甲斐です。

先日、情報系ASPアドモールより、
YouTubeの面白い教材がリリースされた模様です。

なんと、国内ユーチューバーとして稼ぐのではなく、
英語圏をはじめとする海外へ進出して稼ぐ、というノウハウです。

YouTubeアドセンスはドル換算なので、
その時々の情勢で収益額が若干上下することがあるのですが、

「日本国内向けのチャンネル、動画」

と、

「海外向けのチャンネル、動画」

では、稼げる金額は少なく見積もっても、
”倍”は違う、というのがYouTubeの実情かと思います。

ある意味、これで上手くいけば、YouTubeを介して、

”アメリカンドリーム”

”チャイナドリーム”

”コリアンドリーム”

そんな、”夢のような話”を、
現実として掴むことができるかもしれません。

そして、そこへ特化して儲けを狙っていくノウハウをまとめたのが、
今回取り上げる「GyakuTube(ギャクチューブ)」です。

では、早速取り上げていきたいと思います。

GyakuTube(ギャクチューブ)

小西和夫
株式会社アドシステム

海外で稼ぐ?GyakuTube「ギャクチューブ」(小西和夫)レビュー

「GyakuTube(ギャクチューブ)」は、
「海外で暮らす外国人にウケるYouTube戦略」について、
その優位性や、動画の作り方を解説したノウハウ教材です。

教材製作及び販売者の小西和夫さんは
YouTubeのプレイヤー兼アフィリエイター兼インフォプレナー、として、
YouTubeを主体に多方面で実績を出されている方ですね。

当ブログでは過去に小西さんが販売された教材を
これといって取り上げたことはありませんが、
いつもユニークな教材を販売されているな、という印象があります。

で、なぜ、”今までは取り上げなかった”のに、
今回は取り上げようと思ったのかというと、
それだけ「GyakuTube(ギャクチューブ)」のノウハウに対して、
高い将来性と収益性、それに”大きな魅力”を感じたからです。

実際、YouTubeの利用ユーザー数が
日本国内よりも海外の方が「圧倒的に多い」のは、
世界人口の割合から見ても”当たり前”の話ですから、
YouTubeアドセンス未経験のど素人から見ても、

”これで当たればデカそう”

ということは分かると思います。

「YouTubeで”日本と世界”どちらを狙った方が沢山稼げるでしょうか?」

と質問されて、
「日本」だと答えるのは日本人でも少数派でしょうし、
世界基準で考えれば、その答えは「世界」となるのが普通です。

別にYouTubeの利用者数やネット人口がどれくらいかを知らなくても、
日本国内の1億人と、世界人口の70億人からも安易に予測ができます。

わざわざ調べるまでもないですよね。

また、少子高齢化で衰退気味の日本と、
人口が増えすぎて問題視されている海外では、

「YouTubeの市場規模が小さくなるか、大きくなるか」

というリアルでシビアな問題になりますので、
将来的なことも踏まえて”どちらを狙うことにメリットがあるか”は明白です。

それは”英語圏のみ”で考えても、
現在の英語人口約17億人から増えることはあっても、
そこから減ることは実質的にありえないので、答えは同じです。

英語以外でアメリカを除く、中国、インド、など、
単一の外国語で考えても、日本よりは遥かに”旨み”がありますよね。

日本語しか読めない、話せないから日本を狙うだけで、
日本国内、日本語に拘らない方が、
誰の目から見ても”当たればデカそう”なんですよ。

もしも、海外の言語を読み書きできるのであれば、
海外を狙うほうが「より多くのお金を稼げそうだ」と思うでしょうし、
日本人のユーチューバーが「日本」を狙わなければいけない理由は、
単純に「語学力(特に英語力)」が無いから、です。

