甲斐です。

アフィリエイトで一向にアクセスが集まらない、、、。

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

もしも、あなたがアフィリエイトに取り組まれているのであれば、
「キーワード選定」の重要性は理解されていると思います。

しかし、「キーワード選定」が重要なのは分かっていても、
検索数や競合数のリサーチ作業にかかる労力は非常に大きく、
必要以上に時間を要してしまうため、
ついつい作業が疎かになっていませんか?

今回はそんな「キーワード選定」と、
「競合(ライバルサイト)解析」に非常に役立つ
「超格安優良ツール」を取り上げていきたいと思います。

これさえあれば今後のアフィリエイト活動において、
「キーワード選定で悩む事は二度とない」でしょう。

それが、こちらの「キーワードスカウターS」というツールです。


キーワードスカウターS

キーワードスカウターS/松井宏晃/株式会社Catch the Web

URL:http://az.ctwpromotion.net/amc/keyword/top.html
・株式会社Catch the Web
・松井宏晃

キーワードスカウターS/松井宏晃/株式会社Catch the Web レビュー

「キーワードスカウターS」は、
株式会社Catch the Webが販売している
キーワード選定補助ツールです。

簡単に機能を説明すると、
検索エンジン上の「ライバル不在」のブルーオーシャンキーワードを
独自の解析システムをもとに最短で見つける事ができるという代物です。

直感的な操作性でほぼ”ツール任せ”に、
ライバルがいないキーワードを見つける事ができるので、
SEO対策にさほどの時間と労力を費やさなくても、
簡単に検索上位に表示させる事が出来るようになるのです。

つまり、個人的な能力”0”でも、
アクセスを集める事ができるということです。

その方法も非常に簡単で、

「検索上位を狙いたいキーワード」

もしくは、

「ライバルの状況を知りたいキーワード」

を、キーワードスカウターSを使って、
キーワード検索するだけ・・・です。

わざわざ私がここで熱心に紹介しなくても、
キーワードスカウターSが他社を寄せつけないほどに
圧倒的に優れているツールであるという事は、
現在の情報業界全体を見れば一目瞭然です。

「キーワード選定補助ツール」をピックアップして見てみると、
すでに市場はキーワードスカウターSの独壇場になっています。

ツールから検出されるライバル不在のキーワードだけではなく、
この”ツール自体も「ライバル不在」”になっているような状態です。

ご存知かもしれませんが、
これまでにもキーワードスカウターSと似たような、
「キーワード選定補助ツール」は多く世に出回っていました。

しかし、「キーワードスカウターS」の販売以降、
その機能性、使い勝手を超えるツールは現れていません。

ある意味、これはキーワード選定補助ツールの”完成系”なので、
”最新のツール”もほとんど二番煎じのようなものばかりで、
実質的に性能や成果に大きな差はない、という感じですね。

そして、一部では「価格破壊」とまで言われ、
従来の相場2〜3万円のツール金額からは考えられない、
僅か「4980円の買い切り」という販売価格の安さも
「ライバル不在」のツールになっている大きな要因の一つです。

今でもキーワード選定補助ツールの販売価格に関しては、
断トツでキーワードスカウターSが安いのが実情です。

キーワードスカウターSと同等の機能を備えていて、
4980円を下回る安価なツールは”存在しない”と思います。

事実、キーワードスカウターSの販売以降、
他社からの同様のキーワード選定補助ツールは減少傾向にあり、
今となってはキーワードスカウターS以外で推奨できる
キーワード選定補助ツールはほとんど皆無な状態と言えますね。

それまでの情報業界のライバル社が早急に負けを認めて、
キーワードスカウターSと同じ土俵で戦う事を諦めるほど
高い価値をもった「高機能で安価なツール」だということです。

私自身も、キーワードスカウターSを初めて使った時には
「もっと早く使いたかった」というのが率直な感想でした。

わざわざ自力でキーワード選定をしていたのが、
はっきり言って”バカバカしい”とすら思ったほどです。

しかも、キーワードスカウターSは、
パソコン上で起動するツールなので、
自前でサーバーを借りたりする必要も一切ありません。

無料のブログサービスを利用してアフィリエイトをしている人も、
”4980円ポッキリ”で思う存分使い放題です。

「高機能」「低価格」「操作が簡単」

ツールとして理想的な三拍子が見事にそろっています。

キーワードスカウターSの注意点

ただ、キーワードスカウターSには一つ注意点があります。

先述したように、
キーワードスカウターSが非常に作り込まれた
高性能なツールである事は間違いありません。

しかし、いわゆる「フロントエンド」にあたる商品なので、
セールスレター内でも何度も鬱陶しい広告が表示されるように、
その広告以上に煩わしい「バックエンド」が控えています。

通称AMCと呼ばれる「アフィリエイトマスター講座」という、
継続課金型教材のアフィリエイト塾が売り込まれるんですね。

勿論、そのオファーの受け取り方によっては、
「バックエンド」と言うほどでもないかもしれません。

「バックエンド」と呼ぶと、
少し聞こえが悪くなってしまいますからね。苦笑

そのAMCは初月は無料で受講できるので、
興味があれば一度試してみてもいいのですが、
翌月以降には月額7800円がかかります。

しかも、AMCは自主的に退会しなければ、
自動的に継続課金されてしまいますので、
たとえ興味があろうと、なかろうと、
うっかりしていると7800円を支払う羽目になります。

キーワードスカウターSの”出来がいい”からといって
AMCのコンテンツ内容も素晴らしいとは限らないので、
その辺りを注意していただきたいと思います。

あくまで私は「推奨キーワード選定補助ツール」として
”キーワードスカウターSをオススメしている”のであって、
「アフィリエイトマスター講座」は推奨していませんので。苦笑

勿論、興味がなければ受講せずに無視すればいいだけなので、
無料期間で興味が湧かなければ、忘れず退会しておきましょう。

もしも、それでも興味が湧くようでしたら、
ひとまずキーワードスカウターSを販売している
株式会社Catch the Webのバックエンドの評判を一度検索して、
受講者は成果を出せているのかを調べられるといいと思います。

おそらく、あまりいい噂や評判は出てこないかと思いますが。

別にアフィリエイトのノウハウそのものは、
今時珍しくもないスタンダードな正攻法です。

それこそ「無料期間」で学べるのは、
ネットで調べれば無料で分かるようなレベルの話です。

先述したようにアフィリエイトの
「キーワード選定」に要する作業の効率化を図るために、
キーワードスカウターSの「ツールの機能」に利用価値があるので、
そこのところは履き違えないようにしてほしいと思います。

おそらく、キーワードスカウターSのような、
キーワード選定補助ツールを利用しようとする方は
基本的に既にアフィリエイトを実践されているはずです。

そんなアフィリエイト実践者がより高みを目指すという目的で
アフィリエイトを学びたいのであれば、
それはそれで別のアフィリエイト教材を購入した方がいいと思います。

少なくとも、ただ「アクセス数(検索流入)」を増やすだけなら、
キーワードスカウターSがあれば、大抵の問題は解決するはずなので。

あまりバックエンド商法が好きではないので、
つい否定的な意見を述べてしまいましたが、
・・・ツールの機能自体は非常に優れています。

では、続いてここからは具体的にキーワードスカウターSの
4つの基本機能と1つの追加機能を説明していこうと思います。

キーワードスカウターSの機能 その1

キーワードスカウターSを介して、
ヤフーのキーワードアドバイスツールを利用して、
キーワードの検索数やクリック単価など、
競合の少ないキーワードを抽出する機能です。

このヤフーを利用した検索だけでも、

  • 関連キーワード
  • パソコンの月間検索数
  • スマートフォンの月間検索数
  • パソコンの広告クリック単価
  • スマートフォンの広告クリック単価

一瞬にしてこれだけ多くのデータを取り込み、
一目瞭然で把握することができるのです。

これらのデータはcsvデータと言いますが、
ヤフーから集めたcsvデータをキーワードスカウターSは
「独自の解析機能」で自動で読み込んでいく事ができます。

この「独自の解析機能」については後ほど解説しますが、
その機能があることによって「検索をかけたキーワード毎」に
ライバルサイトの”状況や狙い”をそれぞれ知る事ができます。

