甲斐です。

 

今回は私がアフィリエイトで

実際に取り入れているキーワードのリサーチ方法をお伝えします。

 

ちなみに、ツールなどに頼るわけではありませんので、

誰にでも経験の有無を問わず応用できる方法ですが、

成約報酬型アフィリエイトに適したリサーチ方法です。

 

私は「情報商材」を取り扱うアフィリエイターですが、

それ以外のアフィリエイトでも特にジャンルを問うこともありませんし、

様々な成約報酬型アフィリエイトで応用できるリサーチ方法だと思います。

 

成約報酬型アフィリエイトにおいて即効性の高い「トレンドキーワード」と、

長期的にアクセスを呼び込むための「ロングレンジキーワード」を組み合わせた、

効果的に無駄なくアクセスを集めるためのリサーチ方法です。

 

それでは、早速参りましょう。

 

成約報酬型アフィリエイトで効果的なキーワードのリサーチ方法

 

おそらくアフィリエイトの「キーワード選定」と聞くと

「記事タイトル」や「タグ」をイメージすると思いますが、

今からお伝えするリサーチ方法はそんなに小難しい方法ではありません。

 

初心者アフィリエイターでも即座に応用できます。

 

それが成約報酬型アフィリエイトにおける「トレンドキーワード」と、

「ロングレンジキーワード」を狙うという単純明快な戦略になります。

 

短期的なアクセスは「トレンドキーワード」を狙った記事で集めながら、

同時に「ロングレンジキーワード」を狙った記事も作成していくことで、

徐々に「短期的なアクセス」に「長期的なアクセス」を積み重ねていくわけです。

 

まずは「トレンドキーワード」で可能な限り爆発的なアクセスを狙い、

「ロングレンジキーワード」で”そこそこ”のアクセスと、

将来的にも安定して集客できるようにアクセスを狙っていきます。

 

トレンドキーワードとロングレンジキーワード

 

「トレンドキーワード」と言えば、

「トレンドアフィリエイト」が有名なので、

一般的にはグーグルアドセンスなど、

「クリック課金型アフィリエイト」のイメージだと思います。

 

そういった「クリック課金型アフィリエイト」の場合では、

「芸能関係」や「時事ネタ」が「トレンドキーワード」に該当します。

 

「芸能関係」や「時事ネタ」などといった「トレンドキーワード」を

「クリック課金型アフィリエイト」に応用したノウハウを

「トレンドアフィリエイト」と呼んだりもしますが、

「成約報酬型アフィリエイト」にも「トレンドキーワード」は存在します。

 

まぁ「芸能関係」や「時事ネタ」ほど爆発的なアクセスを集める力はありませんが、

「一般キーワード」を狙う記事と比べると、圧倒的に集客効果が高いキーワードです。

 

特に初心者層の方からすると「クリック課金型アフィリエイト」に比べて

「成約報酬型アフィリエイト」はアクセスを集めにくいと思われているようで、

「初心者向けのアフィリエイトではない」といったイメージがあるようですが、

その「トレンドキーワード戦略」を取り入れることによって、

一定のアクセス数を誰でも安定して獲得することができると思います。

 

今回はその即効性の高い「トレンドキーワード」に加えて、

「長期的にアクセスを呼び込み続けるブログ」を築き上げるべく、

「ロングレンジキーワード」と「一般キーワード」も合わせて狙っていきます。

 

「芸能関係」や「時事ネタ」を扱う「トレンドアフィリエイト」では

ノウハウとして即効性はありますが作業を途中でやめることができません。

 

なぜやめられないかと言うと、話題性が薄れてしまえば

「芸能関係」や「時事ネタ」などの「トレンドキーワード」は、

急激に集客効果はなくなるからです。

 

言わば、ラットレース状態です。

 

つまり、「芸能関係」や「時事ネタ」を扱う「トレンドアフィリエイト」では、

「長期的にアクセスを呼び込み続けるブログ」を作ることはできないので、

稼ぎたければ奴隷のように半永久的に作業を継続する必要があるわけです。

 

それに対して、「成約報酬型アフィリエイト」では、

即金性と、将来性を兼ね備えたブログを運営することができます。

 

今稼げるだけで、将来的に稼げなくなるのでは意味がないと思いますので、

「長期的にアクセスを呼び込み続けるブログ」を構築していきましょう。

 

それでは「成約報酬型アフィリエイト」の「トレンドキーワード」、

「ロングレンジキーワード」に該当するキーワードとは一体何なのか、

そのリサーチ方法を順に解説していきたいと思います。

 

成約報酬型アフィリエイトの「トレンドキーワード」とは

 

成約報酬型アフィリエイトの「トレンドキーワード」とは、

そのジャンルで「新しく販売された商品名”そのもの”」です。

 

例えば、私が実践している情報商材アフィリエイトであれば、

「新しく販売された教材名」や、「近く開催される予定の塾名」などが該当します。

 

美容系の物販アフィリエイトであれば、

「新しく販売された化粧品名」や、「シリーズ最新の美容グッズ」などが該当します。

 

すでに出回っている「既存の商品」ではなく、

「新しい商品」の販売直後に商品名”そのもの”を「キーワード」として狙います。

 

「新しく販売された商品名”そのもの”」を狙うということは、

「トレンドアフィリエイト」の「芸能関係」や「時事ネタ」と同様に、

それまで「存在していなかった”キーワード”」を扱うということになるので、

その分「既存の商品名」よりも競合が薄く、検索上位表示も安易になります。

 

また、アフィリエイトのジャンルによっては競合相手が大手企業だったりするので、

その場合は「新しく販売された商品名”そのもの”」+「複合キーワード」で対応します。

 

競合が太刀打ちできないほど強い場合は

「新しく販売された商品名”そのもの”」で真っ向勝負は避けて、

そこに加えて”少しの工夫”を凝らした方がいいと思います。

 

こうして「新しく販売された商品名”そのもの”」を狙う戦略は

そのアフィリエイトのジャンルがニッチであればあるほど、効果を発揮します。

 

成約報酬型アフィリエイトの「ロングレンジキーワード」とは

 

成約報酬型アフィリエイトの「ロングレンジキーワード」とは、

そのジャンルで「長く支持されている商品名”そのもの”」です。

 

例えば、情報商材アフィリエイトであれば、

「殿堂入り商品」や、商品の”売上本数”などが一つの指標になると思います。

 

その他のジャンルのアフィリエイトの場合も同様に、

”ロングヒット商品、愛され続けて◯◯年”など、

”今でも一定数の売上”が上がっていて、尚且つ、

将来的にも売れ続けていく見込みのある商品が該当します。

 

「長く支持されている商品」は、

どんなジャンルのアフィリエイトでも少なからずあると思います。

 

ただ「ロングレンジキーワード」を狙って記事を作成する場合は、

圧倒的に大企業や古参アフィリエイターが有利なのが実情となっています。

 

もしも記事の内容が有益で質が高いとしても、それ以前の問題として、

「トレンドキーワード」のようなアクセスは見込めないキーワードだと思って下さい。

 

ただ、愚直に「ロングレンジキーワード」を狙った記事を”積み重ねること”によって、

じわじわと効いてくるボディブローのような効果を発揮するキーワードになっています。

 

例え、1記事に1アクセスだとしても、

それを100記事書けば100アクセスになる、

そんな”積み重ね”を意識して、じっくり焦らず作成してみてください。

 

成約報酬型アフィリエイトのキーワード戦略を最大限に活かす方法

 

このように成約報酬型アフィリエイトでは、

「新しく販売された商品名”そのもの”」を狙う「トレンドキーワード」と、

「長く支持されている商品名”そのもの”」を狙う「ロングレンジキーワード」、

を組み合わせることによって、即金性と、将来性を兼ね備えたブログを運営できます。

 

また、このキーワード戦略の「もう一つのメリット」としては、

「アフィリエイト商品名”そのもの”」を狙ったキーワードという性質上、

必然的に「ターゲット」も絞られるため、質の高いアクセスが集まります。

 

”その商品を欲しい”、”商品に興味がある”という、

ありがたい検索ユーザーばかりを獲得できるキーワードだからです。

 

単純にアクセスを集めやすいというだけではなく、

「購買意欲の高いアクセス」を集める戦略にもなっているわけです。

 

あとは、そこへ集まる「購買意欲の高いアクセス」に

アフィリエイト商品を売り込み、成約することができればいいだけなので、

成約報酬型アフィリエイトのハードルは一気に下がると思います。

 

それこそ初心者であろうと「集客」に関してはその作業を繰り返すだけで、

あとは「コンテンツ」の質や「成約率」を上げるために

「コピーライティングのスキル」を学ぶことに専念するだけですね。

 

トレンドアフィリエイトと情報商材アフィリエイト、どちらがオススメか

 

そもそも「クリック課金型アフィリエイト」の収入目安はご存知ですか?

 

1万PVで2000〜4000円

5万PVで10000〜20000円

10万PVで20000〜40000円

30万PVで60000〜120000円

 

上記が平均的な「トレンドアフィリエイト」の相場ですが、

「成約報酬型アフィリエイト」、特に「情報商材アフィリエイト」であれば、

商品が1つ売れるだけでも5000〜10000円ほどのアフィリエイト報酬が普通です。

 

商品を”たったの1つ売るだけ”その僅かな作業量で、

「クリック課金型アフィリエイト」の1万PVを集める以上に高額な収入が入ります。

 

仮に1日平均100アクセスだとしても、成約率が1%でもあれば、

たったの1日で1万PVに匹敵どころか、それ以上の報酬が手に入ります。

 

「クリック課金型アフィリエイト」では5万PVを集めなければ

一ヶ月で1万円すらも稼げませんが、「情報商材アフィリエイト」なら、

1日の平均100アクセスだとしても、成約率が1%あれば、2日で稼げます。

 

”そんなに簡単に商品が売れるわけがない”

 

もしかするとそう思うかもしれません。

 

ただ、考えてもみてください。

 

”何万PVも集めるブログを作ることができるわけがない”

 

こちらの方が現実的ではないでしょうか。

 

なぜ、”商品は1つも売れない”とは考えるのに、

”何万PVも集めることができる”と思えるのでしょう。

 

そんな途方もない時間と労力を使わなくても、

まずは一ヶ月の間にアフィリエイト商品を1つ成約する、

二ヶ月目には商品を2つ成約する、三ヶ月目には3つ、と増やす方が

”明らかに現実的で効率的”なのではないかと私は思います。

 

したがって、私はアフィリエイトに参入するのであれば、

「情報商材アフィリエイト」と「コピーライティングのスキル」を学ぶのが

効率的に早く大きなアフィリエイト報酬を稼ぐ方法だと思います。

 

今回のキーワードのリサーチ方法と合わせて、

無料メルマガ講座の方も是非参考にしてみてください。

 

無料メルマガ講座はこちらから

 

それでは。

 

コンテンツ一覧へ戻る