甲斐です。

ネットビジネスで「成功」するためには
販売力である「コピーライティングのスキル」と、
集客力である「マーケティングのスキル」が必要になります。

ただ、ネットビジネスの「成功」とは
定義や境界線がなく非常に曖昧なものです。

年収数百万円レベルを「成功」と思う人もいれば、
数千万円、数億円レベルを「成功」だと思う人もいます。

さすがに年収数億円レベルともなってくれば
「まだまだ」と思う人は少ないとは思いますが、
私のメンターなんかは個人で年収数億円を稼いでいても
「まだまだ」とか平然と言われるような方だったりします。

それはネットビジネス参入当初の
私の感覚からしてみれば「?」でしたが、
おそらく、それはごく一般的な反応だと思います。

実際に規格外の年収を稼げているからこその
ある意味”特別な感覚”なのだと思いますが
メンターに関しては、そういった面も含めて
「格が違うな」と感じることが多々あります。

既に一生働かなくても遊んで暮らせるお金を稼ぎ、
客観的には「成功」だとしか言えない状況でも
さらに上を目指して稼ぎ続けることができる人は
そう滅多にいないんじゃないかな、と思いますね。

とは言ってもメンターの場合は、
ごく一部の”例外”の話です。

一般的な感覚としては
年収数億円なんて”十分すぎる金額”どころか、
個人がたったの一年足らずでサラリーマンの
「平均生涯賃金」を2人分も稼いでいるなんて
非現実的な話にしか聞こえないと思いますからね。

勿論、その”反対”もあるかと思います。

自分一人の力で稼いで慎ましく暮らせるだけでも
十分「成功」であり、立派だと思う人もいるからです。

その辺は個人の考え方や価値観の違いなので、
それはそれでいいと思います。

「成功」の定義や境界線は人それぞれ違いますので、
一概に”これだけ稼げたら成功”と決めることはできません。

おそらく、一般的な金銭感覚としては
年収1000万円以上を稼げるようになれば
成功かどうかは別としても「及第点」はもらえると思います。

本業の傍ら「副業」で取り組んでいる場合でも
それぐらいを余裕で稼げるようになれば
本業を辞めてネットビジネス一本で食べていくことも
かなり現実味を帯びた話になってくるレベルだと思います。

まぁ決して「贅沢三昧」とまではいかなくても、
人並みの生活は十分送れるわけですからね。

ひとまず、一つだけハッキリと言えることとしては、
年収数億円レベルの「成功」とまではいかなくても
先述した「二つのスキル」を習得してしまえば
そんなネットビジネスで生活できる程度のお金を稼ぐことは
そこまで”難しいことではない”ということです。

事実、私のメンターが年収5億円を稼いだように、
販売力である「コピーライティングのスキル」と、
集客力である「マーケティングのスキル」を学べば
大なり小なりネットで”お金を稼げるようになる”からです。

あとは日々の作業の繰り返しと、積み重ね、です。

というより、むしろ、これからネットビジネスで稼ぐために
この「二つのスキル」を学ばなければいけないのは
あまりにも”当たり前過ぎる話”でもあります。

なので、その”当たり前過ぎること”をやっていなければ
それは稼げなくて当然と言えば当然のことだとも言えますね。

実際のところ、その当たり前過ぎることを
やっていない人が大半を占めているというのが
今の情報業界の紛れもない実情ですので、
ネットビジネスで稼げている人が少ないのは必然ですね。

根本的に稼げないことをやっているんだから、
それは”稼げるわけがない”って話です。

今回はそんな当たり前過ぎる話と、
ネットビジネスで成功するために理解しておくべき
当たり前のルールについてお話しをしていきたいと思います。

ネットビジネスで成功するために理解しておくべきルール

まず、今の日本をはじめ、
資本主義社会のビジネスのルールは、
平等に与えられた1日24時間という限られた時間の中で、
どれだけの成果を手にすることができるか、です。

これはネットビジネスに限った話ではなく、
すべてのビジネスに共通している大前提であり、
絶対に変わらない「不変のルール」です。

単純な話、その限られた時間の中で成果を出せれば、

「金持ち、勝ち組」

になり、成果を出せなかったり、
成果を出すまでに時間がかかってしまえば、

「貧乏、負け組」

になってしまうわけです。

なので、ネットビジネスで成功するためには
根本的な「作業スピード」が非常に重要になり、
どれだけの時間を作業に割くことができるかによって
おおよその稼げる金額は絞られてきます。

