甲斐です。

YouTubeで効率的に成果を出していくためには、
競合チャンネルのリサーチが非常に重要なポイントになります。

人気の競合チャンネルを参考にすることで、
あなたが運営しているチャンネルの改善点を見つけ出し、
更には、どうすれば稼げる動画を作成できるのかも分かります。

今回はそんなYouTubeで効率的に成果を出すための方法について、
取り上げていきたいと思います。

YouTubeで効率的に成果を出せるチャンネルとは

まず、一桁、二桁の再生回数しか伸びない動画と、
何十万、何百万の再生回数を伸びていく動画には、
根本的に大きな違いがあります。

それは、YouTubeを利用しているユーザーの、
「検索心理」を理解できているのかどうか、です。

YouTubeユーザーが、
一体どんな動画を見たいと思っているのか。

その根底にある心理をしっかりと汲み取り、
動画に反映することができているのか。

YouTubeで動画の再生回数を伸ばすために
重要なのは「視聴者目線になること」です。

視聴者目線で作成されている動画でなければ、
まず反応はとれませんから、再生回数は伸びません。

当然、チャンネル登録者も増えません。

チャンネル登録者が少ないと、
再生回数を伸ばすためには動画を量産するしかないので、
報酬を増やすためには作業量を増やすしかありません。

チャンネル登録者が増えないということは、
日々の成果を資産化することができないということです。

これを例えるとするなら、お風呂の栓を抜いたまま、
お湯を溜めようとしているようなものかと思います。

流れ出すよりも早く溜めていくか、栓をしっかりとするか。

そんな栓の役割を果たすのが、
視聴者目線に立って動画を投稿する、ということです。

そして、それをまさに再現しているのが、
YouTubeで人気の高い(再生回数が多い)競合チャンネルなんですね。

YouTubeで再生回数が伸びないなら視点を変える

YouTubeで”稼げるか稼げないか”を左右する要因は、
”視聴者目線での動画を投稿できているかどうか”の一点に尽きます。

いかにYouTubeユーザーが視聴したいと思う動画を投稿できるか。

一見簡単そうで、一番難しいポイントですね。

特にノウハウやテクニックに差がなくなってきている近年では、
実質的にこの「検索心理の理解度」がダイレクトに収益に現れます。

YouTubeユーザーの検索心理を理解できていなければ、
例え最先端のあらゆる機材を揃えて綺麗な映像を撮影しても
そこから投稿した動画も「退屈で面白くない動画」です。

反対に撮影環境が悪かったり、カラーではないモノクロ映像でも
YouTubeユーザーが「見たい」と思っているような内容であれば
その動画はほぼ必然的に再生回数が伸びていきます。

言い換えれば、いくら実践しても再生回数が伸びていかないのは、
その大きな原因になっているのは根本的なノウハウ云々の問題ではなく、
”YouTubeユーザーの「検索心理」を理解できていない”ということです。

反対に、登録者が多いチャンネルや、再生回数が多いチャンネルは、
そんなYouTubeユーザーが視聴したい動画を投稿していると言えます。

YouTubeで効率的に成果を出すためのリサーチ方法

ただ、”検索心理を理解できていない”と分かれば、
あとは成功事例を参考にして改善すればいいだけです。

自分が投稿している動画と同ジャンルをリサーチして、
その中から再生回数の伸びている競合を探してみましょう。

YouTube上で成果を出している競合のチャンネル、動画を
そのままダイレクトにキーワード検索してリサーチしていけば、
そこにはヒントや成功事例が転がっています。

どんなジャンルの動画を投稿するにしても、
すでに”成果を出している競合”がいるのであれば、
そこを辿って模倣していけば成果が出せるんです。

反対に、成果を出している競合が少ないと、
自分で試行錯誤する時間と手間がかかるので、
結果としてそれはただの遠回りになります。

わざわざ時間と労力がかかるようなことをしなくても、
YouTube上で成果を出している競合さえ見つけることができれば
「どのようにして稼いでいるか」が丸見えなので、
あとはその動画やチャンネルをパクればいいわけですから、
どう考えてもその方が早く成果を出すことができますよね。

