甲斐です。

YouTubeにいくら動画を投稿しても、
思ったように再生回数が伸びていかない。

稼いでいる競合チャンネルに見劣りしない動画なのに、
自分のチャンネルから投稿しても一向に稼げる気配がない。

全然、チャンネル登録者数が増えていかない、、、。

タイトルやキーワードも意識しているのになぜだろうか?

そんなお手上げ状態なチャンネルは、
そもそも動画のクオリティ云々ではなく、
もっと別のところに問題がある可能性が高いです。

その中でも特に見落としやすい大切なポイントが、
チャンネル運営者に対する「客観的なイメージ」です。

実はチャンネル運営者のイメージ一つで、
YouTubeで稼げる収益は大きく変わります。

顔出し、声出し、名前出しをしているユーチューバーも、
完全匿名で動画投稿ビジネスに取り組んでいる投稿者も、
どんなYouTubeのノウハウであれ、それは同じだと思います。

ですから、一度、チャンネル運営者自身に何か問題がないかを、
視聴者目線で見直してみる必要があると思います。

そして、イメージアップを図るべきです。

では、一体どうやってイメージアップすればいいのか?

今回はそんなYouTubeで稼げないチャンネル運営者と、
稼げるチャンネル運営者のイメージ戦略について取り上げていきます。

YouTubeの収益を加速するチャンネル運営者のイメージ戦略とは

まず、YouTubeで稼げていないチャンネルは、
基本的にチャンネル登録者数が少ないです。

それはどういうことかと言うと、
端的に運営しているチャンネルには、
”ファンやリピーターが少ない”ということです。

この場合、あまりイメージは良くないと言えますね。

そこまでイメージが悪くはないにしても、
チャンネルに魅力を感じてもらえていないことは明らかです。

これでは”一発まぐれ当り”でもない限り、
動画の再生回数は伸びてかなくて当然です。

また、仮に運良く動画がヒットしたとしても、
そこからは単発的なお小遣いが発生するだけで、
継続的な収入はほとんど見込めないと思います。

その一方で、稼げているチャンネルは、
一定数以上のチャンネル登録者がいます。

よって、新しい動画を投稿しても、
常に安定した再生回数が見込めます。

そして、”チャンネルに登録している”ということは、
少なくとも悪いイメージは持たれていないはずです。

良いイメージを持たれているのであれば、
動画を見た後にグッドを押してもらったり、
コメントを残してもらえる可能性が高くなります。

また、チャンネル登録してもらうことで、
一つの動画を再生されると同時に、
関連動画も再生回数が伸びやすくなりますし、
YouTubeからの評価にも大きく影響します。

つまり、当然と言えば当然のことですが、
チャンネル登録者を増やすことができれば、
チャンネル全体の再生回数を伸ばすことができるわけです。

そして、それが結果として収益へと繋がっていくので、
YouTubeで効率的に稼ぐなら、
チャンネル登録数を増やすのが手っ取り早いということですね。

ただし、チャンネル登録者を増やすためには、
チャンネル運営者のイメージが非常に大切になります。

イメージが悪いとバッドを押されてしまったり、
通報をされるだけでデメリットしかありません。

そんなチャンネルから動画を投稿すればするほど、
YouTubeにはアンチが増えて首を絞める結果となります。

したがって、極論になりますが、
YouTubeではイメージ戦略無くして、
チャンネル登録者が増えることは無く、
動画を投稿しても稼げることは無い、といえます。

そんな暴論を前提として話を先に進めていきます。苦笑

YouTubeで稼ぐべくして稼ぐチャンネル運営者のイメージを作るには

根本的な動画のクオリティに”問題がない”のであれば、
重要なのは「チャンネル訪問者を取りこぼさないこと」です。

YouTubeに投稿した動画を実際に視聴してからやってくる
チャンネル訪問者は少なからず「運営者」に興味を抱いています。

「このチャンネル運営者はどんな人物なのだろう。」

その興味に応えるようにチャンネル運営者に魅力があれば
訪問者をチャンネル登録させる可能性は高まりますよね。

なので、まずは原則として、
チャンネル登録を促せるようなイメージを与えるべきであり、
チャンネル登録する気が起きなくなってしまうような、
マイナスなイメージは徹底的に払拭する必要があります。

例を挙げるとすれば、
完全匿名で動画を投稿している場合は、
簡単にイメージを”操作”することが可能です。

ちょっと言い方は悪いかもしれませんが、
”完全に匿名のチャンネル運営者”ですので、
できるだけ共感を得やすい人物をでっち上げるんです。

架空のキャラクターを創造する、という感じでしょうか。

これなら、絶対に素性がバレることはありませんし、
チャンネル運営者がイメージチェンジするには最適です。

例えば、女性アイドルを応援するチャンネルの運営者だと、
ちょっと男性のオタクっぽい人物像が直感的に思い浮かびます。

小太り、メガネ、チェックのネルシャツ、バンダナ、中年、、、?笑

基本的にどのようなターゲットに対して動画を投稿するのか、
きちんと「ターゲット選定」が明確になっているのであれば、
動画を視聴するユーザーが”運営者に対して抱くイメージ”が
何となく想像できるのではないかと思います。

すると、一般的に女性アイドルは男性ファンの方が多いので、
まさに典型的なアイドルオタクが連想されてしまうわけですね。

つまり、”女性アイドルを応援する”というキーワードしか情報がない場合は、
そんなチャンネル運営者がイメージされてしまう可能性が高いということです

でも、それだとチャンネル登録者が増えないのは明らかですから、
あえて可愛らしい女性アイドルオタクを演じてみるとどうでしょう?

そうですね、それこそ”アイドル顔負け”のスペックで、
周囲から”姫”とでも呼ばれそうな人物像がいいかもしれません。

チャンネルのテーマカラーは、
ポジティブなイメージが強いので、
黄色とピンクにでもしておきましょうか。

そして具体的なチャンネルの世界観を決めたら、
ヘッダー画像を特注します。

チャンネル紹介動画を作成する際には、
外注で声がきれいな女性を厳選して音声を依頼します。

とりあえず、素人の女性ではなく、
声優志望で専門学校に通っていたことがあるような、
プロレベルの人を採用条件に掲げて探しましょう。

すると、本来であれば、
女性アイドルを応援するはずのチャンネルですが、
その”チャンネル運営者に対するファン”を獲得できますよね。

なぜなら、チャンネル登録者が運営者に抱いているイメージは、
まさに「理想のアイドル像」になってしまっているわけですから。

それこそ、チャンネル登録者からすれば、
貴重な時間とお金を費やして推しているアイドル並みに、
放っておけない”超イチ押しチャンネルの完成”です。

これなら、チャンネル登録者はただ動画を見るだけではなく、
こまめにグッド評価とコメントを残してくれる可能性が高いです。

当然、YouTubeからの評価も右肩上がりになっていきます。

あとは、そこに便乗して専用のツイッターでも開設すれば、
自然と”類は友を呼んでくれます”ので、
そこから収益化することなんて造作もない話ですよね。

要はチャンネル毎に「こんな運営者だと訪問者は登録する」という、
”最善の運営者のイメージ”をそのまま作り上げていくわけです。

もしも、それで長期的にチャンネルを運営するとなれば、
特徴のない運営者のチャンネル、理想的な運営者のチャンネル、
前者と後者で得られる収入額は歴然の差になると思います。

とりあえず、分かりやすさを優先したので、
ちょっとイメージ戦略とは程遠い、
極端な例えになっていますが、、、。苦笑

”自分ならどっちのチャンネルを見るか?”という話ですね。

実際、それと全く同じように、
視聴者もチャンネルを評価していますから、
大勢から選ばれるチャンネル運営者になりきることができれば、
チャンネル登録者も増えていくようになると思います。

YouTubeで稼げるかどうかは視聴者の評価で決まる

YouTubeで稼げるかどうかは、
動画を視聴するユーザーからの評価で決まります。

その評価対象の一つが「運営者のイメージ」なんですね。

例え、チャンネル運営者の”本当の姿”が、
ボソボソと聞き取りにくい声で話すアイドルオタクなのだとしても、
YouTubeで動画を視聴しているユーザーには分からないことなので、
そんなマイナスにしかならないような情報を与える必要はないです。

それなら最初から何の情報も無い方がマシですね。

視聴者の心理的にマイナスに作用するイメージは払拭する、
そしてプラスなイメージを与えていくように転換する。

それをどこまで徹底して追求したのかによって、
チャンネル運営者のイメージの良し悪しは雲泥の差になります。

それがチャンネルの登録者数や、動画の再生回数など、
様々なところに少なからず影響を及ぼしていくわけです。

なので、チャンネル全体の総合的な評価を考慮して、
動画のクオリティだけに意識を奪われてしまわないように、
「運営者のイメージ」にもしっかりと気をつけてみてください。

それを「イメージ戦略」と言えば、
何となく難しく聞こえてしまいますが、
実際にやることはとても簡単です。

極論を言えば、YouTubeのチャンネル運営者は、
動画を視聴するユーザーから”好かれてなんぼ”ですから。

視聴者に媚びを売る必要はありませんが、
「いかにして好かれるか」をしっかりと考えて、
その要素を盛り込んでいく、というだけです。

それだけで視聴者の反応は大きく変わるはずです。

ただ、そのためには「客観的な視点」が非常に重要です。

それはなぜかというと、
自分の理想と視聴者の理想にギャップがあった場合、
良かれと思っていることが裏目に出てしまうこともあるからです。

「自分が好きだから、みんな好きだろう!?」

そんな”ジャイアンのような戦略”では稼げませんよね。

なので、そんな”視聴者の理想だけ”を突き詰めて考えて、
ちょっとずつチャンネルに取り入れてみてください。

ちなみに、顔出し、声出し、名前出しをする場合も、
イメージアップの要領はほとんど同じです。

自分を売っても稼げていないわけですから、
それなら自分本意な動画を投稿するのではなく、
視聴者目線で稼げる自分を演出していくべきだと思います。

自己満足のために動画を投稿するなら話は別ですが、
YouTubeでは視聴者の評価が収入に直結するわけですからね。

YouTubeを利用するユーザーの目線になって、
満足度を高めるための創意工夫をしてみてください。

まぁ、そんな細かいことを挙げれば、
YouTubeはほぼ”無限”の稼ぎ方が考えられますが、
これがあなたの何か新しい気づきやヒントになれば幸いです。

あと他にブログコンテンンツや、メールマガジンでも、
より具体的なYouTubeの稼ぎ方を公開しているので、
是非そちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから