甲斐です。

”今最も稼ぎやすいネットビジネス”と言われているYouTubeですが、

「一向に動画の再生回数が伸びない」

「チャンネル登録者数が増えていかない」

という、思ったような成果を出せずに、
「悪戦苦闘している」という声も多く聞きます。

”動画の再生回数も伸びず、チャンネル登録者も増えない”

それはつまり、YouTubeを利用しているユーザーが求めている
「面白い」と思うような動画、「また見たい」と思うような動画を、
”投稿できていない”ということです。

端的に「動画の質が低い」わけですね。

そこで、今回は動画の再生回数を伸ばして、
チャンネル登録者数を増やしていくために、
YouTubeの「動画の質」を高めていく方法について、
お話しをしていきたいと思います。

それでは早速参りましょう。

YouTubeで再生回数を伸ばせる質の高い動画とは。

まず、YouTubeで効率的に再生回数が伸ばして稼ぐためには、
「質の高い動画」を投稿していく必要があります。

それが、チャンネル登録者を増やすことに繋がり、
チャンネル登録者を増やせる動画を投稿することが、
再生回数を安定的に伸ばしていくための手段になります。

そして、YouTube上で再生回数が伸びていく「質の高い動画」とは、
YouTubeを視聴目的で利用しているユーザーが「見たい」と思っている
キーワード、ネタ、テーマ、ジャンルに沿った「満足度の高い動画」です。

YouTubeを利用しているユーザーの「満足度」を高めるには、
アップした動画を「視聴するであろうユーザー(ターゲット)」の立場になり、
”一体何を求めて動画を視聴しているのか”を考える必要があります。

YouTubeに一体何を求めているのか、
どういう経緯で何を考えてこの動画を選ぶのか、ですね。

動画を見て笑いたいのか、泣きたいのか、驚きたいのか、参考にしたいのか。

YouTubeを利用しているユーザーが、
「動画を見よう」と思うに至るまでの心理的なプロセスを読み、
自分なりの「答え」を動画の中に盛り込んで示していくわけです。
 
仮にYouTubeを”何となく暇つぶしをするため”に利用するのなら、
ユーザーは時間を使って”暇つぶしに値するだけ”の「面白さ」を、
動画に対して求めていることになります。

まぁ一言で「面白さ」と言っても、
にやにやゲラゲラ笑えるもの、どきどきハラハラ興奮するもの、など、
動画のジャンルによって大きく違うんですが、
その辺りの細かいことはケースバイケースです。笑

当然、一度客観的な視点から動画を視聴してみて、
率直に暇つぶしにすらならないような退屈な動画はボツですね。

そうやって導き出した「答え」が、
ユーザーのニーズに近ければ近いほど「正解」なので、
客観的な見返しを繰り返し、改善していくことによって、
動画の質と満足度は高くなっていきます。

そうして動画を視聴したユーザーの満足度が高くなればなるほど、
視聴時間、再生回数の数字としてハッキリ現れるようになり、
それは端的にYouTubeの成果へと繋がるわけです。

反対に、動画を視聴したユーザーの満足度が低ければ、
動画の再生回数も伸びず、チャンネル登録者数も増えることはありません。

それでは”何の成果も出なくて当たり前”ですよね。

ただ、ユーチューバーのような自作自演動画をはじめ、
趣味・特技に関する動画や、トレンド・芸能動画、など、
根本としてYouTubeの動画を「見たい」と思う心理が理解できなければ、
完全にユーザーにとって退屈な動画を作ることしかできないと思います。

ましてや、自分本位な自己満動画であれば、
やることなすことが的外れになっていたり、
すべて裏目に出てしまうこともあるはずですから、
相当なセンスでもない限り、まず稼げるようにはなりません。

いかにして「ユーザーを楽しませることができるか」を
常に考え続けることが結果的に満足度を高めることに繋がります。

そして、その為にはあらかじめ、
「どんなユーザーを楽しませていくのか」を考慮して、
チャンネルのターゲットを明確にしておく必要があります。

YouTubeは現在進行形で稼ぎやすく、収益の格差も大きい

YouTubeは現在進行形で稼ぎやすい市場とは言え、
すでに成果が出ていて稼ぎ続けている人もいれば、
ろくに成果が出ないまま稼げていない人もいますので、
大なり小なり収益に格差が出始めているのが実情です。

そして、その差を生み出している最大の要因は、
紛れもなく、動画を作成する”視点、姿勢”にあります。

自分本位で退屈な動画を量産しているだけなのか、
ユーザーを楽しませるために動画を作成しているのか、です。

実際のところ、動画の作成方法や、
その過程は”何でもいい”と思いますが、
「ノウハウを再現すること」ばかりに一生懸命になりすぎて、
視野が狭くなっている人はとても多いんですよね、、、。

結局どんなに優れたノウハウだとしても、
「この動画を投稿しているチャンネルは面白くない」と思われれば
見ている途中でも動画の再生を停止されてしまうだけです。

当然、それ以降は、
二度と動画を再生してもらえない可能性が高くなります。

そんな稼げないばかりか悪影響を及ぼすような動画を、
ノウハウに捉われ過ぎて「量産」しているんです。

反対に「この動画を投稿しているチャンネルは面白い」と思われれば、
最後まで再生してもらえる可能性も飛躍的に高くなります。

あわよくば、そのままチャンネル登録してもらうことができれば、
その登録ユーザーから他の関連動画も再生してもらえるかもしれません。

そこから外部のメディアへ誘導したりも可能になりますので、
結果的にユーザーを楽しませることに集中した方が、
早い段階で収入を大きく増やすことに繋がります。

そのような「面白い動画を投稿するチャンネル」を目指すのであれば、
競合と同じようなことをやっていても何の面白みもありません。

むしろ、すでに飽きられてしまっている可能性もありますし、
そんな決められた”ノウハウだけ”に頼っていても、
いずれ限界が訪れてしまうか、そもそも成果が出ないか、
そのどちらかになってしまうのではないかと思います。

ですが、これまでに何度もお伝えしてきたように、
ノウハウに依存しなくてもYouTube上の至る所に、
新たな動画を生み出すための答えやヒントは普通に転がっています。

そうした再生回数の伸ばせる要素を組み合わせることができれば、
それだけでも競合と十分な差別化を図ることはできるはずです。

まずはターゲットの属性を明確に絞ったうえで、
そのターゲットを楽しませられるようにしてみてください。

YouTubeは視聴者ありきのビジネス

例えば、YouTubeのチャンネルは、
個人で運営できるテレビ局のようなもので、
動画投稿は、番組放送だと考えてみてください。

過去に高視聴率を叩き出したドラマなら、
再放送してもそれなりに需要があるかもしれませんが、
だからと言って複数のテレビ局がこぞって放送すれば、
視聴率は競合他社の数だけ分散されますよね。
(現実的にはありえませんが。)

YouTubeのノウハウに依存するということは、
つまりはこれと同じようなことをしているわけです。

何度も再放送すれば視聴者に飽きられてしまうように、
何かに新たな工夫やアイディアを盛り込む必要があります。

テレビ番組のプロデューサーのように、
常に「視聴者」の気持ちを汲み取り、
需要のある動画を作成できなければ視聴者離れが起こるからです。

現状としては、YouTubeでお金を稼ごうと参入者が急激に増える一方で
皆がこぞって同じようなことをやっているので、
ほとんどどんぐりの背比べ状態になっています。

まともに成果が出るはずのない「大差の無い動画」ばかりを、
不毛にも一生懸命投稿している人が大半を占めているわけです。

事実、YouTube上にはどれを見ても代わり映えのない
あまりにも酷似した内容の動画が溢れかえっていますよね。

当然ですが、再生回数は伸びていません。

それは、ノウハウ通りにやれば稼げると考えている人が、
それだけ大勢いるということなんですが、
再生回数が伸びている動画を見てみれば、
いろいろと気づきがあると思います。

例えば、動画の投稿時期がずいぶん前のものだったなら、
そのノウハウはすでに第一線で使い古されたものだと分かります。

そんな手垢のついたノウハウを鵜呑みにして、
今更何をどうするというのでしょうか、、、。

つまり、ノウハウも独自性がなければダメだということです。

少なくとも、教材通りに取り組んでも、
そう長い間は稼ぎ続けることはできません。

YouTubeは月単位でアルゴリズムが変化しているような市場なので、
いつまたYouTubeの利用規約が変更するかはわかりませんし、
今稼げているノウハウがいつまで通用するかもわかりません。

今のYouTube市場は稼ぐチャンスでもありますが、
いきなり稼げなくなってしまう恐れもあるんです。

だからこそ、常日頃から視聴者目線の動画を作るように心がけて、
自然にファンを掴めるチャンネルを運営しておくべきだと思います。

まぁそれが簡単にできれば誰も苦労はしないんですが。笑

ひとまず限られたノウハウに依存しなくても稼げるように、
まずはそこを”意識すること”から始めてみて下さい。

YouTubeは”見て欲しい動画”を主観的に作成するのではなく、
ユーザーが”見たいと思っている動画”を客観的に作成すること、
それがチャンネル登録者を増やし、末長く稼ぎ続けていく秘訣です。

YouTubeでチャンネル登録者数を伸ばせるターゲット選定

YouTubeでチャンネル登録者数を伸ばしていくためには、
そのチャンネルの「ターゲットを明確にすること」が大切です。

これは当然と言えば当然のことなんですが、
チャンネルのターゲット選定がぼやけてしまっていると、
投稿する動画の方向性があやふやでジャンルもごちゃ混ぜになり、
チャンネル内のすべての動画に悪影響を及ぼしてしまうためです。

”どんなユーザーに対して動画を投稿していくのか”

”どんなユーザーにチャンネル登録してもらいたいのか”

まずは、この「ターゲット」がきちんと決まっていなければ、
必然的にチャンネルもコンセプトがよく分からないものになります。

それはただ好き放題に動画を投稿しているだけのチャンネルです。

そんな個人的な趣味嗜好で溢れているようなチャンネルが、
果たして都合よく登録してもらえるのでしょうか?