例えば、「キーワードスカウターS 稼げる」という
キーワードについてライバルサイト(競合)を調べたいのであれば、
「キーワードスカウターS 稼げる」と入力すれば以下の事がわかります。

  • 「キーワードスカウターS 稼げる」の関連キーワード
  • パソコン、スマートフォンの「キーワードスカウターS 稼げる」月間検索数
  • パソコン、スマートフォンのクリック単価

上記のデータを知るだけでも十分すぎるほどですが、
キーワードスカウターSはそれだけでは終わりません。

以下の事まで”全て”このツール一つで完結できます。

  • 「キーワードスカウターS 稼げる」をメインキーワードにしているライバルの数を調べられる(ライバルの状況調査)
  • 「キーワードスカウターS 稼げる」というメインキーワードに関連するSEOに弱いキーワードを見つけることができる

ライバルサイト(競合)の状況を調査する事によって、
キーワード毎にライバルサイト数(競合数)が分かるので、
ライバル不在のキーワードを意図的に狙う事ができるわけですね。

キーワードスカウターSでは
「intitle」と「allintitle」という2種類のコマンドから
ライバルサイト数を調べられるようになっています。

少しややこしいので、細かく解説していきます。

  • 「intitle」とは調べている検索キーワードがタイトルや話題の中に含まれているWebサイト
  • 「allintitle」とは調べている検索キーワードが100%含まれているWebサイト

上記の2種類のコマンドを元に競合調査を行っていきます。

先ほどの「キーワードスカウターS 稼げる」という例で言えば、
タイトルや話題に「キーワードスカウターS」か「稼げる」の、
どちらか一方のキーワードが含まれているサイト数が
「intitle」として表示されます。

タイトルや話題に「キーワードスカウターS 稼げる」と
全ての検索キーワードが含まれているサイト数が
「allintitle」として表示されます。

つまり、「intitle」は
検索キーワードの話題性の大きさを示しており、
「allintitle」は、
その検索キーワードを狙っているライバルの数を示しているのです。

よって、キーワードスカウターSを使えば、
キーワード毎の話題性の大きさと、ライバル数が、
一目瞭然でわかるようになるということです。

簡単に言えば、「intitle」がより大きくて
「allintitle」がより少ないキーワードこそが、
まさに「狙い目のブルーオーシャンキーワード」ですね。

この機能を使って洗い出す事によって、
あなたが狙いたいキーワードが競合サイトのタイトルと
「部分的に一致」しているか「完全に一致」しているかが分かるので、
競合せずにアクセスを集められるようなキーワードを、
しっかりと掘り下げてから狙えばいいんです。

検索ボリュームと、競合数を全て詳細に調べることができるので、
これを使って全然アクセスが集まらないことはまず”ありえない”です。

キーワードスカウターSを使えば、
「話題性が高いキーワード」を見つける事ができます。

キーワードスカウターSを使えば、
「ライバルサイトが少ないキーワード」を見つける事もできます。

つまり、キーワードスカウターSを使えば、
「市場傾向」と「ライバル不在」のキーワードが、
ポチポチッとクリックするだけで丸ごと分かるという事です。

また、「メインキーワードに関連するSEOに弱いキーワード」は、
キーワードスカウターSを使って表示されるキーワードの検索結果から
さらにライバルサイトの以下のデータを取り込む事で把握できます。

  • TOP10サイトのページランク平均
  • 実被リンクの平均
  • 総被リンクの平均
  • MOZのデータ(海外版のヤフー)
  • TOP10サイトに入っているキーワードの割合

上記のデータを知ることによって、
サイトアフィリエイトなどで使うドメインのページランクや、
上位表示するために送るべきおおよその被リンク数も分かります。

このリサーチ機能を駆使する事で、
ライバルサイトのSEOが弱いキーワードが浮き彫りになり、
大体どの程度の”SEO対策を施せば上位表示されるのか”を、
簡単に予測をつけることができるようになります。

