甲斐です。

 

先日、年に一度の「クリスマス」という

一大イベントを目前に控えてソワソワしている

「せどらー」を対象にした教材が販売されました。

 

もう時期も時期ということもあってか、

結構良い勢いで売れているようですね。

 

こちらのせどり教材です。

 

クリスマス・スナイパーEX-Revolution (株式会社PARADIGM SHIFT、久保田哲)

URL:http://sedori-paradise.com/csexr/

久保田哲(ふぇにっくす)

株式会社PARADIGM SHIFT

クリスマス・スナイパーEX-Revolution (株式会社PARADIGM SHIFT、久保田哲)レビュー

 

クリスマス・スナイパーEX-Revolutionは

商品名の通り「クリスマス」で一儲けを考えている

せどらーを対象に向けて販売された教材です。

 

「クリスマス」も含め、年末年始は

一年で最もせどらーが忙しくなる繁忙期みたいなものなので、

今この教材がそれなりに売れているのは十分納得できます。

 

例の如く、「せどり系教材」を情報販売している

業者同士、せどり仲間同士でプッシュしているようです。

 

逆に言えば「今しか売りこめない」という

売れる期間が制限されている商品ということもあって、

本番の「クリスマス」を迎えるまでに

”売れるだけ売っておこう”という感じかと思います。

 

また、年に一度の「一大イベント」を前に

気合が入っているせどり実践者”以外”にも、

クリスマスを機に「せどり」というビジネスに

チャレンジしようと考えている人も決して少なくはないようです。

 

そういった「せどり初心者」なども便乗していることで

今の教材の売り上げに拍車をかけているのではないかと思います。

 

クリスマス・スナイパーでせどらーが稼げるようになるのか

 

クリスマス・スナイパーEX-Revolutionは

率直に言えば「せどり」の実情を知らずに

一儲けできると考えている初心者と、

まともにせどりで稼げていないせどらーが

クリスマスに踊らされて購入しているだけだと思います。

 

そもそもの話、「せどりで稼げるノウハウ」というのは

”一般公開することができない”性質を持っているものなので、

そこを理解している人達が購入するとは考えられないからです。

 

まず、こういった形で情報商材にして販売したり、

本当に秘匿性の高い有益な情報は普通は公開できません。

 

例えば、クリスマス・スナイパーEX-Revolutionでは

販売者の「ふぇにっくす」こと、久保田哲という方が

2013年の12月に月商1119万円、月収200万円を超えた当時の

Amazonアカウントの売り上げデータを見ることができるそうです。

 

しかし、そのデータを「公開する」ということは、

教材購入者同士が「競合する」ということを意味します。

 

そうやって競合の数が増えれば増えるだけ

少ないパイを皆でシェアする羽目になるわけですから、

教材購入者の一人当たりの収入額は少なくなっていきます。

 

基本的にせどりなどの物販ビジネスは

情報商材などとは違って商品の数自体に限りがある上に、

売れる商品を可能な限り”独占した者勝ち”です。

 

単純な話、いかに利益の見込める商品を

大量に仕入れることができるかで収入が決まるわけです。

 

勿論、2年前の売り上げデータを見たところで

今年も売れる商品なんてほとんど存在しないと思いますが。

 

ただ、重要なのは商品の詳細データ云々ではなく、

教材購入者が公開された同じ「情報」を知ってしまうと、

必然的に競合してしまうという点にあります。

 

もしも公開された情報が本当に有益なのであれば

単純に早く実践した人の”早い者勝ち”ですが、

そういった有益な情報が公開されることはあり得ません。

 

それは”わざわざ現在進行形で稼げている市場”に

多くの競合を招いて「稼ぎにくくする理由」がないからです。

 

まぁ、”百歩譲って”有益な情報が公開されたとします。

 

それでも同様に教材購入者同士が

「競合」してしまうことは避けられないため、その場合

何がせどりの売り上げを左右するのかというと「資本金」です。

 

つまり、教材購入者たちがノウハウから得た情報が有効だった場合、

どれだけ素早く、大量に商品を仕入れることができるか、

その商品の「仕入れ金」が月商と月収にダイレクトに影響します。

 

仮にセールスレターにあるように

せどりで「月収200万円」を目指すのだとすれば、

商品の仕入れにかかっているであろう金額は

どれだけ低く見積もっても1000万円以上になります。

 

「月商」で1119万円ということは、

販売していた商品の「利益率」にもよりますが、

仕入れた全ての商品が売れるなんて

そんな都合のいいことは普通に考えればありえません。

 

当然、売れた商品数に相当するだけの

膨大な量の「在庫商品」もあるわけですから、

せどりで月収200万円を目指すためには

先立つ1000万円以上のお金が必要になり、

何千、何万点の商品を仕入れる必要があるということです。

 

まずは、そういった全ての準備や作業を

クリスマスまでにクリアしなければいけないわけですね。

 

それは別に月収200万円だからと言うわけではなく

個人せどらーが一定の収入を得るためには

それなりのリスク、労力、覚悟が必要になるということです。

 

まぁ例え一定の条件を満たしているとしても

何千、何万点の商品の「仕入れ先」が見つからなければ

結局まともなビジネスとしては成り立ちません。

 

稼ぎたい金額の何倍もの「資本金」がなければ

販売する商品を仕入れても小遣い程度の稼ぎにしかなりませんし、

仮に一定額の「資本金」があったとしても、

売って利益を見込める商品が見つからなければ稼げません。

 

もしも利益を見込める商品の「仕入れ先」を知らないのに

数打ちゃ当たるぐらいの感覚で仕入れてしまえば

「在庫」を抱えるはめになり、12月で一儲けどころか、

それでは大赤字になってしまうだけだと思います。

 

仮に”教材購入者同士で同じ「仕入れ先」”を知った場合、

それは「資本金」をより多く持っている個人や、

せどりチーム、業者が圧倒的に有利になります。

 

なぜなら、より多くの商品を買い占めた方が

価格競争になった場合などに有利になってしまうため、

個人せどらーでは「資本金」では勝負にならないからです。

 

つまり、個人せどらーが稼ぐべくして稼ぐためには

「競合しない独自の仕入れ先」が必要不可欠だということです。

 

そして、その「競合しない独自の仕入れ先」は

個人せどらーにとっては一番大事な生命線なので、

今後も稼いでいくためには絶対に公開することができない情報です。

 

先述したように、公開すれば必然的に競合してしまい、

「資本金」が多い人が圧倒的に有利になるだけだからです。

 

本当に”稼げるせどりノウハウを公開する理由はない”ということです。

 

その点、クリスマス・スナイパーEX-Revolutionは

「せどりノウハウ」という稼ぎ方の情報を販売しているわけではなく、

「思考」、「戦略」、を手に入れる教材だと曖昧な表現を使っており、

セールスレターを読むだけでは肝心の内容が分かりません。

 

ただ、その内容が何であろうと、

「せどり」で稼ぐために必要なのは

基本的に「仕入れ先」と「資本金」の二つです。

 

勿論、せどりで稼ぐための「思考」や「戦略」を

学ぶことに意味がないとは全く思いませんし

「思考」や「戦略」を学ぶことは非常に大切だと思います。

 

ただ、そういった「思考」や「戦略」を学びたいのであれば、

クリスマス・スナイパーEX-Revolutionである必要はないと思います。

 

「せどり」だけ特別例外のビジネスだとか、

変わった「思考」や「戦略」が必要ということはないので

少し視野を広げればもっと安くて勉強になる

優良教材は沢山あると思います。

 

今からせどりで稼ぐのであれば

 

現実的に言えば「クリスマス」という限定された

一大イベントまでには時間がすでに限られています。

 

それまでに一定の利益が見込める商品の

「仕入れ先」が確保できなければ、

どんな思考で戦略を張り巡らせようと「せどり」では稼げません。

 

そして、まとまった報酬を稼ぎたいのであれば、

まとまった「資本金」を早急に用意して、

それなりのリスクを背負う必要があります。

 

そういった「せどり事情」を全て理解したうえで

それでも実践するのであれば、やってみてください。

 

個人的には、せどりで小遣い稼ぎのために、

小遣い程度のお金を投資するのであれば、

クリスマス以外の時期や季節を限定しない商品を狙った方が

仕入れた商品が無駄にならずに済む可能性は高いと思います。

 

「クリスマス」が他月の3倍おもちゃなどの商品が売れるという理屈で

月商が3倍、月収も3倍になるのであれば「仕入れ」に必要な「資本金」も

当然と言えば当然ですが、3倍になります。

 

他の個人せどらー、チーム、業者も状況は同じなので、

クリスマスはそれだけ仕入れが難しく、

所有する商品数に圧倒的な差が生まれます。

 

とりあえず、個人が数万円、数十万円を仕入れ金に突っ込んでも

チームや業者だと数百万円、数千万円分は仕入れることができるので。

 

「クリスマス」というイベントを狙うことで

商品やターゲットを絞るのは簡単になっても

それがかえって仇になる懸念要素が多すぎると思います。

 

下手に無理して仕入れる商品数が増えるだけ

在庫を抱えるリスクも増えるので「クリスマス」に限定せずに、

一年中安定して売れる可能性がある商品を仕入れたほうが無難です。

 

特に初心者層は赤字になって

年末に泣きを見ることになるかもしれません。

 

クリスマス用に仕入れた商品を在庫にしないためには

他の全競合が一気にクリスマスに売りきろうと考えていますので、

ポッと出で稼げるほど簡単ではないということだけは

まず、間違いないだろうと思います。

 

結局、クリスマス・スナイパーEX-Revolutionを販売している

「ふぇにっくす」こと、久保田哲さんも今はせどり一筋ではなく、

アフィリエイトやインフォプレナーとして情報販売で稼いでいるわけで、

私はせどりよりも在庫を抱える必要のないビジネスの方がオススメです。

 

それこそ、「ふぇにっくす」こと、久保田哲さんのような、

アフィリエイターや、インフォプレナーですね。

 

それはそもそもの話、「せどり」というビジネス自体が

労力に対して稼げる金額が割に合わないからです。

 

その辺りに関しては、過去に「せどり」を実践していた人が、

今はアフィリエイトや、その当時のノウハウなどを販売して稼いでいるという

紛れもない事実が証明していると思います。

 

もしも「せどり」以外でもお金を稼げればいいと考えているのであれば、

私の他のブログコンテンツや、無料メルマガ講座の方を参考にしてみてください。

 

ただ、強いて「せどり」というビジネスにこだわるのであれば、

私も実践している「せどりインサイダー」というノウハウが

完全無料で公開されて知ることができる上に「競合しない」ため、

はっきり言って他とは比較にならないほど逸脱したノウハウかと思います。

 

せどり教材ではダントツで再現性が高いので、

興味があれば試しにノウハウだけでも目を通してみてください。

 

次世代型せどり転売メソッド「せどりインサイダー」の詳細はこちら

 

まぁあくまで個人的な見解ですので、参考までに。

 

それでは。

 

コンテンツ一覧はこちらから