甲斐です。

 

先日、インフォトップの新商材欄に、

トレンドアフィリエイト教材「下克上∞」の販売者として、

一躍有名になった株式会社moveのバナナデスクさんの、

「コミュニティ型の企画」が掲載されているのを発見しました。

 

こちらは先月の中頃あたりに、

教材購入者に配信されているメルマガでオファーがあったものですが、

どうやら今の状況を見る限りでは参加者を「募集」しているようです。

(そもそも定員制限がない?のかもしれません。)

 

今回はそちらを取り上げていきたいと思います。

 

TMC「トレンドマーケティングクラブ」〜バナナデスクの全く新しい最新戦略〜

URL:http://trend-marketing-club.com/web-index2.html

岡田崇司(バナナデスク)

株式会社move

TMC「トレンドマーケティングクラブ」〜バナナデスクの全く新しい最新戦略〜(株式会社move、岡田崇司)について

 

TMC「トレンドマーケティングクラブ」は、

コミュニティが始動するのが2016年7~ですので、

実際に参加者に配布されるコンテンツについては詳細不明です。

 

セールスレターでも深くは掘り下げて説明していないので、

あまり突っ込んだことは言えませんし、分かっていません。苦笑

 

ですので、私が株式会社moveのバナナデスクさんから購入してきた、

下克上∞、YouTube Trend Marketing(YTM)、Pirates Of YouTube など、

これまでのノウハウや高額塾から経験則として分かっていることを、

TMC「トレンドマーケティングクラブ」に参加するか否かを決めるための

「一つの判断基準」としてもらえるように述べておこうと思います。

 

したがって、ここから先は「過去の話」でしかありません。

 

今回の「新たな企画」も同様だと言い切れるわけではないですから、

その点を踏まえた上で、”話半分”で目を通してもらえればと思います。

 

株式会社moveのバナナデスクが提唱してきたアフィリエイトノウハウについて

 

まず、株式会社moveのバナナデスクさんが提唱するノウハウは、

基本的に「トレンドの”稼ぎやすい”もの」であることが多いです。

 

それは、これまでにバナナデスクさん自身が販売されてきた、

下克上∞、YouTube Trend Marketing(YTM)、Pirates Of YouTube など、

数々の情報商材で提唱されているノウハウを見れば間違いありません。

 

つまり、バナナデスクさんは、

まだまだ競合の少ない段階の再現性が見込めるノウハウを見つけて、

それを「情報商材」として販売するタイミングが”絶妙”なんですね。

 

おそらく、今の情報業界の中ではトップクラスで、

「目の付け所がいいインフォプレナー」と言えるんじゃないでしょうか。

 

例えば、バナナデスクさんの代表作と言えば、

トレンドアフィリエイト教材「下克上∞」です。

 

販売本数12,000本という情報商材屈指のロングセラー教材であり、

つい最近リニューアルされたことで話題になっていましたね。

 

この「下克上∞」がリリースされたのは2012年3月ですが、

その他の類似したトレンドアフィリエイト教材は、

2013~4年以降になって集中的に販売されています。

 

つまり、「下克上∞」は後に続くトレンドアフィリエイト教材の

言わば”先駆け”的な存在だということです。

 

また、「YouTube Trend Marketing(YTM)」も同様に、

顔出し、声出し、名前出しを一切無しで稼ぐ方法や、

YouTubeのグレーゾーンを狙うという手法など、

その他のYouTube教材よりも先に着手しています。

 

こちらは2013年に販売されたものですが、

当時はまだ今ほどYouTubeで稼ぐというビジネス自体が

そこまで浸透しておらず「少しずつ模索されていた時期」です。

 

「YouTube Trend Marketing(YTM)」のノウハウ自体は、

「Mr.YouTube」という方の考案したものですが、

そこにいち早く目をつけたバナナデスクさんは、

やはり「目の付け所がいい」と思います。

 

実際、この教材の販売を機にブログから一転して、

「YouTubeに市場を移した」というアフィリエイターも、

それなりにいるんじゃないですかね。

 

ただ、「Pirates Of YouTube」に関しては、

ちょうどYouTubeのアルゴリズムが変わった時期だったので、

それまでに通用していたノウハウが通用しなくなったこともあって、

”賛否両論ある”のではないかとは思います。

 

ですが、今から「匿名」のままYouTubeで稼ぐためには、

「Pirates Of YouTube」で公開されている情報は必須なものばかりなので、

あとは稼げるかどうかは「実践者」によるところが大きかったと思います。

 

少なくとも、私は「稼げるな」と思いましたよ。

 

と言うのも、

以前に当ブログでアフィリエイト実績について取り上げた際に

「Googleアドセンス」の収益を一部公開しているのですが、

その収益を生み出すベースとなっているアフィリエイトノウハウは、

ここまでに上述したノウハウと大きな違いはありません。

 

Googleアドセンスで稼げるという「証拠や実績」について

 

つまり、極端な話をいえば、

下克上∞、YouTube Trend Marketing(YTM)、Pirates Of YouTube、など、

どれも「稼げる」といえば問題なく稼げるわけです。

 

まぁその辺はどのノウハウも同じだと思いますが、、、。苦笑

 

株式会社moveのツールが想像以上に使えた件について

 

TMC「トレンドマーケティングクラブ」では、

”「バナナデスクの全てのノウハウ」を提供する”と書いてあり、

ブログ、YouTube、情報発信について学ぶ事ができるそうなのですが、

同時に以下のようなツールも利用することができます。

 

  • バナークリエイター(画像作成ソフト)
  • TMCマスターツール(キーワード選定ツール)

 

上記のツールの詳しい性能については、

これまでにも述べているように定かではありません。

 

ただ、「Pirates Of YouTube」で提供された専用ツールは

あくまで”個人的”にですが、想像以上に良かったと思っています。

 

まぁそれなりのお金を払っている側からすれば、

ある程度のクオリティを期待するのが当然なんですが、

それが決して”当然ではない”のが情報業界の実情です。

 

そういう意味では適当に”その場しのぎ”でやっているのではなく、

誠実に「参加者を稼がせよう」としているのが伝わりました。

 

バナナデスクさんの販売している情報商材は、

セールスレターに関しては誇大広告気味なところが多いですが、

実際のところ「アフィリエイトで稼ぐ」という点においては、

信頼できるインフォプレナーだと思います。

 

TMC「トレンドマーケティングクラブ」〜バナナデスクの全く新しい最新戦略〜の真意

 

さて、ここまでまるで「回し者」のように、

株式会社moveとバナナデスクさんについて述べてきましたが、

私はTMC「トレンドマーケティングクラブ」に参加していません。

 

一度は「情報発信用のネタ」として参加することも考えましたが、

最終的な結論として「参加しない」ことに決めました。

 

その「参加しない理由」はいくつかあるのですが、

主な理由は以下の3つです。

 

  1. コミュニティの運営期間が「6ヶ月」と短い
  2. ブログ、YouTube、情報発信と稼がせる方向性が定まっていない
  3. 現状、それぞれのノウハウが教材によって出尽くしている

 

詳しく解説するほどのことではありませんが、

つい最近「下克上∞」がリニューアルされたことや、

「Pirates Of YouTube」などの実情を踏まえて考えると、

TMC「トレンドマーケティングクラブ」に参加する理由が

これといって「見当たらない」ということです。

 

少なくとも、ここ最近の活動を見る限りでは、

 

  • 「下克上∞」のリニューアルでブログに関するノウハウを公開
  • 「Pirates Of YouTube」でYouTubeに関するノウハウを公開

 

基本的な「手の内は晒している」と思いますので、

このコミュニティに「全く新しい最新戦略」というほどの、

そんな「目新しさ」は感じないというのが正直なところです。

 

むしろ、まだ「ネタ切れ」してないのが驚きです。

 

まぁ「情報発信」については多少興味はありますが、

それだけのためにわざわざ参加する気も起きませんからね、、、。

 

私の個人的な見解でしかありませんが、

バナナデスクさんの提唱しているノウハウに取り組みたいのなら、

ブログで稼ぎたいなら「下克上∞」を購入すればいいと思いますし、

YouTubeで稼ぎたいなら「Pirates Of YouTube」でいいと思います。

 

TMC「トレンドマーケティングクラブ」のコミュニティに参加しても、

それだけで”稼げるようになる”というわけでもないですし、

実質的に稼ぐためのノウハウや、やるべき作業に関しては、

あまり「大きな違いはない」と思いますので。

 

今回のTMC「トレンドマーケティングクラブ」には、

「プロデュース企画書権利」という教材や企画をリリースするための、

コミュニティ運営の他に「教材制作」を兼ねた意図があるようなので、

私は半年後に「新たなノウハウ」が販売されるのを期待します。苦笑

 

それでは。

 

無料メルマガ講座+無料プレゼントはこちら