甲斐です。

今回はウェブサイトを利用するアフィリエイターの必須ツール、
サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)の登録方法と、
サイトマップの登録方法を解説していきます。

サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)とは何か

サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)とは、
Google社が提供している無料のサイト管理用ツールです。

サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)に登録することで、
運営しているウェブサイトのユーザーからの評価やトラフィック、
検索エンジンのインデックス数、外部サイトからのリンク、内部リンクなど、
現在のネット上での状況及び評価を知ることができます。

その他にも、Google検索エンジンで検索上位表示するために、
ウェブサイトで改善すべきポイントなども知ることができます。

サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)に登録しておくことで、
Googleからのペナルティを回避することにも繋がりますので、
ウェブサイトのSEO対策には必要不可欠なツールと言えます。

サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)の「サイトマップ」とは何か

サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)の
「サイトマップ」とは、ウェブサイトのページ構成を、
スムーズに検索エンジンに読み込んでもらうためのファイルです。

ここで解説する「サーチコンソールのサイトマップ」は、
ウェブサイト内にあるユーザー向けのサイトマップとは違い、
サイトのユーザビリティを高める為のものではありません。

サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)で、
サイトマップを作成し、登録することによって、
Google検索エンジンのクローラー(Googlebot)に、
サイトのコンテンツをより正常に巡回させる事が出来るようになります。

つまり、あなたがウェブサイトで作成したコンテンツを、
迅速にインデックスしてもらうための対策だということです。

そのためにはサーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)の、
「/sitemap.xml(サイトマップ)」というファイルが必要なわけです。

それでは続いて、
ウェブサイトをサーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)に登録し、
Google検索エンジンのクローラーの巡回率を高めるための、
「/sitemap.xml(サイトマップ)」を登録する方法について解説します。

サーチコンソールの登録方法とサイトマップ登録手順(旧Googleウェブマスターツール)

まず、Googleアカウントを取得した上で、
サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)にアクセスしてください。

Googleアカウント作成方法はこちらから

サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)はこちらから

下記のページが表示されます。

sm1.jpg

上記ページの右側上部に赤枠で囲ってある箇所もしくは、
左側下部にの赤枠にある「Search Consoleにログイン」をクリックして、
サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)にログインしてください。

以下のページが表示されます。

sm2.jpg

上記ページの赤枠で囲ってある箇所に、
「サイトを追加」という入力項目があります。

そこへ登録したいウェブサイトのURLを入力してください。

以下のページが表示されます。

sm3.jpg

上記ページでは登録したいウェブサイトの所有権を確認するため、
HTMLタグをウェブサイトにアップロードする必要があります。

「おすすめの方法」と「別の方法」とありますが、
確実に登録するために「別の方法」をクリックしてください。

※すでにGoogleアナリティクスを利用している場合は、
「おすすめの方法」ですぐに所有権は確認されますので、
そちらをクリックして選択してください。

Googleアナリティクスの利用方法はこちらから

以下のページが表示されます。

sm6.jpg

上記ページの「別の方法」を選択した場合、
以下の4通りの方法があります。

  • HTMLタグ
  • ドメイン名プロパイダ
  • Googleアナリティクス
  • Googleタグマネージャ

上記ページの「HTMLタグ」を選択して、
赤枠で囲ってあるメタタグをコピーしてください。

開いているページのウインドウはそのままの状態で、
次はHTMLファイルにコピー&ペーストするために、
登録したいウェブサイトにログインしてください。

無料ブログであれば「テンプレートの設定、もしくは編集」、
ワードプレスであれば「テンプレートの編集」の「header.php」から
HTMLファイルを編集することができます。

ただ、一つ注意点として、
HTMLファイルは間違って謝った箇所を変更してしまうと、
ウェブサイト全体のレイアウトが崩れてしまう恐れがあります。

万が一に備えて、
編集前には必ずバックアップを保存しておいてください。

HTMLファイルの編集方法は、
ウェブサイトによって若干の違いはありますが、
そこまで大きな違いというものはありません。

今回はFC2ブログとシーサーブログを例に登録していきます。
(シーサーブログの編集、登録事例は後述しています)

以下のページが表示されます。

sm4.jpg

上記ページの中央部にある「テンプレート」もしくは、
左側中央部にある「環境」の「テンプレートの設定」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

sm5.jpg

上記ページの大きな赤枠で囲ってある箇所がHTMLファイルです。
HTMLファイル内にある「< /head>」の上部に先ほどコピーした、
所有権確認用のメタタグをペーストして保存してください。

※< head>ではなく、< /head>ですので、
「/」の有無を確認のうえ、お間違い無いようにしてください。

HTMLファイルにペーストが完了したら、
サーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)のページに戻ります。

以下のページです。

sm6.jpg

上記ページの左側下部にある「確認」をクリックしてください。

ここまでの作業に問題がなければ以下のページが表示されます。

sm7.jpg

上記ページが表示され、ウェブサイトの所有権が確認されたら、
これでサーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)への登録は完了です。

引き続き、「続行」をクリックしてください。

サイトマップ(/sitemap.xml)を登録していきます。

「続行」をクリックすると、
下記のページが表示されます。

sm9.jpg

上記ページの左側下部に赤枠で囲ってある
「クロール」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

sm10.jpg

上記ページの「サイトマップ」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

sm11.jpg

上記ページでは入力事項がありますので、
そこへ「sitemaps.xml」と手打ちかコピペで入力してください。

あとは「サイトマップを送信」をクリックすれば、
サイトマップの登録は完了です。

ただ、今回解説した「FC2ブログ」の場合は、
最初からサイトマップを送信出来るように設定されています。

したがって、「sitemaps.xml」と入力するだけで問題ありませんが、
他のブログサービスではサイトマップ送信を許可する必要があったりと、
扱っているウェブサイトによっては少々勝手が違う場合があります。

その一例として、シーサーブログの場合を解説します。

シーサーブログにログインしてください。

以下のページが表示されます。

smseesaa1.jpg

上記ページの赤枠で囲ってある「設定」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

smseesaa2.jpg

上記ページの右側上部の赤枠で囲ってある「外部連携」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

smseesa3.jpg

上記ページの赤枠で囲ってある、
「検索エンジンにサイトマップを出力送信」をクリックしてください。

これでサーチコンソール(旧Googleウェブマスターツール)に
サイトマップを登録することができます。

もしもご利用のウェブサイトでうまく登録できないようであれば、
管理画面の設定からそちらを確認してみてください。

あなたが利用しているブログサービスによって、
最初からサイトマップを登録できる仕様なのか、できない仕様なのか、
多少の違いはあっても基本的に上述した二つのパターンが多いですので。

あとは先ほどと同様に「sitemaps.xml」と入力して、
「サイトマップを送信」をクリックするだけでOKです。

ウェブサイトの構築が終わり次第、
早急に登録、活用してみてください。

ちなみに、ブログでは明かせないような、
より具体的なアフィリエイトの稼ぎ方については、
無料メールマガジンの方で公開しています。

もしも興味がありましたら、
そちらも併せて参考にしてみてください。

下手な有料教材よりも、
断然価値のある情報であると自負していますので、
きっとあなたのお役に立つと思います。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから