甲斐です。

 

先日、インフォトップの新商品を眺めていたところ、

「Amazon売れ筋市場を独占する」と大々的に謳っている

せどりの高額塾を見つけました。

 

そんなことが”現実的に可能なのか”どうか、

今回はその「全く新しい第三のせどり手法」を学べるという、

初心者&落ちこぼれ救済プロジェクト?を取り上げていきたいと思います。

 

こちらの「新型3D即売れせどりスクール」です。

 

新型3D即売れせどりスクール

URL:http://newsoku3.com/spmk/

株式会社RushFeed

安部真有

中村誠

新型3D即売れせどりスクール(株式会社RushFeed、安部真有、中村誠)レビュー

 

「新型3D即売れせどりスクール」は、

講師の「中村誠」さんという方が考案した

「店脳せどり」という手法を学ぶための高額塾です。

 

「店脳せどり」とはその名の通り、

”店舗せどりと電脳せどりを併せた一般的な手法”です。

 

中村誠さんは物販ビジネスで数々の失敗を重ねた末に、

店舗せどりと電脳せどりを「両方やったほうがいい」という、

最終的に「極めて”無難な結論”」に至ったそうで、

こうして定期的に受講生を募っては「店脳せどり」を教えているようです。

 

まぁ”名付けるほどのことでもない”と思うんですが、

よほどこれが「画期的な発見」とでも思ったのでしょうか?

 

少なくとも、

 

”店脳せどり!?これはすごいものを知ってしまったぞ・・・!!”

 

とはならないと思いますし、

これくらいの「常識レベルの手法」であれば、

これまでの経験を問わず”誰でも思いつく”はずなので、

わざわざセールスレターに書くほどのことでもないように思います。

 

正直、商品の「仕入れ」ができる機会があれば、

”リアルかネットか”なんて場所は全く関係ないですし、

”作業効率が良いか悪いか”くらいの微々たる違いしかありません。

 

せどりに取り組む上で何よりも”気にしなければいけない”のは、

仕入れる場所や効率よりも”稼げるか稼げないか”です。

 

結局のところ「電脳せどりで稼げない」のであれば、

効率が悪かろうと「稼げる店舗せどり」のほうがマシですからね。

 

当然ですが、「両方やったほうがいい」と考えて、

実店舗とネットで稼いでいるせどらーは珍しくありません。

 

むしろ、情報商材として販売されているノウハウの大半は、

「店脳せどり」なんじゃないでしょうか。

 

新型3D即売れせどりスクールの第三のせどり手法とは

 

ですが、「新型3D即売れせどりスクール」講師の中村誠さんは、

その「店脳せどり」を実践していく過程の中で、

現役せどらーの多くが気づくことのできないお宝商品を、

”初心者でも5分で見つけられる方法”を作り出したそうです。

 

それが「Amazon売れ筋市場を独占する」という、

「全く新しい第三のせどり手法」の正体であり、

「初心者&落ちこぼれ救済プロジェクト」たる所以であり、

この「新型3D即売れせどりスクール」一番の目玉になっています。

 

そして、セールスレターに書かれている内容によると、

その「全く新しい第三のせどり手法」を使うことで、

Amazonランキング上位の売れ筋である「即売れ商品」を、

「競合がいない状態」で見つけて仕入れることができるそうです。

 

具体的に「どのようにして見つけるのか」については、

 

  1. ある基準に従い、Amazon画面を眺める
  2. ある基準に合致した商品を発見したらライバルを確認して、ある場所から仕入れる
  3. Amazonに商品をまとめて送る

 

上記のような3つのステップを踏むことは明かされていますが、

「肝心なところ」はしっかりと伏せられています。

 

まぁ情報を売りにしているわけですから、

それを”全て公開する必要はない”とは思います。

 

ただ正直なところ、

あまりにも「いいとこ取りな稼ぎ方」なんですが、

現状のセールスレターで読み手側に示されているような、

「ある基準」という不透明な情報だけでは、

「稼げる」と判断することはできないと思います。

 

