甲斐です。

今回は動画を自作するような王道の稼ぎ方ではなく、
著作権ギリギリのグレーゾーンだけど、圧倒的に稼ぎやすい、
そんなYouTubeの稼ぎ方について取り上げていきたいと思います。

今最もYouTubeアドセンスで稼ぎやすいと言われている、
”他人のふんどしで相撲を取る”というノウハウです。

反則的なYouTubeアドセンス戦略

当ブログでは、
これまでにもYouTube上で競合をリサーチして、
その戦略や思考を丸ごと”パクる”ことで、
動画で稼げるようになっていくとお話をしてきました。

ただ、これはあくまでも自分のチャンネルや動画に、
それらを反映させて稼ぐことが前提になっていました。

オリジナルの動画を撮影したり、編集して稼ぐための、
一つの効率的な”情報収集手段”を解説していたわけですね。

ところが、そのように一から動画を撮影、編集して、
投稿していく王道の手法以外にも、
YouTubeには人の稼いでいる動画を活用するという、
反則的な稼ぎ方が当たり前のように存在します。

その方法であれば、
自分で一からネタを考えて動画作成なんてしなくても、
最初から人が作成している動画を活用するだけなので、
非常に効率よく動画を量産することができるんです。

そんな方法が果たして通用するのか、
にわかには信じられないかもしれませんが、
”著作権の隙間にあるグレーゾーンを狙うこと”ができれば
それはギリギリ合法なので、セーフです。

そして、それを可能にするのが、YouTubeなんですね。

勿論、そんな姑息な手を使わなくても、
ちゃんと視聴者目線で動画を投稿していれば稼ぐことはできます。

ですが、動画を一から自作してコツコツとファンを集めるよりも、
最初から一定のファンが付いているような既存の動画を流用した方が、
圧倒的に少ない労力で簡単に稼ぐことができるのではないでしょうか。

やはり、自力でチャンネル登録者数を増やしたりするには
相当な時間と労力を使いますし、簡単ではありません。

ひとまず、チャンネルにファンがつき始めれば、
徐々に稼げる報酬も右肩上がりになっていきますが、
そこまでのチャンネルとして成長できるかどうかは
動画投稿者の”やる気やセンスも問われる”と思います。

いくら探せばいくらでも成功事例があるとはいえ、
動画作成は視覚と聴覚の両方で
視聴者を楽しませる事ができなければいけませんから。

それこそ、なかなか人には真似できないような
特技、スキルなどがあれば話は別ですが、、、。

しかし、私自身も含めて、残念ながら、
ほとんどの人はそういった能力を持ってはいません。

そもそも秀でた能力を持っている人は、
何も言わなくても最初から稼いでいたりします。苦笑

では、結局のところ、一般人はYouTubeで稼げないのか?

と言うと、決してそうではありません。

素人が有名芸能人並みの影響力を持った動画を投稿して、
確実に再生回数を伸ばしていける方法があります。

それが、著作権違反になる”ギリギリ”と、
YouTube独自の削除基準違反になる”ギリギリ”の、
グレーゾーンを狙った動画を投稿して稼ぐ方法です。

これまでにYouTubeを利用したことがあれば、
どう見ても著作権的にアウトな動画が平然とアップされていたり、
規約違反に引っかかって削除されてもおかしくないのに、
不思議と残っている動画を見たことはあるのではないかと思います。

テレビ番組、ライブ映像、ラジオ放送、など、
後日削除されてアカウントを停止させられる動画もありますが、
実はあの類の動画はYouTubeに残るべくして残っているんですね。

そんな顔出し、声出し、名前出し、一切無しで、
匿名のまま他人のふんどしで相撲を取り、
圧倒的な生産性を発揮していく、
反則的な稼ぎ方に興味はありませんか?

”反則ギリギリのライン”を理解することができれば、
”動画撮影無し”でYouTubeで稼ぐことができます。

とりあえず、実践するかどうかは別として、
知っておくだけでも損はないと思います。

そこで、今回はなぜそこまで邪道な方法で稼げるのか、
具体的な根拠と理由を添えて公開している
邪道な戦略に特化したYouTube教材をご紹介します。

エビルユーチューバー

URL:http://evilyoutuber.black/index31.html
尾上雄二
株式会社バンザイ

エビルユーチューバー(尾上雄二)株式会社バンザイ レビュー

既にほとんどネタバレしていますが、
エビルユーチューバーが提唱しているノウハウとは、
YouTubeで”あえてグレーゾーンを狙う戦略”であり、
厳密には”著作権ギリギリを狙う動画の作り方”です。

有名芸能人や、一流アーティストなど、
投稿するだけで勝手に再生回数が増え続けること間違いなしの、
大きな影響力を持つ他人の”ふんどしを借りて稼ぐ戦略”になります。