それだと動画を視聴したユーザーがチャンネルに訪問しても、
「どうやらこのチャンネルには他に面白い動画がなさそうだ」
そう思われて直帰されてしまう可能性が圧倒的に高いと思います。

仮に面白い動画を投稿しているのだとしても、
動画の内容がバラバラでターゲットが明確になっていなかったり、
コンセプトがあやふやなチャンネルに登録をさせるのは難しいです。

やはり、動画を視聴した”直後の心境”としては、
チャンネル内にある動画同士の”関連性が重要視”されますので、
何の関係もない動画が投稿されていても興味を持たれにくいんです。

言ってしまえば、チャンネルを訪問してくれたユーザーの、
期待ハズレな動画ばかりが投稿されているわけですから。

それでは登録者は増えなくて当然だと思います。

また、チャンネル内の動画が関連性が低いものだと、
チャンネル登録者数が増えないだけではなく、
せっかくの他の動画の再生回数を伸ばすチャンスを無駄にしてしまいます。

わざわざ自分の貴重な時間を削ってまで、
”興味のない動画”を視聴してくれるユーザーは稀です。

つまり、ジャンルの違う動画を投稿しても、
ただ足を引っ張り合うだけだということです。

それなら別々にチャンネルを解説して、
それぞれターゲットを分けて投稿をした方がいいと思います。

後々になってから「ターゲット」を変えたり、
それに伴って「動画のジャンル」を変更してしまうと、
チャンネル登録者の期待を裏切ってしまうことになりかねません。

チャンネルを開設する時点で、
しっかりとターゲットを絞り込んで、
チャンネルのコンセプトを決めておきましょう。

YouTubeのターゲット選定不要で再生される動画とは

ちなみに、一部例外として、
ターゲット選定不要で再生される動画も存在します。

それは元々影響力が大きいネタを狙った動画です。

この場合、下手に動画を編集していじったりせずに、
そのまま転載しただけの方が再生回数は伸びていきます。

ちょっと強引な極論になりますが、
もし仮に有名なアーティストのPVを転載し、
それが削除されないとすれば、
その動画は戦略も何も関係なく、
単発で再生回数が伸びていきますよね。

勿論、これは「完全にアウトになる事例」ですが、
それに近いようなことであれば、不可能ではありません。

その最もたる事例が「ラジオの転載動画」だと思います。

これがどういうものかを簡単に説明すると、
著作権に触れるような楽曲放送部分だけを切り抜き、
その他の著作権と肖像権に触れない音声部分を利用する、
というグレーなノウハウです。

これだとラジオ放送している著名人は数え切れないほどいますから、
うまく応用することで再生回数を数百〜数千万くらいは十分狙えます。

まぁYouTubeで稼いでいる人間としては、
定番といえば定番なノウハウの一つですので、
今から有名どころを狙うのはさすがに厳しいかもしれませんが、
ちょっと見方と切り口を変えてやれば全然稼げます。

これと同じように、できるだけ元ネタの原型を崩さず、
著作権や規約の違反にならないように、
ギリギリのラインを狙って動画を投稿していけば、
いくらでも再生回数を伸ばしていくことができます。

当ブログでこれまで解説してきた自作動画の場合だと、
先立つ競合チャンネルのアップしている動画の成功事例をリサーチして、
それを模倣するようにして再生回数を伸ばしていくのが基本でした。

ですが、他人の影響力を利用する場合は、その”逆”で、
先立つ競合が多いことに関してはデメリットしかありません。

それは、元ネタが同じだと、
ほぼ丸被りになってしまうため、
先行者の方が絶対的に有利だからです。

だからと言って、下手に手を加えて編集してしまうと、
”視聴者が見たいもの”から離れてしまうだけで、
元ネタ以上に満足度を高めることは非常に困難です。

なので、事前に入念な競合調査をしてみてください。

一度リサーチしてみて、そこに競合が存在しなければ、
再生回数はほぼ確実に伸びると捉えていいと思います。

実際、それさえ怠らなければ、高確率で稼げますからね。

これならチャンネルのターゲットやコンセプトを決めるなど、
マーケティング的なことも考える必要もありません。

ひとまずYouTubeで実績を出してみたい人は、
ここからスタートしてみると、
面白いくらいに伸び続ける再生回数に驚くと思いますよ。

まぁ反則的なノウハウですので、
多少気も引けるかもしれませんが。

もしも、「お金を稼ぐことが最優先」だと考えているのなら、
そんなグレーな稼ぎ方に特化していくのも、
一つの選択肢としてはアリだと思います。

そんな他人や他所の影響力を使って稼ぐ方法については、
引き続き、以下のページも参考にしてみてください。

YouTubeでトレンドのネタを動画に利用して稼ぐ方法について

「いやいや、危ない橋は渡りたくない!」

と思われるようでしたら、
YouTubeは”見て欲しい動画”を主観的に作成するのではなく、
ユーザーが”見たいと思っている動画”を、
客観的に作成することがポイントですので、
まずはそこを意識してみて下さい。

他のブログコンテンツやメールマガジンでh、
より具体的な稼ぎ方を解説していますので、
そちらも併せて参考にしてみてください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから