甲斐です。

今回はYouTubeアドセンスと、
ブログ、ツイッター、フェイスブック、など、
外部のアフィリエイト媒体を組み合わせて稼ぐ方法について、
取り上げていきたいと思います。

それでは早速参りましょう。

YouTubeアドセンスと外部のアフィリエイト媒体を組み合わせて稼ぐ方法について

まず、YouTubeというメディアを、
外部のアフィリエイト媒体に利用するうえで、
一番重要なことは何かというと、
やはり、事前の入念なターゲット選定です。

何故なら、YouTubeで運営しているチャンネルと、
外部メディアの属性がマッチしていなければ、
仮にうまく誘導して引っ張ることができたとしても、
その先で望んでいるような反応が取れないからです。

例えば、幼児向けの動画を主体にしたチャンネルを運営しているのに、
その先で成人向けのビジネス教材を売り込んでも効果は薄いですよね。

それなら、わざわざ外部メディアに誘導するよりも、
関連動画に誘導したほうが普通に稼げることは明らかです。

よって、まずはどんな商品を売りたいのか、
先立つキャッシュポイントを決めたうえで、
ターゲットを明確にすることが大前提になります。

そして、投稿した動画の再生回数を伸ばすことよりも、
より商品に対して強い興味を示すユーザーを集めることが、
YouTubeでチャンネルを運営する「最大の目的」になります。

ただ、いずれにしても”動画を見てもらうこと”で、
はじめて商品やサービスのオススメなど、
次の”アクションを促していくこと”ができるため、
根本的にやるべきことはYouTubeアドセンスと変わりません。

YouTubeを外部のアフィリエイト媒体と組み合わせる場合も、
”動画の再生ありき”で稼げるという意味では同じだからです。

つまり、YouTubeアドセンスと同様に、

  • 動画を視聴してもらう対策
  • 直帰されずに最後まで見てもらう対策
  • チャンネル登録をしてもらう対策

といった対策は必要不可欠だということですね。

一つはっきりと違うのは、
動画の視聴者、チャンネル登録者の属性が、
よりダイレクトに収益に影響するという点です。

YouTubeアドセンスの場合はどんな属性であれ、
動画が視聴されれば大なり小なり稼げます。

老若男女を問わず、どんなユーザーが見ようと、
通常は収益面にはあまり直接的に関係しません。

とりあえず、動画の再生回数を増やして、
再生時間(滞在時間)が長ければ、
何の問題もなく、収入は右肩上がりになります。

ところが、YouTubeの動画を集客導線として、
何らかの商品やサービスをアフィリエイトするのであれば、
性別、年齢、職業、悩み、願望、など、
ユーザーの属性を明確に絞り込まなければ、
全く的外れなオススメをしてしまうことになります。

それは短期的に見ても、長期的に見ても、
ほぼ収入アップにつながることはありませんので、
ただの時間と労力のムダ遣いですよね。

なので、まずはYouTubeで効率的に成果を出していくために、
チャンネルを一つの属性に特化させて運営していきましょう。

YouTubeを集客導線に利用することで得られるメリット

もしかしたら、いろいろとやることがあって、
「面倒くさそうだな。」と感じているかもしれません。

ただ、YouTubeを集客導線に利用すると、
外部メディアに強力な集客効果をもたらします。

と言うのも、
そもそもYouTubeは集客の窓口がとても多いんです。

まずは、YouTube検索エンジン。

YouTubeでキーワード検索が行われると、
優先順位の高い動画から検索上位ページに表示されます。

自ら率先して検索している時点で、
少なからず”興味を持っている”と言えますので、
最も濃い属性のユーザーが訪問してくる窓口です。

次に、Google検索エンジン。

GoogleまたはYahooでキーワード検索が行われると、
YouTubeの動画でも優先順位が高いと判断されれば、
検索上位ページに表示されます。

ハウツー、ノウハウ系の情報においては、
Google検索エンジン経由のユーザーは、
アプローチをかけると反応を示しやすく、
アクションを起こしてくれる傾向にあります。

やはり「具体的な情報を調べる」という点では、
Googleを積極的に利用する人が多いのだと思います。

近年では、YouTubeの動画が上位表示されることも、
そう珍しいことではなくなってきていますから、
キーワード次第では上位表示も狙えます。

そして、YouTubeで動画を視聴中に、
サイドバーに表示される「関連動画」。

この「関連動画」においては、
自分のチャンネル動画の視聴中に表示”させる”ものと、
関連性の高いチャンネルに表示”させる”ものがあります。

実質的には同時に「二つの窓口」を担っているわけですね。

最後に、YouTubeがユーザーの検索履歴などから表示する、
「あなたへのおすすめ動画」があります。

ここから動画を視聴しに訪問してきたユーザーは、
これまでにも似たような動画を検索してきたということなので、
商品やサービスに対して非常に興味を示しやすい属性になります。

これはただの”棚から牡丹餅”なんですけど、
ついつい気になってクリックしてしまう場所ですから、
動画の投稿数を増やしていけばチャンスも増えていきます。

以上、YouTubeにたった一つ、二つの動画を投稿するだけでも、
これら全ての窓口から集客できる可能性があるわけです。

また、自分の動画からであれば、
チャンネルページ、アノテーション、説明文、など、
一度再生してもらうことさえできれば、
そこから立て続けに動画を再生してもらうこともできます。

もちろん、ウェブサイトやSNSで拡散することも可能です。

つまり、一つの動画を見てもらえる可能性は、
ネット上のあらゆるところに点在しているということです。

これはブログ、メールマガジン、ツイッター、フェイスブック、など、
他のメディアにはない、YouTube唯一の特徴ですね。

しかも、YouTube は全インターネット人口の、
約3分の1を占める 10 億人以上のユーザーに利用されており、
1日あたりの動画視聴時間は数億時間、
視聴回数は数十億回にも昇ると言われていますが、
まだまだ数字は右肩上がりな状況をキープしています。

YouTube”のみ”で一生食っていく必要はありませんが、
こんな激アツな市場をビジネスに使わない理由がないと思います。

では、YouTubeを集客導線に利用することによって、
これから得られるメリットをご理解いただけたところで、
チャンネルを特化するためにどうすればいいのか、
具体的なお話をしていこうと思います。

YouTubeチャンネルのコンセプトを明確にする

これはYouTubeで動画を視聴してくれる
チャンネル登録者または濃い属性のユーザーを
増やしていきたいのであれば徹底するべきですね。

結局のところ、何でもごちゃ混ぜなチャンネルに
どれだけ面白い動画が沢山あったとしても、
それがあまりにも関連性のない動画ばかりだと、
訪問者の「チャンネル登録しよう」という思いは消えてしまいます。

もしも仮に視聴してもらうことができたとしても、
そこから他の関連動画に逃がしてしまう可能性が高いです。

むしろ、ごちゃ混ぜにするほど豊富なネタがあるのであれば、
その一つのネタに対して一つのチャンネルを開設して
複数のチャンネルを運営していくほうが効果的だと思います。

なので、一つのコンセプトに絞って動画を投稿し、
まずはそこに一点特化したチャンネルを作ることで、
「チャンネル内の動画を巡回させる」という環境を整えるわけです。

そうすることによって、
濃い熱狂的なユーザーを集めることができるようになり、
安定した動画の再生回数を維持できるようになります。

そして、そこから続けてチャンネル登録させるために、
「このチャンネルには自分が見たい動画が沢山あるな。」
という満足度の高いチャンネルを徹底して作り込んでいきます。

勿論、そのためにはコンセプトに特化した関連動画を、
相当数用意して投稿していく必要があるわけですから、
あらかじめネタが尽きないように準備しておくべきです。

YouTubeチャンネルをカスタマイズする際の重要なポイント

YouTubeチャンネルのコンセプトや、
アフィリエイトする商品やサービスなど、
ザックリとした運営方針が決まれば、
次にチャンネル内部に理想的なカスタマイズを施していきます。

まず、考えなければいけないのは、
チャンネル訪問者目線の「ファーストビュー」ですね。

最初から集中力全開で、
チャンネルを見てくれる人はほとんどいません。

通常は、パッと眺めて、
関連動画などを見てから、
感覚的に登録するかどうかを判断します。

特に重要なのが以下のポイントですね。

  • ヘッダー画像
  • チャンネル紹介動画

上記がファーストビューの時点で、
主に重要な要素、ポイントになるかと思います。

ここでキッチリと読者のハートを掴めるかどうかによって、
チャンネルの訪問者数に対する登録者率は大きく左右されます。

「ヘッダー画像」は、
”どんな動画を投稿しているチャンネルなのか”を、
初めて訪問したユーザーに伝える役割があります。

なので、チャンネルや動画とは全く関係のないような、
ヘッダー画像を使用するのは避けた方がいいです。

チャンネル訪問者が”一目見るだけ”で
”どんなチャンネルなのか”が分かる画像を使用した方が
「チャンネルそのものに対する興味付け」になるので、
収益を伸ばしていく分には圧倒的に効果があります。

  • チャンネルのコンセプトを伝える要素
  • ターゲットに好印象を与える要素

少なくとも上記の2点ぐらいは最低でも押さえている
「成果に直結するヘッダー画像」を使用するべきだと思います。

また、「チャンネル紹介動画」もヘッダー画像と同様、
チャンネル内で最もターゲットに訴求できる動画を採用するか、
チャンネルの魅力を最大限に伝えることのできる紹介動画を、
新たに作成するなどして準備した方がいいです。

そもそも、チャンネル紹介動画に関しては、
本来の目的がターゲットが視聴した際に、
「チャンネル登録してみよう」と思わせるためのものですからね。苦笑

よって、”チャンネル登録への動機付け”という役割を果たすべきであり、
きちんとその目的を果たせる動画がなければ新たに作成するのは当然です。

もしも、チャンネル紹介動画を一から作成するのであれば、
チャンネルに訪問したユーザーが「登録したい」と思うように
ターゲットを訴求できるポイントを紹介動画に詰め込むようにします。

あくまでも客観的にユーザー本位の動画を作成するよう心がけて、
自分本位の動画を紹介動画に設定しないように注意してくださいね。

チャンネル登録者を増やすことでアフィリエイトに与える影響

YouTubeのチャンネル登録者数を増やすことで、
YouTubeアドセンスでは上位表示しやすくなりますし、
それに伴い、再生回数も増えて、収益も増えます。

YouTubeアフィリエイトではチャンネル登録者になってもらえば、
外部のメディアへ誘導して顧客化するチャンスが何度も訪れます。

チャンネル登録できなければ、
ビジネスチャンスは「一度きり」ですが、
チャンネル登録してもらえれば、
何度もビジネスチャンスが巡ってくるわけです。

勿論、チャンネル内の関連動画も、
じわじわと再生回数が伸びていきます。

つまり、目先の動画の再生回数を追わなくても、
チャンネル登録者数さえ伸ばすことができれば、
その他の些細な問題などは、
後からゆっくり考えてもどうにでもなるんですね。

よって、アフィリエイト報酬を増やしていけるよう、
投稿動画の再生回数を伸ばしていくだけではなく、
チャンネルの登録者数を伸ばしていくことも意識して、
あなた独自のカスタマイズをしてみてください。

YouTubeから外部メディアに誘導できるポイントを最大活用する

さて、YouTubeチャンネル内の準備が整い次第、
外部メディアへどんどん誘導していきましょう。

YouTubeに投稿する動画内に、
URLリンクを掲載できるポイントは、
主に以下の2箇所になります。

  • 動画を利用する
  • 説明文に記載する

上記のポイントを最大活用して、
YouTubeの関連動画に誘導したり、
外部のアフィリエイト媒体に誘導することができます。

基本的にはどちらをどのように活用してもいいです。

ただ、扱うキャッシュポイントによっては、
いくつか注意点もあります。

と言うのも、
近年はYouTubeの取り締まりが厳しくなっているので、
直接商品のURLを掲載するとアカウントが停止する場合もあり、
どこまでがOKでOUTなのか、線引きが難しくなってきています。

なので、YouTubeでアフィリエイトをする場合は、
原則として、直接商品のURLを掲載しないように、
外部のメディアを介してワンクッションを挟んでから、
段階的にアフィリエイトを行うように気をつけてください。

YouTubeから外部メディアを介して教育を行い、商品を販売する安全策

たまに動画内、説明文のどこでもかしこに、
とりあえずURLを載せとけば商品は売れるよ、みたいな、
明らかに時代遅れな情報を見かけることもあるんですが、
どれだけ商品が魅力的でもそんなに都合よくは売れません。

むしろ、場合によっては、
YouTubeの利用規約にも引っかかり、
ペナルティを受ける可能性が濃厚です。

無難な安全策としては、動画内に掲載するのは、
関連動画や、簡単な紹介までにとどめておいて、
主に説明文から外部メディアに誘導する方法です。

普通に考えれば動画に直接表示したほうが、
視聴者の目には付きやすいんですが、
YouTube検索エンジンはテキストを読み取るとも言われており、
何の対策もせずに誘導するのはリスクが大きいので、
ここでは極力安全な方法を推奨しておきますね。

ひとまずブログ、メールマガジン、ツイッター、など、
YouTubeから外部のメディアに誘導することができれば、
あとはそこから商品やサービスへの期待値を高めるために、
教育を行うステップを踏んでいけば一通りの仕組みは完成です。

YouTubeで再生回数を伸ばしやすい動画については、
以下のページも併せてご覧ください。

YouTubeで最も無難に再生回数を稼ぐ方法とは

また、その他、外部のメディアを構築する方法や、
そこから具体的にアフィリエイトで稼ぐ方法などについては、
当ブログコンテンツやメールマガジンで公開していますので、
そちらも参考にしてみてください。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンツ一覧はこちらから