勿論、完全に丸パクリはNGですが。

というよりも、
”丸パクリだと本家には勝てない”ので、
厳密には「プラスα」の要素を加えることが、
YouTubeで模倣して稼ぐための大前提になります。

良いところだけをパクり、
他の動画からパクった良いところと組み合わせて、
パクリ元の本家を超える動画を作成する、といった感じです。

YouTubeで成果を出すためにリサーチする項目

YouTubeで「成果」を出すために、
リサーチしなければいけない項目はいくつかあり、
それは動画のジャンルや、チャンネルのテーマによって違います。

アドセンス、サイトのSEO対策、メールマガジンのリスト集め、など、
YouTubeを利用する目的によって”動画の活用方法は全く違う”ため、
一概に「この項目をリサーチすればいい」というものではないんです。

動画のネタ、キーワード、説明文、撮影方法、編集方法、
その稼ぎ方によって、いろいろなポイントがありますよね。

ただ、そんなYouTubeの利用目的や、動画の活用方法などに関係なく、
狙った先に存在している人気動画を丸ごとパクってしまえば、
全てのリサーチ項目を手っ取り早く、且つ効果的にリサーチできます。

つまり、YouTube動画のパクリ方さえ知っておけば、
いつ、どんな”リサーチにも対応できる”ということです。

さすがに「パクる」は言い方に問題がありますけど、
そんな「模倣」は誰でも簡単に再現できます。

テキスト主体の媒体だと「パクる」、「コピペ」はNGなので、
YouTubeを利用した”動画投稿ビジネスならでは”のメリットです。

むしろ、”パクる、模倣”の繰り返しが、
「YouTubeの基本」と言ってもいいくらいです。

YouTube動画、チャンネルの「模倣」手順解説

YouTubeで模倣をするために、
以下の手順を参考にしてみてください。

  1. YouTube検索エンジンでキーワード検索する
  2. 動画のアップロード数を調べる(競合数の把握)
  3. 上位表示動画の再生回数の平均(動画の需要、成果予想)
  4. 最近の傾向と照らし合わせる(動画の削除履歴、規約違反の確認)
  5. タイトル、サムネイル画像を確認する(クリック率の向上)
  6. 説明文、タグ、動画内容を確認する(検索順位の向上)
  7. 模倣する

上記の流れで手順を踏めば、
自分で何かを一から考える必要はほぼありません。

YouTubeをリサーチして収集したデータを元にして、
精度の高い動画を誰でも簡単に作り、投稿することができます。

そして、パクリ元に相応しい動画を一度見つけてしまえば、
何度でもそのチャンネルから動画を参照することができます。

たまにまぐれ当りをしている動画もありますから、
きちんと参考になるライバルを見つけ出して、
そのチャンネルで稼いでいる原則を見つけ出すことが大切です。

  1. 参考になる人気動画を見つけ出す(再生回数が多い動画)
  2. 人気動画をポンポン生み出しているチャンネルを見つけ出す(動画の平均再生回数)

一度でも人気チャンネルを見つけてしまえば、
あとはそのライバルを丸裸にすることは簡単です。

アドセンス報酬、サイトのSEO対策、メールマガジンの読者リスト集め、
目的に合わせた動画の活用方法に沿って動画の質を高めていきましょう。

是非、YouTubeユーザーに視聴してもらえる人気動画を作るため、
動画リサーチの一つの方法として参考にして頂ければと思います。

また、さらにそこからチャンネル、動画の質を高めていきたいのであれば、
以下のページも目を通して見ていただければと思います。

YouTubeチャンネルのターゲット選定と、質の高い動画の関連性

もしも、より具体的なノウハウに興味があれば、
他のブログコンテンツやメールマガジンの方でも
また違う角度からYouTubeの情報を公開していますので、
併せて参考にしてみてください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから