甲斐です。

 

先日、一際成約率の高い「せどり教材」が

インフォトップランキングに上がってきていました。

 

世の中の「稼げていないせどらー」に向けて販売された、

「せどらーの為のせどり教材」です。

 

では、早速取り上げていきたいと思います。

 

こちらですね。

 

せどりフォーエバー

URL:http://sedori-paradise.com/forever/

久保田 哲(ふぇにっくす)

株式会社PARADIGM SHIFT

せどりフォーエバー/久保田 哲(ふぇにっくす)株式会社PARADIGM SHIFT/レビュー

 

「せどりフォーエバー」は、

2013年12月にせどりで月商1119万円、

月収にして200万円を稼いだ実績を持っている

販売者の「ふぇにっくす」こと久保田哲さんという方の

せどりで稼ぐための「思考」と「戦略」について書かれた教材です。

 

一見すると「一体何を学べるのか」が抽象的で分かりにくいのですが、

せどりで稼ぐための「思考」「戦略」とは、

せどらーが「せどりで稼ぐために考えなければいけないポイント」と、

そこから導き出された「稼げない問題点に対する対策や対処法」のことです。

 

  • 思考=「稼ぐために考えなければいけないポイント」
  • 戦略=「問題点に対する対策や対処法」

 

端的に言えば「せどりで稼ぐための方法を教える」と同義なんですが、

アプローチのやり方が「小手先」よりも「本質」に目を向けたもので、

その従来とは異なる着眼点が目新しさを与えている、という感じですね。

 

「お金を稼ぐために何を考えなければいけないのか」

「お金を稼げない原因は何なのか」

「お金を稼ぐために何に取り組まなければいけないのか」

 

上記のような現役せどらーが抱えているであろう、

「ノウハウ”以前”の悩みや問題」に焦点を当てていますので、

よくあるせどりノウハウとは全く切り口が異なる教材になっています。

 

ただ、実際のところ、

こういった「思考」や「戦略」というのは「せどり」に限らず、

ビジネス全般に共通して学ぶ必要がある”基本的なこと”だと思います。

 

せどりだけ何か特別”変わったこと”があるビジネスではありませんし、

むしろ、その反対で、せどりは「極めて単純なビジネス」なわけですから、

こういったビジネスの「基礎」や「当たり前のこと」を知っているかどうかで、

次第にせどりで得られる収入も大きく変わってくるのは当然だと思いますし。

 

なので実際、何がそこまで魅力的なのかは私には分かりませんが、

「せどり」というビジネスモデルに訳も分からず取り組んでいるような

「せどり初心者」は比較的情報リテラシーが低い傾向にあるため、

何億、何十億、何百億と稼いでいる人達が書籍を出版しているにも関わらず、

こうしてわざわざ高いお金を払って情報商材で学んでいるんだと思います。

 

例えば、せどりと言えばブックオフせどりが有名ですが、

ブックオフから恩恵を受ける形でせどりをしている人の話を聞くのと、

ブックオフ創業者である坂本孝さんの話を聞くのであれば、

同じ「古本」に関するビジネスでも、その視点は全くもって違います。

 

「大企業の社長」の話を聞くのと、

その「下請け会社の平社員」の話を聞くようなものですね。

 

どちらがビジネスに有意義であるかは、

それこそ「言うまでもない」と思うんですが、

つまりは情報商材で学ぶということは「そういうこと」です。

 

まぁそれを「ふぇにっくす」こと久保田哲さんが、

「思考」と「戦略」と称して情報商材に詰め込んだものが、

この「せどりフォーエバー」ということです。

 

良くも悪くも、かなり売れ行きの方は好調のようですので、

それだけ「稼げていないせどらー」は、

「思考」や「戦略」が不足していると感じていて、

それらを”学ぶ術さえ知らない”ということでしょう。

 

「せどりフォーエバー」の久保田哲さんの思考と戦略について

 

「せどりフォーエバー」販売者の久保田哲さんは、

どうやら今はせどり以外にも、アフィリエイト、情報販売、と、

マルチな方面で活動されている方のようです。

 

ただ、今回の「せどりフォーエバー」を見てもわかるように、

せどりの稼ぎ方を情報発信したり、せどりの情報商材を販売するなど、

いずれのビジネスも「せどり」が主軸になっているみたいですね。

 

特にセールスレターでも誇大表現をしているというわけでもなさそうですし、

久保田哲さんが「せどりで稼いでいる」というのは事実なんだと思います。

 

ただ、ここ最近の活動を見る限りでは、どちらかと言えば、

今は「せどり」よりも「情報販売」に重点を置いている、という感じですね。

 

セールスレターにもありますが、

去年のクリスマスの時期にも「クリスマススナイパー」という、

「クリスマス商戦」を勝ち抜くための「思考」と「戦略」について書かれた、

「せどりフォーエバー」と同じような「情報商材」が販売されていましたから。

 

まぁそうなってしまうのは当然と言えば当然のことで、

せどりで在庫を抱えながら200万円稼ぐのと、

無形販売で在庫を抱える必要のない情報販売で800万円稼ぐのであれば、

断然、後者のビジネスに取り組む方が”美味しい”と思います。

 

だからこそ、自身の培ってきたせどりの知識や情報を、

こうして”惜しげも無く売ること”ができるわけです。

 

これはある意味「せどらーの行く末」を示している一つの”答え”だと思います。

 

実際のところ「ふぇにっくす」こと久保田哲さんも

お金を稼ぐためには「情報が重要」だと何度も言っていますし、

本人の「現状」と「実績」を見れば一目瞭然なのですが、

せどりよりも情報発信ビジネスの方が合理的に稼げます。

 

つまり、少ない労力で大きな収入を得られる、ということです。

 

なので、「お金を稼ぐ」という観点で言えば、

せどりでそんな「思考」とか「戦略」なんていう話をすること自体に

私としては大きな”違和感”があると思うんですけどね。

 

わざわざ稼ぎにくい不合理なビジネスを率先して選んでいるわけですから。

 

もちろん、せどりを好きでやっている分には全く問題はありませんが、

そうではなく「お金を沢山稼ぎたいだけ」なのであれば、

もっと根本的に見直すべきところがあるんじゃないでしょうか。

 

少なくとも、せどりは稼げば稼ぐほど労力が増えて自らの首を締めますし、

例え人を雇って労力を軽減したとしても相応のリスクや責任が増えますので、

自由なライフスタイルとは程遠い忙しない生活になるだけだと思いますよ。

 

ふぇにっくすの「せどりフォーエバー」で稼げるのか

 

「せどりフォーエバー」は、

「ふぇにっくす」こと久保田哲さんの、

「思考」と「戦略」について書かれた教材ですが、

ノウハウについて書かれていないわけではありません。

 

先述したように、

 

思考=「考えなければいけないポイント」

戦略=「対策や対処法」

 

ですので、せどりに関する幅広い知識や情報が網羅されています。

 

例えば、仕入れのお店の選別、目利きの方法、販売方法、など、

せどらーが見直したり考えなければいけないポイントを知ることができますし、

その稼げていない理由や原因を改善する対策や対処法を知ることもできます。

 

せどりの「目新しいノウハウ」というわけではありませんが、

せどりの「不変的なノウハウ」を学べる教材だと思います。

 

主な内容としては、王道の5大せどりジャンルである

”ゲーム、DVD、CD、おもちゃ、本”といった、

「せどり全般」を漏れなく対象にしたものになっています。

 

特定の「○○せどり」などジャンルを絞っておらず、

稼げていない「せどらー全員」を対象にした教材ということです。

 

それがPDF720ページというボリュームで5980円ですので、

せどり初心者が知識や情報を収集する分には相応かもしれません。

 

まぁ良くも悪くもせどりの「辞典」のような感じなので、

生っ粋のせどらーにも受け入れられる教材だと思います。

 

ただ、私としては「せどりをネタにして稼ぐ」のはアリだと思いますが、

「せどりで稼ぐこと」に関してはあまりオススメしていないので、

購入はどうぞご自由に、という感じです。

 

結局、せどり全般は時間と労力の割に合わないと思いますので、

他の「合理的なビジネス」以上にオススメする理由はありませんから。

 

利益率も低い、不良在庫で赤字になるリスクも高い、時間と労力を要する、

そういった数々のマイナス要因を多少改善したからと言って、

それらがこの手のせどりから無くなることはまず”ありえない”ので、

いつまで経っても悩みや心配の種が尽きないビジネスだと思います。

 

とは言え、一部”例外”も存在します。

 

それが、「せどりインサイダー」という電脳せどりノウハウです。

 

「せどりインサイダー」は完全在宅でパソコン一台あれば、

個人でも商品を独占可能で自在に価格を釣り上げられる上に、

大勢のライバルがいても「合理的に稼げるせどりノウハウ」ですので、

従来のブックオフせどりやホームセンターせどりとは一線を画すものです。

 

また、その具体的なノウハウに関しても、

普通に「完全無料」で公開されていますので、

知るのもやるのも実質的に”タダ”です。

 

一応、「せどりインサイダー」の

ノウハウ考案者によるコンサルプランがいくつか用意されていますが、

それを利用するかどうかの判断もノウハウの全貌を知ったあとに

ゆっくりと自由に決めることができます。

 

つまり、私としても「せどりインサイダー」は、

あなたにとっての”リスクが皆無に等しい”わけですから、

それこそ「オススメしない理由がないノウハウ」だということです。

 

今「せどりフォーエバー」が売れている理由は、

率直に「幅広いターゲットの切り口で販売されていること」と、

実情として「せどりでろくに稼げていない人が多いこと」が、

大きく影響していることは間違いないと思いますが、

「せどりインサイダー」のように既に完成されているノウハウに取り組めば

そもそも悩みや問題にぶつかることもなく稼ぐべくして稼げると思います。

 

まぁあくまで個人的な見解ですが、

興味があれば、一度試しに目を通してみて下さい。

 

次世代型せどり転売メソッド「せどりインサイダー」の詳細はこちらから

 

それでは。

 

無料メルマガ講座はこちらから