「言語の壁」を超えることができると分かっているのであれば、
どうせやるなら「より沢山稼げそうな市場」を普通は選びますよね。

そして、その舞台となるのは、
確実に「日本」ではない筈です。

そんな言葉の問題をカバーして国外に特化するのが
「GyakuTube(ギャクチューブ)」のノウハウです。

GyakuTube(ギャクチューブ)のノウハウと、YouTubeの実情

「GyakuTube(ギャクチューブ)」のノウハウは、
顔出し、声出し、名前出しが不要ですので、
「外国語のネイティブな発声」もいりません。笑

基本的な「読み書き」についても、
一切問題がないノウハウになっています。

つまり、海外でYouTubeを利用しているユーザーから、
リアルな反応を取るための、

「”言語の壁”を超えた仕組み」

が、きちんと出来上がっているわけです。

ただ、冒頭でも述べたように、
YouTubeで国内ではなく海外を狙うことの本当の醍醐味は、

「海外のユーザーが多いから”再生回数が増える”」

という点ではなく、

「根本的に”単一動画から得られる収益性が違う”」

という点にあります。

わかりやすく言えば、別に再生回数が爆発的に伸びなくても、
”日本と同じように再生されるだけで稼げる金額が違う”ということです。

と言うのも、「再生回数」に関しては、
よほどの卓越したセンスでもない限りは、
日本と海外で”そこまで変わらない”と思います。

そもそもYouTubeを利用している海外ユーザーは多いですが、
それと同時に「競合となる海外のユーチューバーも多い」ですから。

そして、現実的な問題として、
YouTubeは日本国内とは比べ物にならないほど、
英語圏をはじめとする海外の方が圧倒的に発展しています。

それはノウハウ的なことも勿論ですが、
YouTubeで大きく稼ぐうえでの実践体制、組織化、戦略、
何から何まで「全て」が違います。

日本国内の大手顔出しユーチューバーのように、
ガッツリ稼いでいるユーザーが大勢いるわけです。

勿論、”匿名”で、ですよ。

ですので、今から海外でYouTubeに参入するイメージとしては、
HIKAKIN、はじめしゃちょークラスの競合がうじゃうじゃいる中で、
いきなり”一発当てよう”としているようなものです。

それくらいYouTubeが発展している最中に今更ノコノコと参入して、
あなたは一体どうやって競合を出し抜くつもりですか?って話なんですよね。

人並み外れたスキルがあったり、
誰にも真似できない芸当ができたり、
天才的な発想の持ち主であったり、
何かしら「成功できる要素」を持っていても、
それでも日本よりもかなり”成功率は低い”と思います。

実はYouTubeに限って言えば、

「日本よりも海外の市場規模が大きい(利用者数が多い)から”稼ぎやすい”」

ではなく、

「日本は市場規模が小さくてもレベルが低い(投稿者が少ない)から”稼ぎやすい”」

というのが紛れもない現実です。

実際、そんな”激アツ且つ激甘な動画市場”で、
最低月収100万円以上は片手間で稼いでいる私が言うわけですから、
これはまず”間違いない”です。苦笑

私の知人に月収数百万稼いでいる専業ユーチューバーがいるのですが、
曰く、「日本のYouTube市場は海外と比べて数年は遅れている」そうですよ。

そして「言うは易く行うは難し」とも言うように、
少なくとも、そんな日本国内でさえろくに稼げないようなレベルで、
いきなり海外進出して攻略するのは”極めて困難”と言えます。

なので、

「利用ユーザー数が多い=再生回数が伸びる=収益が増える」

なんて、そんなに都合よくいく話ではありません。苦笑

ただ、将来的なことを視野に入れて考えると、
日本は年々人口が減少して市場規模は小さくなっていく一方で、
YouTubeに参入するユーザーは増加していく可能性が高いです。

今後増えていく見込みのない”限られたパイ”をシェアする以上、
日本国内だけに拘っても”稼ぎが増える見込みは薄い”と思います。

それこそ、大手ユーチューバーのようにガッポリ稼げる人と、
ろくに稼げない人の二極化がよりハッキリと現れていく筈です。

なので、”いきなり海外で一発当てる”のもアリなんですが、
とりあえず「海外を視野に入れて取り組む」ということは、
遅かれ早かれ考えておいてもいいのではないか、と思います。

そこにはデメリットもなければ、リスクもありませんので。

そういう意味では「GyakuTube(ギャクチューブ)」は、
これまでに無かった新しい切り口のYouTube教材ですし、
今からでも手に取ってみる価値はあると思います。

「GyakuTube(ギャクチューブ)」で稼げるのか?稼げないのか?

ただ、おそらくYouTubeの現実を知ったあなたは、
結局のところ、

「海外で稼げるようになるか否か?」

その”一点”が気になっているのではないかと思います。

その結論を言えば、
「GyakuTube(ギャクチューブ)」は、
一発当たる可能性が”0”というわけではないですし、
やり方次第では「かなり稼げるノウハウ」だと思います。

先ほども挙げたように、
現在、海外のYouTubeは「国内よりも収益性が高い市場」ですから、
重要なのは”どんな動画を投稿して再生回数を得るのか”という、
YouTubeのチャンネルの「方針」と、動画の「切り口」です。

「GyakuTube(ギャクチューブ)」のセールスレターでは、
YouTubeで日本人にウケる動画が作れずに稼げなくても、
外国人にウケる動画を作って稼ぐことができますよ、という感じで、
わりとサラッと紹介されていますが、まさにポイントは”そこ”です。

先述したように、

「日本で海外を狙っているユーチューバーは少ない」

という”紛れもない事実”があるわけです。

ですから、日本という国の文化を活かし、
日本人ならではの特色を持った、

「海外、外国人にウケるチャンネル、動画」

これを作っていけば、
「競合が不在の中で再生回数を独占すること」も可能です。

つまり、早い話が、

「日本に対して、強い興味や関心を抱いている外国人」

ここをターゲットにして、ピンポイントで狙っていくわけです。

それは、例えば、

「日本のオタク文化やビジュアル系に好意的な外人」

を狙うでもいいでしょうし、

「日本に敵対心を抱いている韓国や中国など”嫌日国”」

を狙うでもいいと思います。

日本を”好きか嫌いか”はどっちでもいいので、
ここでは「日本に対する興味や関心の度合い」が重要になります。

いずれにしても、そう考えると「日本人特有の強み」は沢山ありますので、
そこを”上手く利用することが海外攻略のカギになる”というわけです。

そうすることで、「世界レベルの驚異的な再生回数」は無理でも、
「そこそこの再生回数」で、「日本とは桁外れの収益」を、
今までYouTubeで稼げなかったような人でも稼ぐことができます。

なぜなら、現状のYouTubeには、
競合となるようなユーチューバーが極めて少ないうえに、
日本という国に対して外国人からの「確かな需要」があるからです。

それは別にYouTubeをはじめとするネットだけの数字ではなく、
実際に外国人の訪日観光客が年々増加していっていることからも分かりますよね。

まぁ国内と海外で”どちらが稼ぎやすいか”も人それぞれですから、
いきなりドカンと一発当たる可能性もありますし。笑

なので、すでにYouTubeで稼いでいる人も、
今からYouTubeに参入しようと思っている人も、
「GyakuTube(ギャクチューブ)」を手に取って、
海外を視野に入れた戦略を学ぶ価値はあると思います。

将来的な人口推移や市場傾向の観点からも、
短期的な収益(先行者利益)の観点からも、
あえてここに”取り組まない理由はない”はずです。

YouTube未経験の方はサポート付き、
YouTube経験者はコンテンツのみ、
自分に合ったプランで試してみてください。

「GyakuTube(ギャクチューブ)」45日間サポート付き

「GyakuTube(ギャクチューブ)」コンテンツのみ

「GyakuTube(ギャクチューブ)」購入者特典

「GyakuTube(ギャクチューブ)」の購入者特典は、
YouTubeの「国内向け」のノウハウ教材を提供させていただきます。

なぜ、あえて「国内向け」なのかを説明させていただきますと、
「海外を狙う」となると、やはり腰が引けてしまうかもしれませんし、
万が一、海外進出に失敗した場合に、これが”保険になるから”です。

「GyakuTube(ギャクチューブ)」のセールスレターを読んでみると、
「YouTubeで平均1動画1万円」というフレーズが幾つかありますが、
実際のところ、それくらいであれば私も「国内だけ」で稼いでいます。

それは以前より、当ブログから無料提供している
以下のネットビジネス教材のLPのコピーにも記載しています。

無料提供しているネットビジネス教材の詳細はこちら

稼いでいる「証拠」に関してもメルマガ読者様限定ですが、
きちんと画像やノウハウのポイントを無料で公開しています。

私の場合は「平均1動画1万円」というよりは、
「平均1動画”月収1万円”、1チャンネル”日給1万円”」ですけどね。

で、今回購入者特典として提供する特典は、
それを一体どうやって達成したのか、という内容です。

本教材の「GyakuTube(ギャクチューブ)」が
「海外で平均1動画1万円」を稼いだノウハウということなので、
「国内で平均1動画”月収1万円”」を稼ぐまでに用いたノウハウを、
私は特典教材として配布するというわけです。

つまり、「GyakuTube(ギャクチューブ)」を手にして、
YouTubeで”海外ユーザーだけ”を狙うわけではなく、
”国内でも”同様に稼げるようにするための特典教材です。

これはYouTubeで”稼いでいない”アフィリエイターや、
YouTubeで”稼いでいる風”のアフィリエイターが、
適当に提唱する”そんなワケの分からないノウハウ”ではありません。

”自称”稼いでいるノウハウではなく、
”正真正銘”稼ぐことができたノウハウです。

実際に「平均1動画”月収1万円”、1チャンネル”日給1万円”」を稼いだ、
そのYouTubeアドセンスのノウハウの概要を知る事のできる教材です。

勿論、YouTubeに費やせる時間と労力次第なんですが、
海外と国内を両方狙えるのであれば、
両方狙ったほうが稼げる金額は増えます。

「日本国内」のホワイトなノウハウから、グレーなノウハウまで、
一通りは網羅した内容のコンテンツになっていますので、
この”特典教材だけ”でYouTubeアドセンスの成果を出すなんてことも、
決して不可能ではなく、現実的に可能だと思いますよ。

是非、そちらを併せてお役立ていただければと思います。

以上が私からの「GyakuTube(ギャクチューブ)」
購入者特典とさせていただきます。

「GyakuTube(ギャクチューブ)」45日間サポート付き

「GyakuTube(ギャクチューブ)」コンテンツのみ

それでは。

無料メルマガ講座はこちらから