甲斐です。

 

先日、情報商材の販売ページや、

メールマガジンのランディングページなど、

「縦に長いHP」を制作してくれるというオファーを見つけたので、

今回はそちらを取り上げていきたいと思います。

 

主にインフォトップのような情報系ASPを活用している

インフォプレナーや情報商材アフィリエイターが対象のようです。

 

KMIオフィス 三浦圭子の「LP/情報商材販売HP制作」

URL:http://kmioffice.jp/LP_infotop/

KMIオフィス 三浦圭子

KMIオフィス 三浦圭子の「LP/情報商材販売HP制作」について

 

KMIオフィス 三浦圭子の「LP/情報商材販売HP制作」は、

あなたが手がけたセールスレター(コピー案)の原稿を、

綺麗なデザインの「縦に長いHPに仕上げてくれる」というものです。

 

一応、どうしても文章が書けないような場合には、

「セールスレターの作成代行」も受け付けているようですが、

基本的には原稿をもとにしてデザインを手がけていく

「デザイン専門」の業者みたいです。

 

基本的な制作内容は以下のようになっています。

 

  1. インパクトの強いオリジナルヘッダー画像
  2. キャッチコピーを魅力的にロゴ化
  3. 小見出しを簡潔に分かりやすく画像化
  4. お客様の声、Q&Aも見やすくデザイン
  5. 得点は超豪華&魅力的に掲載
  6. 価格部分は明確に分かりやすく
  7. 信頼性を最大限アピール
  8. SEO対策タグ埋め込み
  9. 目立つASP申請用バナー無料作成
  10. 特商法ページ、プライバシーポリシーページ

 

上記の工程から仕上がるデザインの完成イメージは、

過去に依頼者の要望に沿って制作したものが

セールスレター内にズラッと掲載されています。

 

全体的に「インパクト重視」なものが多いですが、

さすがにデザインから”素人っぽさ”は感じません。

 

少なくとも、見た目だけで言えば、

たまに見かける「素人感満載のセールスレター」とは、

はっきりと違いがわかるクオリティだとは思います。

 

「デザイン料」は依頼するセールスレター(コピー案)の

原稿のページ数(文章量)によって以下のようになっています。

 

  • プチコース:A4「5ページ以内」45,000円(税別)
  • スタンダードコース:A4「 15ページ以内」75,000円(税別)
  • プレミアムコース:A4「30ページ以内」98,000円(税別)
  • こだわりコース:A4「30~45ページ対象」188,000円(税別)

 

上記を見る限りでは、

「メールマガジンのランディングページ」がプチコース、

「情報商材の販売ページ」はその他のコース、という感じですかね。

 

ちなみに、依頼するコースによっては、

以下のオプションも付いてくるようです。

 

  • カウントダウンタイマー設置
  • メルマガフォーム設置
  • ASP申請用バナー作成
  • 商材のPDF化

 

まぁ高いとも安いとも言えない微妙なところですが、

セールスレターのデザインに不満がある方なんかは

こういうものに頼ってみるのはアリだと思います。

 

ただ、もう少し安く済ませたいという方は、

こういうLP作成ツールが手軽なのでオススメですよ。

「MeVIUS-メビウス-」の詳細はこちら

 

KMIオフィス 三浦圭子の「LP/情報商材販売HP制作」に

依頼した場合はおおよその制作期間は1~3週間程度ですが、

上記のようなツールだとプログラミングの知識がなくても、

好きな画像をはめてコピーを書くだけなので、

小一時間あれば簡単に作れますからね。

 

ひとまず一回試してみてから、

それでも納得ができないようであれば、

プロに依頼してみるといいかもしれません。

 

セールスレターのデザインについて

 

基本的に情報商材は購入するまで中身が見えないので、

実際はコンテンツ内容の良し悪しに関わらず、

先立つ「セールスレターの完成度」によって稼げる金額は決まります。

 

つまり、例えどれだけ粗悪なコンテンツの情報商材でも、

セールスレターの出来が良ければ稼ぐことができるわけですね。

 

反対に、どれだけ素晴らしいコンテンツの情報商材でも、

その魅力をセールスレターで伝えることができなければ、

いつまで経っても売れることはありません。

 

そんな情報商材のセールスレターを構成している要素は、

たったの”二つだけ”です。

 

  • コピー(文章)
  • デザイン

 

上記の二つの要素から得られる情報をもとにして、

情報商材は購入されるかどうかが決まりますので、

どちらか一方が欠けるとそれだけ読み手の反応は下がります。

 

したがって、効率的にセールスレターの反応を上げたければ、

どちらか一方を自分自身で徹底的に追及するようにして、

もう一方をその道のプロに依頼した方がいいと思います。

 

結局は”二兎を追う者は一兎をも得ず”と言うように、

一人でいきなり二つのスキルを習得するなんて、

作家とプログラマーを目指そうとするようなものですので、

現実的には”ほぼ不可能”ですからね。

 

そう考えると、ネットビジネスの収入に最も影響する

コピーライティングのスキルを自力で学ぶようにして、

それ以外のデザインに関することは任せるようにした方が、

結果的に稼げるようになる金額は大きいのではないかと思います。

 

コピーライティングのスキルを習得すれば、

セールスレター以外のブログやメールマガジンなど、

様々なコンテンツ作成時にも活かすことができますからね。

 

ちなみに、情報商材に限らず、

ネットビジネスで稼ぐためにコピーライティングのスキルを学ぶのであれば、

「ミリオンライティング」という教材があれば十分です。

 

もしも手に取ってみて気に入らなかった場合は、

「365日間無条件全額返金保証」が付けられているので、

興味があれば以下のレビューにでも目を通していただければと思います。

 

まぁあくまで個人的な見解ですので、参考までに。

 

ミリオンライティングの詳細はこちら

 

それでは。

 

無料メルマガ+無料プレゼントはこちら