甲斐です。

私は当ブログやメールマガジンを介して、
様々なYouTubeの稼ぎ方について情報発信しています。

そして、これまで、

  • 競合を模倣して稼ぐ方法
  • 転載、盗作のグレーゾーンで稼ぐ方法
  • ネットで話題のトレンド動画で稼ぐ方法
  • 外部メディアの集客導線として稼ぐ方法
  • 情報商材をアフィリエイトして稼ぐ方法

など、数々のノウハウを紹介してきました。

ですが、YouTubeの稼ぎ方が多様化する一方で、

「結局、何に取り組めば稼げるんだろう?」

と、選択肢が増えることによって、
悩まれている方もいらっしゃるようです。

一応、私の個人的な見解としては、
まずは自分なりに稼げそうだと感じたものから、
順番に取り掛かるのがベストだと思っています。

勿論、その辺りの選択は各自のビジネスセンスや、
ほとんど直感的な判断に委ねられると思います。

と言うのも、私がうまく稼げたノウハウだからと言って、
他人が同じノウハウで確実に稼げるわけではないからです。

例えば、ネットビジネスの「ノウハウとサポート環境」は、
リアルビジネスの「仕事場と教育制度」のようなもの。

どれだけ一般的に「稼ぎやすい」と言われていても、
”根本的に向いてないもの”は続けることさえ困難です。

自分の目で見極めて、
自分で適性を判断して、
自分の意思で決断を下すしかないんですよ。

別にこれはYouTubeのノウハウに限らずとも、

「◯◯の業界で起業すれば絶対に稼げる」

なんて、他人の無責任な発言を真に受けて、
本当にそこでビジネスをしようと鵜呑みにするような人は、
”まんまと騙されることはあっても成功はない”ことぐらい、
小・中学生レベルでも十分予想できると思います。

そんな万人が儲けられるような上手い話はないのです。

自分の能力を最大限に活かせる場で取り組むことが、
最高のパフォーマンスを生み出す最短のルートであり、
それは裏を返せば、選択肢を間違ってしまえば、
なかなか思ったような成果は出せないということです。

ただ、それでも悩んでしまうというあなたに、
今回はYouTubeで結局のところ、

「最も無難に再生回数を稼げる方法はなにか」

という、お話をしていきたいと思います。

YouTubeは稼げない?最も無難に再生回数を稼ぐ方法とは

YouTubeで最も無難に再生回数を稼げる動画は、
単刀直入に結論から言えば、「自作動画」だと思います。

自分でゼロから撮影したり、編集するタイプの、
YouTubeアドセンスでは最もベターな動画です。

実際にコピペ、リライト、画像転載、盗作、など、
多種多様な動画を投稿してテストしてみた結果、
私は自作した動画を扱うチャンネルが、
最も安定して収益性が高くなる傾向にありました。

勿論、あくまで私個人のケースでしかありませんが、
再生回数、視聴時間、チャンネル登録率、
何一つとっても自作動画の成績が頭一つ抜けています。

最初から爆発的に伸びていくことはなくても、
ジワジワと視聴者の心を掴んで認知度を上げていき、
徐々にポテンシャルを発揮する大器晩成型、という感じですかね。

また、基本的に規約違反や著作権違反による、
ペナルティの心配もありませんし、
時間の経過と共に再生されなくなってしまい、
動画が使い捨てになるようなこともありません。

扱うジャンルやネタにもよりますが、
毎月コンスタントに動画をアップしていけば、
一つの動画だけで数万〜数百万回再生は狙えます。

つまり、一つの動画を投稿するだけで、
数千〜数十万円を上乗せしていけるようになり、
雪達磨式に報酬を稼げるようになるということです。

勿論、このような自作動画となると、
必然的に顔出し、声出し、名前出し、など、
どこまでをオープンにするか、
その”線引き”が問題になります。

ですが、別に顔出しユーチューバーのように、
自分を売ることが絶対というわけではないんです。

実際は他のノウハウと同様、
完全匿名でも全然構いませんし、
チャンネルや動画のジャンルもバラバラです。

撮影方法や作成方法も様々で、
外出して撮影する動画もあれば、
自宅で編集する動画もあります。

強いて、プライベートな部分は明かさなくても、

「やり方次第で何とでもなる」

というのが実際のところですね。

YouTubeで自作動画を投稿するチャンネルの成功に求められる3つのポイント

YouTubeに自作動画を投稿する場合、
再生回数を伸ばすポイントは、
大きく分けて三つあります。

一つは、

「YouTubeを頻繁に利用するユーザー層を狙う」

ということです。

もう一つは、その視聴者に対して、

「他のチャンネルでは見れない面白さを提供する」

という純粋なエンタメ性を演出することです。

そして最後の一つは、

「動画をアップするペースと時間帯を決めて固定する」

ということです。

上述した三つのポイントが、
自作動画で再生回数を伸ばすためには、
極めて重要になります。

そして、当然ですが、

「独自の発想で考案したオリジナル動画」

を投稿していくことが何よりの大前提になります。

チャンネルのジャンルで競合することはあっても、
肝心の動画の内容はいつも「唯一のもの」でなければ、
”類似動画を見飽きている視聴者”は食いついてくれません。

そもそも、動画を視聴するユーザーというのは、
ほとんどが時間を持て余しているわけですから、
テレビ、YouTube、niconico、など、
動画を見るのは至って習慣的なことであり、
”日常生活の当たり前として浸透”しています。

