甲斐です。

 

先日、インフォトップの新商材を眺めていたところ、

YouTube系の「面白そう」な情報商材を発見しました。

 

一見、その商品名やセールスレターを読むだけでは、

そんなに「目新しさ」を感じさせるようなものではありませんが、

YouTubeで稼ぐための「的を得ている数少ない教材」だと思います。

 

こちらのYouTube教材ですね。

 

YouTubeオタクマーケティング!

URL:http://youtubeaffiliate.info/yotube/ot/

株式会社天空

藤原淳

YouTubeオタクマーケティング!(株式会社天空、藤原淳)レビュー

 

「YouTubeオタクマーケティング!」は、

商品名からも分かるように「オタクジャンル」を狙った

「特化型チャンネル」を運営して稼ぐノウハウになります。

 

ここで言う「オタクジャンル」とは、

 

  • アニメ
  • 漫画
  • ゲーム

 

といった「王道的なオタクもの」から、

 

  • 小説
  • 同人誌
  • 声優
  • イラスト
  • アイドル
  • スポーツ
  • 政治
  • プラモデル
  • 模型

 

など、多岐に渡ります。

 

いずれも「一般的」と呼べるほど広くは知られていませんが、

各市場では「一定以上の需要が見込めるもの」ばかりであり、

YouTube上で「再生回数が伸びていく見込みが高いジャンル」です。

 

そして、「YouTubeオタクマーケティング!」のノウハウは、

そんな「特定の情報」から「特化型チャンネル」を作り、

ネタを集めて、動画に変換して、投稿する、という流れになります。

 

自主的に何か他のジャンルに置き変えたりすることができれば、

やり方次第では「幅広く応用できるノウハウ」ですね。

 

例えば、セールスレター内でも言及されていますが、

自分の「好きなことや趣味」などがあれば、

そういったものを活かすことも可能なノウハウだと思います。

 

YouTubeオタクマーケティング!の有用性

 

「YouTubeオタクマーケティング!」は、

「オタクジャンル」を狙うというトリッキーなイメージとは裏腹に

「専門性の高いチャンネルで勝負するノウハウ」としてみれば、

YouTubeで稼ぐための”本質的な部分を学べる教材”だと思います。

 

特に「オタクジャンル」に興味がない場合でも、

様々なジャンルで有用性が高いノウハウですので、

「YouTubeで稼ぐための要点」を押さえたい人向きですね。

 

実際のところ、今からYouTubeで稼ぐためには、

顔出し、声出し、名前出しをして取り組むか、

そういったことを伏せて匿名で取り組むか、など、

チャンネル運営の「方法」は大した問題ではなくなっています。

 

重要なのは、チャンネル運営の「戦略」です。

 

YouTube初心者がいきなり有名ユーチューバーのように、

自分の体を張って特技や面白いことをしたところで、

よほど本人に魅力がない限りは再生回数は伸びませんし、

ただ毎日ニュース速報を追いかけ続けてもチャンネル登録者は増えません。

 

少なくとも、稼ぐべくして稼ぐためには、

 

  • 他人の「興味」を引けるジャンルであること
  • ターゲットの「好奇心」が湧くコンテンツを作ること
  • 他の動画も見ようと思うほど「共感」を与える内容であること

 

上記の要素が不可欠になります。

 

例えば、「ど素人のユーチューバー」が、

自分本位の動画を作成しても再生回数が伸びないのには理由があり、

そもそも検索需要がないキーワードを狙っていたり、

見様見真似のネタで二番煎じな動画を作成しているからです。

 

特に有名なもので言えば、

顔出し系なら「○○やってみた」というネタは、

その”ネタ自体には検索キーワードも何もありません”。

 

本人に”ファンがついているから”こそ、

多少なりとも見てもらえるコンテンツです。

 

要するに、そのユーチューバー本人が、

「検索キーワード」になって視聴されているわけですね。

 

それを見様見真似で「赤の他人のど素人」がやったところで、

誰もそんなものに興味もなければ、関心を示すわけもないので、

そんな動画の再生回数は豆粒ほどしか伸びなくて当然ですよね。

 

そもそも検索されないわけですから。

 

たとえそれが昔爆発的に流行った動画ネタで、

多少なりとも「検索ボリュームがあるネタ」なのだとしても、

今更になって「コーラにメントス入れてみた」なんて動画を投稿して

そこから再生回数が伸びたとしても2、3桁が限界じゃないでしょうか。

 

そんな動画コンテンツはすでにYouTube上に五万とありますから、

興味を引かれることのない「ありきたりで退屈な動画」でしかありません。

 

つまり、YouTubeは初心者であればあるほど、

「他人の興味を引けるジャンル」のキーワードを狙わなければ、

どれだけ体を張ったところで再生回数は伸びないということです。

 

もちろん、それは完全匿名チャンネルでも変わりません。

 