したがって、「新型3D即売れせどりスクール」は、

普通に「胡散臭いだけのせどり手法でしかない」というのが率直な感想です。

 

実際、「新型3D即売れせどりスクール」のセールスレターには、

何を根拠にして「初心者でも5分で再現することができる」と言えるのか、

この「ある基準」という言葉だけでは全くと言っていいほど分からない上に、

”初心者が取り組んで稼げた”と分かるような証拠も掲載されていません。

 

先述したように全てを公開する必要はありませんが、

この場合は”あまりにも情報が少なすぎる”ので、

どう見てもただの「謳い文句」としか捉えられないんですね。

 

結局これだと「得体の知れない未知のせどりノウハウ」です。

 

見方によっては「講師である中村誠さんだからできた」だけであって、

「新型3D即売れせどりスクール」の受講生が再現できるかは分かりません。

 

また、「せどり転売ビジネス」最大の課題なんですが、

特定のノウハウを不特定多数に公開して共有することによって、

同じ市場で同じ商品を狙って必然的に競合してしまいます。

 

つまり、せどり転売ビジネスは稼ぎ方を教えてしまうと、

時間の経過とともに稼ぎにくくなり飽和してしまう性質を持っているわけです。

 

それは「新型3D即売れせどりスクール」も同様で、

「受講生同士の競合」を避けられるという確証を得られるだけの情報は

これといって特には「提示されていない」と思いますし、

セールスレターの「飽和しない」という主張も信憑性に欠けると思います。

 

ましてや、「Amazon売れ筋市場を独占する」なんて、

とてもではありませんが一介の個人せどらーには「到底不可能」ですので、

その辺の主張を全て「謳い文句」ではなく「真実」だと納得させるだけの、

”証拠、根拠”となる情報くらいは最低限揃える必要があるのではないでしょうか。

 

「新型3D即売れせどりスクール」で稼げるのか

 

「新型3D即売れせどりスクール」で稼げるかどうかは、

現状に示されている情報だけで判断することは困難です。

 

ただ、もしもこれで稼げたとしても、

販売価格が248,000円と高額ですので、

あえて危ない橋を渡る必要はないのではないかと思います。

 

一般的なサラリーマンの給料一ヶ月分ですので、

いずれにしてもあらゆる疑問や不安を払拭した上で、

「絶対に稼げる」という確信を得てから払うべきですね。

 

それこそ、「新型3D即売れせどりスクール」は、

このように「ノウハウを売り」にしているのであれば、

「高額塾」ではなく「教材」として売り出したほうが、

それなりに”売ることができたのではないか”と思います。

 

ツール、サポート、保証、などはバックエンドに控えて、

とりあえず「せどり教材」として売られていたら、

一度試しにどんなものか買ってみたかもしれませんので。苦笑

 

まぁこの高額塾を受講することによって得られるメリットや、

せどり手法”そのもの”の優位性もよくわからないという「結論」ですが、

わざわざ「6ヶ月間」もかけて学ぶほどのことでもないように思います。

 

なんと言いますか、桁が一つ多いな、という感じです。

 

それなら「サヤ取りせどらー最終バージョン」でも使って、

「確実に利益が出せる商品」をAmazonから仕入れていったほうが、

時間的にも労力的にも金銭的にも有意義なのではないでしょうか?

 

「新型3D即売れせどりスクール」は3ヶ月連続月収10万円を達成するまで、

マンツーマンで個別サポートを受けられるという保証がありますが、

「サヤ取りせどらー最終バージョン」にも月収30万円保証があります。

 

わざわざツールを使わずに手作業で頑張る手法に248,000円払うか、

確実に利益が出る商品だけを仕入れるツール任せな手法に19,800円払うか、

どちらを選ぶべきかは言うまでもないと思います。

 

興味があれば以下のページから、

詳細のほうに一度目を通してみてください。

 

電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」の詳細はこちらから

 

まぁあくまで個人的な見解ですので、参考までに。

 

それでは。

 

無料メルマガ講座+無料プレゼントはこちらから