甲斐です。

今回はワードプレス(WordPress)を
複数のユーザーで管理する方法を解説します。

ワードプレス(WordPress)を複数のユーザーで管理するには

wpcs14

ワードプレス(WordPress)は投稿した記事の作成者や、
運営者が可視化されている状態で、尚且つ、複数の運営者がいる場合、
サイトの管理権限を持つユーザーを追加することができます。

以下をご覧ください。

wpcs15

上記のように「ユーザー」の「新規追加」より、
お好きな名前でユーザーの追加が可能です。

個人アフィリエイターにはあまり必要がないと思いますが、
ライターの外注化を行う場合や、チームを組む場合は必須ですね。

ただし、万が一でも情報が漏洩してしまわないように、
むやみやたらとユーザーに追加するのではなく、
信頼をおける相手にのみ、権限を与えるように注意してください。

当然ですが、アフィリエイトで記事を外注する場合は、
タイトル、キーワード、文字数など、要望を伝えて
WordやPDFなどテキストファイル形式で納品してもらうのが
最も安全な方法だと思います。

基本的にワードプレスでこの機能を利用しているのは、
一般企業が運営するようなビジネスサイトで
「ブログ」のページを利用している場合かと思います。

特定の団体が運営しているビジネスサイトでもそうですが、
「◯◯が執筆」とコンテンツを手がけた人物を
読者に分かるように一般公開しているケースですね。

ですので、ワードプレスを利用する上で、
強いて「誰が(どんな人物が)管理しているのか」を
読者に伝える必要がないのであれば、
わざわざユーザーを追加する必要はないと思います。

他のブログコンテンンツや、無料メールマガジンでも
ワードプレスの利用方法について解説していますので、
もしも興味があれば、併せて参考にしてみてください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから