甲斐です。

YouTubeの収益がいつまで経っても伸びない。

むしろ、焦って改善すればするほど、
停滞どころか、マイナス成長している、、、。

そんなどうしようもない悪循環に陥っていませんか?

もしも、YouTubeに動画を投稿しても、
再生回数や、視聴時間、チャンネル登録率など、
思うような成長が見られないようであれば、
一度根本的な戦略から見つめ直す必要があります。

今回はYouTubeの収益を拡大するために、
着実に成果を出していくフレームワークについて、
取り上げていきたいと思います。

それでは早速参りましょう。

YouTubeの収益を拡大する戦略的なフレームワークの基本型

まず、YouTubeの基本は「競合を真似ること」です。

YouTubeはチャンネルの戦略が全て丸見えになっています。

よって、先行して再生回数が伸びている競合チャンネルを見つけ出し、
動画の構成、タイトルのつけ方、サムネイルのコピー、説明文、など、
実際に「成果を出せているやり方」を丸ごと取り入れることが可能です。

  1. 競合のチャンネルを調べる
  2. 競合の動画を分析する
  3. 競合と同じことをする

これがYouTubeで効率的に成果を出せる常套手段です。

この3ステップを徹底するだけでも、
それなりの再生回数は十分に狙えます。

特に知識や情報が少ない初心者であるほど、

「自分が投稿したい動画」

を試行錯誤しながら増やしていくよりも、

「成功事例を模倣した動画」

を狙って増やした方が稼ぎやすいと思います。

ですが、これだけだと、
ただの「二番煎じ」になってしまうので、
参考にしている競合チャンネルには敵いません。

そこで、プラスαの要素を加える手段として、

  • 別の競合チャンネルを参考にして組み合わせる
  • 独自でチャンネルを進化させる

という二つの方向性が考えられます。

当然、手っ取り早いのは、
競合チャンネル同士の強みを、
ひたすら組み合わせていくやり方です。

別々の動画を組み合わせることで、
全く新しい動画を作ってしまうわけですね。

ですが、この場合だと、

「自分が真似できた」

ということは、

「他の競合も真似できる」

ということですから、
大した競合優位性にはなり得ません。

あくまでも「誰にでも再現できるレベルの動画」ですし、
いつも”一歩遅れた状態”で取り組んでいるわけですから、
そこから得られる成果も”知れている”んですね。

また、一方的に「追いかける立場」であるようで、
必然的に「追いかけられる立場」にもなりますので、
常に新たな参考元となるような競合を探したり、
そのために時間と労力を費やさなければいけません。

ちょっとでも気を抜いて手を休めてしまえば、
「自分を真似していた後発組に先を越される」なんてことも、
決してありえない話ではないです。

つまり、ただ先立つ競合の真似事を続けるだけでは、
ラットレースのように延々と同じことを繰り返さなければ、
長期的に稼ぎ続けていくことは難しいと言えます。

勿論、それで稼げるだけ稼いでおくのも”アリ”です。

ただ、どうしても収益が頭打ちになりやすいので、

「どうすれば再生回数が伸びるのか」

という共通原則が理解できたのであれば、
それ以降は真似をするよりも自分なりに運営した方が、
もっと効率的に収益をアップさせることができます。

ですので、最初は真似をして、
そこからある程度の要領をつかんだら、
独自でチャンネルを進化させるのが望ましいと思います。

今回お伝えするのは、
そんな時に効果を発揮するフレームワークです。

あまり専門的で小難しいマーケティングの話は頭が痛くなりますが、
これはかなり単純なので参考にしてみていただければと思います。笑

独自でYouTubeチャンネルを進化させるフレームワークとは

そもそもYouTubeのフレームワークの話をする以前に、
その「フレームワーク」が何なのか分からないかもしれませんね。

一応簡単に説明しておくと「フレームワーク」とは、
ビジネスのマーケティング戦略の「枠組み」のことです。

ビジネスの考え方、意思決定、分析、戦略プラン、問題解決、など、
様々な場面で用いることができる多種多様なフレームワークがあります。

特に有名なものだとPDCAをはじめ、
SWOT分析、ファイブフォース分析、3C分析、などがあります。

まぁあまり専門的な話をしても仕方がないのですが、
とりあえず、YouTubeでもフレームワークがあれば、
効率的に戦略を進めていく一つの指標になるんですね。

そして、フレームワークに則ることで、
個人の感覚任せに作業することなく、
着実に成長していくことができます。

そこで、オススメしたいのが「C.U.S.C.S分析」です。

これは、

  • Conflict investigation(競合調査)
  • Uniqueness(独自性)
  • Strength(強み)
  • Closeness(親密度)
  • Sales force(販売力、実力)

上記の頭文字を繋げたマーケティング造語で、
個人がYouTubeで効率的に成果を出すには最適です。

どのようなフレームワークかと言うと、

  1. 自分が取り組んで儲かる場(テーマ、コンセプト等)を探す:競合調査
  2. 自分にしか再現できないようなオリジナリティを探して確立する:独自性
  3. 競合と差別化できる強み(毎日アップ、高画質等)を取り入れる:強み
  4. 視聴者の声(グッド、バッド、コメント等)に応える:親密度
  5. チャンネル登録してもらえるように伝えるべきことを伝える:販売力、実力

という5つのステップに沿って、
チャンネルの運営戦略を進めていくものです。

では、簡単に説明していこうと思います。

1.自分が取り組んで儲かる場(テーマ、コンセプト等)を探す:競合調査

まず、当然と言えば当然のことなのですが、
”競争相手が強すぎる”とうまく稼げません。

YouTubeで大手と言われるような有名チャンネルと競合すれば、
新規で開設したばかりのチャンネルが勝つのは困難ですよね。

なので、

「勝ちやすい場(テーマ、コンセプト)で戦う」

ということが個人が効率的に成功するための前提となります。

ただ、注意点として、

「狙いたいキーワードで検索上位表示できるか」

という”競合の強さ”だけを見るのではなく、

「動画の再生回数は多いか」

という”ニーズがあるか”も忘れないようにしましょう。

ここが間違ってしまっていると、
その先で何をやっても稼げません。

実際、巷で「稼ぎやすい」と言われるジャンルでも、
きちんと調べると「稼ぎにくい」ということもありますし、
他人の言葉を過信するのではなく、
「自分自身の目で見極めること」が重要です。

なので、これからYouTubeに参入する予定なのであれば、
一度、勝てる見込みがあるのかをじっくり検討してみて下さい。

すでにYouTubeに参入している場合は、
いま一度運営しているチャンネルを見直して、
競合に勝てそうなウィークポイントを探してみて下さい。

具体的な根拠と共に勝機が見出せるのであれば、
選択肢としてはアリだと思います。

2.自分にしか再現できないようなオリジナリティを探して確立する:独自性

次に、YouTubeで競争相手と同じことをしても、
数に飲み込まれてしまえば再生回数は伸びません。

単純に類似した動画が増えるほど、
YouTubeを利用している視聴者の
目に触れる機会が少なくなります。

したがって、競争相手と、

「差別化」

を図っていく必要があります。

そこで必要になるのが、
チャンネルの「独自性」です。

運営しているチャンネルが投稿している
動画のジャンルから想定できる”視聴像”をもとに、

「何が見たい(求められている)のか」

を考慮して、
動画を見てもらえる独自の要素を見つけ出します。

例えば、
動画のサムネイルに競合にない特色を作ったり、
チャンネルの運営者に特徴を作るなど、
僅かでも反応を高めることができるようにします。

その際に注意すべき点は、

「既に競合が同じことをしていないか」

という”目新しさがある発想なのか”はもとより、

「簡単に真似できるものではないか」

という”チャンネル独自の強みになるか”ですね。

競合に真似できない特徴があるチャンネルは、
それだけでその他大勢のチャンネルよりも、
再生回数を伸ばすことができます。

3.競合と差別化できる強みを取り入れる:強み

先述した「独自性」とは大きく違い、
チャンネルの「強み」は真似ができる要素です。

例えば、

  • 定期的に動画を投稿しているチャンネル
  • 不定期に動画を投稿しているチャンネル

上記のチャンネルが競合した場合、
後者の定期的に更新しているチャンネルの方が、
YouTubeからの評価は高くなります。

勿論、チャンネル登録率も高くなります。

それでは、

  • 高画質、高音質な動画をアップしているチャンネル
  • 低画質、低音質な動画をアップしているチャンネル

上記のチャンネルが競合した場合、
結果はどうなるのでしょうか。

当然、高画質、高音質な動画をアップしているチャンネルを、
視聴するユーザーも見たいに決まっていますよね。

そんな間接的にYouTubeからの評価を高めていく、
ユーザビリティを高める要素が「強み」になります。

毎日アップする、高画質、高音質、など、
可能な範囲で「強み」を考えてみて下さい。

その強みが競合よりも優れているほど、
YouTubeと視聴者から良い評価を貰うことに繋がります。

4.視聴者の声に応える:親密度

YouTubeで動画の再生回数を伸ばすには、
チャンネル登録者やリピーターとの
「親密度」を上げることも重要な対策になります。

そのためには動画を視聴したユーザーの
声に応えていくことが何よりも効果的です。

では、一体どうするのかというと、
グッド、バッド、コメント、など、
実際に動画に寄せられた評価を見て分析を行います。

高評価な動画と、低評価な動画には、
それぞれ評価をつけられた理由があるはずなので、
それをもとにしてチャンネルを改善していくわけですね。

5.チャンネル登録してもらえるように伝えるべきことを伝える:販売力、実力

毎回動画を投稿する度に新たな視聴者を獲得しても、
チャンネル登録してもらえなければ成果は資産化できず、
湯水のごとく垂れ流しになります。

視聴者を漏れなくチャンネル登録させていくことが、
動画の再生回数を安定させる最善の方法です。

ただ、根本としてチャンネルに魅力を感じなければ、
チャンネル登録者数は増えていきません。

よって、その為にここまでの分析をもとにして、

「チャンネル登録をしよう」

と視聴者に思ってもらえるように、
日々チャンネルを運営していくわけです。

あとは、チャンネル登録を促せるように、
伝えるべきことを伝えられる実力を身につけるだけになります。

まぁそれが最も重要で難しいんですけどね。笑

タイトル付け、サムネイルのコピー、説明文、動画の内容、
YouTubeには様々なポイントがありますが、
どれも満遍なく視聴者の満足度を高められるように、
クオリティを高めてみて下さい。

とりあえず、今回はフレームワークの話ですので、
その辺りのスキル的な話は割愛します。

より詳しいノウハウに興味があれば、
ブログコンテンンツや無料メールマガジンの方にも、
一度目を通して見ていただければと思います。

YouTubeの稼ぎ方はもちろん、
様々なネットビジネスについて、
また一味違う切り口から具体的な稼ぎ方を公開しています。

下手な有料教材よりも、
よっぽど有益な情報だと自負していますので、
是非、そちらも併せてご覧ください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから