甲斐です。

 

トレンドアフィリエイト教材「下克上」の販売とともに

一躍有名になった株式会社moveの「バナナデスク」さん。

 

今回はバナナデスクさんが販売されている、

もう一つのアフィリエイト教材を取り上げていきたいと思います。

 

こちらですね。

 

心理学アフィリエイト〜年収5000万円稼いだ心理学セールスについて〜

バナナデスク(岡田崇司)

株式会社move

バナナデスクの心理学アフィリエイト(株式会社move、岡田崇司)

 

「心理学アフィリエイト」はその教材名にもハッキリと書いてあるように、

アフィリエイトに有効な心理テクニックを解説している教材です。

 

ひとまず「アフィリエイトと心理学が関係あるの?」

と思われている方には少なからず勉強になると思います。

 

何故ならアフィリエイトはビジネスの性質上、

”目の前に相手がいない”というだけであって、

「人対人」の他のビジネスとなんら変わりはありませんので、

心理学に基づいたテクニックは十分すぎる以上の効果を発揮するからです。

 

ただなんとなくアフィリエイト商品をオススメしていったところで

「画面の向こう側に存在する読者」が商品を”欲しい”と思わなければ、

いつまでたってもそこから商品が売れることはありません。

 

もし売れたとしても、それはたまたま運が良かっただけです。

 

心理学を学んで「画面の向こう側にいる読者」の心を動かすことができれば、

商品の成約率、広告のクリック率、売り上げ、様々な結果に大きくつながります。

 

アフィリエイトも他のビジネスと同様に、

自分の実力で商品を売りたいのであれば、

読者が何を求めているのかを知る必要があり、

そのためには「購買心理」を学ぶべきだと思います。

 

まぁだからこそ当ブログにも

心理学講座のコンテンツを作成しているわけですし、

とりあえず、「心理学アフィリエイト」は

特に変わった主張をしているわけではないということです。

 

「心理学アフィリエイト」に限らず、

いかにして読者に”欲しい”と思わせるかを考えるのは

アフィリエイトで商品の成約率を上げるためには

”当たり前のこと”なんです。

 

私はブログやメルマガ講座でアフィリエイターが成功するために

「コピーライティングのスキル」こそが重要だと説いていますが、

コピーライティングのスキルの根底にも「心理学」は大きく関係します。

 

なので、コピーライティングのスキルと同様に、

アフィリエイトと心理学は”切っても切れない関係”にあると思います。

 

ただ、それを「心理学アフィリエイト」で学ぶべきかどうか、

他のアフィリエイト教材で学ぶべきか、というのが、

今回のレビューのポイントになるかと思います。

 

心理学アフィリエイトは初心者向けではない

 

バナナデスクさんが有名になったキッカケでもある「下克上」は

セールスレターで大々的に”脱ノウハウコレクター教材”を謳っている通り、

初心者向けのトレンドアフィリエイト教材として作成されています。

 

それに対して「心理学アフィリエイト」は

アフィリエイト経験者向けの「テクニック集」のような教材内容になっています。

 

なので、アフィリエイト初心者の方がよく内容を分かっていないのに

「下克上」のイメージで「心理学アフィリエイト」を購入すると、

ちょっと”期待ハズレ”だと思ってしまうかもしれません。

 

また、全編通してメルマガアフィリエイトに焦点を当てている内容になっているので、

初心者がゼロから始めてトレンドアフィリエイトのような即金性はまず望めません。

 

すでにブログを更新していて、ステップメールが配信されている、

最低限アフィリエイターとしてそれぐらいの状況が出来上がっていなければ、

何も知らない初心者がいきなり「心理学アフィリエイト」を手にしたところで

ほとんど活かすことはできないと思います。

 

バナナデスクの下克上と心理学アフィリエイト

 

本当に同じ人物が作っているアフィリエイト教材なのか疑ってしまうほど、

「下克上」と「心理学アフィリエイト」は正反対のアフィリエイトです。

 

バナナデスクさんはトレンドアフィリエイトをオススメしたいのか、

それともメルマガアフィリエイトをオススメしたいのか、

信用して購入する側からすると何が本当にオススメのアフィリエイトなのか、

ハッキリ言って全く分からないと思います。

 

やり方次第では”どんなアフィリエイトでも稼げる”と言えばそれまでですが、

私は正直「心理学アフィリエイト」には他の教材以上の優位性は感じませんでしたし、

「下克上」や、現在の株式会社moveのYouTubeへの取り組みなどを見る限りでは、

やはりバナナデスクさんはトレンドアフィリエイトの方が専門なのだろうと思います。

(普通に何でもかんでも手当たり次第オススメしているだけのようにも感じますが。)

 

まぁ今現在メルマガアフィリエイトを実践していて、

コピーライティングや心理学を学んだ経験のない方で、

商品が売れない、成約率に悪い、など悩んでいるのであれば、

「心理学アフィリエイト」で心理的なテクニックを学ぶことによって

現状を打破できるアイディアが少なからず浮かぶようにはなるかもしれません。

 

それほどアフィリエイトの成約率と心理学は密接な関係にあるので、

コピーライティングと心理学は勉強しておいた方がいいと思います。

 

ただ、それでも他の情報商材や一般書籍など、

すでに何らかの形で心理学やコピーライティングを学んだことがある人からすると、

全体的に表面的な解説が多く、「う〜ん・・・。」というレベルだと思います。

 

少なくとも私はそう思いましたので。

 

なんと言いますか、最低限知っておくべきレベルの話だな、という感じです。

 

普通にアフィリエイトに応用できる心理学を学ぶだけなら

別に「心理学アフィリエイト」で学ばなければいけないという理由もありませんし、

ノウハウとして「そこまでの目新しさもない」というのが率直な感想です。

 

むしろ、本屋に並んである書籍の方が分かりやすいかな、と。

 

「心理学アフィリエイト」はPDF111ページ、動画コンテンツ3時間のボリュームで

その販売価格は16800円と、たとえ価値のある内容だとしても割高感は否めません。

 

それなら私が推奨している「Copyrighting Affiliate Program」の方が

9800円と格安で手に入りますし、そのコンテンツ内容も全て含めて、

圧倒的にオススメのアフィリエイト教材だと思います。

 

「Copyrighting Affiliate Program」では

  1. 個人で億を稼ぎ出す”アフィリエイトノウハウの全て”を公開した教材PDF125ページ
  2. 個人で億を稼ぎ出す”コピーライティングの原理原則”が詰まっている教材PDF196ページ
  3. 億を稼ぎ出すコピーライター2名による記事監修、添削、メール、スカイプ、など、徹底され尽くしたサポート体制
  4. 知識ゼロのアフィリエイト初心者であろうと関係なく一から構築するための専門の技術サポート

 

上記に挙げているすべての教材と環境がたったの9800円で手に入ります。

 

そこへ更に3つのアフィリエイト教材を私からの特典としてつけています。

 

ぶっちゃけ言ってしまえば、「Copyrighting Affiliate Program」の特典教材だけでも

「心理学アフィリエイト」で扱っている心理テクニックは網羅できていると思います。

 

まぁここでその企画が”どれだけ凄いのか”を語っても仕方がないので、

もしも「個人で億を稼ぐアフィリエイトノウハウ」に興味があれば、

まずは試しにどんなものか、レビュー記事だけでも読んでみてください。

 

Copyrighting Affiliate Program (コピーライティングアフィリエイトプログラム)の詳細はこちら

 

それでは。

 

コンテンツ一覧はこちらから