコンテンツをまとめたサイトがHTMLサイト、
コンテンツを積み上げていくことサイトがブログ、といった感じです。

HTMLサイトは掲示板やレポートのように横広がりなイメージですが、
ブログはノートや日記帳のようなものなので、上書きしていくイメージですね。

なので、長期的なアフィリエイトに適しています。

特定のアフィリエイト商品、サービスのみに特化したり、
情報まとめ系のサイトの運営者になりたいのであればHTMLサイト。

様々なアフィリエイト商品を紹介するアフィリエイターや、
有名ブロガーのようなスタイルを目指すならブログが向いています。

HTMLサイトを好んで利用しているアフィリエイターやブロガーもいますが、
近年のグーグルの動向を見ればそれが不適切なのは言うまでもありません。

その辺りはサイトアフィリエイトにせよ、ブログアフィリエイトにせよ、
検索エンジン経由の集客を必要とするアフィリエイトに取り組む以上は、
グーグルの意向に沿ったウェブサイト作りを心がけた方がいいと思います。

ウェブサイトを利用したアフィリエイトの特徴、強み

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトに共通している
ウェブサイトを利用したアフィリエイトの最大の特徴、最大の強みは、
主に検索エンジン経由の「質の高い見込み客」を集客できることです。

ここでいう「質の高い見込み客」とは、
アフィリエイトしている「商品」に興味を持ってくれそうな人の事を指します。

その商品自体を”今すぐ買おう”と思っていなくても、
何かのキッカケを拍子に検討してくれそうな、潜在的に購買意欲が高い人です。

なぜ、検索エンジン経由で集客をすると、
「見込み客の質が高い」のかと言うと、
一般の検索ユーザーというのは、

  • 「今」知りたい
  • 「今」解決したい
  • 「今」欲しい

など、今まさに心の中で思っていることの「答え」になるものを、
ネット上から探すために”自ら行動”を起こして、
その結果として検索エンジンを利用しているからです。

つまり、検索エンジンを利用している人は、
リアルタイムで「答え」を探し求めているため、
その答えに対して”反応せずにはいられない”ということです。

プライベート以外でも仕事上での調べものなど、
検索エンジンの利用にあたっては人それぞれ様々な理由があるとは思いますが、
検索エンジンに「答え」となる解決案を求めているということには変わりありません。

ですから、その「答え」になり得るコンテンツや商品を用意しておけば、
相手が誰であろうとそのまま”何らかの反応を示す可能性が高い”んですね。

”何らかの反応を示す可能性が高い”ということは、
商品に対して興味を持ってくれる可能性が高いということであり、
それは商品を購入してくれる可能性が高い見込み客だと言えます。

いかにしてその質の高い見込み客を集めるかが
アフィリエイト全般における一つの重要なポイントになります。

しかし、ツイッターやフェイスブックなど、SNSを利用して集客をする場合だと、
あくまでSNS本来の目的は個人間のつながりや、コミュニティーの形成にあります。

人はSNSに悩みの答えを求めないんですね。

よって、アフィリエイトしている商品にまで、
興味を示してくれる可能性は低いわけです。

その点、サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトは
どちらも検索エンジン経由の集客がメインなので、
見込み客の質に関しては申し分ありません。

ただ、HTMLサイトとブログでは集客効果に若干の差があります。

HTMLサイトとブログ、
一体どちらがより集客効果に優れているかと言うと、
全てのコンテンツを積み重ねていくことができるブログです。

同じように更新していった場合だと、
コンテンツが独立してしまうHTMLサイトではブログには勝てません。

反対に、ブログは時間の経過と共に検索順位が変動するのに対して、
HTMLサイトはほとんど検索順位が変動しないというメリットがあります。

その違いをどう捉えるかだと思います。

ネット上にサイトを量産していきたいのか、
一つのサイトをしっかりと育てていきたいのか。

私がどちらをお勧めだと思っているかは
このブログを見ていただければ言うまでもなく分かると思います。

サイトアフィリエイトは”数打ちゃ当たる”わけでもないので、
コンテンツを量産していく中で稼げる見込みのないサイトを一切作らず、
全てのサイトが都合よく上位表示されることはありえません。

サイト作成に要した時間や労力が、
最悪、無駄になってしまう可能性があるということです。

対して、ブログアフィリエイトはどうかというと、
ひたすら作成したコンテンツが積み重なっていくので
時間と労力の無駄にならず、時間の経過とともに効果を発揮していきます。

まぁ私が無駄な作業や非効率的なことが嫌いということもあって
個人的なお勧めとしてブログアフィリエイトを選んでいるだけなのですが。

もしも、あなたが量産作業などが好きなのであれば、
自分に合っていると感じる方法を選べばいいと思います。

まぁHTMLサイト、ブログ、
いずれにしてもテキスト主体のアフィリエイトですから、
商品やサービスを効率的に成約していくための方法は同じです。

その辺に関しては以下のページも目を通してみていただければと思います。

アフィリエイトの成約率を向上させる説得術と、人間が説得されるプロセスとは

より具体的な構築方法や情報は他のブログコンテンツや、
メールマガジンの方で公開していますので、
興味があれば併せて参考にしてみてください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンツ一覧へ戻る。