甲斐です。

 

今回はインフォトップより販売されている

「”自称”年収1億円の経営者」が手がけたビジネス人間教則?という、

一風変わった情報商材を取り上げていきたいと思います。

 

こちらです。

 

伝説のフォトグラファー高尾瞬氏による社長育成講座。

URL:http://asayama-creative-company.blogspot.jp

高尾瞬

麻山工業株式会社

伝説のフォトグラファー高尾瞬氏による社長育成講座。(高尾瞬、麻山工業株式会社)レビュー

 

「伝説のフォトグラファー高尾瞬氏による社長育成講座。」は、

”自称”伝説のフォトグラファーである「高尾瞬」という方が手がけた

ネットビジネスで起業して会社を作るためのビジネス人間教則?です。

 

セールスレターは延々と画像が掲載されているだけなので、

”一体どんなことが学べる教材なのか”はほとんど分かりません。

 

ただ、どうやら教材のコンセプトを見る限りでは、

「パソコン一台で起業したい方」をターゲットにした情報商材のようですね。

 

一応、セールスレター内のすべての画像は

販売者側の著作権によって保護されているようなので、

こちらは”自称”伝説のフォトグラファーの「高尾瞬」という方が

どこかで「自ら撮影された画像」なのかもしれません。

 

ただ、一目見てわかるように、

すべての画像がネットビジネスとは「特に関係の無いもの」であり、

むやみやたらと関連性の薄い画像を掲載していることによって、

率直に「何を売っているページなのか」さえ分からなくなっていると思います。

 

もしも、何も知らずにこのセールスレターを見たら、

画像”そのもの”を有料素材として販売しているページか、

写真の撮影技術を教えてもらえるノウハウ教材を販売しているか、

いずれにしても”ネットビジネスとは無縁のもの”だと勘違いすると思います。

 

少なくとも、実際にセールスレターを見る限りでは、

「撮影した画像を利用するノウハウ」というような記述は無いので、

ただセールスレターのデザイン的な要因として画像を掲載していった結果、

あのような”展示会状態”になってしまっているのかもしれません。

 

まぁ私は写真や映像のテクニック的なことについては”ど素人”なので、

実際にすごい撮影技術を使っているかどうかは分かりませんが、

これと言ってネットビジネスには役に立たないような気はしますね。苦笑

 

強いて写真の撮影技術が求められるとすれば、

ヤフーオークションの商品画像を撮影するとか、

YouTubeで風景画像をアップするとか、それぐらいでしょうか。

 

よほど「有名な写真家」でもない限りは、

ちょっとやそっとクオリティの高い写真や画像を使ったとしても、

それが目に見えてわかるほど収益に直結するようなことは少ないと思います。

 

そんなセールスレターを最下部まで読み進めて”やっとのこと”で、

ヤフーオークション、アマゾン転売、アドセンス広告、アフィリエイト、など、

「多種多様なキャッシュポイントを大いに利用する」とは記載されていますが、

やはり具体的な「ノウハウ」に関しては最後まで触れられていません。

 

”申しわけ程度”に用意された文面から読み取ることができるのは、

「伝説のフォトグラファー高尾瞬氏による社長育成講座。」は、

本教材の販売者であり”自称”伝説のフォトグラファー?でもある

「高尾瞬の通ってきた道のり」を”ノウハウ化したもの”だということです。

 

ですので、

「伝説のフォトグラファー高尾瞬氏による社長育成講座。」は、

「高尾瞬さんのようになりたい」と思っているような、

一部のフォロワー向けのビジネス教材だと言えます。

 

伝説のフォトグラファー?億を稼ぐ敏腕プロデューサー?高尾瞬とは?

 

実はこの「高尾瞬」という方は、

”知る人ぞ知るインフォプレナー”です。

 

今回は「伝説のフォトグラファー」と謳っていますが、

以前は「億を稼ぐ敏腕プロデューサー」という肩書きを名乗っており、

毎回似たような「高額な情報商材」を販売している方ですね。

 

一目見て分かるほど商品のセールスレターに「大きな特徴」があるので、

おそらく、「ビジネス系」を扱う情報商材アフィリエイターからは、

”良くも悪くも”知名度だけは高いインフォプレナーだと思いますよ。

 

ただ、他の優秀な情報商材アフィリエイターたちは、

ビジネス的な観点から”そもそも取り上げようとすらしていない”ので、

今回は実験的な意味合いもあって”あえて”取り上げてみたわけです。苦笑

 

ひとまず、販売している商品の中身が分からない以上は、

そこまで突っ込んだ批評や見解を述べることはできないのですが、

このような「得体の知れないもの」に54,000円も払うのであれば、

きちんと「具体的な説明がされているもの」を探してみてはどうかと思います。

 

少なくとも、私がオススメする理由は「一つもない」ですね。

 

それでも「この人からビジネスのイロハを学びたい」と思うのであれば、

それはお好きにどうぞ、という感じです。

 

無料メルマガ講座はこちらから

 

それでは。

 

ブログコンテンンツ一覧はこちらから