また、もしもその投稿動画が「見れば面白いもの」で、

偶然、検索結果にうまくヒットして表示されたとしても、

パッと見で「クリックされる工夫」がなければ、

そこから再生回数が伸びることはありません。

 

動画のタイトル、サムネイル画像、キャッチコピーなど、

第一印象を決めてしまう外的なポイントには、

ターゲットの好奇心をくすぐるような工夫が必要不可欠です。

 

少なくとも、よほどの意外性を出さない限りは、

ど素人の「○○やってみた」なんてフレーズでは、

ターゲットの好奇心を刺激してクリックさせることは難しいと思いますね。

 

そして、仮にクリックして動画を見てもらえたとしても、

それが視聴者に「反感」を与えるようなものであれば、

低評価がつくだけでチャンネル登録してもらうことはできません。

 

視聴後にチャンネル登録してもらえなければ、

そのユーザーからの視聴は単発的に終わり、

チャンネル全体の関連動画の再生回数を伸ばす機会は失われます。

 

何もしなくても再生回数が伸びるようなヒット動画でも、

その単一動画だけで継続的に稼げるわけではありませんので、

チャンネル登録者数を伸ばせる工夫の「有無」によって、

結果的にYouTubeから稼げる金額は大きく違います。

 

今のYouTubeではコンテンツが爆発的に増え続けていますので、

その数ある中から安定して再生回数を伸ばしていくためには、

大勢の競合に負けないように「チャンネルを育ててなんぼ」です。

 

つまり、その他のビジネスと同様に、

YouTubeも「戦略的」に取り組まなければ、

個人のポッと出たアイディア程度では”稼げない”ということです。

 

その点、「YouTubeオタクマーケティング!」は、

先立つ「オタクジャンル」を一つのキッカケにして、

特化型チャンネルで再生回数を伸ばしていくための

ポイントや視点を学ぶことができます。

 

オタクジャンルに拘りすぎずシンプルに考えれば、

かなり「戦略的なノウハウ教材」だと思いますね。

 

「YouTubeオタクマーケティング!」のオタクジャンルについて

 

「YouTubeオタクマーケティング!」は先述したように、

様々なジャンルに応用することができると思いますが、

教材の方針としては「オタクジャンル」を推奨しています。

 

特にアニメ、ゲームなどの実況系ですね。

 

ただ、個人的な見解としては、

重要なのは”ノウハウ全体の捉え方や視点”だと思いますので、

「オタクジャンル」にこだわる必要はないかな、と思います。

 

強いて「オタクジャンル」ならではの強みを挙げるとすれば、

商品のセールスレター内でも言及されている点なのですが、

「その他のアフィリエイト商品が売れやすい」という点ですね。

 

特に「アイドルオタク」が良い例ですが、

わざわざ握手券のためにCDを数百枚も購入したりするように、

熱狂的なオタクであるほど、”お金を惜しまない”んですよね。

 

「YouTubeオタクマーケティング!」では、

一応、YouTube動画以外のツイッターやブログなど、

その他のアフィリエイト媒体と連携して稼ぐノウハウも含まれているので、

そこまで展開できれば「オタクジャンル」は美味しいかもしれません。

 

YouTubeオタクマーケティングは稼げるのか?

 

「YouTubeオタクマーケティング!」販売者の藤原淳さん曰く、

このオタクジャンルであれば特別なスキルがない初心者でも、

「YouTubeで稼ぐことができる」とレターで強く主張されていますが、

実際に言っていることは間違いありませんし、同意できます。

 

私も似たようなノウハウで稼いでいますし、稼がせていますので、

セールスレターで提唱しているように「1日35分」で、

そこまで大きな結果を出せるかどうかは分かりませんが、

多少の「個人差」はあっても”稼ぐことはできる”と思います。

 

藤原淳さんご本人もオタクジャンルを狙ったYouTube動画で、

これまでに2~300万再生をいくつも叩き出しているそうなので、

「YouTubeオタクマーケティング!」の購入者特典として付けられている

3ヶ月間の無料サポート、動画診断サービス、一回限りスカイプコンサルなど、

上手く使えば初心者でもそれなりに稼げるようになるんじゃないでしょうか。

 

教材販売価格は「29,800円」と安くはありませんが、

本気で今からYouTube市場に参入して稼ぎたいのであれば、

「費用対効果」を考えるとなかなか良い買い物だと思います。

 

少なくとも、

10~30万円は十分見込めるノウハウだと思いますので。

 

まぁ何にしても、YouTubeで稼ぐためにはチャンネル運営以前の

ターゲット選定や企画選定を明確にしておくことが重要ですので、

「初心者」や「YouTubeを実践して稼げていない人」は、

この教材で学ぶべきことがあるのではないかと思います。

 

興味があれば目を通してみてください。

 


Youtubeオタクマーケティング!

 

それでは。

 

無料メルマガ講座はこちらから