甲斐です。

今回はワードプレス(WordPress)の
固定ページの役割について解説していきます。

ワードプレス(WordPress)の固定ページの役割

wpcs5

ワードプレスの「固定ページ」は「投稿ページ」とは違い、
コンテンツ作成後に「外観」から「メニュー」を選び、
「表示設定」をしなければ”表示されることはないページ”です。

基本的に「投稿ページ」は、
作成後にすぐサイト上に公開することができますが、
「固定ページ」はそうではないということです。

「固定ページ」はブログ記事のように、
ページが積み重なっていく性質を持たず、
完全に独立した一つのページを作成します。

ブログ記事として利用するのは「投稿ページ」であり、
「固定ページ」ではありません。

「固定ページ」は表示設定をしなければ公開されないため、
主にトップページに表示させておきたいページや、
投稿ページを「まとめたコンテンツ」を作成したり、
日々更新していく投稿ページ以外のページ作成時に利用します。

「固定ページ」のメリットとしては、
「投稿ページ」からブログ記事として作成されるコンテンツは、
投稿数が増えていくと徐々に表示が下層に下がってしまうため、
そのうち検索を使うなどして探さなければ見れなくなってしまいます。

その一方で「固定ページ」からコンテンツを作成して、
そのままメニューに登録するなどしておけば、
常に表示したい場所に表示させておくことができます。

※メニューに投稿ページを表示することも可能です。

ただ、ワードプレスの基本として、

「決まった場所に表示させたいページ」

サイト構築用のページ作成が「固定ページ」になります。

必ずしも”そうでなければいけない”という訳ではありませんが、

  • 「投稿ページ」→サイト更新用
  • 「固定ページ」→サイト構築用

上記のように使い分けるのが、
それぞれを最大活用する方法だと思います。

例えば、

  • お問い合わせ
  • トップメニュー
  • サイト案内
  • コンテンツ一覧

など、サイトを構築するページとしては、
投稿ページよりも固定ページで作成した方がいいということです。

当サイトもトップメニュー(グローバルメニュー)をはじめ、
ヘッダーメニュー(最上部)、フッターメニュー(最下部)などには、
訪問した検索ユーザーが巡回しやすいようにするため、
固定ページを利用してコンテンツを構築しています。

より具体的なノウハウについては、
他のブログコンテンツや、
無料メールマガジンの方で限定公開しています。

もしも興味がありましたら、参考にしてみてください。

下手な有料教材なんかよりも、
断然価値のある情報を提供している自負がありますので、
きっとあなたのお役に立つと思います。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから