甲斐です。

 

先日インフォトップより、

「ネットビジネス第三案”媒体ビジネス」という

一風変わった謳い文句の情報商材を発見しました。

 

今のところそれなりに売れており、

個人的にも気になったので内容を拝見したところ

想像以上の情報商材だと感じました。

 

すでに購入された多くの方は、

ここで言う「ネットビジネス第三案」が

一体どういったシステムのものなのか、

レベニューシェア型ツールとは何なのか、

”ほとんど理解されていない”のだろうと思います・・・。

 

今回の販売は”1st.stage”との事ですので、

第二弾の販売予定もあるのだと思いますが、

この手の情報商材は一度よく冷静になって判断するべきだと思います。

 

注意喚起も含めて、早速その実態を取り上げていきたいと思います。

 

こちらですね。

 

メディア・メイク・プロジェクト『ネットビジネス第三案』”媒体”ビジネスMMP

URL:http://taketin.net/mmp/info_kwmxakls/

TWS 佐藤剛

メディア・メイク・プロジェクト『ネットビジネス第三案』”媒体”ビジネスMMP(TWS 佐藤剛)

 

”メディア・メイク・プロジェクト

『ネットビジネス第三案』”媒体”ビジネスMMP”の、

「媒体ビジネス」というのは

TWSが2015年に開発したFMMPという、

バイラルサイトを量産するツールの運営者になりませんか?

というプログラム参加型のものです。

 

FMMPは”レベニューシェア型ツール”で、そのインセンティブは50%。

 

これだけだと少し分かりにくいかもしれませんが、

この意味がわかる人にはこの時点ではっきり言って

”2015年最もふざけたツール”だと思うはずです。

 

私なら逆にお金を貰っても利用したくはありませんが、

その判断ができない”情報弱者層”を意図的に狙っています。

 

”何がふざけているのかサッパリ分らない”という方のために説明すると、

このFMMPという”TWSが開発したツール”を利用する代わりに

運営のリスクを共有しながら稼いだ金額の50%を払うという仕組みです。

 

言わば「ネズミ講商法」と似たような感じで、

継続的にアフィリエイト報酬の半分を販売者に支払うわけです。

 

メディア・メイク・プロジェクト「MMP」を開発した

”TWS”というのは、どこかの大手企業のような印象を与えますが、

MMP販売者の佐藤剛さんの株式?会社です。

 

個人が開発したツールの使用料が3万円でも十分高いのですが、

レベニューシェア型ツールというのは”業務提携”のようなもので、

その提携間でもインセンティブの支払いの義務があるという事です。

 

また言うまでもありませんが、メディア・メイク・プロジェクト「MMP」の

ツール使用で支払うインセンティブ報酬が50%というのは”高い”と思います。

 

販売者「ツールを3万円で使わせてあげるから、売上の50%をください」

購入者「3万円と今後の報酬の50%を支払います」

という事ですので、

販売者佐藤剛さんは3万円と同時に”不労所得”を得る事に成功し、

購入者は3万円だけではなく、半永久的に摂取されることが確定します。

 

なぜメディア・メイク・プロジェクト「MMP」に3万円も払って、

更にそこから稼いだお金の50%を払う必要があるのでしょうか。

 

レベニューシェアという性質上、

参加者が増えれば増えるほど、

参加者以上に販売者が儲かるような仕組みです。

 

まあ、簡単に言えば”業務提携しましょう”というだけのものなのですが、

一個人の作ったツールがFacebookやYouTubeのようになったり、

そんな影響力を持つほど大きくなる事はないと思います。

 

つまり、ここから参加者の報酬が上がっていく可能性は低いです。

 

特に今回のメディア・メイク・プロジェクト「MMP」場合は

セールスレターを見れば一目瞭然なのですが、

ツールの写真や稼働状況を解説した動画など一切ありません。

 

”何も判断できるものがない”という事は、

セールスレターにツールの詳細を掲載する事で

”売れない”もしくは”デメリットになる”と判断したという事です。

 

自社で売り込んでいる商品を見せるのは当たり前の事ですよね?

 

でも、そうしないという事は、

”見せれない理由”があるという事です。

 

佐藤剛さん曰く、MMPは「インターネットの大家さん」になる

という事を目指すための新しいビジネスだと言われていますが、

どう転んだところで「インターネットの大家さん」になれるのは

販売者の佐藤剛さんだけです。

 

”大家”というのは言い方を変えた”不労所得”ですので、

その不労所得を販売者が獲得するというシステムがMMPです。

 

販売者が独占的に美味しいシステムに3万円を支払うのであれば、

その3万円はほとんどドブ川に捨てるのと同じようなものだと思います。

 

そのお金でライバル不在のブルーオーシャンで泳げたかもしれないのに、

わざわざ3万円と共にドブ川で泳ぐ必要はないと思うのですが。

 

  • 初心者が二週間で14700円稼げる
  • 1日30分
  • 日給20000円

 

上記のように、

メディア・メイク・プロジェクト「MMP」で謳っていることが、

もしもこれが事実なら、オススメできる余地もあるかもしれませんが、

残念ながら具体的な証拠や根拠は全くありません。

 

完全な机上の空論である可能性も否めないわけです。

 

他にも気になる点として、

 

  • サーバーレンタル不要
  • サイト量産不要
  • SEO対策不要
  • ブログ作成不要
  • メルマガ発行不要
  • HP不要
  • マインドセット不要
  • マーケティング知識不要
  • コピーライティング不要(文章力は必要)

 

必要なのは、動画を見つける事と、コッピー&ペーストだそうです。

それだけで日給2万円も稼げるのであれば,

世の中のアフィリエイターは皆稼げています。

 

そして、おそらく、

実際に販売者本人もこれで稼いでいるわけではないと思います。

 

メディア・メイク・プロジェクト「MMP」の販売代金3万円と、

参加者が稼いだお金を継続的にもらって稼いでいるんじゃないでしょうか。

 

いくら何でもさすがにこれは

側から見ていて気持ちがいい販売方法ではありません。

&nbsp

佐藤剛さんに一生お金を貢いであげたい!!という

熱い思いがあるのなら私は何も言うことはありませんが、

全員がそうではないと思いますので、目を覚まして頂ければと思います。

 

もしも「インターネットの大家」が魅力的に映るのであれば、

コピーライティングのスキルを徹底的に学び、

その上で”摂取する側”の人間になる事をオススメします。

 

それが、単純に一番”大家”として儲かります。

 

まぁ個人的な見解ですので、参考までに。

 

トップメニューへ戻る

 

それでは。

無料メルマガ講座はこちら

 

ネットビジネス基礎講座一覧

ネットビジネスで成功するために必要な準備

ネットビジネスで成功するために必要なスキル

ネットビジネスで成功するための最短最速のビジネスモデル

アフィリエイトとは。

ツイッターアフィリエイト講座

ツイッターの完全自動化

動画で稼ぐという選択肢

WordPressの基礎全般講座