以前からもグレーゾーンを狙った戦略はありましたが、
エビルユーチューバーはその戦略にだけ”特化した教材”です。

すでにYouTubeアドセンスに参入していて、
今までコツコツと自分で動画を撮影したり編集してきた方であれば、
尚更、この他人の影響力を利用するという戦略が
どれだけ稼ぎやすい方法なのかは分かると思います。

一つの動画で数百〜数千万単位で再生されていますから、
それを利用して、稼げないわけがないんですよね。

それでなくてもYouTubeを利用した動画投稿ビジネスは、
”今最も稼ぎやすい市場”と呼ばれているわけですが、
このエビルユーチューバーのグレーゾーンを活用する戦略は
今最も稼ぎやすい市場で”最も簡単にお金を稼げる方法”かもしれません。

まだイマイチ”ピンと来ていない”かも知れませんが、
エビルユーチューバーの教材で提唱しているノウハウは、
王道の戦略では不可能だった即効性も兼ね備えたものになっています。

つまり、大きな報酬を、少ない労力と、圧倒的なスピードで
”合法的に稼ぐ事”が可能だということです。

もしも、これまでそんなグレーゾーンの動画を見たことがなかったり、
これはアリなのか?と疑問に思ったことがなかったとしても、
YouTubeでアーティストや芸能人が相当稼いでいるのは分かると思います。

ただ、YouTubeの実情として、そういった動画というのも、
公式チャンネル以外からアップされているものが過半数を占めているんです。

かなりエグい再生回数の動画もザラにありますが、
実際は、それで”一般人が稼いでいる”ということです。

ただ、その動画の何が”大丈夫”で、何が”アウト”なのか、
その線引きを知っておかなければ、
報酬が振り込まれる前に全額没収されます。

言い換えれば、線引きを明確にしておけば、
他人の動画を活用することができるということです。

そんなイロハを知ることができるのが、
エビルユーチューバーなんですね。

エビルユーチューバーの著作権法の抜け穴と、YouTubeの抜け穴を突いた戦略

一言に「著作権」といっても、
日本の著作権法だけでも音楽の著作権、映像の著作権、画像の著作権など
様々な著作物が存在しており、それぞれ扱いが異なります。

そして、日本の著作権法と海外の著作権法は違います。

そういった法律の”抜け穴”と、
YouTubeの利用規約などの”抜け穴”を
エビルユーチューバーの販売者である尾上雄二さんは、
完全に把握した上でひっそりと荒稼ぎしていたそうです。

一般的な自作自演のオリジナル動画の場合だと、
少なからず”当たり外れ”もありますので、
再生回数が伸びる動画もあれば、全く伸びないものもあります。

ユーチューバーのように体を張ったとしても、
再生回数が一桁、二桁の動画なんてザラです。

かと思えば、何が面白いのかも分からないような動画が、
再生回数を七桁、八桁と伸ばし続けているケースもあります。

そんな予想のつかない再生回数のムラが、
これまでのYouTubeアドセンスの面白さである反面、
大きな”デメリット”でもあったんですが、
エビルユーチューバーの場合は”当たり外れ”がほとんどありません。

何十万、何百万回再生されているような動画を、
言ってしまえばササッと”パクって投稿する”わけですから、
「再生されない理由がない動画」を投稿する事ができます。

誰のふんどしを借りるかにもよりますが、
ほぼ確実に再生回数は伸びていきますし、
その伸びしろは計り知れません。

それを”法律にも触れず、利用規約にも触れず、合法的”に行えるわけです。

しかも、そんな動画を自分のペースで投稿することが出来ます。

これまではYouTubeで有名芸能人や一流アーティストは、
相当の金額を稼いでいるんだろうと思っていたかもしれませんが、
あらかじめ稼いでいる動画を自分の好きなタイミングで、
好きなだけ投稿出来るほうがどう考えても効率的に稼げると思いませんか?

第一線で稼いでいるような芸能人やアーティストは、
そんなにコンスタントに新しい動画をアップすることはないですが、
こちらはネタさえあれば毎日アップすることも出来るわけですからね。

しかも、やる事と言えば、
完成している動画をパクるだけなので、
時間と労力もほとんどかかりません。

実際、これ以上に再生回数を稼げる方法は中々ないと思います。

エビルユーチューバーで著作権を理解している邪道なYouTuber

ただ、YouTube上で今でもたまに見かけるのが、
著作権を理解していない無知な投稿者です。

無作為に違反動画を投稿しては、削除されています。

実際、YouTubeも著作権は厳しく取り締まっているので、
ただ適当にテレビやアニメ、音楽PVなどを
がむしゃらに投稿すればいいというわけではありません。

もともと日本の著作物に関する取締りは
海外と比べて厳しいと言われているくらいですので、
十中八九の割合で収益化前に削除されるのがオチです。

また、通告を無視して違反を繰り返していると、
YouTubeサイドにマークされるようになって、
動画を投稿しても即日削除されるようになってしまい、
最悪、YouTubeアカウント”そのもの”の利用を停止されます。

勿論、新規でアカウントを作成しても、
紐付けされているアドセンスアカウントから同一人物だと分かるので、
新しいチャンネルから投稿した動画も即日削除されます。

しかし、著作権法というのは線引きが曖昧なもので、
「引用元」という一文が説明に記載されてあるか、ないか、
そんな紙一重の差で動画が削除されるか、されないかが決まります。

大袈裟でもなんでもなく、それらの法律や、規約の抜け穴を、
”知っているか知っていないか”の僅かな違いだけで、
これからYouTubeで楽して簡単に稼げるのか、
はっきりと明暗が分かれてしまうと思います。

まぁエビルユーチューバーのように、
最初からグレーゾーンを狙っていくという戦略は、
”本当にそんな事して大丈夫なのか?”と疑問に思うかもしれませんが、
あくまで違反にならないように合法的に狙っていくための戦略です。

何も正々堂々と真っ向から違反するようなわけではありません。笑

それだと、わざわざこうした専門的な教材なんてなくても、
コピペ感覚で保存した動画を投稿すればいいだけだと思います。

でも、それだと稼げないから、教材が必要なんですね。

YouTubeのグレーゾーンで稼ぐという選択肢

エビルユーチューバーには約PDF230ページに渡り、
ぎっしりと著作権に関する記述がされています。

戦略は極めて邪道ですが、その肝心の教材内容は
これ以上ないほどの正統派で分かりやすくまとめられています。

なので、安心して手を染める事ができます。

ただ、やはり盗作のようなことをするのは、
いくらお金の為とは言え、モラルに反すると感じるのであれば、
別の正攻法に取り組んで稼がれた方がいいかもしれません。

”何よりもお金を稼ぐことが最優先だ”

という方であれば、はっきり言って今のところ、
これほど稼ぎやすい方法はないと思いますね。

特に細かいことを気にしないのであれば、
エビルユーチューバーはかなりオススメです。

エビルユーチューバー

甲斐陸斗からの「エビルユーチューバー」購入者特典1

私からエビルユーチューバーをご購入いただいた方には
YouTubeに初めて参入する方も安心して実践できる初心者教材と、
更にYouTubeの収益を加速させていく一歩先を進むノウハウ教材を
特典として付け加えさせていただいています。

その主な内容としては、

  • 稼ぐべくして稼げる動画の種類
  • 登録者数を伸ばせるチャンネルの種類
  • チャンネル別の全ネタ収集先
  • 投稿動画のキーワード選定の重要なポイント
  • 運営チャンネルの詳細なカスタマイズ方法
  • チャンネル運営時の最も重要な戦略的思考
  • 超初心者でも安心のチャンネル開設方法
  • 具体的に動画を投稿するまでの手順
  • 動画の理想のアップ数や効果的な投稿ペース
  • YouTubeで検索上位表示するための基本原則
  • 特化型チャンネルのカスタマイズ方法

などなど、挙げ始めるとキリがありません。

これまでに私が目を通してきた、
様々なYouTubeのノウハウをはじめ、
エビルユーチューバーに不足している知識や情報など、
実践用に分かりやすくまとめたYouTube教材です。

ただエビルユーチューバーを活かすだけの特典というよりも、
邪道も王道も関係なく、今後もYouTubeで稼いでいくための
あらゆるYouTubeノウハウをまとめた内容になっています。

実際に稼いでいるからこそ教えられる情報が目白押しなので、
ぜひ、本教材と合わせてお役立ていただければと思います。

甲斐陸斗からの「エビルユーチューバー」購入者特典2

あと、万が一のことも考慮して、
120日間のメールサポートもつけてさせて頂きます。

エビルユーチューバーにも手厚いサポートはあるのですが、
一応、私も自分がYouTubeで稼いでいる収入とは別に、
コンサル生たちにもYouTubeアドセンスで
それなりに稼がせている実績がありますので、
私なりにアドバイスできることもあると思います。

私にもお手伝いできることがあれば、
協力を惜しむつもりはありませんので、
是非とも使い倒して頂ければと思います。

以上が私からの購入者特典になります。

ぜひ、一緒にがんばっていきましょう。

エビルユーチューバー

それでは。

完全無料メルマガ講座はこちらから

トップメニューへ戻る