甲斐です。

 

日本の情報業界で今最も”知名度”が高い情報起業家と言えば

「小玉歩」さんが挙げられると思います。

 

「アフィリエイトで年収1億円を稼いだ」という実績を持ち、

それを売りにした”顔出し、声出し、名前出し”の大々的なローンチで

大きな成功を収めている指折りのトップアフィリエイターです。

 

インターネットで何か調べ物をしたことがある人なら

誰でも一度くらいは「小玉歩のメールマガジン」の広告を

目にしたことがあるんじゃないでしょうか?

 

今回はそんな小玉歩さんの息がかかっている

情報商材を取り上げていきたいと思います。

 

こちらですね。

 

映像の流儀

URL:http://eizo-no-ryugi.com/lp/

村上勇太

小玉歩

映像の流儀(村上勇太、小玉歩)レビュー

 

実は、今回の「映像の流儀」以外にも、

ここ最近、”小玉歩さんのこれまでの実績”をあたかも

”自分の実績”であるかのように販売に利用している

初心者向けの情報商材をいくつか目にしています。

 

何の気なしにセールスレターを読んでいると

「小玉歩さんは情報業界トップ!」とか、

「小玉歩さんは正真正銘の本物!」とか、

いきなり「小玉歩」という名前が出てきますからね。

 

なので、今回も「また小玉歩かよ、、、。」って感じです。

 

勿論、小玉歩さんのビジネスセンスや

マーケティング力があってこその「小玉歩ブランド」なので、

私もその手腕や度胸に対しては素直に”凄い”と思います。

 

今でも1億円以上のアフィリエイト報酬を個人で稼いでいるそうで

大手情報系ASPのアフィリエイターランキングを見る限りでは、

ここ何年かは「小玉歩」さんが1~2位をキープしています。

 

今現在”表舞台”に立って稼いでいる情報起業家の中では

名実共にトップクラスと言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

ただ、一つハッキリ言えるのは「小玉歩ブランド」と、

「映像の流儀」を始め、その他の情報商材の

コンテンツの内容を”関連付けてはダメ”ってことです。

 

小玉歩さんの手腕と一切関係ないですからね。笑

 

まず、「映像の流儀」を購入することで

一体購入者が”何を得られるのか”というと、

映像の編集方法や、映像の撮影方法ですよね。

 

そして、その集大成がセールスレターの冒頭に掲載されている

スマホ一台で撮影から編集までを完結したという動画です。

 

それでは、その動画をじっくり”目を凝らして”よく見てみて下さい。

 

それが「映像の流儀」を39,800円で購入して得られる全てです。

 

もしもセールスレターに掲載されている「動画」を見て

率直に「この動画なら稼げるようになるぞ!!」と思うなら

それはそれで別に何の問題もありません。

 

ただ、少し冷静になって考えてみてください。

 

動画に出演して何を話すのかは分かりませんが、

人にお金を払ってもらえるだけの情報は持っていますか?

 

対談するような実績ある共演者や、

人前でセミナーを開く予定はありますか?

 

一体誰からの質問に答えるつもりで、

誰に対して映像を作るのでしょうか?

 

自作自演”以外”で質問してくれるクライアントや、

今からクライアントを集めるための媒体は持っていますか?

 

もしも映像スキルが向上したとして、

セールスレターの冒頭に掲載されているような動画を

YouTubeに投稿して、再生回数が伸びると思いますか?

 

いいですか?

 

「映像の流儀」を購入して得られるのは「映像スキル」です。

 

つまり、映像の撮影や編集は上達するわけです。

 

そこに関しては特に言及することはありません。

 

ただ、「映像の流儀」のセールスレターで提唱しているような

「映像スキルでお金を稼げる」という理屈がまかり通るなら

「テレビ局の撮影班や、プロのカメラマンはお金を稼げる」という

訳の分からない理屈が成り立ってしまうと思いませんか。

 

映像に通じている人たちは皆お金持ちで、

今からお金持ちになっていくと思いますか?

 

当然、そんなことはありませんよね。

 

なぜなら、人は「映像の質」に対してお金を払うのではなく、

撮影した映像の先にある「情報」に対して価値を見出しており、

「映像内の情報」を見る為にお金を払っているだけだからです。

 

テレビ番組の「娯楽性」、映画の「物語性」、対談の「知識」。

 

先立つ「情報」や、提供できる「価値」がなければ

実質的に”ボケーっと風景を眺めているのと同じ”で

「映像スキル」だけが高くてもお金は稼げないと思います。

 

映像が綺麗という理由だけで映画を見に行きますか?

 

普通は映画の内容が面白いからですよね。笑

 

勿論、ブラウン管のテレビに映されるよりも、

4Kのテレビに映される映像の方が綺麗でいいに決まっています。

 

ただ、それ以上でも、それ以下でもありません。

 

モノクロ映画でも未だに名作だと呼ばれるのは

その内容が素晴らしいからです。

 

最新の映像技術を駆使しても内容が退屈であれば、

その映画は駄作だと呼ばれるでしょう。

 

その人が「見たい映像」だからお金を払うのであって、

「見たくもない綺麗な映像」にお金を払うことはありえないので、

人に「見たい」と思わせるための「何か」が必要だということです。

 

小玉歩さんはその「何か」を知っているからこそ、

メルマガでも稼げるし、動画を利用したローンチでも稼げるわけで、

少なくとも「映像スキル」はセールスレターにもあるように、

外注任せで本人が映像を作っているわけではないと思いますよ。

 

全然”関係してないでしょ”って話です。

 

まぁそもそも”表舞台”に立っていなくても稼げるのが

ネットビジネスの一つのメリットでもありますので、

わざわざ顔出し、声出し、名前出しなんてしなくても

裏で稼いでいる人はきっちり稼いでいます。

 

私のメンターは年収5億円を稼いでいますし、

他にも数名年収億クラスの起業家を知っています。

 

それも、完全匿名です。

 

どのようにビジネスを展開していくかは自由ですが、

目の前の情報に踊らされないように気をつけて下さいね。

 

物事の「本質」は目には見えませんので。

 

もしも、情報に踊らされたくないと思うなら、

自分自身で情報に左右されない実力を身につけることです。

 

少なくとも、私のブログコンテンツや、メルマガは

そんな実力を身に付けたい人の為に用意していますので、

興味があれば、是非参考にしてみてください。

 

無料メルマガ講座はこちらから

 

それでは。

 

コンテンツ一覧はこちらから