甲斐です。

 

先日、インフォトップより新しく販売された

せどり系の情報商材を取り上げていきたいと思います。

 

今からせどりを始めようと考えている人や、

せどりを始めたばかりで間もない個人せどらーに向けた

せどりの定番中の定番とも言える「ホームセンター」を利用するノウハウです。

 

こちらですね。

 

Newホームセンターせどり

株式会社キュリアスコープ

岩崎秀秋

大藤伸栄(ナツメ球)

Newホームセンターせどり(株式会社キュリアスコープ、岩崎秀秋)レビュー

 

「Newホームセンターせどり」は商品名を見て分かる通り、

ホームセンターで商品の仕入れを行うせどりノウハウです。

 

言うなれば、”昔ながら”の自らの足で店に出向いて、

目利きや仕入れ作業を行う「リアルせどり」の教材です。

 

正直、今までにもこの類の情報商材は散々出回ってきましたので、

今回も同様にそこまで目新しいノウハウというわけではなさそうです。

 

従来どおり、肉体的な労力と金銭的なリスクを伴いますので、

そんな労働を続けていくのが苦にならないかどうか、ですね。

 

また、個人がビジネスに取り組む際の一つの判断基準として、

堀江貴文さんが推奨した儲かるビジネスの「4つの原則」は有名ですが、

「せどり」に関しては、それがほとんど当てはまりません。

 

以下を見てみてください。

 

  1. 初期費用がかからない、小資本
  2. 在庫を抱えない、少ない
  3. 利益率が高い
  4. 毎月の定期収入が確保

 

上記がその儲かるビジネスの「4つの原則」なのですが、

誰の目から見ても「これをクリアできれば確かに稼げる」と思うでしょうし、

そこまで思わなくても、大方この原則は「間違い」ではないはずです。

 

しかし、この4つの原則を参考にして見る限りでは、

むしろ、「せどりは正反対なんじゃないか」と思います。

 

以下が、「せどりの4つの原則」です。

 

  1. 初期費用がかかる、目標売上金額の倍以上
  2. 在庫を抱える、管理する場所が必要になる
  3. 利益率が低い、赤字になる場合もある
  4. 仕入れに出向かなければ収入にならない

 

上記を見れば一目瞭然ですが、

稼げる稼げない以前の問題として、

ビジネスとして「大丈夫か?」と思います。

 

わざわざ誰の目から見ても納得できるような、

儲かるビジネスの指標があるのにも関わらず、

”あえて”それに反するようなビジネスに取り組む必要がありますかね?

 

もちろん、人それぞれ考え方も違えば向き不向きもあるので、

せどりのような悪条件でも稼げる人は大勢いると思いますが、

今から初心者が挑戦するのはリスクが大きいだけで無謀かな、と思います。

 

基本的には「ハイリスク・ローリターン」ですし、

まずは「ちょっと試しに」という感覚でやるくらいなら、

身の回りにある不用品でも試しに売ってみればいいと思います。

 

また、同じ「せどり」というビジネスモデルでも、

ネット上で全作業を済ませられる「電脳せどり」と比較すると

労働を要する「リアルせどり」の非効率さが浮き彫りになります。

 

まぁその電脳せどりも他のネットビジネスと比較すると、

残念ながら非効率な部類になってしまうわけですが、

少なくとも毎回仕入れのたびに実店舗に足を運ぶような、

肉体的な労力からは解放されるので断然継続しやすいと思います。

 

実際、私も「電脳せどり」は少しばかりかじっていますしね。

 

一応、「Newホームセンターせどり」でも

「電脳せどり」に関するマニュアルは用意してあるようですが、

あくまで、今回のノウハウの最も核となっているのは、

「ホームセンターを利用するリアルせどり」です。

 

もちろん、自分の目で実物を見て仕入れるのと、

ネット上で仕入れるのは見るべきポイントが違いますので、

「ホームセンターを利用するリアルせどり」ならではの、

電脳せどりにはない魅力や優位性も挙げればあるとは思います。

 

ただ、そもそも前述したように「リアルせどりは効率が悪い」わけですから、

強いて「どうしてもリアルせどりで稼ぎたい!」と考えているわけではなく、

ゆくゆくは「電脳せどり」にも挑戦してみたいと考えるのであれば、

最初から電脳せどりに取り組んだ方がいいのではないかと思います。

 

自ら足を運ぶ必要のある「リアルせどり」が今後もあらゆる面で

「効率の悪いビジネスモデル」である事実は変わらないと思いますので、

将来的な長い目で見ると肉体的にも精神的にもキツくなると思います。

 

あとは、「せどり」全般に共通して言えることですが、

稼ぐためには「定期的な仕入れ」が絶対条件である以上、

稼げば稼ぐ分だけ労力が増えて忙しくなるという性質があるため、

いずれにしても「時間とお金の問題から解放されることはない」です。

 

当然と言えば当然のことですが、

リサーチが甘かったり目利きを失敗して商品選定を誤れば、

大量に仕入れた商品が丸ごと在庫になることもありますし、

いつか売れたとしても、その時には利益にならない場合もあります。

 

まぁ正規の事業としてやれば経費で色々と落とすこともできるでしょうけど、

いずれにしても先立つ仕入れ金が無ければろくに仕入れることもできないので、

他と同様、相応のリスクを取らなければまとまったお金は稼げないと思います。

 

上手くいけば大きな利益を得られるかもしれませんが、

下手すると大きな損失をしてしまうかもしれないということを踏まえて、

それでも「せどりじゃなきゃダメだ!」と思うのであれば、

まぁお好きにどうぞ、という感じですね。

 

「Newホームセンターせどり」の内容

 

「Newホームセンターせどり」購入者に配布されるコンテンツは、

Amazonアカウントの作成方法や、出品方法など、基礎知識全般と、

ホームセンターで商品を仕入れる方法や、電脳せどりのやり方までを

全107ページのPDFファイルにまとめた、せどり初心者向けの教材です。

 

販売元の「株式会社キュリアスコープ」は、

せどり・転売系の情報販売を専門的に行っている業者さんです。

 

コンテンツのボリュームは少ないですが、

無制限のメールサポートがついていますので、

それで販売価格8840円は安いんじゃないでしょうか。

 

本当に実践するかどうかは置いておいて、

せどりの勉強をしたいのであればいいかもしれません。

 

この「Newホームセンターせどり」の教材を製作した大藤伸栄さんは、

このノウハウを開発、実践して約一年で「3500万円」をご自身で売り上げ、

現在は全国を仕入れしながら巡る「旅せどらー」として活動しているそうです。

 

所謂、「ノマドブロガー」の”せどらー版”みたいな感じなのでしょう。

 

ホームセンターは全国各地にあるので実力次第では可能でしょうけど、

個人的に気になるのは、仕入れた商品は車に積んだまま移動しているのか、

それとも、倉庫にすぐ配送しているのか、旅先で仕入れた商品の行方ですね。

(まぁ普通に考えればFBAなどを利用しているのだとは思いますが。)

 

そこで、どうやら大藤伸英さんは全国を駆け回りながら

10数名のコンサル生を指導されているようなので、

今からまとまった商品を仕入れることができる自己資金があるのであれば、

先立つ仕入れ金を削ってコンサルを受けた方が早く大きく稼げると思います。

 

まぁ自分一人でやろうとコンサルを受けようと、

どんな手段を選んでも最終的には全て自己責任ですが、

ろくに知識がない段階で己を過信すると失敗しやすいと思うので、

どうせお金があるなら、直接教えてもらった方が確実性が増すと思います。

 

反対に、そこまでの自己資金がないのであれば、

私が推奨している完全無料の「せどりノウハウ」を見てみてください。

 

完全在宅で可能な上に低リスクで稼ぐことができるので、

無料で公開されていること自体が不思議なほど、

完成された「逸脱したせどりノウハウ」だと思います。

 

一度騙されたと思って目を通してみることをお勧めします。

 

まぁあくまで個人的な見解ですが、

今後の参考にしてみてください。

 

次世代型せどり転売メソッド「せどりインサイダー」の詳細はこちらから

 

それでは。

 

コンテンツ一覧はこちらから