甲斐です。

今回はアフィリエイターがプロフィール文を作成する際に
”念頭に入れておくべきポイント”を取り上げていきます。

「プロフィール」はブログ構築の準備段階や、
運営初期の段階で作成するコンテンツだと思いますので、
アフィリエイト初心者の方は是非参考にしてみて下さい。

それでは、早速始めていきましょう。

ブログ運営者のプロフィール文を作成する以前に気をつけるべきポイント

まず、プロフィールに限らず、
ブログ内の”全て”のコンテンツ作成の大前提は、
”読み手の立場”になって作成するという事です。

そして、”読者が何を求めてブログを訪問しているのか”という事を、
運営者自身が誰よりも深く理解しておく必要があります。

その検索心理(ニーズ)を理解する事が、
長期的にブログを運営していく上での、
大きな強みになっていきます。

しかし、その為にはあなたのブログを読者が読んでいる”理由”と、
その先にある読者の根本的な”悩み、願望”を理解して、
きちんとブログ運営に反映していかなければいけません。

言い換えれば、ブログの売りを作り、
それを求める読者(ターゲット)を集めるために、
しっかりと戦略的に運営しなければダメだということですね。

読者の”悩み、願望”を理解した上で、
ブログ内のコンテンツを作成するのと、
ただ漠然とコンテンツ作成をするのでは、
どちらがより稼げるかは安易に想像がつくと思います。

なので、今からブログに作成する”コンテンツ”には、
利益につながる明確なテーマ(悩み、願望)と、
読者の”悩み、願望”を解決できる「解決策」を
忘れないよう取り入れていくようにしてください。

記事のテーマ(タイトル)が、
”悩み、願望”の解決への「入口(検索流入)」になり、
その解決策が文末にある「出口(URLリンク)」、という感じです。

本文は「入口」から「出口」を繋ぐための役割になります。

では、以上の前提を踏まえて、
プロフィールの役割について考えていきましょう。

運営者のプロフィール文の役割

と言っても、運営者のプロフィール文には
役割というほどの大きな役割は特にありません。苦笑

プロフィール文はその性質上、
”悩み、願望”を解決するコンテンツではなく、
あくまで他のコンテンツを読んだ読者が、
”あえて”読むコンテンツでしかないからです。

一般的に検索エンジンを利用するユーザーは
「キーワード検索」をしてアクセスしてくるので、
いきなり他人のプロフィールにアクセスする人は滅多にいません。

”ブログに読者が訪問するまで”のプロセスを掘り下げて考えると、
根本的にブログ読者は”悩みや願望を解決するため”に、
グーグルなどの検索エンジンを利用してキーワードを入力し、
日々、関連する知識や情報を収集していたと想定できます。

そして、知識や情報を集めようとした結果、
”その悩みや願望を解決できる可能性があるコンテンツ”として、
検索エンジン経由であなたのブログに訪問してくるわけです。

そのため、リアルな友達や知人以外で、
検索エンジン経由からアクセスする「フラットな読者」というのは、
”悩みを解決する情報、願望を満たす情報、メリットのある情報”など、
有益なコンテンツをブログや運営者に求めて訪問していると言えます。

つまり、基本的にブログの読者は、
”悩みを解決、願望を満たす”コンテンツに興味があるのであって、
運営者である”あなた個人には興味がない”という事が前提になります。

よって、ブログ読者が興味があるのは、
「根本的な悩みや願望を解決してくれる情報”そのもの”」であり、
”運営者の過去の経歴や理念”などではないという事を念頭に入れて、
ブログのコンテンンツを作成していかなければ反応は取れません。

という事は、話を元に戻すと、そもそもブログ運営における
プロフィール文の役割というのは、ほとんど皆無なわけです。

なぜなら、初見の状態では、
誰も強いて”見たい”と思わないからです。

つまり、たいして役割のないコンテンツということは、
訪問した読者の大半が”あえて”見るコンテンツだという事です。

そのため、プロフィール文を作成する場合は、
”あえて”興味を示してまで見てくれるブログ読者の
”興味の心理の根底にあるもの”を解決するコンテンツになるよう、
しっかりと意識しなければいけないと言えます。

プロフィール文を「あえて」見てくれる読者が求めているものとは

”あえて”プロフィールを読んでくれているブログ読者の
”興味や関心の心理の根底”にあるのは、

”率直に、この運営者の発信する情報や話を聞く価値があるか”

”率直に、ブログを読むことで自分にとって価値あるものが得られるか”

”率直に、今後も運営者の話を聞くメリットがあるかどうか”

というものが考えられます。

これらを踏まえて考えると、
いくら「プロフィール」とは言え、
読者にとって何のメリットもないような、

「自分語りや、過去の経緯、理念」

などの話ばかりをしてしまうと、
その大半はハッキリ言ってしまえば、
”つまらない退屈なもの”としか映りません。

ただ、”つまらない退屈なコンテンツ”では、
その後のブログを”読む動機”に繋がらないため、
言うまでもなくそんな話は「避けるべき」ですし、
書いたところで読み飛ばされる可能性が高いです。

なぜ、自分がアフィリエイターになったのか、
自由に暮らしたいと思って会社を辞めた・・・など、
よくある個人的な話は”共感”を得る事はできても、
読者にとってはあくまで他人事でしかなく、
直接的なメリットになりえません。

そのような「自己ブランディング」をする為のコンテンツ作成は、
日々の情報発信の中でしっかりと行うべきであり、
プロフィール文の役割ではないと思います。

なぜなら、日々の情報発信で書き手に興味を示してもらえなければ、
プロフィールを見てもらえる事はまずありえないからです。

なので、まずプロフィールを書くときは、
”自分のブログを読む事で読者が得る事のできるメリット”を、
何よりも優先して強く押し出していくべきです。

私のブログで言うなら、
「年収5億円コピーライター」から学んだ事や、
「100万円以上の自己投資」を経て学んできた事など、
その全てを無料で継承する、といった感じですかね。

その辺りは自分自身の「ブログコンセプト」に忠実に沿って、
終始、ブレがないように書き出していく必要があります。

まぁ、特にプロフィールに限った話ではありませんが、
コンテンツ作成ではなるべく読者の何の足しにもならないような、
自分の経歴などどうでもいい自己満足な話は控えようということです。

プロフィール文作成のポイントと統括

ブログ読者から運営者のプロフィール文に求められているのは、

「ブログを読む価値を見極めるための判断材料」

であり、

「運営者の話は聞くだけの価値やメリットがあるのか」

ということです。

運営者の経歴や理念などは”絶対にNG”というわけではありませんが、
”ブログのコンセプトに沿ったものだけ”を書き出すようにして、
つまらない「他人事」として”読み飛ばされる要素”は排除したほうが、
結果的にあなたのブログを「読もう」を思ってもらえるはずです。

どうしても個人的に伝えたい思いや、
運営する上での理念などの内容があるのであれば、
先にブログを読むメリットなどをきちんと伝えた後に、
文章の後半部分や、追伸などで添えるのがベストだと思います。

以上を踏まえて、”あえて”読んでくれている読者の、
”興味の根底の心理”を汲んだプロフィール文を作成してみてください。

より具体的なノウハウについては、
他のブログコンテンンツもご覧になってみてください。

また、公には明かせないような詳細な稼ぎ方については、
無料メールマガジンのほうで限定公開しています。

もしも興味がありましたら、
そちらも併せて、参考にしてみてください。

巷に溢れかえっている有料教材に劣らない
有益な価値のある情報を厳選して発信しているので、
きっとあなたのお役に立てると思います。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから