甲斐です。

 

ここ最近ではめっきり見ることも販売されることもなかったBUYMA系の教材が非常に人気のようですね。

 

「なぜ今更BUYMA?」と感じる方も多いと思います。普通に考えれば”稼げるビジネス”とは言い難いイメージのあるBUYMAが、「なぜ今熱いのか?」そのあたり少し解説と共に取り上げていこうと思います。

 

こちらですね。

 


BUYER’S FUN(バイヤーズファン)

 

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)

 

http://buyersfun.com

花井志穂

 

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)花井志穂 / レビュー

 

「BUYER’S FUN(バイヤーズファン)」のBUYMAとは「物販(ファッション)輸入サービス」です。

 

そのBUYMAを利用して海外の商品を仕入れて、国内のお客様に売る輸入転売ビジネスが「稼げる」と過去にも一時ブームになった事があります。

 

結論から言ってしまえば、過去に ”BUYMAは稼げる”といって稼いだのは教材販売者ばかりで、実践者は稼げずにほぼ全滅でした。

 

そこから一気に世間の”BUYMA熱”は冷めてしまい”BUYMAは稼げない”というイメージを残したまま、本当にこの最近までは一切教材などを見ることはありませんでした。

 

そして今更になって、またこういったBUYMA商材が販売され、人気が出ている裏には、いろいろな思惑があるのではないかと思います。

 

まあ、別にBUYMAに限った話ではありませんが、BUYMAを使ったビジネスはリスクが一切ありません。先立つ出費などを支払いたくない方などには魅力的かもしれませんが、実際のところはどうでしょうか。

 

「BUYER’S FUN(バイヤーズファン)」なぜBUYMAはノーリスクなのか

 

「BUYER’S FUN(バイヤーズファン)」の売れ行きを見ても分かるように、なぜ過去に”稼げる”と言われて取り組んだにもかかわらず、”そのほとんどが失敗した”とんでもない悲劇を生んだビジネスが、今また”稼げる”とブームになったのか。

 

その大きな理由の一つはBUYMAは国内輸入で唯一「無在庫販売」が可能なビジネスだからだと思います。

 

私のAmazon輸出ビジネス講座でも提唱していますが「無在庫販売」というのは一切在庫をもっていない状態にもかかわらず、商品を出品しておく事ができる販売方法です。

 

通常のビジネスは「在庫販売」が一般的なので、「商品の在庫」があって初めて「出品」して、その在庫から商品が売れていくシステムです。

 

しかし「無在庫販売」の場合は「商品の在庫」は必要がありません。

 

先にいくつか商品を出品しておいて、商品の購入が決まったあとで、「仕入れ」に移ります。出品している商品が売れなくても、そもそもの在庫は”ゼロ”なので痛くも痒くもなく、売れたら時だけ自然と利益が出る仕組みが最初から出来上がっているわけです。

 

輸出ビジネスの場合は、この「無在庫販売」というのは割と一般的で、注文が入り次第、仕入れて海外のお客様に発送という方法は特に目新しいものではありません。

 

しかし輸入ビジネスで「無在庫販売が可能」というのは私の知る限りでは”BUYMAだけ”の特権であり、それこそ、そういったビジネスにあまり馴染みのないピュアな方達にとっては非常に目新しいビジネスに感じるかもしれません。

 

そもそもBUYMAに飛びついている層というのは、過去のBUYMAの悲劇を知らない割と初心者層な方が多いでしょうから、尚更「凄いビジネスモデルだ!」となると思います。

 

そこに登録料や出品料が無料であったり、BUYMAのサポートもついていますので、やるぶんには完全なノーリスクではあります。

 

参入する為に”支払う対価”があるとすれば”時間”くらいのものでしょうか。

 

まぁそんな上記のような理由から、セールスレター内で「リスクがない!」とか「誰でもできる!」と稼いだ実績などが書いてあれば、一回やってみようという気持ちになるのでしょうが、当然そんなに甘くはありません。

 

BUYER’S FUN(バイヤーズファン)は稼げるのか?

 

「BUYER’S FUN(バイヤーズファン)」を実際に購入しているわけではないので何とも言い切れませんが、BUYMAというサービスを利用するというビジネスの性質上、絶対に稼げないわけではないと思います。

 

ただ今回も前回と変わらず、”ほとんど稼げないだろう”と私は思っています。

 

基本的に転売ビジネスというのは何を使おうが、どんなサービスを利用しようが、ノウハウを公開してしまった時点で稼げません。むしろ稼げなくなったノウハウだからこそ情報商材にして売っています。

 

例え過去にどれだけ多くの収益を上げていたとしても、転売ビジネスで市場を公開してしまうとその市場は必然的に稼げなくなります。

 

つまり「有用性のあるノウハウの公開=ノウハウの有用性の消失」だという事です。

 

どういう事か簡単に説明すると、物販ビジネスである以上は必ず「仕入れ元」になるショップが必ず必要になるわけですが、”ノウハウを公開する”という事はそのほとんどが”仕入れ先を公開する”という事ですから、ノウハウを知った人達はこぞって同じ仕入れ元への発注を依頼する事になりますので、当然そんな事をすれば市場が飽和します。

 

いままで一人で100万円稼いでいたブルーオーシャン市場を100人に公開すれば、当然売上の100万円はノウハウを実践している100人でシェアされてしまう訳ですから、取り分が極小になるわけです。

 

月に100万円稼いでいる花井志穂さんのノウハウであれば、単純計算で一人1万円ですね。

 

まあ今の売れ行きを見ている限りだと100人どころではなく、相当数売れていますから、ノウハウの有用性は下がりつつあると思います。

 

次に挙げられるのは”そもそも仕入れる事さえできない”という可能性です。

 

実際に過去BUYMAを利用したビジネスで失敗した例はこちらの”仕入れ先”さえも獲得できなかったというのが多くの理由です。

 

「売れている商品をリサーチして見つけて出品」までしても、肝心の仕入れが結局できないままに終わっています。まさに時間の無駄でしかありません。

 

冷静に考えてみれば、ネットで商品を売るためには100〜1000以上は出品していかなければいけませんし、簡単に売れるはずもありません。

 

またそこから売れていけば売れただけ、海外の分かりにくいショップから仕入れる商品を探して、発注して・・・と結構労力は大きいと思うんですよね。

 

これが実はAmazon輸出ビジネスのように”輸出”の場合だと仕入れ先は日本のショップばかりで非常に簡単なのですが、わざわざ労力のかかるBUYMAを選ぶ必要ある?と普通に思いますよ。苦笑

 

花井志穂さんのセールスレターを見る限りでは非常に優れたコピーを書かれているため労力の大きさなどが分かりにくいとは思いますが、わたし的には言うほど魅力のあるビジネスではありませんね。

 

そもそもの話、この教材を製作した花井志穂さんや、推奨しているアフィリエイターは根っからBAYMAで稼いでいるというわけではなく、あくまで「情報発信のネタ」としてBAYMAを利用しているだけですので、情報発信ビジネスのほうが稼げることは間違いない事実かと思います。

 

ひとまず「無在庫販売」と「ノーリスク」に魅力を感じるのであれば、一度試してみるのはアリかもしれませんが、とりあえず輸入ビジネスよりも輸出ビジネスの方が少ない労力で大きく稼げると思っています。

 

もしくは、せどり転売ビジネスでしたら、BAYMAと同様に完全在宅で可能な「せどりインサイダー」というノウハウが逸脱していてオススメです。

 

またせどりインサイダーの場合は完全無料でノウハウを知ることができるので、興味があればご覧になってみてください。

 

次世代型せどり転売メソッドせどりインサイダーの詳細はこちらから

 

それでは。

 

無料メルマガ講座はこちら

トップメニューへ戻る

 

ネットビジネス基礎講座一覧

 

ネットビジネスで成功するために必要な準備

ネットビジネスで成功するために必要なスキル

ネットビジネスで成功するための最短最速のビジネスモデル

アフィリエイトとは。

ツイッターアフィリエイト講座

ツイッターの完全自動化

動画で稼ぐという選択肢

WordPressの基礎全般講座