甲斐です。

私は当ブログやメールマガジンを介して、
アフィリエイトについて情報を発信しています。

現在はブログ、メルマガ、YouTube、ツイッター、など、
多種多様なメディアを利用して生計を立てているのですが、
ここ最近は、特にYouTubeを利用した動画投稿ビジネスが熱いです。

YouTubeに動画を投稿して、その再生回数でお金を稼ぐ、
所謂、「YouTubeアドセンス」というやつです。

そこで、今回はYouTubeが稼ぎやすい理由について、
少しばかりお話しをしていきたいと思います。

それでは、早速参りましょう。

YouTubeが現在も稼ぎやすい理由と、その稼ぎ方について

単刀直入にYouTubeが稼ぎやすい最大の理由は、
何もかもが丸見えで「パクリ放題」という点にあります。

例えば、動画のタイトル、構成、サムネイル、説明文、タグ、など、
先立つ成功事例をほぼそのまま模倣することができるんですね。

しかも、そのポイントも限られていてシンプルで、
ほとんど複雑なところがなく一から十まで理解しやすい。

今後もYouTubeの稼ぎやすさに関しては、
この丸見えな状況が変わらない限り”揺るぎない”と思います。

実はこれはその他のアフィリエイトにはない特徴で、
サイトやメールマガジンを利用したアフィリエイトだと、
そう簡単に上手くはいきません。

競合サイトを一つ一つシラミつぶしに、
「どんな対策をしているのか」なんて調べていたら、
時間がどれだけあっても足りないと思います。

勿論、そんなに沢山の時間をかけなくても、
記事のタイトルや件名であれば、目で見ても分かりますし、
狙っているターゲットやキーワードも、おおまかには分かります。

ですが、それを再現するための「文章力」は、
さぁやろうとして一朝一夕で身につくものではありません。

特に成約報酬型アフィリエイトはハードルが高く、
商品やサービスを売り込んで成約する必要があります。

そのため、成約報酬型アフィリエイトで稼ぐためには、
何よりもコピーライティングのスキルが重要になります。

どれだけ大勢のアクセスを集めることができたとしても、
”物が売れなければお金を稼ぐことはできないため”ですね。

一応、「商品の販売・成約」という過程がネックになる場合は、
クリック課金型アフィリエイトで稼ぐという手段もあります。

ただ、クリック課金型アフィリエイトだと、
収益化までのハードルが低めな分、
それだけ報酬単価は安いです。

なので、そこからまとまったお金を稼ぐためには、
膨大なアクセスを集めなければなりません。

当然、そこには相応のマーケティングスキルや、
作業をこなす時間と労力が必要になるわけです。

いずれにしても、テキスト主体で稼ぐとなると、
最低限の実力を身につけなければいけないので、
そこまで楽に稼げるとは言えないんですね。

ところが、YouTubeの場合はどうでしょうか?

チャンネルを覗けば、全部が「丸見え」ですよね。

まるで手に取るかのように、
一目瞭然でチャンネルの「戦略」が分かります。

そして、YouTubeに投稿されている動画の大半は、
真似するのにそこまでの実力が求められるものではなく、
やろうと思えば、完コピすることも可能なものばかりです。

基本的に必要になるのは、
動画の撮影や編集に対する最低限の知識と情報ぐらいで、
プロ顔負けのクオリティで動画をアップしているような、
到底真似できないレベルの投稿者なんてほとんどいません。

つまり、YouTubeで稼ぐための実力なんて、
ほとんど”あってないようなもの”だということですね。

なぜなら素人でもちょっと勉強すれば、
すべてをパクれるわけですから。

YouTubeで競合の思考と戦略を盗み取って稼ぐ

実際に、YouTube上にアップされている動画から、
投稿元のチャンネルを辿り、動画を一覧してみてください。

タイトルのポイントや傾向は見えてきますし、
そこから説明文の書き方や、タグの使い方など、
シラミつぶしに視聴していけば丸ごと戦略を把握できます。

どんな動画で、どんなターゲットを狙い、どんな対策を施しているのか。

再生回数を伸ばしている投稿者の”思考”まで読み取れるので、
正直、見て分からないことの方が少ないくらいかと思います。

あとはそこから、再生回数が伸びている要因をあぶり出して、
自分の運営しているチャンネルに落とし込めばいいわけです。

勿論、そのために最低限の知識や情報は必要ですが、
それでも専門的なスキルはほとんど必要ありません。

強いて必要なものを挙げるとすれば、
参考にする動画以上のクオリティにするため、
プラスαのオリジナリティを加えられるか、
という技術的なことよりも発想的な部分ですかね。

動画を撮影したり、編集するスキルというのは、
作業を繰り返し続けていくうちに”慣れ”ていきますし、
あまり気構えなくても覚えられると思います。

あえて動画の企画、構成もすべて一から考えるというのであれば、
テレビ番組のプロデューサーや、映画監督みたいなものですから、
自分で”面白い動画”を作れるように勉強しなければいけませんが、
少なくとも「YouTubeでお金を稼ぐだけ」であれば、
わざわざそんなに”遠回り”をする必要はありません。

極論、すでにYouTube上で成果を出している動画にあやかり、
どんどん掛け合わせていくようなイメージですので、
有名パニック映画の「エイリアン」と「プレデター」を見て、
その続編として「エイリアンVSプレデター」を作るような感じです。

さすがにちょっと分かりにくいかもしれませんね、、、。苦笑

例えば、「エイリアン」の舞台を、宇宙から海上にして、
地球外生命体ではなく、サメに変更すれば「ジョーズ」です。

その「ジョーズ」にプラスαを加えれば、
よくあるB級映画のようなオリジナルの映画に変貌します。

これだけでも、ヒットするかどうかは別としても、
ヒットする法則にのっとった作品は出来上がります。

そのような例で言えば、
アメコミのヒーローを集結した「アベンジャーズ」や
日本の戦隊ヒーローが全員登場するような映画などは、
まさにあらゆるヒットの要素を組み合わせた作品と言えますね。

このように映画はジャンルごとに、
ヒットしやすいシナリオや構成がテンプレ化されており、
YouTube動画もこれとほとんど同じようなものです。

また、必ずしもストーリーが必須というわけではなく、
人が心理的に”見たい”と思うような動画には、
決められたパターンや原則がありますから、
その成功事例を元にちょっと発想を転換するだけでいいんです。

あまり小難しく考えずに、
再生回数が伸びている競合のパターンをリサーチして、
自分なりにひと工夫施したものをそこへ当てはめていく、
というそんな単純な作業からスタートしてみてください。

YouTubeで再生回数を稼ぐのに機材や環境は必要か

もしもわざわざ機材や編集環境を、
一式揃えなければ制作できないような動画なら、
大なり小なり金銭的な負担はあるかもしれませんが、
これも最初から必須というわけではありません。

YouTubeの視聴者側としてはそこそこのクオリティさえあれば、
画質や音質などよりも”動画の内容そのもの”を見たいという心境ですから、
こちらが拘らなければ、まずは無料で揃えられるもので十分だと思います。

どれだけ高価で優れた機材と環境を整えてあったとしても、
肝心の動画の内容が面白くなければ、見たいとは思いませんよね?

勿論、映像が綺麗なのに越したことはありませんが、
そんなことを気にして視聴しているのは、
ごく一部のマニアとか少数派だけなんです。

YouTube上を検索してみれば分かるように、
「再生回数が多い=映像が綺麗」とはなりません。

大勢の人に”見たい”と思ってもらえる動画でなければ、
いつまで経っても再生回数は伸びていかないんですね。

つまり、YouTubeで稼ぐために最も重要なのは、
「動画の中身」だということです。

細かい機材に拘ったり、より良い環境を整えるのは、
稼げるようになったあとからで全然構わないと思います。

そして、先述したように、その動画の中身については、
YouTubeは”成功事例がいくらでも好きなだけ見放題”なので、
経験ゼロの初心者でも同等の動画を投稿していくことが可能です。

まぁ、YouTubeはそんなボロい市場ですから、
きちんと正しいノウハウを学ぶことができれば、
稼げないわけがないんですよ。

ひとまずは下手に機材や環境に拘ってしまうと、
それが原因で遠回りになる可能性もありますから、
収益に繋がることを優先的にこなしてみてください。

おそらく、ここまでに述べたヒントだけでも、
それなりの成果を出すことができるはずです。

もしも、もう少し詳しいノウハウを知りたいようでしたら、
無料配信しているメールマガジンのほうに目を通してみてください。

そちらではブログでは公にできないような、
より具体的な稼ぎ方を公開しています。

ブームからずいぶん経った今でも尚、
まだまだ現在進行形でYouTubeは稼ぎやすいので、
これを機にチャレンジしてみて頂ければと思います。

無料メールマガジンはこちら

是非、参考にしてみてください。

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから