甲斐です。

今回はYouTubeアドセンスで
テキスト系のスライド動画を投稿して、
稼げる報酬目安についてお話をしていきます。

動画のタイトルとサムネイル画像に釣られて視聴すると、
背景の画像と共に文章と音声が流れるだけの”あの動画”です。

YouTubeにテキスト系のスライド動画を投稿して稼げる報酬目安について

まず、そもそもの話、いくらYouTubeが稼ぎやすいとはいえ、
あんなスライド動画で本当に稼げるのか”疑問”だと思うのですが、
結論から言えば、”あんな動画だからこそ”稼げます。

それもテキスト系のクリック課金型アフィリエイトと同等か、
うまくやれば、それ以上を普通に狙うことができます。

「え?アレで?」

と思うかもしれませんが、”アレ”で稼げます。

トレンドアフィリエイトで月収10万円を目指すくらいなら、
YouTubeのテキスト動画なら20~30万円くらいは稼げます。

実際、YouTubeで成果を出している情報発信者の中には、
現在進行形でスライド動画で稼いでいる人も多いと思います。

その理由はいくつかあるのですが、
大きく分けると”2つ”あります。

YouTubeにテキスト系のスライド動画を投稿して稼げる理由

まず、1つ目は、アフィリエイターの総人口が増えて、
テキスト系のコンテンツの質が高くなっていることが関係します。

先ほど例に挙げたトレンドアフィリエイトで言えば、
トレンドキーワードをもとにして、
一から記事を書いているアフィリエイターは大勢いますし、
現在進行形でどんどん参入者は増えている状況です。

ですが、世の中のトレンドの情報というのは、
決して無限ではなく、必ず限りがありますので、
競合が増えれば、限られたパイを取り合うことになります。

例えば、「Googleトレンド」では、
随時、250のトレンドキーワードが表示されますが、
それも見方によっては250”しか”選択肢はないわけです。

それは「Yahooリアルタイム、急上昇」も同様です。

まぁそんな時のために「複合キーワード」があるのですが、
それでも検索ボリュームが多いものは実質的に限られています。

ですので、大勢の競合がいる中で安定して稼いでいくためには、
必然的に”コンテンツの質”を高くしなければ検索上位表示できず、
結果として実力がなければトレンドアフィリエイトでは稼げません。

いち早くトレンドをキャッチすれば稼げるとか、
トレンドをズラして検索上位を狙うとか、
もはや”常識レベルで誰でも知っている話”ですから、
そんなものが通用する時代は”とうの昔に終わっている”んですね。

本当に”早い者勝ち”でどうにかなるノウハウなのであれば、
原則、移り変わりが激しい”旬の情報”を追いかけている
トレンドアフィリエイトの実践者はもっと稼げているはずです。

それでもほとんどの実践者が”稼げていない”ということは、
どんな合理的なアフィリエイトのノウハウであろうと、
コンテンツの質が高くなければ稼げない、ということです。

それでも、うまい言葉にまんまと踊らされて、
興味本位で参入するアフィリエイターは後を絶たないのですが、
そのお陰でコンテンツのレベルが上がっているというわけです。

まぁ今後もアフィリエイターは増えていくでしょうから、
ノウハウ任せにして稼げることはないでしょうし、
検索上位に表示できるコンテンツを作れる実力が無ければ、
テキスト系のアフィリエイトで稼げるようにはなりません。

そして、そんな豆粒程度の収益を稼ぐために、
切磋琢磨しているアフィリエイターの「努力の結晶」を、
YouTubeのテキスト系のスライド動画は利用して稼ぎます。

基本的に、わざわざ一から文章を考えるのではなく、
Google検索エンジンから良いネタ、コンテンツを探して、
それを使ったり、リライトしたり、組み合わせて稼ぐわけです。

GoogleからGoogleに利用するのは無理でも、
GoogleからYouTubeに利用するのは可能なので、
ちょっとしたペナルティ対策を施しておけば、
自らの手でコンテンツの質を上げる必要はなく、
他所から質が高いコンテンツを見つけるだけいいんです。

