甲斐です。

私は当ブログやメールマガジンを介して、
「ネットビジネス」について様々な情報発信を行いながら、
主に「アフィリエイト」というビジネスで生計を立てています。

アフィリエイトとはインターネットを利用した広告仲介業のことで、
ブログ、メールマガジン、SNS、YouTube、など、
いずれかの広告を掲載できる媒体を持っていれば、
誰でも気軽に参入できる人気の高いネットビジネスです。

また、アフィリエイトは参入するだけなら金銭的なリスクがないため
先立つ自己資金や専門的な知識がなくても”今すぐ”始めることができます。

実質的に必要になるのは「作業をするための時間」くらいのもので、
ほとんど「ノーリスク」だと言っても過言ではない、
極めて参入障壁が低いネットビジネスです。

ですが、参入障壁が低い分、競合が多いビジネスでもあり、
誰もが「簡単に稼げる」というわけではありません。

真偽は定かではありませんが、
アフィリエイターの95%以上は月に5000円も稼げないという、
都市伝説のような話も出回っているほどです。苦笑

ただ、それでも決して稼げないわけではありません。

本腰入れて取り組みさえすれば、
誰でもそれなりに稼げるようになります。

そこで、今回は数あるアフィリエイト媒体の中でも、
最も代表的な「ブログ」を例に挙げながら、
アフィリエイトで挫折しないための稼ぎ方を解説していきます。

勿論、その他のメディアにも置き換えることができますので、
是非とも参考にしてみていただければと思います。

それでは早速参りましょう。

挫折しないブログアフィリエイトの稼ぎ方−テーマを決める−

まず、アフィリエイト用のブログの構築方法は、
以下のページを参照して下さい。

アフィリエイトのメディアを構築する手順一覧

まず、ブログ構築が終わり次第、
タイトルや記事の更新を始める前に、

今後の運営方針となる「テーマ」を決めます。

私のブログで例えるなら「ビジネス・お金儲け」ですね。

特に「これでなければいけない」というものはありません。

もしも好きなことや、趣味があるのであれば、
それでもいいと思います。

ただし、あくまでブログ運営最大の目的は、
「アフィリエイト」をしてお金を稼ぐことですので、
そこを最優先事項として念頭に入れて考えてみてください。

例えば、自分の好きなことや、趣味をネタにするのは、
「作業を継続すること」に大きな苦痛はないかもしれません。

ですが、アフィリエイトというビジネスを取り組むうえで、
「お金を継続的に稼ぐこと」ができなければ意味はありません。

率直に「これで稼ぐのは難しそうだ」と思うような、
「ビジネスとして儲けにならないテーマ」は避けた方が、
アフィリエイトで報酬を得られる確実性は高まります。

もしも、「好きなことや趣味をネタにしたブログ」を運営したとしても、
それで結果的にアフィリエイトでお金を稼げないのであれば、
長期的に継続できてもいずれは飽きたり止めてしまうのがオチです。

「何のためにブログやってんの?」って話ですね。

それは率直に自己満足のためではなく
「自分の収入を増やすため」だと思います。

しかし、根本として「自分の収入を増やすため」には、
「読者のために価値を提供」しなければいけません。

そうやって提供した「価値」の対価として、
「見返りにお金をもらう」のがビジネスの絶対条件なわけですから、
アフィリエイトで稼ぐためには「読者主体のブログ」を作る必要があります。

少なくとも、「お金を稼ぎたい」のであれば、
まずは「要求を満たしてあげること」が先決だということです。

そこに「需要」がなければビジネスは成り立たないので、
需要を満たせるだけの「価値」を提供できないような、
個人日記のようなブログは極力避けた方がいいと思います。

実際、ネット上で赤の他人のブログほど、
興味の湧かないコンテンツはありませんからね。

つまり、結局のところはアフィリエイターとして、
市場に求められている商品をきちんと提供できなければ、
いつまで経ってもアフィリエイトで「お金は稼げない」です。

よって、ブログの「テーマ」を決める際に何より重要なのは、
「アフィリエイトに適したテーマ」を選ぶことです。

「アフィリエイトできる商品が豊富に揃えてあるのか」

「将来的にも一定の需要や集客を見込めるのか」

自分に「何ができるのか」ではなく、
市場に「何が求められているのか」を考えたうえでテーマを選定し、
その「答え」を提供するためのブログを運営するべきかと思います。

ブログアフィリエイトのテーマに適したジャンル

例えば、「アフィリエイト」を主体にして考えるのであれば、
以下のようなジャンルに大きく分けることができます。

  • ビジネス、稼ぐ
  • マネー、運用(株、FX)
  • コンピューター、ネット(ツール、SEO)
  • 美容、健康
  • 自己啓発、学習、マインド
  • エンターテイメント
  • 恋愛、人間関係、アダルト
  • ギャンブル
  • ごちゃまぜ(日常、芸能、トレンド)

上記のジャンルの中でも、
リアルで解決できるような悩みや願望よりも、
公に人前で調べることのできない情報を発信した方が、
読者の「深刻度」も違いますので、”食いつき”は大きいです。

そして、その情報が専門的であればあるほど、
読者に提供できる「価値」は大きくなります。

例えば、ブログアフィリエイトを行っていくうえで、
運営方針の主軸となる「テーマ」がハッキリと定まっていないものは、
上述したなかで言えば「ごちゃ混ぜブログ」が該当します。

一般的なブロガーのようなスタイルですね。

基本的には「テーマ」を絞れば絞るだけ、
ブログの専門性は高まっていきます。

ただし、書き手側に知識や情報が必要になります。

反対に、「テーマ」を曖昧にすれば曖昧にするほど、
書き手側に専門性が問われなくなるので、
その分だけとっつきやすくなります。

このように「専門性が高いブログ」と「ごちゃ混ぜブログ」には、
それぞれに異なるメリットとデメリットがありますので、
一概に優劣をつけることはできません。

「専門性が高いブログ」の場合は、
そのテーマやコンセプトに興味や関心を持っている人が集まるので、
アクセス数は見込めない分、それだけ「質の高い読者」が集まります。

そして、関連したコンテンツが充実しているので、
ブログの滞在時間や巡回率が高くなります。

「ごちゃ混ぜブログ」の場合は、
その時々で扱うテーマやコンセプトによって、
幅広い読者層や、多くのアクセスを集めることができますが、
全体的に「質の低い読者」ばかりを集めることになります。

そして、関連性がないコンテンツが多いため、
直帰率が高く、SEO的には良くありません。

ここで言う「読者の”質”」とは、
端的に「どれだけ熱心にあなたの話を聞いてくれるか」という目安です。

例えば、記事中で何かの商品を「売りたい」と考えているのであれば、
ザッと流し見するだけで直帰してしまう「質の低い読者」よりも、
前のめりになって話を聞いてくれる「質の高い読者」を集めた方が、
その場でも売りやすいですし、継続的にも売りやすいんですね。

ですので、「商品を売る」という前提であれば、
より具体的で特化した情報が望ましいと思います。

普通に考えて、芸能や時事ネタについて書かれた記事で、
ダイエットに関するサプリメントや美容グッズなど、
「無関係な商品」を売り込んでも反応を得ることは難しいですからね。

もしも、サプリメントや美容グッズを売りたいのであれば、
ブログでは「美容」に関する記事を書くべきですし、
「美容」に興味や関心を抱いている読者を集める必要があります。

そして、そこに書かれている情報の内容が、
専門的で尚且つ、有用性の高い情報であればあるほど、
読者は「タメになった」と感じて、反応は良くなるわけです。

これは特に商品を「売る」ということにこだわらなくても、
定期的にブログを訪問してくれるような「ファン」を作ったり、
将来的に商品を「リピーター」になってくれるかどうかも左右しています。

まぁ「専門性」とは”無縁”の芸能や時事ネタでも、
決してやろうと思えば”できないことはない”のですが、
ごちゃ混ぜブログに読者を固定化させるのは「難しい」です。

それは何故かというと、専門性の高いブログと比べて、
芸能や時事ネタを含む「ごちゃ混ぜブログ」というのは、
競合との「差別化要因」も少ないためです。

言ってしまえば、どれを見ても「ほぼ同じ」です。

また、話題も日々移り変わっていく性質を持っているため、
追いかけ続ければ一時の集客はできるかもしれませんが、
次第に話題性がなくなり、風化してしまえば、
その記事で得られていた集客力は失われます。

よほどエンタメ性が高いとか、他の競合と差別化ができなければ、
「ごちゃ混ぜブログ」で読者を固定させることはできないと思います。

ただ、前述したように芸能や時事ネタの場合は、
その恩恵にあやかるだけで短期集中的な集客をすることができるので、
書き手側にそこまでの専門的な知識や情報は求められません。

淡々と事実を伝えるだけの無機質な作業でも、
割と簡単に読者が集まってきます。

そのようなブログを運営していく場合は、
キャッシュポイントを「成約報酬型アフィリエイト」ではなく、
「クリック課金型アフィリエイト」にした方が効果的です。

それであれば、特に何も考えずに事実を伝えるだけで集客ができて、
商品を売り込んだり販売スキルがなくても稼ぐことができます。

あからさまに芸能や時事ネタを扱うアフィリエイトは、
トレンドアフィリエイトと称され”初心者向け”と言われますが、
実際には「クリック課金型アフィリエイト」のノウハウも多種多様です。

専門性の高いアドセンスブログも普通にあります。

重要なのは、最初に決めるテーマやコンセプトによって、
ブログに集まってくる読者の「属性」は大方決まってしまうため、
アフィリエイトの稼ぎ方にも大きな影響を及ぼすということです。

ですので、繰り返しになりますが、
ブログで稼ぐためには「自分主体」で考えないようにして、
「アフィリエイトに適したテーマ」を選ぶようにしてください。

はじめは興味や関心のないブログを運営するのは大変ですが、
お金を稼げるようになれば作業も自然と楽しくなってくるはずです。

反対に自己満足なブログを運営しても、
アフィリエイトで成果が出なければ、
それは自分に取っても、検索ユーザーにとっても意味がありません。

「自分が情報発信したいこと」=「読者が望んでいること」

そんなに都合良くいくことはほとんどありませんので、
まずは「ターゲット」である読者の視点に立って考えてみてください。

そして、その後から、

「どんな人にブログを見てもらいたいのか」

「どんな人に向けて記事を書くのか」

自分自身の気持ちもふまえて、
稼ぎやすさや、個人の力量なども考慮した上で、
総合的に判断して「テーマ」を決めるのがベストだと思います。

あとは、そのテーマに沿うようにして、
他のメディアを構築するなどして、徐々に展開していくわけです。

そんなアフィリエイトの収益を拡大する一つの方法として、
以下のページも参考にしてみてください。

アフィリエイトでメールマガジンを発行した方が稼げる理由

他にもブログコンテンツや、無料メルマガ講座では、
より具体的な稼ぎ方を公開していますので、
もしも興味がありましたら、
今後の参考にしてみていただければと思います。

無料メルマガ講座はこちらから

 

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから