甲斐です。

 

検索上位表示させる為には、できるだけ競合の少ないキーワードをいかにして選ぶか。「キーワード選定力」は欠かせない要素です。

 

「キーワード選定を極めれば、ネットビジネスを制覇できる」

 

キーワード選定補助ツールの謳い文句の定番とも言える一説ですが、これはあながち間違いではありません。

 

いざ自力でキーワード選定をする場合は、「検索上位に表示するため・・・」と一生懸命に貴重な時間や労力を使い、大半の方は頭を抱えて悩みます。

 

どんなキーワードが沢山検索されていて、競合が少ないのか、試行錯誤を繰り返してやっと決まったキーワードで、いざコンテンツを作成して投稿。

 

しかし、一生懸命時間をかけて考えたにも関わらず、その結果は散々だった・・・という事もきっと多いはずです。

 

ただ、冷静に考えてみるとネットビジネスは「自分が頑張るべき作業」と、そうではない作業、「人やツールに任せる事のできる作業」を明確に細分化する事ができます。

 

そこをしっかりと明確にしていき、自分にしかできない事のみに全力を尽くすべきであり、それ以外の作業は外注、もしくはツールに任せて自動システム化していく事で、より大きなレバレッジを効かせる事が出来ます。

 

言ってしまえば「キーワード選定」というのは自分がやっても、ツールがやっても同じ結果にしかならないので、どちらかと言えば任せるべき作業と言えます。

 

今後の利益や、作業の効率化による労力の軽減など、キーワード選定補助ツールを取り入れる事によって得られるメリットを考えると、ツールを取り入れない理由はないのでは?と思っています。

 

そこで、今回ご紹介するキーワード選定補助ツールは、その中でも最も新しいものです。従来のツールと比べてどうでしょうか。

 

こちらです。

 

プラチナキーワードシーカー

 

URL:http://www.trend-up.net/platinumkeyword/it/

五十嵐敦

Trend-up Works

 

プラチナキーワードシーカー(五十嵐敦)Trend-up Works レビュー

 

プラチナキーワードシーカーの主な機能は、「検索したいキーワード」に対して、虫眼鏡キーワードとグーグルプランナーから抽出されたデータを元に、「一段掘り下げた関連キーワード」と、そのキーワードを使ってコンテンツを作成している「ライバルの数」を知ることが出来るというものです。

 

例えば「アフィリエイト」というキーワードを入力して検索すると、「アフィリエイト 稼ぐ」といった複合キーワードが一覧できるように表示され、そのキーワードに対してのライバルサイトの数が表示されます。

 

自分が狙いたいキーワードを入力して、表示されるライバルの少ない複合キーワードを狙うことで上位表示させる方法です。

 

 

プラチナキーワードシーカーの付属機能

 

プラチナキーワードシーカーには他にも二つの機能がついています。

 

「トレンドキーワードの抽出」と、「シーズンキーワードの抽出」です。

 

トレンドキーワードはどこからデータを抽出しているのか、その抽出元は掲載されていないため分かりませんが、おそらく各検索エンジンの急上昇ワードなどから抽出しているものだと思います。

 

先ほどの関連キーワード抽出元から想定できるのはグーグルとヤフーの二つのみです。

 

また、こういったトレンドキーワードの抽出はこれまでにも多くありましたが、「シーズンキーワード」を抽出するツールは初めてです。

 

季節にあったキーワードを自動抽出してくれる機能のようですので、情報商材アフィリエイトには使えませんが、その他のASPの組み合わせ次第ではロングレンジ、ミドルレンジと色々な戦略を練ることができますね。

 

一応、全ての検索結果を順位別に表示する機能もついているようなので、調べたいキーワードで検索順位が高いキーワードとライバルが少ないキーワードが分かります。上位表示がしやすいように一覧できるというの助かります。

 

以上がプラチナキーワードシーカーの全機能です。

 

 

プラチナキーワードシーカーは使えるのか

 

使えるのか、使えないのかで言うと「使える」と思います。

 

稼げるのか、稼げないのかで言うと使い方次第では「収益を拡大できる」と思います。

 

ただ、別にプラチナキーワードシーカーというツールでなければいけない、というポイントは一つもないですね。新しく買うほどの魅力もなく、他のキーワード補助ツールで十分な機能ばかりです。

 

ツール代金も7500円と割高感は否めません。前述した機能を考えると、7500円は高いですね。

 

わざわざ高いツールを買いたいという変わった人にはいいかもしれませんが、私は機能、価格共にキーワードスカウターSというキーワード選定ツールの方がオススメです。

 

キーワードスカウターSは4980円ですが、情報元も7箇所から検出するのでデータの精度が非常に高いですし、掘り下げも一段階だけではなく、三段階まで掘り下げる事ができます。

例えば「アフィリエイト 副業 稼ぐ 方法」などです。

 

ライバルサイト数もただ漠然と数が表示されるだけではなく、より細かく、ライバルのデータやURLまで見れるようになっています。

 

そう考えると、プラチナキーワードシーカーはちょっと力不足な印象です。

 

キーワードスカウターSの詳細はこちらから

 

それでは。

 

無料メルマガ講座はこちら

 

トップメニューへ戻る