甲斐です。

 

「ノウハウコレクター」とは、教材、セミナー、コンサル、書籍、など、

主には情報業界の様々なノウハウに手を出している人達の総称です。

 

一般的に情報業界では「不名誉な称号」の一つとして扱われていますが、

「ノウハウコレクター」を脱出するだけであれば難しいことではありません。

 

今回はそんな「ノウハウコレクター」について、

少し解説していきたいと思います。

 

ノウハウコレクターが悪いという風潮

 

まず、そもそもの話、「ノウハウコレクター」は、

”悪い意味合いで使われること”の方が多いのが実情ですが、

実際のところビジネスとして「結果」が出ているのであれば、

「ノウハウコレクター」自体は別に悪いことではありません。

 

「ノウハウ=知識、情報」なわけですから、

捉え方によっては向上心ある勤勉家だと思いますし、

効率的な取り組みをされていると思います。

 

もしも独学で一から勉強すれば「ノウハウコレクター」にはなりませんが、

「独学」は”ほぼ手探り状態”で見知らぬ目的地まで進んでいるのに対して、

「ノウハウを買う」ということは目的地までの”地図を手に入れるようなもの”なので、

結果的に目的地に到着するまでの圧倒的な「時間短縮」になり、効率的です。

 

所謂、「時間をお金で買う」というやつです。

 

なので、ノウハウを買うことは有意義な「自己投資」だと思いますし、

「ノウハウコレクター」はビジネス成功への最短距離を歩んだ結果です。

 

知識や情報は十分すぎるほど”ある”わけですから、

あとはノウハウや作業の継続力など、

今から挙げていくいくつかの問題点を解消すれば、

一気にノウハウコレクターを脱出することもできると思います。

 

ノウハウコレクターの真実と情報業界の現実

 

ただ、何が問題なのかと言うと、現実はノウハウにお金を払うばかりで

まともにお金を稼げていない「ノウハウコレクター」の方が多いからです。

 

多くの場合、「ノウハウコレクター」に”なろう”と自ら望んでなっているのではなく、

図らずしも「ノウハウコレクター化してしまっている」というのが正しいと思います。

 

別に本人はそんなに沢山のノウハウは求めていなくても、

いくら続けても稼げる見込みのないようなノウハウなら、

”否が応でも”新たに違うノウハウを求めざるを得ないわけですから。

 

まぁそれが業界で一般的に言われている「ノウハウコレクター」なわけですが、

それは言い換えれば、ただ情弱層が”摂取されるだけ摂取されている”というだけです。

 

だからこそ、ノウハウの「コレクター化」を避けるためには、

早い段階で「本当に価値のあるノウハウ」を見つけ出す必要があります。

 

ノウハウコレクターを生み出す諸悪の根源

 

情報業界がもっと「誠実な情報起業家」や、

再現性の高い「有益なノウハウ」ばかりであれば、

実践者の「ノウハウに対する信用度」も高くなっているでしょうし、

すぐに他のノウハウに目移りしてしまう、今の現状も少しはマシだったかもしれません。

 

結局、あまりにも「ろくでもないノウハウ」が増えすぎてしまっているせいで、

情報業界全体、「全てのノウハウ」に対して”不信感”が募り、蔓延して、

ノウハウの成果が出始める前に見切りをつけて、次のノウハウに移行してしまうという

図らずしも「コレクター化」するサイクルが深く根付いてしまっていると思います。

 

本心から「確信を持てるノウハウ」であれば、誰も途中で諦めたり、

今ほど頻繁に他のノウハウに目移りしたりしないはずですからね。

 

冗談抜きの本気で多くの人がノウハウを「コレクター化」してしまう

原因の大半は本人の意思ではなく”情報業界そのもの”にあると思います。

 

自分がノウハウコレクターにならない為には

 

今の情報業界でノウハウコレクターにならないようにする為には、

「本当に価値のあるノウハウ」を自分自身の目で”見極める必要”があります。

 

一体何が稼げて、何が稼げないのか、ということを

しっかり考えて判断しなければ、「ろくでもないノウハウ」ばかりだからです。

 

「常識はずれのノウハウ」、「遂に公開する極秘のノウハウ」、など、

新しいノウハウに対して期待に胸が膨らむ気持ちはよく分かりますが、

そんな都合の良い”特別なノウハウなど存在しない”ということです。

 

そして、その「本当に価値のあるノウハウ」の中でも、

できれば時代に流されない普遍的な王道系のノウハウがいいと思います。

 

よくある「流行りのノウハウ」などは将来的にも稼げるかどうか微妙なものが多く、

いざ他のノウハウに取り掛かる時にはまた”ゼロからのスタート”になるからです。

 

そうして本心から信用できる一つのノウハウに「集中特化」して、

そのノウハウに「必要なスキル」を徹底的に高めて堅実に実践すれば、

少なくとも毎月のお小遣いの足し程度には稼げるようになるでしょうし、

ネットビジネスで「全く稼げない」という結果には”ならない”と思います。

 

とりあえず、最低でも毎月の教材代くらいは回収できるはずです。

 

また、そうやって一つのノウハウで上手く実績を出すことができれば

次は自身のノウハウを教材にまとめて販売したり、

コンサルタントとして困っている人を指導したり、

おのずと新しい他の道も見えてくると思います。

 

ノウハウコレクターを脱出する為には

 

すでにノウハウコレクター化してしまった場合、現状打破する方法としては、

一旦前に進むことをやめて「手元にあるノウハウ」を見直すといいと思います。

 

次から次へと新しいノウハウを追いかけて手を出すのではなく、

今あるノウハウを活かして、そこから稼げる方法を模索してみてください。

 

ブログ、メルマガ、ツイッター、フェイスブック、YouTube、など、

ネットビジネスにも色々なビジネスモデルがありますが、

それらのノウハウをそれぞれ掘り下げて見てみると「基本は全て同じ」です。

 

あれやこれや言っても「特別例外などはない」ので、

新しいノウハウも基本を”応用しているだけ”にすぎないので、

まずは基本的なことをマスターすることから始めてみてください。

 

あとは、ノウハウを愚直に実践して”競合と仲良しこよし”では

どんぐりの背比べのようなもので、差別化をしなければ結果に繋がらないので、

そのノウハウを最大限に活かすため、競合を圧倒的に出し抜くため、

ノウハウコレクターを完全に脱出する為には相応の「スキル」が必要です。

 

結局「スキル」が何もなければ、

一方的に「ノウハウ」に頼らざるをえないので根本的な状況は変わりません。

 

「ノウハウの有効性」が失われるたびに、新しく違う「ノウハウ」を探すハメになり、

”永久的にノウハウを追い求めなければいけない”ということになります。

 

まぁそうなれば、いつか「ノウハウコレクター」を通り越して、

「ノウハウコンプリーター」になれるかもしれませんが、、、。

 

将来的に「ノウハウコンプリーター」になるつもりがないのであれば、

「これ」だと思えるノウハウを徹底的に追求してみてください。

 

その行動力と、継続力こそが脱ノウハウコレクターのカギになるはずです。

 

私のブログやメールマガジンでも

本心から本気で「読者のスキル向上」を目的としたコンテンツや

「読者のタメになる情報」を配信しているつもりですので、

興味があれば、併せて目を通してみてください。

 

無料メルマガ講座はこちらから

 

それでは。