その際に考えなければいけないのは、

「作業スピードを上げるか、作業量を増やすか」

ですね。

また、「時間」以外にも
世の中の「お金」にも限りがあります。

「限られた時間の中で、限られたパイを奪い合う。」

それは言うなれば
勝ち負けを競い合っている
一種の”ゲームのようなもの”です。

これは私がネットビジネスを始めて間もない頃に
メンターや、同格に稼いでいる実業家の方に
実際に言われたことでもあります。

「ビジネス(金儲け)はゲームと同じようなもの。」

「お金稼ぎは点数集め。」

「口座に振り込まれる数字はスコア。」

まぁ今でこそ確かに「的を得ている」と思いますが、
当時の私の頭の中は「?」だったことを覚えています。

事実、制限時間内により多くの点数やポイントを稼いだ方が
勝ちというルールになっていますからね。

なので、ビジネスの”スキルやテクニック”というのは
ゲームでいう”レベルやパラメーター”だと考えてみてください。

「経験値を積み、レベルを上げていく。」

それがポイントをより多く稼ぐ為には欠かせない
「一つの要素」だということがわかると思います。

そして、もしも同時に「全く同じビジネス、ノウハウ」に
「全く同じスキル、テクニック」をもつ二人が取り組んだとき、
「のんびりマイペース」で作業をしている人と
「ストイックにテキパキ」と作業をこなそうとする人では
その「成果」に差がつくことは誰でも予想ができるでしょう。

つまり、どんなビジネスでも成果を出せるかどうかは、

「個人の能力値」と「時間の使い方」

それぞれの認識、捉え方次第だということです。

この「個人の能力値」に関しては
知識と情報の「インプット」と、
質を意識した「アウトプット」による鍛錬で
一定の水準までは誰でも高めることができます。

どんなゲームでもそうですが、
レベル99まで上げるために経験値を積むのは大変でも
レベル3~40くらいまではアッサリ上がりますよね。

それと似たようなもので、
レベルが低ければ低いほど成長が早い、
そんなキャラクターを育てているようなものですので、

「自分にはできない、無理」

ということはないと思います。

「できない自分」を「経験値」の積み重ねによって
「できる自分」に作り変えていくわけですから。

脇目も振らず愚直に「経験値」を積み重ねていけば、
自分自身のスキルやテクニックも高くなっていくので
誰でも沢山のポイントを稼げるようになります。

もう一つの「時間の使い方」に関しては
能力値を上げて作業スピードを上げる、
余裕があれば可能な範囲で作業量を増やす、
作業を仕組み化してレバレッジを効かせる、等、
1日24時間という制限がある以上は効率化を図るしかありません。

ただ、オフラインビジネスとは違い、
「ネットビジネスならではの特徴」として
仕組み化次第では「ほったらかし」に近い状態まで
時間と労力を劇的に削減することもできます。

メンターのケースは完全にそれに近い状態で
年収億超えという桁外れな金額を稼いでいるわけですが、
それでも今尚私の知っている誰よりも仕事をされています。

一応、私もそれを見習って仕事をしているので
睡眠時間はわりと少ない方だと思うのですが、
メンターの場合はそれがいつ寝ているのか、
むしろ寝ているのかさえ分からないレベルなんですね。

誰よりも仕事をしているから
誰よりも稼げている今があるのだと強く思う一方
そういう面でも「次元」が違うと多々思うことがあります。

作業量が必ずしも収入と比例するわけではありませんが、
本当にきっちり稼いでいる人はそれ相応に作業量をこなして
尚且つ、仕事を楽しんで取り組んでいるという共通点があります。
(ゲーム感覚で楽しんでお金を稼げる人は稀だと思いますが、、、。)

それはネットビジネスに限らず、
世の中の様々な成功者を見ていても
「同じなのではないか」と思います。

少し話が逸れてしまいましたが、
1日24時間という限られた時間を有効に使い、
いかに”より早く、より多くの作業を行うことができるか”が、
成果を出せるか否かの一つのカギになるということです。

これが資本主義社会のビジネスで成功するためのルールであり、
ネットビジネスで成功するために理解しておくべきルールです。

「副業」と「ネットビジネス」と「時間の使い方」

もし仮に会社に勤めているサラリーマンが
「副業」としてネットビジネスに取り組む場合は、
最低でも「9時間」は会社に拘束されてしまいます。

勤務時間中は会社の管理下にありますので、
その間は「時間の使い方」も何もありません。

「副業」は食事、睡眠、移動時間などを除いても
最初から「15時間」しかないわけですね。

平均睡眠時間が9時間なら「6時間」です。

通勤時間に30分、
往復で1時間だとして「5時間」

3度の食事にそれぞれ30分ずつかかるとして、
お風呂の時間も30分だとすれば「3時間」

テレビを見たり、雑談したり、
のんびりしている時間は一切無しと考えても
1日の中で副業に割り当てることができる時間は
おおよそ3時間ほどになってしまうわけですが、
勉強やリサーチなどを含めると更に僅かな時間になります。

まぁそう考えると現実的に作業に費やせるのは
”小一時間程度のもの”かと思います。

なので、副業でネットビジネスに取り組んでいる多くの方が
そのまま以前と同じような環境でのんびり作業しても
成果が出ないのは当然と言えば当然なわけです。

ネットビジネス一本で食べている人と比べて
あまりにも「作業量が少ない」ですからね。

と言ってもサラリーマンは本業の方で
自分の”一生の時間を切り売りする代わり”に
その対価として給料というお金を貰っています。

ネットビジネスで稼げなくても「保険」があります。

ただ、かえってその「保険」があることによって
稼げなくなっている場合もあります。

副業で稼げなくても特に問題はないという
ビジネスに対する「甘さ」が出てしまうからです。

その結果、根本的に稼げない原因となっている
自分自身の「環境」を変えることができず、
ダラダラと不毛な作業を続けてしまうハメになります。

だからと言って、簡単に諦めたり、
まともに稼げずに挫折してしまった場合は
実質的に丸一日を会社のために身を粉にして一ヶ月働き、
約一ヶ月分の生活費を稼いで延々それを繰り返し、
人生の大半を会社に捧げて一生を終えることになります。

勿論、それはそれで「幸せ」なのかもしれません。

ただご存知の通り、ネットビジネスで稼ぐことができれば
お金に困ることも、時間に追われることもありませんし、
毎日嫌いな人間と顔を合わすこともなくなります。

何かを指図されたり、我慢する必要もありません。

おそらく、副業としてネットビジネスを始める人の多くは
少なからずそのような生活に憧れを抱いているはずです。

例えそうではないとしても、
突き詰めれば経済的に満足できていないからこそ
本業以外でお金を稼ごうと思うわけですから、
日々の生活や会社の待遇に対して、本人の気づかない部分で
不平不満があったり我慢をしているわけですよね。

そうやって自分の人生をもっと有意義に過ごしたいと考えた結果、
自分自身の力でお金を稼ぐという行動を起こしたということは、
それは”ライフスタイルを変えたい”という願望の現れだと思います。

それは何も考えずに会社にこき使われている人とは違い、
”自分自身の人生を一生懸命考えている証拠”であり、
正面からきちんと向き合っているということです。

つまり、ネットビジネスを始めるキッカケは何であれ、
少しでも自分の理想の人生を満喫したいと思っているからこそ
サラリーマンは「副業」に精を出して勤しんでいるわけです。

しかし、先述したように副業は時間がありません。

それを補うためには、
できるだけ睡眠時間を削るか、
ビジネスの作業スピードを上げるか、
作業時間を必要としないように「仕組み化」する必要があります。

ネットビジネスの「仕組み化」として代表的なのは、
ステップメールや、ツイッターのBOTなどですね。

副業のネットビジネスで成功するためには
この「仕組み化」ができなければ、
”一生ラットレース”だということです。

ただ、言うまでもなく
「仕組み化」を図ってお金を稼ぐためには
相応の知識、情報、スキル、テクニックが求められます。

つまり、ネットビジネスで成功するためには、

 

  1. コピーライティングのスキル
  2. マーケティングのスキル
  3. 作業スピード、作業量
  4. 仕組み化

 

上記の4つの要素が重要だということです。

これは専業、副業、関係ありません。

この4つの要素を追求していくと、
自ずと道は開けてくると思います。

今回の話はさすがに”当たり前過ぎることばかり”だと
もしかするとそう思われたかもしれませんが、
当たり前のことがそれだけ”重要”だということなんです。

”王道無くして最短”はありませんからね。

その辺りは以下のページも参考にしてみてくださいね。

ネットビジネスの収益を最短最速で拡大する手段と注意点とは

もしも、あなたがありもしない裏技的な方法に頼らない、
ネットビジネスの「王道で稼ぐ方法」に興味があれば、
当ブログのコンテンツや無料メルマガ講座の方も
是非、合わせて今後の参考にしてみて頂ければと思います。

はっきり言って下手な情報商材よりも、
断然有益な情報を配信していると自負していますので、
読むだけならタダですし、損をさせるようなことはありません。

興味があれば、一度試しに目を通してみてください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから