甲斐です。

ネットビジネスで商品やサービスを購入してもらうためには
その商品にお金を払う「理由」を買い手に与える必要があります。

ただ、買い手にお金を払う「理由」を与えると言っても、
まずは一度”こちらの話に注意を向けてもらう必要”があり、
売りたい商品をしっかりとアピールしなければいけません。

そこで買い手に商品をお勧めする理由を聞いてもらえなければ、
購入するかどうかを検討されることもなく、売り込みは失敗に終わります。

ですので、基本として、

  1. 注意を引く(興味・関心を引く)
  2. 話を聞いてもらう(信用・信頼を得る)
  3. お勧めする(行動を促す)

という段階を追ってアプローチするのが望ましいです。

例えば、

  • ブログ:1.タイトル(見出し)→2.本文→3.広告URLへ誘導
  • セールスレター:1.ヘッドコピー→2.ボディコピー→3.購入用バナーへ誘導
  • YouTube:1.サムネイル(タイトル・コピー)→2.動画→3.チャンネル登録へ誘導

というような感じで各パートを役割分担するわけですね。

これは当然と言えば当然のことなのですが、
ネットビジネスではオフラインビジネスのように
直接買い手に声をかけて引き止めることはできません。

ネットビジネスで商品を売るべくして売り、
稼ぐべくして稼いでいくためには、
文章の一語一句でターゲットを目的へと導いていける
「コピーライティングのスキル」の習得が必要不可欠になります。

そこに関しては、
ブログのようなテキスト主体のコンテンツであろうと、
YouTubeのような動画主体のコンテンツであろうと変わりません。
(勿論、音声も例外ではありません)

YouTubeでも見たい動画をキーワード検索するのが一般的ですし、
実質的に動画を視聴するかどうかを左右している要素は、
動画のタイトルや、サムネイルのコピーだからです。

つまり、ネットビジネスで注意を引くキッカケは「文章」であり、
極論、その出だしで躓いてしまえば、
その後がどれだけ魅力的であろうと関係なく、稼げないということです。

今回はそんなネットビジネスで商品が売れない悩みを解決するための
コピーライティングのスキルについてお話をしていきたいと思います。

ネットビジネスで商品が売れない理由はコピーライティング

ネットビジネスは基本的に「テキスト主体」です。

ですので、コピーライティングのスキルを学んでいるか否かが
商品やサービスの成約率を大きく左右するのは当たり前のことです。

ここでいう「コピーライティングのスキル」とは、
語彙量や、言葉の言い回しなど、基本的な文章力に加えて
科学的な根拠を実証されている「心理的作用」を併せた
「広告(商品)宣伝用のライティングスキル」のことです。

簡単に言えば、広告(コピー)を書くためのスキルなんですが、
”文章によって人の五感を刺激するスキル”とも言えますね。

まぁ五感を刺激するスキルを習得するなんて聞くと、
「大袈裟」だと思われるかもしれませんが。笑

人には「3つのNOT」と呼ばれる
三つの心理的な壁が存在しています。

  1. 読まない
  2. 信じない
  3. 行動しない

テキスト主体のネットビジネスでは
上記の「3つのNOT」を攻略しないかぎり
どれだけ素晴らしい商品やサービスを用意しても売れません。

そして、「三つの心理的な壁」を乗り越えるためには、
コピーライティングのスキルを習得するのが一番の近道です。

というのも、
もしかしたら、興味本位で話を聞いてくれる人も
世界中を探せば少しくらいはいるかもしれません。

ですが、いくら上辺だけの文章力が優れていても、
心理的な要因が大きい”信じない壁と行動しない壁”は攻略できません。

単純な文章力だけで稼げるのであれば、
世の中の作家やコラムニストはもっとお金持ちです。

反対に、人の深層心理だけを勉強していても、
それを表現できるだけの語彙量や言葉の言い回しなど、
文章力がなければ伝えたいことをうまく伝えることはできません。

単純に人の心理を学んで稼げるのであれば、
世の中の心理学者やカウンセラーはもっとお金持ちです。

「3つのNOT」に限った話ではなく、
お金を稼ぐためには、お金を稼ぐためのスキルを勉強する必要があり、
それがネットビジネスにおいてはコピーライティングのスキルなわけです。

コピーライティングでターゲットに訴求するポイントを明確に打ち出したタイトル

”なぜ、その商品を手にするべきなのか”

冒頭でもお伝えしたように、
ターゲットを訴求する際には最も注目しやすい
タイトル、ヘッドコピー、見出しなどが重要になります。

何よりも重要なのは「最初」です。

ブログ記事なら「タイトル、
セールスレターで言えば「ヘッドコピー」、
YouTubeの場合は「タイトル」と「サムネイルのコピー」ですね。

人は一目見た瞬間に、
”自分に関係がある”と思えば続きに目を通しますが、
”自分には無関係である”と思えばページを閉じてしまいます。

もしも最初の出だしでこけてしまった場合は、
それ以降100点満点のアピールを用意していても
全てが無駄になってしまいます。

なので、できるだけ沢山の人に続きを読んでもらうために
最初の訴求ポイントを全力で考えて打ち出してください。

これは世界中のコピーライターが口を揃えて言っていることですね。

うまく最初に興味を引くことができれば、
心理学でいう「初頭効果」が生まれますので、
後々まで良い印象を持続してもらうことも期待できます。

コピーライティングで訴求できるターゲットの限界

基本的にどんな商品でも作られた「目的」があるはずなので、
予め売り込むべきメインのターゲット層は大体決まっています。

当然、その商品を必要としているターゲットから大きく外れたような、
ほとんど関係ないターゲットに無理やり訴求しても反応はよくないです。

どんな人に対して、どんな将来的な価値を提供できる商品なのか。

あなたが取り扱う商品やサービスにもよりますが、
一度で訴求できるターゲットには限界があるので、
まずはその点をきちんと明確にしておく必要があります。

そのターゲット層の見極めが非常に重要で、
最悪、どんなに魅力的な商品やサービスを用意していても、
売るべき相手を間違えてしまえば宝の持ち腐れ状態になります。

大袈裟な例で言えば、
子供用のおもちゃを大人相手に売り込んで売れるはずがありませんし、
犬を飼っていない人にドッグフードは売れませんよね。

それと同じです。

ですから、ひとまず商品やサービスを見直して、
できるだけ広く、できるだけ多くの人を訴求するポイントを
自分の中で見つけ出してください。

そして、それを文章で漏れなく伝えることができれば、
その商品やサービスの売り上げ金額は伸びるはずです。

ただ、ターゲットに読ませるキッカケを与えることができたとしても
その時点では商品に対して「必要性」を感じているわけではないので
終始に渡って熱心に話を聞いてくれる保証はありません。

むしろ、最初からそんなに集中力全開で話を聞いてくれる人は稀です。

最初は「興味本位」で話を聞いてくれたとしても
そのまま最後まで話を聞いてくれるかは分かりません。

話の途中で興味が失われてしまえば
その時点でほとんど交渉は失敗したようなものなので、
そうならないように最後までターゲットの興味を引き続けながら、
徐々に前のめりになるほど話に夢中にさせていく構成が理想的です。

コピーライティングで商品に必要性を感じさせる

”その商品が必要かどうか”

ここまでの一連の流れを踏まえて、
ターゲットに商品の必要性を感じさせることができれば
ネットビジネスで商品やサービスが売れない問題は解決します。

例えば、日頃から食事は全て外食で済ませている独身男性に
便利なキッチン用品や大型冷蔵庫などをオススメした場合、
その結果は一体どうなってしまうのでしょうか。

おそらく、よほどの理由がない限り、
オススメは失敗に終わる可能性が高いと予想がつきます。

興味がない商品や、必要性を感じないサービスは売れない。

これは、コピーライティングのスキルや、
専門的な購買心理を学んだことのない、
ど素人でも普通に考えれば分かることだと思います。

反対に、興味のある商品やサービスには、
無理やりにでも理由をつけて、お金を払う価値を見出すでしょうし、
生活必需品や光熱費などの必要なモノに関しては、
ほとんど無意識に抵抗を感じることなくお金を払いますよね。

もしも、お金を持っているのにも関わらず、
生活必需品や光熱費どころか家賃さえも払わず、
ホームレスのような生活をしている人を見たとき、

”なんで、あんな生活をしているんだろうか”

と、ほとんどの人は違和感を感じたり、疑問に思うはずです。

それは日本で人並みな生活を送る上で、
必要なモノは買うのが「当たり前」だという
成長とともに形成される一種の固定概念に過ぎないのですが、
要は自分の価値観や基準で必要だと思っているモノに関しては、
そこにお金を払わないことがよく理解できないわけです。

極論、自分の中で「必要なモノ」は、
「買うべきもの(お金を払うことに抵抗がない)」なんですね。

ですから、人は商品やサービスに対して「必要性」を感じれば
「購入」を視野に入れて、検討を始めます。

その商品に対する「必要性」こそが、
商品を購入する大きな「理由」になります。

コピーライティングのスキルで商品の価値を高めて、必要性を与えていく

何に対して必要性を感じるかは、人それぞれ違います。

基本的には環境によるところが大きいです。

お金が欲しい、綺麗になりたい、疲れを癒したい、
ストレス発散したい、勉強したい、尊敬されたい、、、。

その時々で抱えている悩みを解消する、という感じですね。

これを掘り下げていくと、
特定の欲求や願望を満たしたいという、
人間の心理が関係しています。

当然、その根底にある心理を理解することができれば、
商品やサービスの訴求力を高めることにも繋がります。

以下のページも参考にしてみてください。

マズローの欲求5段階説について

あとは、ここまでお伝えしてきたように、

  1. 読ませる
  2. 信憑性を与える
  3. 必要性を与える

というように、
三つの心理的な壁を取り除くことを意識して
コピーライティングのスキルをフル活用していけば、
一切購入される気配がなかった商品も売れていくと思います。

後は言ってしまえば買い手側の金銭的な問題ですね。

単純な話、商品の価格に対して「安い」と思えば
その商品を買う可能性はかなり高くなりますから。

「安い」と思わせるだけの価値を与えることができれば、
銀座の一等地にある物件も、ランボルギーニも売れていきます。

ただ、ネットビジネスでは商品やサービスの価格を、
買い手側が「安い」と感じるか「高い」と感じるか、
その判断基準も実際には”あってないようなもの”です。

20カラットのダイヤモンドを”画像だけ”でネット販売した場合、
1万円でも”高い”と感じて見向きもしない人は大勢いますから。

反対に、道端に落ちている石ころに、
10万円以上の値がついて売れたケースも現実にあります。

結局はコピーライティングのスキルによって、
大きく左右される部分なんですよ。

コピーライティングのスキルを駆使して、

「いかに商品の魅力を伝えて、価値を感じさせることができているか」

それによって、ターゲットが商品に支払う金額は決まります。

悪用は厳禁ですが、コピーライティングのスキルを習得することで
道端に落ちている「ゴミくず」でさえ売ろうと思えば売れてしまうので
ネットビジネスで稼ぐのであれば、少しずつでも学んでみてください。

ちなみに他のブログコンテンツや、無料メールマガジンでは、
具体的なコピーライティングの知識や情報を公開しています。

下手な有料教材よりも、断然価値のある情報だと自負していますので、
もしも興味があれば、併せて目を通してみて下さい。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

コンテンツ一覧はこちらから