つまり、メディアで定番化された動画は、
すでに見飽きている可能性が極めて高く、
退屈に感じられてしまいやすいということです。

そして、まさにそんな日常生活の”退屈な時間”こそが、

「YouTube最大の狙い目」

であり、そこを占めているポジションを、
うまく奪取することができれば、
チャンネルの収益性は飛躍的に高まります。

だからこそ、自作動画では、
どんなチャンネルを運営するにせよ、

「ユーザー層(年齢、性別、職業)」

を明確にすることが重要であり、
その視聴者に受けがいいような、

「面白い動画(時間を潰せるエンタメ性)」

を発案することが重要であり、
さらには生活習慣に合わせた、

「定期的な投稿(曜日、時間)」

という三つのポイントを徹底することが重要なんです。

いずれのどれか一つでも”蔑ろ”にしてしまえば、
日常生活のなかに浸透することは不可能です。

自作動画でチャンネルを運営する際には、
事前のマーケティングをどこまで入念に行うかによって、
成功できるかどうかが大きく左右されるということです。

YouTubeの自作動画で稼ぐ難易度と収益性

ゼロから動画を撮影したり、編集するとなると、
大変なのは事前の準備や仕込みですね。

動画の案自体はパッと思い浮かんでも、
それをいざ”再現する”となると、
様々なハードルがあることに気づきます。

まず、撮影用の機材をどうするのか、
編集用のソフトをどうするのか、
その辺で悩まれるのではないでしょうか。

そして、動画のジャンルによっては、
何らかのグッズが必要かもしれませんし、
天候や時間帯なども関係するかもしれません。

そして、やっと撮影がひと段落ついて、
編集に移ってもミスが発覚して撮り直したり、、、。

コピペ、リライト、画像転載、盗作、などのように、
簡単でもなければ、小細工も誤魔化しも通用しません。

少々凝ったものになってくると、
一つの動画を投稿するだけでも、
かなりの時間と労力を要することもあります。

さすがに1日仕事になることはありませんが、
それなりに手間ひまはかかるということです。

ですが、やることが手間なほど、
参入障壁も高くなっていきますから、
競合チャンネルが少ないという側面もあります。

つまり、一見すると自作動画は難易度が高く、面倒臭そうで、
実はライバル不在で再生回数を伸ばしやすい穴場があり、
そこをピンポイントで狙えば高い収益性も見込めるわけです。

勿論、そこに確かなニーズがあることが前提ですが、
手軽さ重視なノウハウに頼って大勢と競合するよりも、
今では自作動画のほうがYouTubeの盲点となっているということです。

まぁ、こうしたYouTubeの自作動画は、
いずれにしても効率的な稼ぎ方とは言えませんが、
それ以上に再生回数が圧倒的に伸びやすいです。

よって、もしも、時間が許すようであれば、
自作動画は小手先のノウハウでは比較にならないほど、
大きく稼げるチャンネルへと化ける可能性は高いですから、
あえて最初から正攻法で勝負をかけたほうが、
将来的なことを考えると”おいしい”かもしれません。

私がメインで取り組んでいるYouTubeノウハウ

私はYouTube経由のアドセンス報酬だけでも、
一般のサラリーマンが貰っている月給以上は、
コンスタントに稼いでいるのですが、
実際にメインで取り組んでいるのは自作動画です。

おそらく、今想像されているような自作動画とは、
全くの別物なんですが、自ら撮影と編集をしています。

というのも、
そもそも自作動画は外注化ができないので、
イヤでも自分でやるしかないんですよね。苦笑

なので、チャンネルにアップしている動画の数も、
本数で言えばそう多くはありません、、、。

おそらく、YouTubeを専業で取り組めば、
毎日数本の動画をアップすることも可能ですが、
副業や片手間で取り組むとなると、1日1~2本が限度ですね。

まぁ動画のクオリティが低ければ量産も可能でしょうけど、
自作動画で妥協しているチャンネルはあまり再生回数は伸びません。

こればかりは数打ちゃ当たるってものでもありませんから、
よくある一桁、二桁しか再生されていない動画と、
ほとんど同様の悲惨な結果に終わってしまうと思います。

基本的に自作動画は断然「量より質」ですので、
量産は諦めて、時間一杯作りこむ方が効果的です。

ですから、私はそれと併せるようにして、
外注やツールで自動化したチャンネルを複数運営しています。

一番の稼ぎ頭は「自作動画のチャンネル」ですが、
自ら手を加えなくてもいいチャンネルも増やしながら、
そちらでは小銭をかき集めている、という感じです。

作業に費やす時間と労力はもちろんのこと、
外注やツールにかかる金銭面まで考慮すると、
それぞれ一長一短ですね、、、。

独身のサラリーマンやOLが副業で取り組むなら、
外注できるようなノウハウの方が”楽”ですし、
既婚者で夫婦で取り組める環境なのであれば、
自作動画の方が収益性は高くなると思います。

とりあえず、YouTubeを商用利用する場合、
量産や外注をするつもりなら「自作動画は不向き」ですが、
特にそういうわけでもなく「これ」というノウハウがなければ、
一つのチャンネルで大きく稼ぐことができるのでオススメです。

そんなYouTubeのチャンネル運営を戦略的に行う方法については、
引き続き、以下のページを併せてご覧になっていただければと思います。

YouTubeのチャンネルを戦略的に運営して成長を促進するフレームワーク

もしも、より詳しいYouTubeの稼ぎ方に興味があれば、
メールマガジンやブログコンテンツの方に目を通してみてください。

そちらでは、有料教材や高額塾で教えているような、
有益なノウハウを完全無料で公開しています。

またYouTubeを利用した動画投稿ビジネスに限らず、
ネット全般を利用した多種多様な稼ぎ方も暴露しているので、
一度試しにご覧になってみていただければと思います。

無料メルマガ講座はこちらから

あくまで個人的な見解ですので、参考までに。

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから