甲斐です。

 

ここ最近、「乙女系」という、

”一風変わったジャンル”を扱った

せどりの情報商材が売れているようです。

 

以前よりレビュー依頼を頂いていた教材ですので、

早速ですが取り上げていきたいと思います。

 

こちらですね。

 

バージンハンター

URL:http://sedori-paradise.com/virgin/

雪藤怜

株式会社PARADIGM SHIFT

久保田哲

バージンハンター(雪藤怜、株式会社PARADIGM SHIFT、久保田哲)レビュー

 

「バージンハンター」のノウハウ提供者は、

副業でせどりに取り組まれている「雪藤怜さん」という方です。

 

詳しいプロフィールはセールスレターの方に記載されていますが、

せどりで一部上場企業の中堅社員の月給程度は稼いでいるそうです。

 

その”せどりで稼いでいる”という金額については、

具体的にいくらなのか、月商なのか、月収なのか、累計なのか、

あまり詳細な実績は明かせれていません。

 

ただ、どうやら今回の「バージンハンター」は端的に、

そのノウハウのポイントをまとめたコンテンツのようですので、

相当”楽観的に捉えて好意的に解釈でもしない限り”は、

まずこれを実践して「稼げる」という捉え方には至らないと思います。

 

それは、当然と言えば当然のことですが、

大元のノウハウ提供者の実績が「不明」だということは、

このノウハウを実践して稼げる金額も分からないからです。

 

例えば、これが一般的に出回っているノウハウであれば、

ある程度の予測や検討を立てることもできるとは思います。

 

しかし、今回の「バージンハンター」の場合はそうではなく、

前例が少ないニッチなジャンルを扱ったせどりノウハウです。

 

良くも悪くも「ブルーオーシャン」を謳っているわけですから、

そこでどれくらい稼げているのかを示さない限りは、

 

「ただ稼げる見込みが少ないジャンルだから誰も参入していないだけ」

 

当然、そう捉えることもできると思います。

 

単純に「ブルーオーシャン」だから良いわけではないということです。

 

「どれだけ稼げるか不明な未知のせどりノウハウ」

 

良くも悪くもそういったことも念頭に入れてから、

慎重に購入するかどうかを決めるべきだと思います。

 

実際、今まで「乙女系せどり」で販売して得てきた累計金額が、

一部上場企業の中堅社員の月給程度かもしれないわけですから。

 

それだとコンビニでバイトでもした方が”断然割が良い”です。

 

とは言え、本来であれば「せどり」は単純に、

”安く仕入れて高く売る”という事さえ徹底して、

時間や労力を問わなければ誰でも大なり小なり稼げます。

 

なので、何より肝心なのは「ノウハウの再現性」であって、

実際は個人的なせどりの実績は二の次でも問題はありません。

 

それは「未開拓ジャンル」だと謳っている

「バージンハンター」も”根本はせどりノウハウ”なので、

”特別例外ではない”と思います。

 

つまり、「これは稼げる!」と思えるほどの優位性や、

「これなら出来る!」と思えるほどの再現性があれば、

他と同様に”稼ぐことはできる”ということです。

 

ただ、今現在「バージンハンター」が売れている理由として、

純粋にノウハウに価値を感じて購入した人よりも、

よく分からず購入した人の方が多いんじゃないかと思います。

 

それは何故かと言うと、

セールスレターに記載されている情報を見る限り、

「実績」以外にも不明な点が多いからです。

 

バージンハンターのセールスレターから読み取ることのできる情報

 

「バージンハンター」の販売会社は、

過去に「せどりフォーエバー」や、

「クリスマス・スナイパーEX-Revolution」など、

多くのせどり教材を販売して実績を出している

「株式会社PARADIGM SHIFT」です。

 

せどりフォーエバーの詳細レビューはこちら

クリスマススナイパーEX-Revolutionの詳細レビューはこちら

 

そして、例のごとく、

「教材推薦者」はせどりノウハウを

”情報販売して稼いでいる業者だらけ”です。

 

「せどり転売系」の情報販売屋は業界の中でも珍しく、

互いに推奨し合う”持ちつ持たれつの関係性”があり、

そんな同業者同士の”ズブズブの関係”は相変わらずのようです。

 

ただ、冗談抜きで、

このせどり教材の推薦者の声は当てになりません。

 

それは推薦枠に書かれていることを真に受けていたら

端的に言えば”全ての教材が稼げる”と言っても

決して過言ではないからです。

 

リリースされる教材を片っぱしから推奨している業者もそうですが、

実践しているせどらーも”毎度の如く同じようなメンツ”ですので、

あまりその辺の情報は”参考にしない方がいい”と思います。

 

教材推薦者にせよ、ノウハウ実践者にせよ、

結局は「何でもかんでも推奨するスタンス」なので、

どのノウハウが一番良いと思ってるのか、その本心は謎です。

 

良くも悪くも片っぱしから「売る気」ですからね。

 

ただ、そうなってくると、

今回の「バージンハンター」のセールスレターは、

書かれている内容の半分以上が「推薦者の声」で占めているので、

肝心のノウハウについてはやや情報不足感が否めないと思います。

 

どれくらい稼げるかどうかも殆ど不明、

どのような内容のノウハウなのかも殆ど不明、

読み取れるのは「乙女系」が狙い目であるということだけです。

 

バージンハンターの「乙女系せどり」とは

 

「バージンハンター」で提唱している「乙女系せどり」とは、

名前の通り「乙女系」に関連する商品を扱う特化型せどりです。

 

ここで言う「乙女系」とは、ノウハウ提供者の雪藤怜さん曰く、

「イケメン男子」が登場して”恋愛ストーリー”を展開するような、

ゲーム、テレビ番組、DVDなどを総称しているようです。

 

ただ、その定義は割と曖昧のようで、

「イケメン男子」であればゲーム、アニメ、漫画など、

二次元に登場する架空の人物でなくても、

声優や俳優など、実在する場合も含まれるみたいです。

 

つまり「アニオタ」や「声優オタ」と言われるような方々の、

「女性のみ」にフォーカスしたものが「乙女系」であり、

そのニーズを満たすために特化したせどりノウハウが

今回の「バージンハンター」ということになります。

 

まぁ、せどりノウハウとしては比較的ニッチなジャンルな上に、

コアなファンや、熱狂的なマニアが存在するわけですから、

競合が少ないうちは確かにお金を落としてくれる可能性は高いです。

 

ただ、こうして公に公開してしまっている以上は、

既に「ブルーオーシャンではない」です。

 

私を含め、とっておきの秘密のジャンルとやらを知っている人は、

一気に増えてしまっていますし、これからも延々と増え続けます。

 

また、そもそも「バージンハンター」は、

「せどり初心者」ではなく「現役せどらー」に向けて

競合回避用のノウハウとして販売していると思いますが、

ある程度の実践経験があれば中身を見なくても、

大体の検討はつくと思います。

 

つまり、「バージンハンター」の教材購入者に限らず、

セールスレターに一通り目を通すだけでも、

「乙女系せどり」に取り組む競合は増えていくと考えられます。

 

謳い文句に掲げている「未開拓ジャンル」という強みは、

時間の経過とともに徐々に失われるわけですね。

 

誰も狙っていなかったから「狙い目」だっただけで、

皆が皆同じように狙うようになってしまえば、

それは結局のところ普通のせどりと変わりません。

 

なので、「乙女系せどり」に特化して稼げたしても、

”一時のあぶく銭にしかならない”と思いますね。

 

まぁ一瞬でも稼げないよりは稼げた方がマシですが、

果たしてそんな目先の利益のためだけに、

教材価格の19,800円を払う価値を感じるかどうか、です。

 

反対に、ノウハウ提供者の雪藤怜さんのように、

「乙女系」に対して興味や関心があるのであれば、

多少なりと稼ぎ続けていける余地はあるかもしれません。

 

「バージンハンター」の主なコンテンツ内容は、

利益の出る具体的な作品名や、プレミア商品のリサーチ方法ですが、

実際のところ、教材片手に真面目に取り組んだとしても、

この類の利益の出る商品は時とともに移り変わっていきます。

 

ゲーム、アニメ、漫画、テレビ番組、など、

乙女系の新しい「作品」が出るたびにリサーチするわけですから、

ニワカな気持ちと知識だけでニッチなジャンルを狙ったところで

ニーズを完璧に理解することも把握することもできないと思います。

 

根本的に女性が男性の「萌え」を理解できないように、

男性が女性の「胸きゅん」を理解することは困難ですし、

「イケメン男子」に対する見方にもズレがないとは思いません。

 

そんな「訳の分からない商品」ほど、

”訴求力に自信の持てない商品”はありませんし、

そんな売れるかどうか曖昧な商品を仕入れてしまうことほど、

「危険なノウハウはない」と思います。

 

それなら売れると分かっている商品を仕入れた方がマシですし、

一般的な”男性せどらー”で「乙女系せどり」を継続できる人は、

おそらく、”ほんの一握りだけ”だと思います。

 

なので、自分がそういったものが好きで苦痛を感じないのであれば、

人によってはある意味安定して稼ぎ続けられるノウハウだと思います。

 

結局のところ雪藤怜さんは「楽で楽しい近道」として、

バージンハンターのノウハウを実践、継続できますが、

一般的にはそうではないと思いますし、

特に男性にとっては殆ど無縁の世界です。

 

まぁ女性の方でそういった「乙女系」というジャンルが好きなら、

「多少なりと可能性はあるかもしれない」という話ですので、

強いて「バージンハンター」に取り組む意味や必要性は感じませんけどね。

 

少なくとも私は「乙女系」に興味はありませんし、

「バージンハンター」を実践して取り組むよりも、

同じ時間コンビニでバイトした方が稼げるな、と思いました。

 

個人的な見解ですので、参考までに。

 

それでは。

 

無料メルマガ講座はこちらから