甲斐です。

 

アフィリエイトをはじめ、

ブログやメールマガジンを媒体にするネットビジネスで

思うような成果が出ていない人の”大きな原因”の一つに

「目的が曖昧な記事」を作成しているという点が挙げられます。

 

本来、記事を作成する前には先立つ「目的」があり、

あくまで「目的を達成するための記事」に過ぎません。

 

その「目的」が明確になっていないことで、

終始内容の曖昧な記事になってしまうため、

どうしても読者の反応が薄くなってしまうんですね。

 

ただ実際のところ、記事を作成する目的というのは

大きく分けて「3つの目的」に分類することができます。

 

単純な話、その「3つの目的」に合わせて記事を書くだけで

必然的に書いてある内容にもブレがない「一貫性」が生まれ、

その主張に共感した読者からの反応が得られるようになります。

 

今回はそんな記事作成時に知っておいて欲しい

「3つの目的」ついてお話をしていきたいと思います。

 

ブログやメールマガジンの記事を作成する「3つの目的」

 

ブログやメールマガジンで記事を作成する目的は

大きく分けて以下の「3つの目的」に分類することができます。

 

1.集客目的:新規客とリピーターを獲得するため

2.教育目的:既存客と信頼関係を構築するため

3.販売目的:商品もしくはサービスを売り込むため

 

上記の目的から逸れないように記事を書くことができれば

ブログやメールマガジンの読者からの反応は向上するはずです。

 

反対に、それぞれの目的を”ごちゃ混ぜ”にしてしまうと

そこに書いてある内容が曖昧になってしまうだけではなく、

最初から最後までスムーズに書き終えることが難しくなります。

 

集客をしたいのか、教育をしたいのか、売りたいのか、

その「落としどころ」が自分自身でも分からなくなるからです。

 

目的が曖昧なまま記事を作成してしまうことは

作業に無駄な時間がかかってしまう原因でもあるわけです。

 

一つの記事を作成し終えるのに何時間もかかってしまう人と、

同じ時間内でもう一つ記事を作成することができる人では

当然ですが、そこから得られる成果には大きな差があります。

 

だからこそ、まずは記事を作成する前には

集客をしたいのか、教育をしたいのか、売りたいのか、

その「目的」をハッキリと明確にさせておく必要があります。

 

それが記事作成のペースが遅い場合の

劇的な作業効率のアップにも繋がるからです。

 

集客、教育、販売の記事を作成する順番

 

ブログやメールマガジンを使って

効果的に成果を出していくためには

「3つの目的」の記事を作成する順番が重要になります。

 

1.集客目的:キーワードを優先した記事を作成

2.教育目的:伝えるべきことを優先した記事を作成

3.販売目的:集客と教育を兼ね備えた記事を作成

 

まず、集客目的の記事を作成する場合は

「アクセスを集めること」が優先事項なので、

「キーワード」を決めた後に記事の内容を考えていきます。

 

次に、教育目的の記事を作成する場合は

「信頼関係を構築すること」が優先事項なので、

「伝えるべきこと」を決めて、記事を作成したあとに

その内容に沿った最適なキーワードを考えていきます。

 

最後に、販売目的の記事を作成する場合は

購買意欲の高いアクセスを集めるために

「商品名キーワード」で検索上位に表示できる記事の質と、

その記事内だけで教育を終わらせられる情報量が必要です。

 

ブログやメールマガジンの記事を作成する順番を解説

 

では、実際にどのように記事を作成していくのか、

一通りの流れを解説していきます。

 

まず必要になるのは「集客目的の記事」です。

 

できるだけ検索数の多いキーワードから

競合数の少ない複合キーワードを見つけ出し、

そのキーワードに沿った内容で記事を作成します。

 

投稿数が少ない序盤の100記事くらいは

競合の多い「一般キーワード」を狙っていくよりも、

「商品名」をそのままキーワードに狙う方が効果的です。

 

所謂「レビュー記事」ですね。

 

ただ、商品名をそのままキーワードにしても

話題性の高い商品や、長期的に売れ続けている商品は競合も多いため、

取り上げる商品によっては上位表示が難しいこともあります。

 

その場合は「競合の少ない複合キーワード」も狙います。

 

そして、ある程度集客が安定してできるようになってきたら

次の「教育目的の記事」を作成していきます。

 

「集客目的の記事」とは打って変わって、

「教育目的の記事」を作成する場合は

キーワードよりも”伝えるべき内容”が優先です。

 

なので、SEO対策的なキーワードを意識するのは

その記事が出来上がった後からでも遅くはありません。

 

まずは何よりも信頼関係を構築することを先決に考えて

「読者の役に立つ記事」を作成していきます。

 

そうして役立つ情報を与えていくことができれば

徐々に読者との信頼関係が生まれてきますので、

タイミングを見て「販売目的の記事」を作成します。

 

勿論、最初から販売目的の記事を作成してもいいのですが、

信頼関係ができていない段階で販売目的の記事を作成しても

あまり思っているような反応は得られないと思いますので、

順を追って取り組んでいくことをお勧めします。

 

1.集客

2.教育

3.販売

 

まぁこれはあくまでDRMの基本的な手順ですが、

私や稼いでいるアフィリエイターが実際に取り組んでいることなので、

今後の活動の参考にでもしてみて頂ければと思います。

 

より具体的なノウハウや、テクニックに興味があれば、

当ブログコンテンツや、メールマガジンの方で解説していますので、

一度、目を通してみてください。

 

少なくとも、下手な情報商材よりかは、

断然価値のある有益な情報を発信している自負がありますので、

読むだけならタダですし、損をするようなことはないと思います。

 

無料メルマガ講座はこちらから

 

それでは。

 

コンテンツ一覧はこちらから