以上のリサーチ機能だけでも、
個人で取り組めば何時間もかかっていたキーワード選定を
「より一層掘り下げた段階」まで一瞬で知る事ができます。

キーワードスカウターSの機能 その2

キーワードスカウターSは、
調べたい商品やサービスのジャンルなど
メインで狙いたい検索キーワードから、
「関連する」キーワードを知る事ができます。

例えば、先ほどど同様に、
「キーワードスカウターS 稼げる」という
一つの検索キーワードを入力するだけで、

  • 「キーワードスカウターS 稼げる 評判」
  • 「キーワードスカウターS 稼げる 簡単」
  • 「キーワードスカウターS 稼げる 便利」

上記のような形で、
更に多くの関連キーワードがズラッと表示されます。

当然ですが、この関連キーワードの抽出方法は、
ランダムで適当に行っている訳ではありません。

検索エンジンで多くのユーザーが検索しているキーワードであり、
実際に検索結果として表示されるものから抽出しているので、
有用性は非常に高い関連キーワードとなっています。

そして、検索したいキーワードから抽出されるのは
”関連キーワードだけ”ではありません。

  • 虫眼鏡キーワード(関連の深い単語、ブログなどの同じ文章内で使われる言葉)
  • 連想キーワード(検索キーワードから連想されるキーワード)
  • Googleキーワードプランナーのデータ

上記のデータも同時に抽出する事ができます。

更に、それらの抽出した関連キーワードを
先ほどの検索キーワードと同様に掘り下げることもできるので、
ここで抽出した関連キーワードの詳細なデータ調査も可能です。

つまり、キーワードスカウターSは、
1つの検索キーワードを入力するだけで、10、50、100、
それ以上の関連するキーワードと、その全ての詳細なデータまで
一度で瞬時に分析できるキーワード選定補助ツールという事です。

キーワードスカウターSの機能 その3

トレンドアフィリエイトを実践しているのであれば、
まずはキーワード選定を行うまえに「今流行っている情報」と、
その「トレンドワード(急上昇ワード)」を知る必要があります。

通常であれば、テレビからの情報収集であったり、
ネットでニュース検索したりと、
自身でそれなりにトレンドの情報収集をした後で
そこから「キーワード選定」をしていくと思います。

  1. ネタ集め
  2. キーワード選定
  3. コンテンツ作成

という、一連の段階を踏まなければいけないわけですね。

そういった段階を踏んでいく中で、
「アクセスが集まる」と分かった上で作業に取り組むのと、
「無駄な努力かもしれない」と心配しながら取り組むのでは
日々の作業への意欲が大きく違ってくると思いませんか?

「興味のない事や、芸能関連のニュースを調べる”苦痛”」

これはコンテンツ量産型のトレンドアフィリエイトであれば、
ほぼ「必ず」といっていいほど直面するであろう悩みの一つです。

じつは、キーワードスカウターSには
「トレンドキーワード」と「関連キーワード」の”自動取得”という、
日々の作業に要する時間と労力を大幅削減できる機能が備えられています。

今がまさに”旬”のキーワードを、
ツール上から自動で取得する事ができるので、
「トレンドキーワードやネタ集めは不要」という事です。

更に、そのトレンドキーワードの
虫眼鏡キーワードも同時に取得できます。

勿論、そこから「ライバル不在のキーワード」や
「SEOに弱いキーワード」のデータなど、状況調査もできます。

ようするに、キーワードスカウターSの機能を使えば
トレンドアフィリエイトの悩みは「ほぼ全て解決される」という事です。

  • トレンドアフィリエイトで稼げていない
  • ライバルが多くて中々思うようにアクセスが集まらない
  • 寝る間を惜しんでむやみやたらと記事を量産している
  • 芸能人関連などの興味のない事を調べるのが苦痛
  • SEO対策に時間をかけずに上位表示したい
  • キーワード選定に時間がかかる

上記のような悩み”ほぼ全て”を、
キーワードスカウターSで解決できるわけです。

どれだけ時間が短縮されて、労力が減って、効率がよくなるのか、
安易に想像がつくのではないかと思います。

特にトレンドアフィリエイトにおいては、
「クリック単価が高いキーワード」も調べる事ができますから、
ただ次から次へと表示される「トレンドキーワード」を調べて
「記事を書くだけ」でもお金が稼げる可能性があります。

なので、はっきり言って、
”使わない理由がない”と思います。

ちなみに、主なトレンドキーワードの取得先は
「7つの秘密の情報源」とレターでは濁されていますが、
こちらは秘密にするほどの情報源ではありません。

以下がその秘密の情報源になります。

  • ヤフー急上昇キーワード(デイリー)
  • ヤフー急上昇キーワード(ピックアップ)
  • 最新ヤフー検索データ
  • Googleトレンド急上昇ワード
  • ユーザーローカルウィキペディアトレンド
  • gooウェブ検索最新キーワード
  • kizashi

上記の7つの情報源から、
自動で競合数の少ない「トレンドキーワード」と、
その「関連キーワード」を”3段階まで掘り下げたもの”まで、
管理画面から一括で取得する事ができます。

この機能一つを使うだけでも、トレンドアフィリエイトで
まとまった報酬を得るために「必要な要素」を全て知る事ができて、
苦痛、挫折に直結する「不要な要素」は極限まで排除されると思います。

キーワードスカウターSの機能 その4

「キーワードスカウターS」の4つ目の機能は、
「ライバルサイトが狙っているキーワード」を取得して
自動解析する機能です。

これはライバルサイトはどんな戦略で運営しているのか、
意図して狙っているメインのキーワードは何か・・・というような、
競合のデータをまとめて検出して知る事ができるので、
自分の運営サイトの戦略を見直したりする時に役立ちます。

ただ、この機能に関しては、
こちらが知りたい対象サイトを選択したり、
その他のSEO対策の全てを知る事ができるわけではありません。

あくまで入力したキーワードで集まる”不特定多数”の
ライバルのデータを漠然と知るだけ、になります。

競合サイトの解析などが好きな人には嬉しい機能ですが、
使えないことはないけど、使う必要はあまりない機能ですね。

おそらく、次の5つ目の機能の方が有用性は高いと思います。

キーワードスカウターSの機能 その5

最後に、「追加機能」として後から付けられたものですが、
これまでに解説したキーワードスカウターSの
検索キーワード解析機能やトレンドキーワードの一括取得機能で
管理画面に表示された「上位10サイトの徹底解析機能」です。

解析できるデータは以下の通りです。

  • サイトタイトル
  • サイトURL
  • ページランク
  • 実総被リンク
  • MOZのデータ
  • タイトルに検索キーワードが含まれているか

上記のデータをまとめて解析できる事によって、
検索上位ページに無料ブログが多いのか、大手サイトが多いのかが分かり、
狙いたいキーワードで上位表示させやすい「狙い目」がわかります。

例えば、一概に「検索上位表示を狙う」といっても、
狙っているキーワードのライバルにあたる上位表示サイトが
無料ブログや、個人で運営しているサイトなのか、
それとも大手企業のサイトなのか、によって話は大きく違います。

当然といえば当然のことですが、
普通に勝てないサイトと競合すれば、検索上位表示もできませんし、
アフィリエイトで稼げるようになるわけがありませんので、
「勝てる見込みがあるところで勝負する」という戦略が必要です。

上位10サイトは検索上位1ページ分に該当するので、
そんなアフィリエイトで”稼ぐべくして稼いでいくため”の、
細かい戦略をしっかりと練っていく事ができるわけですね。

上位表示されているライバルサイトのデータを知って、
その「URLまで取得できる」ということは、
実際に狙っているキーワードでお金を稼いでいる競合たちの
リアルな戦略や思考が、ほぼ”そのままわかる”という事です。

そして、サイトのコンテンツを実際に見たうえで、
データをもとに隅々まで分析することができるわけですから、
それはいわば、「後出しジャンケン」のようなものなので
必然的に勝つべくして競合に勝つことができます。

上位表示されているサイトよりも少し上を目指して
日々のサイト運営に取り組むことができるというだけでも、
アフィリエイト作業が劇的に効率的になると思います。

もしも、それでも「お金を稼ぐこと」ができないのであれば、
それはもはや”リサーチ不足、努力不足”でしかありません。

普通に考えてわかるように、
「後出しジャンケン」で負けるはずがないんです。

まぁ、そういった様々な理由から、
私はキーワードスカウターSは、
アフィリエイターにとって「オススメしない理由がない」ほど、
劇的にアフィリエイトの作業効率が向上できるツールだと思います。

キーワードスカウターSを使えば、
後発組アフィリエイターやアフィリエイト初心者でも、
先発組アフィリエイターを出し抜いて稼ぐことも可能なので、
これぞ「究極の後出しジャンケンツール」ではないかと思います。

キーワードスカウターS 購入者特典

キーワードスカウターSを購入すると、

  • トップアフィリエイターが実際に稼いでいる具体的なジャンルでの月10万円稼ぐための動画講座
  • 更にキーワードスカウターSをアフィリエイトに有効活用して報酬を加速させるための動画講座
  • 稼ぐアフィリエイターが使っているブラウザ、厳選ツール、サイト集

上記の3つの特典が、
販売元の株式会社Catch the Webからついてきます。

約40分の動画講座でシンプルですが、
わりと具体的に分かりやすく解説されており、
動画が苦手でなければ、今後の為になる良い内容だと思います。

以上の特典コンテンツも全て含めて、
キーワードスカウターSは「4980円」の”買い切り”です。

一般的に、この類の買い切りツールの場合、
販売価格はこの4〜5倍の2〜3万円代が相場なので、
”めちゃくちゃ激安販売されているツール”だと思います。

それでいて「高性能」なわけですから、
費用対効果は相当高いです。

一度、どこかへ遊びに行ったり、飲みに行くような金額で
今後のアフィリエイト活動に一生使えるツールが買えるのです。

言うまでもなく、一回の遊びや飲み会を我慢してでも
生涯お金に困らないようになる為にこのツールを手に入れた方が
単純にお金の使い方としては有意義なのではないかと思います。

まぁ販売価格は安いですが、
「本当に価値がある」という意味では、
非常にすすめ甲斐のある優良ツールです。

甲斐陸斗からのキーワードスカウターS購入者特典

私、甲斐陸斗を信じて購入していただいた方への特典は、
より迅速にキーワードスカウターSを活かして成果を上げるための
独自のキーワード戦略マニュアルを提供させていただきます。

そちらでは私自身が実際にサイトを運営する上で取り組んでいる
キーワードリサーチの方法やノウハウをまとめています。

その内容としては、

  • アフィリエイトで効果的なキーワードのリサーチ方法とは
  • トレンドキーワードを最大限に生かすキーワード戦略とは
  • 成約報酬型アフィリエイトのトレンド戦略とは
  • 成約報酬型アフィリエイトで長期的なアクセスを集めるキーワードとは
  • ブログ運営で効果的に成果を生み出す3つのステップとは
  • 情報商材アフィリエイトのネタ集めの方法とは
  • 情報商材アフィリエイトの競合リサーチ方法とは

などなど、挙げ始めるとキリがないので、
この辺りで終わりにします。

アフィリエイト全般に使えるノウハウから、
トレンドアフィリエイト、成約報酬型アフィリエイト、
情報商材アフィリエイト、それぞれに特化したノウハウまで、
キーワードスカウターSを最大限に活かせる方法をまとめました。

是非、併せてお役立ていただければと思います。

甲斐陸斗からのキーワードスカウターS購入者特典2「ライティングアドバイス」

いわゆる直接的な”アフィリエイトコンサル”に近い形で、
あなたのコンテンツへアドバイスを行います。

せっかく検索上位を狙えるキーワードを見つけても、
それをコンテンツに反映させることができなければ、
それはただの「宝の持ち腐れ」ですよね。

なので、”不要であれば使わなくてもいい”ので、
客観的な意見が欲しいな、と思われることがあれば、
依頼をいただければアドバイスをさせていただきます。

自己流でアフィリエイトに取り組んでいて、
不安があるような方は活用していただければと思います。

原則として365日間、年間48回(週1回迄)、
24時間以内のお返事をお約束しています。

まぁ、キーワードスカウターSはこれ一つだけでも
非常に有用性が高いので、うまく使い倒す事ができれば
大幅なアフィリエイト報酬アップは”間違い無い”と思います。

それだけ「後出しジャンケンは強い」ですので。

是非、4980円で後出しジャンケンの権利を手に入れて
今後のアフィリエイト活動にフル活用してみてください。


キーワードスカウターS

それでは。

トップメニューへ戻る