甲斐です。

アフィリエイトで稼ぐべくして稼ぐためには、
「コピーライティングのスキル」が必要不可欠です。

そのコピーライティングのスキルを向上するためには、
知識や情報をインプットするだけではなく、
アウトプットを繰り返し行うことが重要です。

知識や情報を一方的に溜め込むのではなく、
”自分なり”の言葉を独自で絞り出して発信することで
新たな言葉や言い回しの引き出しが増えていきます。

この”自分なり”という部分が非常に大切で、
人のブログ記事やメルマガ文章の”真似”をしただけでは、
ほとんどスキルアップの面で効果は期待できません。

では、「写経」は意味ないのか?というと、
”目的意識”を持って取り組む写経を全く効果がないとは言いません。

ただ、それ以上に、”自分なり”に落とし込んで再考するなどして、
日々鍛錬を怠らず、頭を柔軟に、脳内にしっかり汗をかくほうが、
私はコピーライティングのスキルは向上すると思っています。

ただ、どちらにせよ、
コピーライティングのスキルが本当に向上しているのか、
成約を勝ち取るべく”意図して”書いたブログ記事やメルマガ文章が、
果たして本当に”効果があったのかどうか”を知るのは難しいことです。

実際、大勢のアフィリエイターや、ネットビジネス初心者層などは、
大抵の場合はその答えを知る由もありませんから、
ただ”なんとなく上達したような気がする”という感覚に陥りがちです。

もしかしたら、反応が下がっているかもしれないのに、です。

そこで、今回はコピーライティングのスキルを向上するために、
メルマガ文章やブログ記事の実力を測る「効果的な測定方法」について、
お話をさせて頂こうと思います。

それでは早速参りましょう。

コピーライティングの効果的な測定方法とは

まず、先述しましたように、
コピーライティングのスキルアップとして効果的なのは、
独自(自分なり)で「アウトプット作業」を繰り返すことです。

ただ、様々な効果を意図しながらアウトプットする
”あらゆるテクニック”を盛り込んだブログ記事やメルマガ文章で、
本当に効果を得られたのかどうか、その「事実」を知ることが重要です。

闇雲に作業して稼げるのであれば、
誰もが稼げているはずです。苦笑

”なんとなくスキルアップした気がする”という過信ではなく、
”本当に反応を勝ち取ることができている”という確証を得ることで、
その先で進むべき道と、努力する方向性も分かってきます。

でなければ、目的地も分からず、羅針盤も持たないまま、
個人的な直感頼りに大海原で航海しているようなもので、
誰の目から見ても成功する可能性が低いのは明らかですよね。

ですが、現実的には、

「どんなタイトルがたくさんの人に読んでもらえるのか」

「どんなビジュアルやレイアウトが注目を集めやすいのか」

「どんな訴求(売り込み)方法だと商品が売れやすいのか」

「どんな文章や記事、コピーがターゲットに効果的なのか」

意外と本人の中では”意識”して考えながら取り組んでいても、
実際に”その記事、文章、一語一句に本当に効果があったのか?”という
「事実」を知ることは難しく、検証が疎かになりやすいわけです。

それこそ、ターゲットに効果的な言い回しやテクニックなどを、
”きちんと把握している”という人は少数だと思います。

こうした問題を解決するための手っ取り早い方法として、
自分自身の主観ではなく客観的視点や経験に基づいて判断したり、
他の人に個人的な意見、アドバイスを求めることは簡単です。

しかし、そこから得た答えだけでは残念ながら、
”本当に効果があったのか”という「事実」までは知ることはできません。

あくまで個人的な”感想、憶測、先入観”から出た言葉や意見とは、
理由や根拠の少ない、言わば”机上の空論のようなもの”です。

”個人(他人)の感覚的な言葉”のほとんどは、
科学的な根拠や理由には基づいていないので、
”本当に効果があったかどうか”を測定するには、
少々信用性に欠ける判断材料だということですね。

例えば、他の人に完成した記事を読んでもらう場合、
”自分はもっとこうした方がいいと思う”など、
「感覚的な個人の意見や言葉」に注意深く耳を傾けて考えたり、
それをもとにいくらブラッシュアップを繰り返しても、
実際のところは、あまり良い効果は得られません。

もちろん、人の意見を参考にすることは大切です。

しかし、それぐらいの確認であれば、
自分自身で”フラットな目線”で記事や文章を読み直すのと
そこまで実質的な効果(成果)は変わらないと思います。

仮に、その方法でブラッシュアップした記事や文章を、
また別の人に読んでもらって意見を聞いた場合、
十中八九”自分はもっとこうした方がいいと思う”など、
前回とは全く違う意見が返ってくると思います。

そして、もしも10人いれば、10通りの感性がありますから、
方向性が定まらず、まとまりのない文章になります。

それを何度も繰り返すようでは、
時間がいくらあっても足りませんし、
あまりにも非効率な検証方法です。

コピーライティングのスキルの向上や、
手がけた文章の効果(成果)を把握するためには、
”個人的な感想、意見、憶測、先入観”は一切排除して、
具体的に「数値化」して、きちんと積み上げた実績のあるデータを作り、
科学的な根拠に基づいて測定することが一番効果的で望ましいです。

それがコピーライティングの最も効果的な測定方法ですね。

より具体的なノウハウや、トレーニング方法については、
無料メールマガジンのほうで限定公開していますので、
もしも興味がありましたら、併せて参考にしてみてください。

完全無料メルマガ講座はこちら

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから