甲斐です。

独自ドメインでサイトを構築する際に必要不可欠な
サーバーをレンタルする方法と手順をお伝えしたいと思います。

今後、アフィリエイトを行う上で、
ワードプレスを新規開設もしくは引越しをお考えであれば、
是非とも参考にしてみてください。

今回は性能・価格・利便性をトータル的に判断して最もお薦めな、
XSERVER(エックスサーバー)の契約手順と利用方法を解説します。

XSERVER(エックスサーバー)とは

XSERVER(エックスサーバー)とは、
高性能・低価格なレンタルサーバーです。

レンタルサーバーとは、
”サーバーの貸し出しサービス”のことをいいます。

レンタルサーバーは独自ドメインを取得して、
ワードプレスや、自作ホームページ、など、
無料ブログサービス以外のウェブサイトを運営する際に必要になります。

その数あるレンタルサーバー(サーバーの貸し出しサービス)の中でも、
比較的、低価格なうえに、初心者でも直感的に扱いやすくて、
高性能な機能を兼ね備えているのがXSERVER(エックスサーバー)の魅力です。

個人的に長期的なサイト運営を考えているのであれば、
XSERVER(エックスサーバー)が最もオススメだと言えます。

高性能レンタルサーバー「XSERVER(エックスサーバー)」の契約手順と利用方法を解説

まず、下記のリンクから、
「XSERVER(エックスサーバー)」へアクセスしてください。

wpXレンタルサーバー
“"

下記のページが表示されます。

xs1.jpg

上記ページの右側上部と下部の赤枠で囲ってある
「お申し込み」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs2.jpg

上記ページが表示されたら、
左側下部の「お申し込みフォーム」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs3.jpg

上記ページの左側「新規お申し込み」をクリックしてください。
以下のページが表示されます。

xs4.jpg

上記ページでは「利用規約」に目を通していただいたうえで、
特に問題がないようでしたら、
最下部の赤枠で囲ってある「同意」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs5.jpg

上記ページの左側「新規サーバーのお申し込み」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs6.jpg

上記ページでは「サーバーID」を入力してください。

ちなみに、まだ「独自ドメイン」を取得していない場合であれば、
ここで入力した「サーバーID」が構築したサイトの「ドメイン名」になります。
(URL部分が入力したサーバーID「◯◯◯」+ドメイン名「.xsrv.jp」になります。)

入力した「サーバーID」に間違いや訂正箇所がないか確認してください。

すると、以下のように申し込みが可能なサーバーIDなのか、
不可能なサーバーIDなのか、自動的に診断されます。

xs7.jpg

上記ページのように「申し込む事可能です!!」と表示されたら、
「お申し込み」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs8.jpg

上記ページでは入力事項と確認事項があります。以下の通りです。

・メールアドレス
 メンテナンス情報や、サービスの更新など、
 契約上重要なメールが配信されますので、確認できるメールアドレスを入力します。

・メールアドレス(確認)
 上記のメールアドレスを再入力してください。

・登録区分

・会社名

・会社名(カタカナ)

・名前

・名前(フリガナ)

・郵便番号

・住所

・電話番号

・インフォメーションメールの配信
 契約更新など、特に重要な内容のメールは
 インフォメーションメールの配信を希望していなくても配信されます。

・サーバーID
 最終確認です。

・プラン
 x10:月額1000~1200円
 x20:月額2000~2400円
 x30:月額4000~4800円
 料金の差は容量の差だけなので、まずは安価なx10がオススメです。
 (一律で初期サーバー設定費用3000円別途でかかります)

入力事項に間違いや訂正箇所がないか確認してください。

特に問題がなければ、
最下部の「お申し込み内容の確認」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs9.jpg

上記ページで再度入力事項の確認をしてください。

何か間違いや訂正箇所があれば、
「お申し込みを修正」をクリックしてください。

特に問題がなければ、
「お申し込みをする」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs10.jpg

上記ページが表示されたら、
XSERVER(エックスサーバー)への申し込みは無事完了です。

24時間以内にサーバーの設定がされます。

続いて、サーバーの設定が終わり次第、
登録したメールアドレス宛に「設定完了」の連絡が届きます。

以下の通りです。

xs11.jpg

 xs13

上記ページと同様のメールが届き次第、
最下部の赤枠で囲ってある「サーバーアカウント情報」の
「会員ID」、「サーバーID」、「パスワード」を確認してください。

メール内にあるURLから、
「エックスサーバー」にアクセスしてください。

以下のページが表示されます。

xs125.jpg

上記ページの赤枠で囲ってある
「インフォパネル」をクリックしてください。

「インフォパネルログインフォーム」の入力事項に、
先ほどメールに記載されていた「サーバーID」と「パスワード」を入力して、
「ログイン」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs14.jpg

上記ページの「インフォパネル」では、
契約情報の更新や変更などを行う事ができます。

※プランの確認や会員情報の確認などは「インフォパネル」で行います。

続いて、赤枠で囲ってある「サーバーパネル」の
「ログイン」をクリックしてください。

以下のページが表示されます。

xs15.jpg

上記ページのように「サーバーパネル」が正常に表示されれば、
XSERVER(エックスサーバー)の契約手順は以上で全て完了です。

「サーバーパネル」では、
ワードプレスのインストールや、
MySQLの設定を行うことができます。

ネット上にサイトを開設したり、
サーバー設置型ツールを稼働させたりと、
何らかの動作を行う場合は「サーバーパネル」を利用します。

まずは10日間の無料試用期間から試してみてください。

※契約プランの容量にもよりますが、独自ドメインを取得すれば、
複数のワードプレスを運営することができます。

wpXレンタルサーバー
“"

なお、当ブログでは公に明かせない、
そんなより具体的なアフィリエイトの稼ぎ方については、
無料メールマガジンの方で限定公開しています。

もしも興味がありましたら、
そちらも併せて参考にしてみてください。

巷に溢れかえっている下手な有料教材よりも、
断然価値のある情報であると自負していますので、
きっとあなたのお役に立つと思います。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから