甲斐です。

 

先日、「下克上」というトレンドアフィリエイトに焦点を当てた教材で

一躍有名になった「株式会社MOVE」がその「下克上」を超える教材として、

新たなトレンドアフィリエイト教材を販売しました。

 

すでに情報商材ランキング上位に上がっており、

かなり大きな話題になっているようです。

 

早速ですが、取り上げていきたいと思います。こちらです。

 

【DORAGORAM】ドラゴラム〜新たなる伝説の章〜

URL:http://doragoram.info

たっつん

バナナデスク(岡田崇司)

株式会社MOVE

【DORAGORAM】ドラゴラム〜新たなる伝説の章〜(たっつん、株式会社MOVE、バナナデスク)レビュー

 

まず、DORAGORAM(ドラゴラム)の教材内容に入る前に、

いくつか先に”知っておくべき”だと思う点を挙げておきたいと思います。

 

DORAGORAM(ドラゴラム)の販売会社である、

株式会社MOVEから過去に販売されているトレンドアフィリエイト教材「下克上」は

これまでに累計1万本以上売れており、今尚売れ続けている人気のある情報商材です。

 

私自身も含め、

過去にトレンドアフィリエイトの実践経験があるアフィリエイターや、

現在進行形でトレンドアフィリエイト実践中のアフィリエイターの多くが

トレンドアフィリエイトの入門書として手にとった事がある教材だと思います。

 

そんなかつては一斉を風靡したとも言える

「下克上」のノウハウのコンテンツ制作者は、

DORAGORAM(ドラゴラム)の販売元となっている、

株式会社MOVEの運営統括責任者「岡田崇司氏(バナナデスク)」です。

 

DORAGORAM(ドラゴラム)はノウハウの比較対象に

その「下克上」を挙げており、

そのノウハウを超える初心者向け教材として、売り出されています。

 

ただ、今回その「下克上」を超える教材として販売された

DORAGORAM(ドラゴラム)のコンテンツを制作したのは、

実際には「岡田崇司氏(バナナデスク)」ではありません。

 

「下克上」を元に実践したトレンドアフィリエイトで実績を出されている

「たっつん」というアフィリエイターによってコンテンツ制作されたもので、

「下克上」の販売者とは全くの別人によるものだということです。

 

まぁ「岡田崇司氏(バナナデスク)」のコンサル生といいますか、

平たく言えば弟子のようなポジションの方だとは思いますが、

株式会社MOVEの”ブランド”とは一度切り離して冷静に見るべきです。

 

一応、株式会社MOVE が「下克上大会」という名目で定期開催している

トレンドアフィリエイター売り上げランキングでは常に上位を獲得している方なので、

私も実際にフォーラムで「たっつん」という名前を何度か目にしたことがありますし、

トレンドアフィリエイトで”月100万円を稼ぎ続けている”という実績は事実です。

 

しかし、そもそも「下克上」と「DORAGORAM(ドラゴラム)」は

コンテンツ制作者が違うわけですから、販売会社が同じというだけで、

アフィリエイト教材としては「全く別物」だと考える必要があります。

 

「下克上」を元に「スマホゲーム」に特化したトレンドアフィリエイト、

それがDORAGORAM(ドラゴラム)の教材内容でありノウハウです。

 

つまり、あくまでベースは「下克上」だということです。

 

ただ、「下克上」はクリック課金型アフィリエイト主体のノウハウですが、

DORAGORAM(ドラゴラム)は成約報酬型アフィリエイト主体のノウハウです。

 

PV数を増やすことに重点を置いているノウハウが「下克上」、

そこから専門性を高めたノウハウがDORAGORAM(ドラゴラム)です。

 

株式会社MOVE、バナナデスクについて

 

株式会社MOVEのバナナデスクさんの弟子であり、

トレンドアフィリエイトで月収100万円を稼ぐアフィリエイターの

最先端のノウハウを詰め込んだDORAGORAM(ドラゴラム)。

 

その元ネタとなっているアフィリエイト教材「下克上」は、

”脱ノウハウコレクター教材”として3年以上前の2012年に販売されました。

 

いまだに情報商材売り上げランキングの上位に表示されるくらいですので、

その人気はまだまだ健在であり、その認知度はすでに”相当なもの”だと思います。

 

ただ、実際のところ今でも「下克上」のノウハウが通用するのか、

トレンドアフィリエイトが初心者向けのジャンルなのかと言うと、

私は決して”そうではない”と思っています。

 

むしろその”逆”で、

初心者が安易にトレンドアフィリエイトに手を出したところで、

多くの人はまともに稼ぐことが出来ずに

挫折する可能性が高いとさえ思っています。

 

トレンドアフィリエイトが、

”初心者向けではない”とする大きな理由としては、

トレンドアフィリエイトに関してはその「ノウハウ」自体が

もうすでに多くのアフィリエイターに認知されすぎており、

ほとんど飽和状態となってしまっているためです。

 

多少の切り口は違えど、重要なのは「キーワード選定スキル」であり、

初心者が普通にノウハウ通りにやっている限り、成果を出すのは難しいと思います。

 

単純な話、急上昇キーワードをはじめ、競合の薄いキーワードを狙うということは、

キーワード選定スキルが高ければ検索上位表示を勝ち取ることができるわけですが、

実際、そこに至るまでにはそれなりの経験が必要になります。

 

その上すでに教材で出回っているキーワード選定ノウハウは目新しいものは少なく、

多くのアフィリエイターが実践している”当たり前レベル”のノウハウが多いため、

そこで勝ち残っていくためにはノウハウに加えて”プラスα”で何かが必要です。

 

それこそDORAGORAM(ドラゴラム)のような、

人とは違う”新たな視点”のアフィリエイト戦略が必要になります。

 

まぁそのプラスαに該当する要素は”腐るほどある”とも思いますが、

多くの初心者アフィリエイターは「ノウハウ」に頼りきってしまい、

結局まともに稼げずに挫折する場合がほとんどです。

 

トレンドアフィリエイトが初心者向けという”幻想”について

 

今回のDORAGORAM(ドラゴラム)に限った話ではないのですが、

ひとまず初心者アフィリエイターが既存の「ノウハウ」に頼るのであれば、

成果を出すためには作業量を周りの”誰よりも沢山”こなす必要があります。

 

後発組である以上、ノウハウの再現性を高めるためには

”嫌でも”肉体労働に近い方法を取らざるを得ないということです。

 

トレンドアフィリエイトの作業内容自体は実践するには”楽”なものが多いですが、

決して”楽”だと言えるような作業量ではまともな成果にはつながりません。

 

そうでもしなければ、無数のライバルと

ダラダラ”どんぐりの背比べ”をしているようなもので、

その中から”抜きん出ていくこと”は現実的に考えて難しいです。

 

まぁそういった様々な理由などから、

初心者アフィリエイターが「キーワード」では競合が避けられない以上、

作業量を他のアフィリエイターよりも圧倒的に増やすか、

プラスαの要素としてノウハウに独自で考案した”何か”を加えるかして

”ノウハウを応用する形で独自性の高いノウハウ”を考案するなど、

一定以上の成果を出すためには何かしら”他とは違う手”を打つしかありません。

 

つまり、過去は過去、今は今、その時代に合ったやり方で

ノウハウはその都度、その状況に合わせて応用する必要があるということです。

 

もちろん競合の薄いトレンドキーワードを意図的に狙うことで

初心者でも一時的な検索上位表示をすることは今でも可能ですが、

それも毎回上手くできるという保証があるわけではありません。

 

一般的に稼ぎやすいとされるキーワードは限られていますが、

そんな誰でも考えつくキーワードやノウハウは先発組の独壇場となっています。

 

正直な話、後発組が太刀打ちできるとは思いませんし、

キーワードを選ぶたびに運よく競合が薄い確率は普通に低いです。

 

同じノウハウを実践して、同じようなキーワードを考えている、

そんなライバルが一体”何人いるのか”ということを一度冷静に考えてみてください。

 

何も知らない初心者アフィリエイターが

トレンドアフィリエイトで生き残っていける可能性は低いと思うはずです。

 

それこそ、初心者アフィリエイター以外でも一過性のノウハウに頼って、

相当数のライバルを出し抜き、更に”稼ぎ続けていく”ためには

ただ「奴隷」のように寝る間を惜しんで作業量を増やす必要があります。

 

単純に稼げば稼ぐだけキツイ状況を作っていくわけで、

それは自分で自分の首を絞めているようなものだと思います。

 

1日1記事の作業だけでもキーワード選定スキルを高めるだけで

検索上位表示することができた時代も確かに”ありました”が、

それはノウハウを知らない人がほとんどだった”過去の話”であって、

今となってはそのノウハウもほとんど”常識”のようなものとなってしまっています。

 

”あえて”アフィリエイト初心者がキツイ環境を選ぶ必要はないと思います。

 

まぁ個人的には「下克上」の教材内容の中で一番のミソは

トレンドブログから特化型ブログへと移行する点にあると思っていますが、

今のトレンドアフィリエイトの現状を見る限りでは、

特化型ブログに移行するステップさえ中々進めないというのが実情だと思います。

 

いずれも成果云々は”やり方次第”と言えばそれまでなのですが、

私は初心者向けにトレンドアフィリエイトをオススメしてしまうと、

アフィリエイトを挫折する要因になってしまうだけだと思っています。

 

トレンドアフィリエイト教材を販売しているアフィリエイターについて

 

先述したように、

トレンドアフィリエイトは”初心者向けではない”というのが

私のトレンドアフィリエイトというジャンルに対しての見解です。

 

稼げる稼げないはまた別の話になりますが、

完全にキツイ労働を強いられるジャンルであることは間違いないです。

 

そして、トレンドアフィリエイト教材を「初心者向け」だと売り込んでいる

アフィリエイターの8割、9割は実際にトレンドアフィリエイトで稼いでいません。

 

トレンドアフィリエイトで月収100万円を稼ぎ続け、

DORAGORAM(ドラゴラム)のコンテンツ制作者である「たっつん」、

一斉を風靡した情報商材「下克上」のコンテンツ制作者であり、

株式会社MOVEの運営統括責任者である「バナナデスク」、

上記の2名はトレンドアフィリエイトの実践者ですし、実績もありますので、

”サポート体制が万全”であれば成果につながる可能性も十分考えられます。

 

ただ、それ以外は基本的にトレンドアフィリエイトを

まともに”実践してすらいない”というのが実情です。

 

情報商材として売りやすいという理由で、

情報弱者狙いで売っているアフィリエイターがほとんどです。

 

甘い言葉にまんまと乗せられないように注意してください。

 

たっつんの【DORAGORAM 】ドラゴラムの教材内容について

 

「たっつん」が下克上のトレンドアフィリエイトノウハウを応用して、

独自に昇華させて「スマホゲーム」に特化することで結果を出せたノウハウ、

それをまとめた教材が今回販売されたDORAGORAM(ドラゴラム)です。

 

DORAGORAM(ドラゴラム)の主なコンテンツ内容は、

8時間25分の動画講座となっています。

 

とりあえず95%のアフィリエイターが超えられないと言われている、

”月収5000円の壁を超えたい”というだけなのであれば、

初心者アフィリエイターでも忠実に教材内容に取り組めば叶うと思います。

 

ただアフィリエイターとして重要なのは”その後”ですので、

動画講座すべてに目を通して実践したとしても、

元をだどれば「下克上」が大元のノウハウとなっているため、

それだけで「たっつん」の月収100万円を稼ぐノウハウ、

その”全てを理解できる”というわけではないと思います。

 

DORAGORAM(ドラゴラム)は、

先述したような”ノウハウを応用した独自性の高いノウハウ”に該当するため、

元ネタである「下克上」を持っていない人からすると、特に何の変哲もない、

初心者向けのスマホゲームを扱ったアフィリエイト教材だと思うかもしれません。

 

実際のところ、DORAGORAM(ドラゴラム)は、

「下克上」を超える初心者向けアフィリエイト教材とは言っても、

実質的には「下克上」の”応用教材的なポジション”とも言える内容です。

 

そのため、トレンドアフィリエイトで月収100万円を稼ぐ「たっつん」のノウハウを

根本的に理解するためには、ノウハウの元ネタとなっている「下克上」の教材内容を

知っていなければ、すでに巷で溢れかえっているようなスマホゲームを扱った

「初心者向けアフィリエイト教材」とそんな大差ないノウハウになると思います。

 

元ネタの「下克上ありき」でDORAGORAM(ドラゴラム)を学ばなければ、

初心者アフィリエイターを卒業することはできたとしても、

月100万円を稼ぐノウハウを再現できる可能性は低いということです。

 

実践者が希望するアフィリエイト報酬額にもよりますが、

とりあえず従来のトレンドアフィリエイトのような立ち位置で、

今回のDORAGORAM (ドラゴラム)を実績作りの踏み台に考え、

ゆくゆくはアフィリエイターとして更に飛躍したいと考えているのであれば、

そういった観点では「下克上」の方が優れている教材内容だと思いました。

 

まぁわざわざそんな遠回りをする必要性もないとは思いますが、

ひとまず現状としては初心者が稼ぎやすいのはDORAGORAM(ドラゴラム)、

将来的に有用性の高いノウハウは「下克上」かと思います。

 

【DORAGORAM】ドラゴラム〜新たなる伝説の章〜は稼げるのか

 

今回のDORAGORAM(ドラゴラム)も含めて、

ここ最近スマホ関連のアフィリエイト教材の売れ行きが好調のようです。

 

ということは、それだけ”稼げる余地がある”ということですが、

その反面、アフィリエイト教材が売れれば売れていくだけ、

単純にノウハウを知っているアフィリエイターが増えていっているわけです。

 

競合が少ない間は”特別なノウハウ”かもしれませんが、

次第に特別なノウハウではなく、誰もが知っているノウハウになり、

その時は自分自身で稼ぐスキルが必要になりますので、

今後のことを計画的に考えながら実践しなければ一瞬のあぶく銭です。

 

現状だけで言えばスマホゲーム市場が今後も伸び続ける傾向にありますが、

それでもノウハウに有用性がなくなる可能性も”ない”とは言い切れません。

 

自らのスキルアップを図るか、ノウハウに独自性を与えていかなければ

将来的に生き残っていくのは厳しくなっていくと思っています。

 

トレンドアフィリエイトは時間を費やして労働的な「数」さえこなせば、

初心者でも稼ぐことはできますが、その作業量は報酬に比例して増えます。

 

人より「数」をこなせないのであれば、最初からやめておくべきですし、

時間を持て余して内職的な感覚でアフィリエイトに取り組めば、

作業量に比例した分だけ報酬を稼ぐ事は難しくはないと思います。

 

このDORAGORAM(ドラゴラム)は「下克上」を

初心者アフィリエイター向けの教材としては”超えている”と思いましたが、

「下克上」のノウハウをきちんと理解して、自ら応用できるのであれば、

「下克上」の方が幅広く応用できる有用性の高いノウハウだと思います。

 

是非あなた自身の目でセールスレターを読み比べて、比較してみてください。

 

【DORAGORM】ドラゴラム〜新たなる伝説の章〜

 

【下克上】GEKOKUJO〜脱ノウハウコレクター教材〜

 

それでは。

 

コンテンツ一覧はこちらから