それを上手く利用すれば、
何の苦労もなく同等の価値を提供できるというわけです。

当然、Googleで検索ボリュームがあるような情報であれば、
YouTubeでもそこそこ需要が見込めますから、
ほとんど自分の実力とは関係なく稼ぐことができます。

まさに他力本願の極み、ですね。笑

YouTubeにテキスト系のスライド動画を投稿して稼ぐ効率的な方法

そして、2つ目の理由は、作業の効率面です。

例えば、トレンドアフィリエイトで一から記事を書いている人と、
その記事を利用してYouTubeに動画をアップする人では、
日々の作業に費やす「時間」と「労力」が違いますよね。

前者の記事を書く人の場合は、

  1. トレンドのネタをリサーチする(ネット、テレビ)
  2. キーワードをリサーチする(検索数、競合数)
  3. コンテンツを作成する

という、ステップを踏む必要があり、
全ての工程を終わらせるまでには、
少なく見積もっても約1時間ほどはかかってしまいます。

反対に、後者のYouTubeに動画をアップする人の場合は、

  1. トレンドのネタをリサーチする(ネット、テレビ)
  2. コンテンツのテキスト部分を動画に編集する
  3. 必要であれば関連する画像、音声を挿入する

という、ステップになります。

ほとんど何も考えるようなことはありませんし、
直感的に作業を進めていくことができますので、
全ての工程を終わらせるまでには30分もあれば十分です。

たったのこれだけで、コンテンツの質の高さは維持したまま、
倍以上のスピードでコンテンツを量産することができます。

勿論、そのままコピペしたような内容はNGですから、
いくつか関連するコンテンツを見つけて、
何かしらの手直しは加える必要がありますが。

ただ、いずれにしても、
一から文章を考えるよりも断然、早いです。

どちらが効率的に現金を手にすることができるか、
と考えると「Google」よりも「YouTube」なんです。

YouTubeにテキスト系のスライド動画を投稿して需要があるのか?/h3>

普通の動画を楽しみに視聴するユーザー側としては、
ハズレを引いて”騙された感”があるかもしれません。

ですが、テキスト系のスライド動画にも、
少なからず需要はあるんです。

例えば、視力が悪くて動画を見れない人や、
ラジオ感覚でYouTubeを聴いている人など、
「耳で動画の音声を楽しんでいるユーザー」です。

ですので、機械的な音声読み上げソフトではなく、
肉声で読み上げているコンテンツは、
YouTube上で再生回数も伸びやすく、
チャンネル登録されやすい傾向にあります。

ただ、やはり多くの場合は”残念な気持ち”になりますので、
視聴するユーザーを”わざと騙して”クリックさせるような、
タイトルと中身が伴っていないテキスト系のスライド動画は、
YouTube側からの評価が年々悪くなっています。

なので、ただのコピペ動画で、
稼ぎ続けていくことは難しいと思います。

したがって、今後も稼ぎ続けていくためには、
テキスト系の動画を求めている視聴者に向けて、
きちんと満足度の高い動画を提供する必要があると思います。

いかにして満足度の高い動画を作成するかが重要なので、
チャンネルのテーマや、動画のジャンルの選定が鍵ですね。

そこさえ履き違えなければ、20~30万円は十分狙えますし、
少なくとも月収10万円くらいは稼げるようになるはずです。

ちなみに、私がオススメしているYouTubeの稼ぎ方や、
YouTubeで稼ぐ上で手にしておいたほうがいい教材については、
「どのようにして、どれくらい稼ぎたいか」によって違うので、
他のブログコンテンンツや、無料メールマガジンを参考にしてみてください。

今からYouTubeで稼ぐための様々なヒントを公開しているので、
きっとあなたのお役に立てると思います。

無料メルマガ講座はこちらから

それでは。

ブログコンテンンツ一覧はこちらから