甲斐です。

 

あなたがブログを検索上位表示するためにはキーワード選定は外すことのできない一つの重要なポイントだと思います。

 

なぜなら、一介の個人アフィリエイターがビッグキーワードだけで大きな企業と真正面から戦っても勝てないのは当然だからです。

 

しかし、毎回毎回キーワード選定のたびに競合調査をしていると、途方もない時間と労力を費やしてしまうので、多くのアフィリエイターは”人やツールに任せたい”と思うのではないでしょうか。

 

私自身もキーワード選定の労力を削減するために、意図的に上位表示させたいコンテンツの場合はキーワード選定補助ツールを活用します。

 

そこで、「キーワード選定補助ツールって沢山あるけど、結局どれが一番お勧めなのか!?」

 

という事で、キーワード選定補助ツールの二大巨頭として、よく名前の挙がるキーワード発掘ツール「ももんが」「キーワードスカウターS」というツールを比較していこうと思います。

 

キーワードスカウターSに関しては、過去にレビュー記事を作成していますので、今回はキーワード発掘ツール「ももんが」に焦点を当てていこうと思います。

 

そちらも興味があれば合わせて読んで見てください。

 

こちらです。

 

キーワードスカウターSの詳細レビューはこちら

 

キーワード発掘ツール「ももんが」

 

URL:http://momonga.lab-n.info

中澤成志

 

キーワード発掘ツール「ももんが」とキーワードスカウターS

 

 

キーワード発掘ツール「ももんが」とキーワードスカウターSはよく似ていおり、同じキーワード選定補助ツールですが、キーワード発掘ツール「ももんが」はキーワードスカウターSよりも早くから販売されています。

 

当時は”キーワード選定補助ツールといえばももんが”と言われていましたので、知名度だけでいえば勝っているのは圧倒的に”キーワード発掘ツール「ももんが」”だと思います。

 

しかし、その不動の地位を築いた機能を参考に、株式会社Catch the Webさんによって完全な”後出しジャンケン状態”で、いいとこ取りで開発されたツールが現在のライバルのキーワードスカウターSです。

 

なのでキーワードスカウターSの完全優位か?と思ってしまうところですが、実際はそうではなく、その機能には驚くほど”大きな差”はありません。

 

つまり、キーワード発掘ツール「ももんが」を参考に開発されたキーワードスカウターSの方が圧倒的に機能が優れているわけではなく、それぞれに良さがあり、一長一短だということです。

 

キーワード発掘ツール「ももんが」にない機能をキーワードスカウターSは持っていますが、キーワードスカウターSにはない機能をキーワード発掘ツール「ももんが」も持っています。苦笑

 

では後出しジャンケンされているにも関わらず人気を保っているキーワード発掘ツール「ももんが」の優れている点はどこなのか、それこそが購入をどちらにするかを決定できる唯一の要素になると思います。

 

キーワード発掘ツール「ももんが」(中澤成志)の機能

 

キーワード発掘ツール「ももんが」は検索したいキーワードを入力することで、一目で”購買意欲の高いアクセス”を集めることのできる関連キーワード検出機能がついています。

 

このキーワード検出機能は物販系のヤフーショッピングや楽天などのサジェストキーワードから検出します。

 

あくまで数字の統計上ですが、この機能を使えば毎日何時間もかけて悩んでいた購買意欲の高いアクセスを集めるためのキーワードを一瞬で発見できます。物販アフィリエイトにはとても重宝する機能だと思います。

 

もちろん物販系のみではなく、グーグル、ヤフーのサジェストキーワードを検出する事で話題性の高いトレンドキーワードをワンクリックで知ることも可能です。

 

なので、アドセンスを利用したトレンドアフィリエイトに取り組んでいる人にもかなり有効な機能がついています。

 

トレンドアフィリエイトは”キーワード選定こそが全て”と言っても過言ではない為、ある程度の成果を本気で狙っている人は使わない理由がない機能です。

 

取得する関連するキーワードは狙い目度、単語数、競合数、広告数、ページ数で細かく絞る事ができるので、ピンポイントで検索上位させたいキーワードだけを検出する事が可能です。

 

検出した関連キーワードに対してのライバル数や、いわゆる競合調査も一目で広告数やページ数まで分かるようになっていますので、こだわらなければ簡単に上位表示が可能になります。

 

そんなキーワード発掘ツール「ももんが」のキーワード検出機能は無駄がなく、ツールの操作自体は説明が全くなくても普通に使えるほど簡単です。

 

わざわざ別で覚えることがないのは、ツール利用者としては助かると思います。

 

それに対してキーワードスカウターSは、キーワード発掘ツール「ももんが」に比べて機動力が欠けています。

 

つまり、キーワードスカウターSはちょっとツールの動作が”重たい”です。

 

キーワード発掘ツール「ももんが」のほうがキーワードの検出までの時間では圧倒的に早く、”キーワードを手っ取り早く選びたい人”にはこっちの方がストレスなく使えると思います。

 

ただし、検出できるキーワードのそもそもの”質や量”などは圧倒的にキーワードスカウターSの機能に軍配が上がります。

 

キーワード発掘ツール「ももんが」のキーワード抽出元がヤフー、楽天、グーグルだけなのに対して、キーワードスカウターSの場合は”キーワード抽出元が7つ”もあるので、ももんが以上に正確で、より的確なキーワード選定が可能です。

 

ハッキリ言って解析できる情報量に関しては比べる余地のないほど、キーワードスカウターSが優れていると思います。

 

ライバル数や競合調査においても、キーワードスカウターSであれば上位10サイトのURLなども検出できるので、その有効性や機能としての差は歴然だと思います。

 

キーワード発掘ツール「ももんが」と同様に取得するキーワードの絞り込みなどは可能なので、ツールの機動力もキーワード自体を絞り込めば、ある程度は気にならなくなります。

 

キーワードスカウターSハ高機能なので、動作が多少遅かったりするさえ気にならなければ、キーワードスカウターSの方が求めている結果に繋がるまでは早いと思います。

 

あとは、キーワード発掘ツール「ももんが」は特別何かツールの設定などは必要ないので、購入後にすぐ利用できますが、キーワードスカウターSはツールをセットする為のアカウントの取得などが少し手間ですね。

 

もちろんサポートはしっかりしているのでツールのセッティングができないという事はないとは思いますが、ももんがと違ってセッティングから使い方まで、全て説明を見ないとわかりません。

 

その辺りの労力をどう捉えるか・・・です。

 

キーワード発掘ツール「ももんが」とキーワードスカウターS、どちらがオススメか

 

キーワード発掘ツール「ももんが」とキーワードスカウターS、どちらがオススメかを一概に決めることは難しい問題で、結局のところはどっちもどっちだと思いますが、軽くサクサク動く事でストレスなく、即効性の高いのが「ももんが」です。

 

それに対して、ももんがの後出しジャンケンで販売している分、機能、有効性、応用性は優れているが、若干動きが「ももんが」より遅く、機能の多さゆえにしっかりした説明が必要なハイスペックツールが「キーワードスカウターS」です。

 

値段はももんがが5980円なのに対して、キーワードスカウターSは4980円です。

 

この価格などもキーワードスカウターSは”ももんがを意識”しているのだと感じます。

 

この手のキーワード選定補助のツールはアフィリエイトに取り組む上で有用性が非常に高いので、どちらもオススメなのですが、”どちらか一方を決める”となると、やはり金額的にもそうですが、自分自身も使っているので”キーワードスカウターS”の方が今から購入される方にはオススメだと思います。

 

ただ私のように専業でアフィリエイターをされているのではなく、毎日の仕事の副業など、時間がない方の場合でしたら”ももんが”の方が確実にツールとしての動作が軽いのでストレスなく取り組めると思います。

 

まあ、少ない労力でお金を稼ぐためにはキーワード選定補助ツールは重宝しますので、どちらもオススメです。

 


キーワード発掘ツール「ももんが」

キーワードスカウターSの詳細はこちら

 

それでは。

 

無料メルマガ講座はこちらから

 

トップメニューへ戻る