甲斐です。

 

Amazonの商品在庫を自力でチェックしている方を対象に、

その作業を代替していくれるツールが販売されています。

 

こちらのAmazon在庫チェッカー【アマヒメ】というツールです。

 

Amazon在庫チェッカー【アマヒメ】

URL:http://www.ikt.jp/amahime/lt/

リアルパートナーズ 伊藤龍一

Amazon在庫チェッカー【アマヒメ】(リアルパートナーズ 伊藤龍一)レビュー

 

Amazon在庫チェッカー【アマヒメ】は、

Amazonに登録されている無数の商品の中から、

指定された商品の在庫数を表示してくれるリサーチ用のツールです。

 

Amazonで商品の在庫数を調べるだけなので、

「自力でやろう」と思えばできないことはありませんが、

一つの商品を調べるだけでも意外と時間と労力がかかるんですよね。

 

そんな「時間を短縮して労力を軽減したい方のため」のツールです。

 

その主な機能は以下の4つになります。

 

  1. 商品を指定すると、その商品の在庫数を取得して表示(10店舗)
  2. 新品を出品しているセラーの数を表示
  3. 売れ筋ランキング順位を表示
  4. CSVファイルとして出力できる、Excelで管理できる

 

上記のようにAmazonで「仕入れ」を行うまでの、

「商品リサーチ」に要する作業を簡略化することができます。

 

もしも、ツールや外注を行わず、

自力で一つ一つの商品を入力して在庫数を調べているようであれば

その労力が軽減されるというだけでも効率アップにはなりますので、

Amazonで稼ぐためには「あるに越したことは無いツール」です。

 

Amazon在庫チェッカー【アマヒメ】とその他のツールの違い

 

ただ、Amazon在庫チェッカー【アマヒメ】と同じように、

商品の在庫数を調べてくれるツールやソフトは無料でも手に入ります。

 

ですが、無料で使えるものは決まって動作が重く、

自力で調べても時間的にほとんど大差無いようなレベルなので、

結果的に効率が良くなっているのかは”不明”です。

 

少なくとも、試しに私が利用したものだけで言えば、

手作業でも大して変わりませんでした。

 

かと言って、この類の有料ツールの場合は、

相場が”2〜4万円ほど”と決して安くはありません。

 

例えば、当ブログで推奨している

「サヤ取りせどらー最終バージョン」は、

他とは比較にならないほど多機能、高性能ですが、

販売価格は買い切り「19,800円」になっています。

 

これは「費用対効果」を考慮すると”格安”ですし、

まず”損をすることはない優良ツール”なんですが、

そんなに気軽に手を出せない金額であることも事実です。

 

そんな中でAmazon在庫チェッカー【アマヒメ】は、

機能や用途は少ないものの、月額980円で利用できます。

 

もしも外注で在庫数のリサーチを依頼した場合は、

どれだけ安く見積もっても月額980円以上の費用がかかりますので、

ただ「それだけ」を効率化したいのであればお得だと思います。

 

ちなみに、Amazon在庫チェッカー【アマヒメ】は、

商品のセールスレターを見る限りでは、

今回の「通常版」とは別に「正式版」もあるみたいです。

 

Amazon在庫チェッカー【アマヒメ】を使ってみて、

もっと作業を効率的に取り組みたいと思うような場合は、

そちらに移行できるようになっています。

 

ただ、月額費用980円とは別に、

「初期費用3500円」がかかってしまうため、

こちらを1年半以降も使い続けるようであれば、

”「買い切りツール」を購入した方がお得”です。

 

当然ですが、それが多機能、高性能なツールであるほど、

1年半後にAmazonから得られているであろう収入は大きくなります。

 

なるべく早く成果を出して稼ぎ続けたいと考えているのであれば、

最初から妥協せずに「より良いツール」を手にした方がいいです。

 

それこそ、先述した「サヤ取りせどらー最終バージョン」は、

Amazonを商用利用する上でこれ以上ないお膳立てをしてくれる

「使わない理由がないAmazon電脳せどりツール」ですので、

興味があれば、以下より1度目を通してみてください。

 

「サヤ取りせどらー最終バージョン」の詳細はこちら

 

それでは。

 

無料メルマガ講座+無料プレゼントはこちら