甲斐です。

アフィリエイトで少ない時間と労力で、
尚且つ、多くの報酬を獲得する為には、
それ相応の知識や情報、更にそれらを活かせるスキルが必要です。

それは商品やサービスに関する高い専門性と、
それを伝える「コピーライティングのスキル」です。

今回はそんなコピーライティング講座として、
アフィリエイトで必要不可欠な「文章の作り方」と、
効果的な成果の検証方法を3つほどご紹介しようと思います。

それでは、早速参りましょう。

アフィリエイトにおける文章の作り方の基本と、その効果的な検証方法とは 文章作りの3ステップ

まずは、アフィリエイトにおける「文章作り」の基本ですが、
根本としてお金を稼ぐ為の文章と、自己満足な作文は違います。

お金を稼ぐ為のビジネスとして書いているのか、
それともただの遊びや趣味の延長で書いているのか。

”意図した通りに成約を勝ちとる”文章の作り方と、
”無意識にたまたま成約される”文章の作り方。

同じ「文章の作り方」でも全く違います。

ただブログを運営して”楽しいだけ”でいいのなら、
適当に思った通りの記事を書けばいいと思います。

しかし、そうではなくアフィリエイトで
”お金を稼ぐべくして稼ぎたい”のであれば、
”お金儲けに効果的な記事”を作成するべきだと思います。

そんな”意図した通りに成約を勝ちとる”文章の作り方の基本とは、

  1. 見込み客の注意を引く
  2. 見込み客の関心を保つ
  3. 見込み客にこちらの望む行動を起こしてもらう

上記の3ステップをしっかりと押さえることです。

全てを一連の流れとして、
”終始に渡って意識しながら”文章を作成していきましょう。

見込み客の注意を引く理由

まず、「見込み客の注意を引く理由」ですが、
商品やサービスを売り込む以前の問題として、
こちらが話したいことを聞いてもらい、具体的な説明をするまでに、
まず何らかの要素で「注目」をしてもらえなければ、
それ以降のことは何も始まらないからです。

記事を一目見た時点で、
「これは自分には関係ない記事」だと判断された場合、
最悪、その文章を読んでもらうどころか、
”記事そのもの”を全てスルーされてしまう可能性があります。

つまり、「直帰されてしまう」ということです。

そこで、まずは「自分に関係がある記事だ」と思ってもらう事と、
「読むことで得られるメリット」を注目されると同時に与えると
その文章を最後まで読んでもらえる確率が高くなります。

見込み客の関心を保つ理由

次に「見込み客の関心を保つ理由」ですが、
これはせっかく「注目」させたにも関わらず、
その途中で興味や関心を損なってしまう話をすると
「どうやら自分には関係ない記事だったようだ」と思われてしまい、
やはり「直帰されてしまう」と思います。

話が脱線すると、せっかく一生懸命書いた記事を
最後まで読んでもらえなくなる可能性が一気に高まり、
肝心の”売り込みの文章”まで読者を誘導できなくなります。

つまり、関心を保つという事は、
最初の文頭で「注目」を集める事ができたのであれば、
その”「注目」を常に集め続ける工夫をする”ということです。

記事を読む事で読者に一体どんなメリットがあるのか、
その焦点を最後まで逸らさないようにするために、
文章の一字一句に関心を持ち続けてもらえるよう、
常に意識しながら文章を綴っていくわけです。

見込み客にこちらの望む行動を起こしてもらう理由

「見込み客にこちらの望む行動を起こしてもらう理由」は、
アフィリエイターの場合で考えると、極論としては、
「こちらの望む行動」=「アフィリエイトの成約」だと思います。

こちらから「見込み客」の行動を促すことで、
「商品やサービスを購入してくれるお客様」にするわけですね。

それこそがアフィリエイトの最終的な目的です。

その目的を達成する為には読者に「購入」という
”行動”を起こしてもらわなければ不可能です。

よって、見込み客の重い腰を上げて、
そこから実際に行動に移してもらえるように、
そのキッカケを文章で与えていく必要があります。

以上の3ステップを常に意識しながら文章を作成し、
その出来上がった文章をもとに、
何度も検証を重ねて推敲していくわけです。

作成した文章の効果的な検証方法3ステップ

なぜいちいち何度も検証する必要があるのかと言うと、
検証しなければ実際に”効果があったのかどうか分からないから”です。

効果がない作業を淡々と続けるほど無意味な事はありませんし、
己を過信して”スキルが上がっている”と勘違いしてしまったり、
間違った方向性で突き進んでしまうと、
読者の反応を上げるどころか逆効果になってしまい、
成約が取れなくなってしまう事も考えられます。

結局のところ”どれだけ勉強したか”ではなく、
それで実際に”どれだけ成果が出たか”が、
アフィリエイトでは重要だと思います。

ただ、現実的に”お金を稼ぐこと”を重視するのであれば
学びながら「実践」、学びながら「実験」をひたすら繰り返し、
ただ”学ぶだけ”ではなく、何度も改善して客観的に検証しなければ、
本当のところ成長できているのかはわかりません。

客観的な数値をもとに検証を繰り返していくことで、
はじめて”効果があったかどうか”を知る事ができます。

検証方法は具体的な根拠に基づいて行う

より正確に検証するためには、

  1. 科学的に検証する
  2. ベースになる文章を必ずブラッシュアップする
  3. 新しく作成するものは前回の検証結果を参考に引き続き検証する

上記の3ステップが効果的です。

科学的に検証する

少し噛み砕いて説明すると、
「科学的に検証する」ということは
”数値化できる手段を取る”ということです。

例えば、アフィリエイターの場合は、
ブログならGoogleアナリティクスで検証する、
メールマガジンはオプトイン率を細かく検証する、という感じです。

感覚的な個人の判断など曖昧なものではなく、
具体的な数字でのみ”効果があったかどうか”を判断します。

ベースになる文章をブラッシュアップする

「ベースになる文章をブラッシュアップする」ということは、
まずは自作記事のデータを参考にしながら、
自身の文章を俯瞰的に読み直し、そこから改善点を洗い出します。

そのベースとなる記事の改善点を踏まえて、
”さらに質の高いもの”に推敲して改善していくという方法です。

ただ、その”ブラッシュアップした文章”も検証をしなければ、
果たして”本当に改善して効果があったのかどうか”が分かりません。

”改善してみてどうだったのか”という再度の検証を怠ってしまうと、
結局のところ、ブラッシュアップした事の意味が薄れてしまいます。

もちろん、一回のブラッシュアップだけでは
たいして効果を得られない場合もあります。

ただ、そこで検証する事を止めてしまうと、
ただの”独りよがりな記事”になってしまうので、
納得いく結果を得られるようになるまで、
ひたすら何度も繰り返す事がとても大切です。

結果として、その推敲作業の繰り返しが、
コピーライティングのスキルアップにつながります。

ただ、わざわざ一つのブログ記事に対して、
そこまで拘り続ける必要はないと思いますので、
その辺りは臨機応変に対応してください。苦笑

新しく作成するものは前回の検証結果を参考に引き続き検証する

最後に、
「新しく作成するものは前回の検証結果を参考に引き続き検証する」
これは簡単に言えば”学んだ事を次に活かしましょう”ということですね。

推敲作業を重ねて改善していく過程の中で、
ブログ記事の検索流入や、メルマガ開封率など、
それぞれ反応が悪い点を分析して”なぜそれがダメだったのか”、
その理由を突き止めたうえで、次回に役立てることができなければ
ただひたすら同じ事を繰り返しているだけの「不毛な努力」です。

当然と言えば当然のことなのですが、
毎回学んだ事を次に活かせなければ、
結局何も進歩がないままだということです。

この検証方法は「文章だけ」に限った話ではなく、
アフィリエイトや、ネットビジネス以外でも、
ビジネス全般に共通する成功の原則ですね。

特に現時点でお金を稼げていないアフィリエイターや、
実践しているノウハウで思ったように”成果”が出ていない人は、
常に”何か”を良い方向へ変えていくという視点を持つことで、
現状を打破し、それは必ず”良い成果”になって現れると思います。

より具体的なアフィリエイトの稼ぎ方については、
他のブログコンテンンツも参考にしてみてください。

あまり公にできないような詳細情報は、
無料メールマガジンの方で限定公開しています。

もしも興味がありましたら、
そちらも併せてご覧になってみてください。

下手な有料教材なんかよりも、
断然価値のある情報だと自負していますので、
きっとあなたのお役に立てると思います。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから