甲斐です。

 

先日、株式会社Catch the Webが新たに販売を開始した

アフィリエイター専用SEO分析ツールという商品が

インフォトップランキングに上がってきています。

 

こちらですね。

 

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」(株式会社Catch the Web、松井宏晃)

URL:http://az.ctwpromotion.net/aff-compass/lp/kjag1p798.html

松井宏晃

株式会社Catch the Web

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」(株式会社Catch the Web、松井宏晃)レビュー

 

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」は

毎日のSEOチェック時間が10分の1になるツールとして販売されていますが、

普通に「キーワード選定補助ツール」だと捉えてもらって間違いありません。

 

SEO分析ツール「COMPASS」の販売元になっている

株式会社Catch the Webは「キーワードスカウターS」という

キーワード選定補助ツールを販売していることで知名度の高い業者さんです。

 

「キーワードスカウターS」は同系統のツールの中でも

トップクラスで精度の高いリサーチ機能を持っていながら、

それでいて5000円ほどで手に入れることができるという費用対効果の高さから、

多くのアフィリエイターに利用されている定評あるツールです。

 

私も実際に使ってみたところ、予想以上に使い勝手よかったこともあり、

当ブログでも上記の理由から「キーワードスカウターS」を推奨しています。

 

ただ、株式会社Catch the Webは使えないゴミツールを

数万円でぼったくり販売するような詐欺まがいの悪徳業者ではありませんが、

「キーワードスカウターS」以外の商品に関しては評判がまちまちです。

 

今回のアフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」はどうなのかと言うと、

一応、「キーワードスカウターS」と比べて機能は多くなっているようですが、

「COMPASS」ならではの「SEO分析機能」として付け加えられているのは

「ライバルサイトチェック」や「中古ドメインチェック」など、

大半のアフィリエイターにはほとんど必要がない機能が増えただけかと思います。

 

「ライバルサイトチェック」や「中古ドメインチェック」などが必要になるのは

サイトアフィリエイトを実践しているアフィリエイターの場合くらいなので、

その他のアフィリエイトで頻繁に活用するかどうかと言うと特に必要はありません。

 

そういった一部のアフィリエイター以外には不要な機能を除けば

SEO分析ツール「COMPASS」と「キーワードスカウターS」の機能は

実質的に”ほぼ同じ”だと思います。

 

アフィリエイター専用SEO分析ツールと名称が違うだけで、

キーワード選定補助ツール以上でも以下でもないといった感じで

そこまで機能面については大きな差はありません。

 

まぁ強いて言えば「キーワードスカウターS」はMac非対応だったのに対して

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」はMac対応になっているので、

パソコンがMacの方も使えるようツールになっているというレベルの違いでしょうか。

 

その辺りの事を考えるとMacの利用者には案外喜ばれているかもしれませんが、

それ以外にはこれと言って「目新しさのないツール」というのが率直なところです。

 

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」は本当に必要なのか

 

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」の、

販売価格は7980円と他社の同系統のツールと比べると安いものの、

「キーワードスカウターS」と比べると3000円ほど高く設定されています。

 

すでに何らかのキーワード選定補助ツールを持っているのであれば、

わざわざSEO分析ツール「COMPASS」を新たに購入する必要はないと思います。

 

株式会社Catch the Webの商品を購入したことのある人には

通常価格で販売する前に割引価格による先行販売が行われていましたが、

私は「キーワードスカウターS」で十分だと思ったので購入していません。

 

確か、その先行販売時は現在の通常価格の

およそ4分の1ほどの値段で販売されていたと思いますが、

格安でSEO分析ツール「COMPASS」を手に入れることができても、

このツールをわざわざ”買う必要がない”と判断したわけです。

 

新しいツールを購入して使い方を勉強するために貴重な時間を割くよりも

その勉強時間をコンテンツの作成に使った方が有意義だと思ったからです。

 

リサーチの精度を今より少し上げたからと言って

それで成果が大きく変わるわけでもないので、時間の使い方の問題ですね。

 

セールスレターを見る限りだとリサーチや競合サイトのチェックをすれば

アフィリエイトで稼げるような言い回しですが、最も重要なのはコンテンツです。

 

リサーチはあくまでリサーチなので、まともなコンテンツが作れないのであれば

いくらリサーチを頑張ったところで肝心のアフィリエイト広告には見向きもされません。

 

見向きもされないコンテンツでライバル不在のブルーオーシャンを狙って

アフィリエイトで稼げるのであれば万々歳ですが、そんな事はありえません。

 

検索ユーザーは価値のある質の高いコンテンツを求めているので、

検索ユーザーにとって価値のない低品質のコンテンツが

いつまでも検索エンジンに評価されることはありません。

 

質の低いコンテンツを上位表示してしまうと

検索ユーザーに「使えない」と判断されて利用されなくなるため、

それは検索エンジンにとって最も不利益なことだからです。

 

一生懸命リサーチして上位表示できたとしても、それは一過性のもので、

肝心の質が伴っていなければいずれ圏外にでも飛ばされるのがオチです。

 

むしろ、そんなリサーチに一生懸命時間を使うぐらいなら

その時間を使って一つでも多くコンテンツを作成した方が

確実にアフィリエイトでは稼げるようになると思います。

 

事実、稼ぐべくして稼いでいるアフィリエイターの多くは

「キーワードありき」でコンテンツの内容を考えているのではなく、

「コンテンツの内容ありき」でキーワードを意識している人が多いです。

 

稼いでいる一部のアフィリエイターと

稼げていない多くのアフィリエイターは

そもそもやっていることが真逆なんですよ。

 

つまり、稼ぐべくして稼いでいるアフィリエイターは

小手先のテクニックでこそこそと稼ぐのではなく、

実力で正面突破して、その結果、圧倒的に稼いでいるということです。

 

ツールに頼ってライバルが少ない環境を見つけたからと言って

別にそれだけでアフィリエイト広告がクリックされるわけではないですから。

 

まぁそういった根本的なことに気づくこともなく、

数字を見たり調べたりするのが好きなのであれば、

SEO分析ツール「COMPASS」を利用するなりして、

ライバルのリサーチに身を粉にしてもいいかもしれませんが、

一刻も早く成果に繋げていきたいのであれば、

まずはコンテンツを増やすことです。

 

ライバルの動向など細かいことをいちいち気にせず、

今この瞬間一刻一秒を惜しんでさっさと実践することです。

 

そうしなければ永遠にライバルとの差が埋まることはないんですから。

 

とりあえず無いよりはあった方がマシなので作業効率を図りたいのであれば、

今までツールを購入したことがないアフィリエイターや、

サイトアフィリエイトに取り組もうと考えている方、

パソコンがMacのアフィリエイターにはアリだと思いますが、

一度「キーワードスカウターS」と比較してみてから、

じっくり検討されるといいと思います。

 

まぁ個人的な見解なので、参考までに。

 


アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

キーワードスカウターSの詳細はこちら

 

それでは。

 

コンテンツ一覧へ戻る