甲斐です。

「コピーライティング」とは、
頭の中では”必要”だと分かっていても、
取っ付きにくいイメージを抱く方が多いようです。

今回はそんな文章に対する「苦手意識」があっても、
文章を書く前にちょっと”意識するだけ”で効果を発揮する
コピーライティングの基本的なパターンを5つお伝えします。

意識するだけで効果的なコピーライティング”5つ”のパターン

コピーライティングのスキルは
小さなポイントやコツを知っているか、知らないか、
たったそれだけの”ほんの僅かな知識の差”によって、
結果的に大きな差となって成果に現れます。

今からお伝えする”5つ”のパターンは、
そんな変化を与えるキッカケになる原則ですので、
是非とも参考にしてみていただければと思います。

それでは早速参りましょう。

コピーライティングの原則1.シンプルかつ論理的に書く

シンプルかつ論理的に書く。

これは「凝った表現」などを極力避けて、
「観的事実」のみを”できるだけ分かりやすく”、
読者(買い手側)に伝えるという事ですね。

もう少し簡単に言うと、
「小難しい言葉」を使わずに、
「簡単な言葉」で読みやすい文章を書くべきという事です。

ただ、文章全体を”端的(簡潔)に書いてしまう”と
伝えるべき事をきちんと伝えるというのは”ほぼ不可能”になり、
こちらが望むアクションを起こしてもらうことは困難です。

人に物事の伝えるべき事をきちんと伝えるためには、
必然的にそれなりの文章量になるものですので、
きちんと順を追って分かりやすく説明してください。

シンプルな文章を作成するために「省略する」のではなく、
「凝った表現を使わない」という事を意識するといいと思います。

特に「短い文章」で読者に内容を理解させなければいけない場合、
見出しやタイトルなどが「一目で(内容が)分かりやすい」と効果的です。

慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、
このような「シンプルかつ論理的な文章」とは、
「単刀直入に文章を書く」と心がけておけば誰でもできます。

単刀直入に何が言いたいのか(何が書いてあるのか)、
ということを伝えるわけです。

見出しやタイトルで単刀直入に何が言いたいかを伝えて、
その後の本文で理由を説明していく、というイメージです。

本来、「コピーライティング」とは、
何らかの商品やサービスを販売するためのスキルですから、
まずは文章で嘘や偽りのない「事実」を、
きちんと”分かるように教えてあげること”が
何よりも大切な最優先事項になります。

どんな効果、性能、メリットがあるのか、
きちんと伝えたい事が伝わっていなかったり、
読者が”理解できていない”のであれば、
それでは全く意味がありません。

そういう意味では凝った表現や小難しい言葉というのは、
文章を読む人によっては分かりにくさを感じたり、
理解できない可能性のある言葉とも言えます。

そんな難しい言葉を使わないように意識するだけで、
文章の読みやすさはもちろんのこと、
文章の内容に対する「理解度」は格段に上がると思います。

特に「ネットビジネス」の場合は、
最初から読者の大半は疑ってかかっています。

当然ですが、その疑い(不信感)を晴らす為には、
論理的な説得力のある文章であるかどうかは重要です。

ただ「端的な分かりやすい文章」だけで、
そこに納得できるだけの「説得力」がなければ、
商品やサービスを売る事は難しいということです。

「端的な分かりやすい文章」は見出しやタイトルに用いて、
それに加えて「説得力のある文章」は本文に必要になります。

コピーライティングの原則2.文章にストーリーを含ませて書く

文章にストーリーを含ませて書く。

これは所謂「ストーリーテリング」と呼ばれるもので、
コピーライティングの基本的なテクニックの一つです。

事実の羅列による「無機質」な文章に、
「エピソード(物語性)」が加えられる事によって、
人の興味や関心をひくことができるというテクニックです。

ただ、根本的なコピーライティングの目的は
「小説」を書くことではありませんから、
面白おかしく物語を書く必要はありません。

原則、「商品やサービスの販売」に関連する内容で、
読者がストーリーに共感出来るものにしてください。

例えば、

「毎日欠かさず◯◯を使い続けてみた結果、1ヶ月後には・・・」

「◯◯があって大変苦労したけど、◯◯があったお陰で助かった」

というような、「体験談」がいい例だと思います。

読者が「商品を手にしていない場合」に起こりうる

「デメリットや、注意喚起」

を、示したあとに、
その商品を手にしておく事で得られる、

「メリットや回避できること」

を、自分自身の体験を踏まえた「教訓」として教えることで、
”明日は我が身”ともいうように、
その話は読者にとって「他人事」ではなくなります。

それが商品やサービスの購入を検討させるキッカケになるわけです。

入念にターゲット(読み手)を絞り込んだうえで、
興味や関心を集めやすいエピソードを加えてみてください。

コピーライティングの原則3.”あなた”一人に向けて書く

これは特に「あなた」ではなくても、
それ以外のお好きな名称でも構いません。

「読者”個人”」に対して、
直接話しかけるように文章を作成する方法です。
(◯◯様、君、お前、等)

そうする事によって、
「”その他大勢”へのメッセージ」ではなく、
「”読者個人”へ向けたメッセージ」になり、
よりターゲットから反応を得やすくなります。

イメージとしては、読者に”直接”話しかけて、
そこから気軽にセールスをかけるような感じです。

基本的には家族や友人など、
大切な人を相手にしていると思ってください。

これはセールスコピーの最も一般的なスタイルの一つで、
広告業界では「あなたと私コピー」とも呼ばれます。

そこから、さらに明確にターゲットを絞り込みたい場合は
「ペルソナマーケティング」や、
「3つのONE」などが非常に有効です。

「ペルソナマーケティング」とは、
あなた自身が売りたい商品やサービスを欲している
架空の人物(ペルソナ)を作り込んで、
ターゲットをピンポイントに絞り込む方法です。

年齢、性別、職業、生活習慣、悩み、願望など、
”詳細に想定したペルソナ”を作り込むことによって、
その架空のペルソナと同じ悩みや願望を持っている消費者に
極めて具体的にターゲット層を絞り込むことができます。

その結果として商品やサービスを手にした際の
顧客満足度や、成約率(反応)をあげる事ができるという、
上手くいけば良い事づくめなマーケティング戦略の一つです。

例えば、「チョコレート」を売ろうとした場合、
ただ「美味しいもの」を食べたいという人に売れるチョコレートと、
「ダイエット」している最中の人に売れるチョコレートは違います。

「美味しいチョコレート」の場合は、
原材料や製法にこだわり、
味を追求すればいいと思われるかもしれませんが、
「味覚」というのは人それぞれ違いますし、
その時々の”個人の気分”なども左右します。

甘さ控えめがいいのか、甘いほうがいいのか、
カカオの香りをストレートに強調するか、イチゴや抹茶など変わり種にするか、
美味しいチョコレートを求めているターゲット(ペルソナ)が、
一体何を求めているのか、明確にしなければ反応は取れません。

そこが明確になっていなければ、
「その他のチョコレートと変わらない」からです。

ターゲットが定まっていない商品やサービスは

「売れる可能性が下がる」

ということが上記だけでも分かると思います。

それは「ダイエット中の人に向けたチョコレート」の場合でも、
全く同じことが言えます。

そもそも、「ダイエット」と言っても、
ただ漠然とカロリーを気にしているだけなのか、
それとも本格的にジムに通ってダイエットをしているのか、
社会人なのか、学生なのか、年齢は若いのか、高齢なのか、
女性なのか、男性なのか、なぜダイエットをしようと考えたのか・・・。

同じ「ダイエット中の人に向けたチョコレート」でも、
具体的に絞り込んでいくと味、価格、成分、コピー、など、
販売方法の”すべてが変わってくる”と思います。

「贅沢の限りを尽くした抹茶風味のチョコレート:500円」と、
「体内の脂肪を燃焼する成分配合のチョコレート:500円」では、
実際に消費者がどちらを購入するかは、
全てはこのマーケティング次第だと言えます。

「3つのONE」とは、

「ONEマーケット(一つの市場に)」

「ONEメッセージ(一つのメッセージを投げかけて)」

「ONEアウトカム(一つの出口を用意する)」

という、セールスレターなどを手がける際に使われている
コピーライティングの基本的なテクニックです。

詳しいことは以下のページをご覧ください。

「3つのONE」の詳細はこちらから

商品を売り込むための文章を手がける際は、
「あなた」と語りかけるだけで終わらず、
予めターゲットを明確に絞っておいたほうがいいと思います。

コピーライティングの原則4.読者の想像力を膨らませる

コピーライターはもちろんのこと、
アフィリエイターや情報起業家がよく使っている方法の一つです。

例えば、

「あなたも、パソコン片手に自由気ままに過ごしてみませんか?」

「好きな時に好きなだけお金を稼ぐ方法を知りたくないですか?」

とか、

「超高層タワーマンション、車、ワイン、旅行、宝石、高級腕時計を、、、」

「欲しいものを全て手に入れて何一つ不自由のない、贅沢三昧の生活を、、、」

というような、あからさまな文章をあえて書きましたが、
上記のように商品やサービスのターゲットに対して、
”それを手にしたイメージを湧かせること”で、
潜在意識に期待値を刷り込んでいく方法です。

先述したストーリーテリングにも似ていますが、
これはあくまで”商品を手に入れた時のメリット”を、
全面的に打ち出していく方法です。

よって、読者に何らかのイメージを湧かせることさえできれば、
ストーリーやエピソードは必須ではありません。

早い話が、ターゲットがお金を稼ぎたいと考えているのであれば、
銀行の預金口座や札束を見せればいい、ということです。

興味を与えるためなのか、
期待値を持たせるためなのか、
それぞれの用途が根本的に違います。

コピーライティングの原則5.事実のみを徹底して繰り返す

事実のみを徹底して繰り返す。

これは延々と同じ言葉を繰り返すという意味ではありません。

ターゲット(読者)が抱いているであろう、
”商品やサービスへの不安や疑問や懸念”を払拭するために、
事実に基づいたデータ、証言、写真、など、
ありとあらゆる全ての証拠を掲載することで
購入するメリットを事実をもとに「証明する方法」です。

事実を伝えれば伝えるほど、怪しさや不信感が薄れ、
代わりに安心感と信頼感を与えることができるので、
それがターゲット(読者)からの「信用」につながり、
結果として商品やサービスの成約率が上がるわけですね。

例えば、情報商材のセールスレターでも、
販売者の写真や、実績などの証拠写真、モニターによる証言、
関係者による推薦分などがズラッと掲載されていますが、
あれもすべて「信用」を得るためです。

また、今回私がご紹介したような、
他のテクニックも取り入れられています。

あのような一枚完結型のセールスレターは、
コピーライティングの参考になる点が多いので、
興味があれば勉強がてらに目を通してみるといいと思います。

売れている商品やサービスのコピーは、
読者の興味を引きつけて、信用を獲得して、販売する、
この一連の流れをしっかり意識しながら文章が作成されているはずです。

以上で終わりになりますが、
今回ご紹介した方法を意識していただくことで、
少しでも売り上げが改善に向かえば幸いです。

ここでは明かせない具体的な稼ぎ方については、
無料メールマガジンのほうで限定公開していますので、
もしも興味がありましたら、併せて参考にしてみてください。

きっとあなたのお役に立てると思います。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから