甲斐です。

 

YouTubeでチャンネル登録者数を伸ばしていくためには

いくつか押さえておくべき重要なポイントがいくつかあります。

 

登録者数を短期間で一定数以上獲得しているチャンネルの運営者は

まず間違いなくそういった外せないポイントを押さえている傾向にあります。

 

今回はその中でも比較的簡単で取っつきやすく、尚且つ効果を実感しやすい

チャンネルのカスタマイズ方法について解説していきたいと思います。

 

それでは早速参りましょう。

 

YouTubeでチャンネル登録者数を伸ばしていくカスタマイズ方法

 

YouTubeでチャンネル登録者数を伸ばしていくため、

チャンネルをカスタマイズする際に最も重要になるのは、

そのチャンネルの「ターゲットを明確にすること」です。

 

当然と言えば当然のことですが、

チャンネルのターゲット選定ができていなければ

投稿していく動画のジャンルはごちゃ混ぜ、方向性があやふやになり、

そのチャンネル内のすべての動画に大きな悪影響を及ぼしてしまうからです。

 

  • どんなユーザーに対して動画を投稿していくのか
  • どんなユーザーをチャンネル登録させていくのか

 

まずは、この「ターゲット」がきちんと決まっていなければ、

必然的にコンセプトの伝えらないチャンネルになってしまいます。

 

それは結局どんな属性の人たちに向けて動画を投稿しているのか分からない、

ただ好き放題に動画を投稿しているだけの不毛なチャンネルと大差ありません。

 

動画を視聴したユーザーがチャンネルに訪問したとしても

「どうやらこのチャンネルには他に面白い動画がなさそうだな。」

そう思われて直帰されてしまう可能性が圧倒的に高くなります。

 

仮に面白い動画を投稿したとしても、そこからターゲットが明確になっていない

コンセプトがあやふやなチャンネルに登録をさせるのはハッキリ言って難しいです。

 

言ってしまえばチャンネルを訪問してくれたユーザーの期待ハズレな動画ばかりを

せっせと増やしているようなものなので、それでは登録者は増えなくて当然です。

 

また、チャンネルに訪問してもらえるレベルの人気動画を量産できたとしても

肝心のチャンネル内の動画が関連性が低いものだとチャンネル登録されないのは勿論、

せっかくの他の動画の再生回数を伸ばすチャンスを無駄にしてしまいます。

 

わざわざ自分の貴重な時間を削ってまで

興味のない動画を視聴してくれるユーザーは稀だからです。

 

要するに、ジャンルの違う動画は足を引っ張り合うだけなので、

別々のチャンネルでそれぞれ投稿をした方がいいということです。

 

この「ターゲット選定」はチャンネルの「カスタマイズ」というより

本来チャンネルを開設する最初の時点で絞り込んでおかなければいけないので、

ここに関しては動画投稿ビジネスの基本中の基本と言うべきかもしれません。

 

1つのチャンネルに1つのコンセプト

 

「1つのチャンネルに1つのコンセプト」

これはYouTube初心者がチャンネル登録者数を

増やしていきたいのであれば徹底するべきかと思います。

 

結局のところ、何でもごちゃ混ぜにしているタイプのチャンネルに

どれだけ面白い動画があったとしても他の投稿動画が関係ないものばかりだと

訪問者の「チャンネル登録しよう」という思いは消え失せてしまいます。

 

ごちゃ混ぜにするほど豊富なネタがあるのであれば、

その一つのネタに対して一つのチャンネルを開設して

複数のチャンネルを運営していくほうが圧倒的に効果的です。

 

一つのコンセプトに絞って特化したチャンネルを作ることで、

濃い熱狂的なユーザーを集めることができるようになり、

そこで安定した動画の再生回数を維持できるようになるからです。

 

そこから続けてチャンネル登録させるためには

「このチャンネルには自分が見たい動画が沢山ある。」

という満足度の高いチャンネルを徹底して作り込まなければいけません。

 

そのためには特化した関連動画を相当数用意する必要があるわけですが、

そうこうしているうちにチャンネル登録者を獲得できるようになれば、

一度育てたチャンネルは以降放ったらかしておいても再生回数が伸びていきます。

 

最初に「一気に作り込んで放置する」これもまた動画投稿ビジネスの基本です。

 

理想のチャンネル運営者を自作自演する

 

YouTube上に投稿した動画を実際に「視聴」した上でやってくる

多くのチャンネル訪問者は少なからず「運営者」に興味を抱いています。

 

「このチャンネル運営者はどんな人物なのだろうか。」

 

その興味に応えるようにチャンネル運営者に魅力があれば

訪問者をチャンネル登録させる可能性は高まります。

 

当然慣れるまでには時間がかかると思いますが、

実際にどのようなターゲットに対して動画を投稿するか、

「ターゲット選定」がきちんと明確になっているのであれば、

動画を視聴する訪問者が”運営者に対して抱くイメージ”が

何となくでもボンヤリ想像ができるのではないかと思います。

 

要はその”運営者に対して抱くイメージ”の中で

「こんな運営者だと訪問者は登録するのではないか。」という

”最善の運営者のイメージ”をそのまま採用していけばいいだけです。

 

ターゲットの属性やイメージを元に、最も理想的な運営者、

確実に訪問者に好かれるであろう運営者の人物像を練っていき、

チャンネル毎に自分なりの「理想のチャンネル運営者」を作り上げていきます。

 

自分のイメージする運営者像を

ターゲットのイメージする運営者像にできる限り近づけて、

架空の理想的な運営者でチャンネルを運営していくわけです。

 

チャンネル運営者は訪問者、登録者を問わず「好かれてなんぼ」なので、

”いかにして好かれるか”を考えて盛り込むだけで大きく反応は違います。

 

具体的にどんな人物なのか、訪問者に対して鮮明なイメージが湧くように心がけて、

親近感が湧きやすく魅力的な運営者がチャンネルを運営していると思ってもらった方が

圧倒的にチャンネル登録者を獲得しやすいと思います。

 

チャンネルカスタマイズの重要なポイント

 

チャンネルをカスタマイズする際に考えなければいけないのは、

チャンネル訪問者、一般ユーザー目線の「ファーストビュー」です。

 

最初から集中力全開でチャンネルを見る人はほとんどいません。

 

パッと見て感覚的に登録するかどうかを判断されることの方が多いです。

 

  • ヘッダー画像
  • チャンネル紹介動画

 

上記がファーストビューで主に重要な要素、ポイントになるかと思います。

 

ここをキッチリ押さえることができているかどうかの違いだけで、

チャンネルの訪問者数に対するチャンネル登録者率が大きく左右します。

 

「ヘッダー画像」は「どんな動画を投稿しているチャンネルなのか」を伝えるため

チャンネルや動画とは全く関係のないヘッダー画像は避けた方がいいと思います。

 

チャンネル訪問者が一目見るだけで

”どんなチャンネルなのか”が分かる画像を採用した方が

「チャンネルそのものに対する興味付け」になるので効果的です。

 

  • チャンネルのコンセプトを伝える
  • ターゲットに好印象を与える

 

少なくとも上記の2点ぐらいは最低でも押さえている

「意味のあるヘッダー画像」を採用するべきだと思います。

 

また、「チャンネル紹介動画」もヘッダー画像と同様に、

そのチャンネル内で最もターゲットに訴求できる動画を採用するか、

チャンネルの魅力を最大限に伝えることのできる紹介動画を採用します。

 

まぁ紹介動画に関してはそもそも本来の目的が

ターゲットが視聴した際に「チャンネル登録してみよう。」と思わせるための

チャンネル登録への動機付けなので、その目的を果たせる動画がなければ作成するか

最悪の場合、チャンネル内で最も人気の動画を設定するべきだと思います。

 

もしも紹介動画を一から作成するのであれば、

チャンネルに訪問したユーザーが「登録したい」と思うように

ターゲットの訴求ポイントを紹介動画に詰め込むようにします。

 

紹介動画もあくまで客観的にユーザー本位の動画を作成するべきなので、

間違っても自分本位の動画を紹介動画に設定するのはやめた方が無難だと思います。

 

チャンネル登録者を増やすことでどうなるか

 

チャンネル登録者数を伸ばしていくカスタマイズ方法について

ここまで解説してきましたが、YouTubeのチャンネル登録者数を増やすことで

YouTubeアドセンスの場合では上位表示しやすくなりますし、再生回数も増えます。

 

私の場合は主にYouTubeアフィリエイト、自サイトへの誘導、

メルマガの読者リストの獲得などを目的としてYouTubeを活用していますが、

チャンネル登録をしてもらうことによって顧客化するチャンスが何度も訪れます。

 

チャンネル登録できなければ目的を達成するチャンスは「一度きり」ですが、

チャンネル登録してもらえば何度も目的を達成するチャンスが巡ってくるわけです。

 

勿論、チャンネル内の投稿動画は何度も再生してもらうことができますよ。

 

目先の動画の再生回数を追わなくても

押さえるとこ押さえてチャンネル登録者数を伸ばすことができれば、

その他の目的は後でゆっくり考えてもどうにでもなるということです。

 

今後YouTubeをフルに活用していこうと思うのであれば、

ただ投稿動画の再生回数を伸ばしていくだけではなく、

主にチャンネルの登録者数を伸ばしていく必要がありますので、

意識してカスタマイズをしてみてください。

 

他のブログコンテンツや無料メルマガでも

違う角度から情報を公開していますので、

興味があれば併せて参考にしてみてください。

 

無料メルマガ講座

 

それでは。

 

コンテンツ一覧はこちらから