甲斐です。

 

年々市場が拡大して行っている情報業界ですが、

一概に”ネットビジネスで稼ぐ”といっても稼ぎ方はいくつか方法があり、

今最もホットな市場は「YouTube」と利用した動画投稿ビジネスです。

 

おおまかな”動画を使った稼ぎ方”は

 

  • 動画関連の情報商材アフィリエイトで稼ぐ
  • 大々的なプロダクトローンチで稼ぐ
  • YouTubeアドセンスで稼ぐ

 

大半は上記のように集約されると思います。

 

”動画関連の情報商材アフィリエイトで稼ぐ”場合は、

YouTubeやニコニコ動画などを”リスト集め”に活用する戦略です。

 

次に、”大々的なプロダクトローンチで稼ぐ”場合ですが、

有名情報起業家と呼ばれる人達が駆使している事から分かるように、

顔出し、声出し、名前出し、売り込み、など、スキルや知識以外にも

必要なものやリスクが多く「一般人向け」の戦略ではないと思います。

 

当然、それなりの広告費用になりますので、自己資金も必要です。

 

最後の”YouTubeアドセンスで稼ぐ”という方法は

おそらくこれが最も有名な動画を使った稼ぎ方だと思います。

 

所謂、「ユーチューバー」と呼ばれる人たちを始め、

世界中で多くの人が参入しているビジネスモデルです。

 

YouTubeアドセンスは、

”動画が再生されるだけ”でお金になるという性質上、

「スキル」というスキルをさほど必要としません。

 

事実、”小さな子供でも月収百万円以上”を稼いでいたりと、

誰でも気軽に参入できることから、

副業としても本業としても人気の高い動画投稿ビジネス初心者です。

 

ただ”投稿動画が再生されるだけでお金になる”という、

動画投稿ビジネス特有の報酬体系と参入障壁の低さから、

ネットビジネスで今”最も稼ぎやすい市場”とまで言われています。

 

今回はそんな今最も話題性の高いYouTubeアドセンスを利用して、

合法的にグレーゾーンを狙った稼ぎ方で一世を風靡した

有名な情報商材を今回は取り上げていこうと思います。

 

こちらですね。

 

YouTubeトレンドマーケティング

バナナデスク

岡田崇司

株式会社move

YouTubeトレンドマーケティング(バナナデスク、岡田崇司)株式会社move

 

「YouTubeトレンドマーケティング」販売者の、

バナナデスクさんと株式会社moveは「下克上」という

トレンドアフィリエイト教材を販売された事で有名な情報起業家です。

 

【下克上】GEKOKUJYOの詳細はこちら

 

最近では「パイレーツオブYouTube」や、

過去には「下克上」の他に「心理学アフィリエイト」、

「秀吉塾」といった数々の情報商材を販売されています。

 

各商品は相当数売れただけではなく、

今でもまだまだ継続的に売れ続けています。

 

私もバナナデスクさんから販売された情報商材は

「下克上」を始め「心理学アフィリエイト」や、

もちろん「YouTubeトレンドマーケティング」も手にとっています。

 

また、実際にノウハウに取り組んでみて、

ある一定額以上は稼いでいますので、再現性の高さも実感しています。

 

そこに関しては特に言及するつもりもありませんし、

バナナデスクさんはいつも少ない作業で一定の再現性が見込める

初心者やノウハウコレクター向けの教材を販売していますので、

”目の付け所がいい情報起業家”だと思います。

 

ただ、その一方でバナナデスクさんの情報商材は決まって

少々誇大広告気味なところがあり、すべてを鵜呑みにはせず、

そのノウハウを元に、研究を重ねていく必要はあるとも思っています。

 

今回の「YouTubeトレンドマーケティング」は販売価格4万円と

決して安いものではありませんし、少し誇大広告気味なところが

販売当初からありました。

 

販売開始が2年前という事もあり、

このノウハウを”そのまま実践するだけ”でも

ある程度は実際に稼げていたのも事実ですが、

「言うほどではない」というのが個人的な感想です。

 

ノウハウも一時間程度の動画を7つ見れば完璧に把握できるほど簡単で、

”撮影不要で一つの動画制作30分”というのは事実です。

 

ただ「考えるという作業を極限まで行う事なく、作業の繰り返しで稼ぐ」

というのは今は当時とは少しYouTubeのアルゴリズムなど勝手が違い、

もう”このノウハウだけで稼ぐ”という事は現実的に難しいと思います。

 

まあ、「YouTubeトレンドマーケティング」の場合は、

ノウハウといっても”他人のふんどしを借りて相撲をとる”ようなもので、

実質的に取り組む作業は音声編集や、画像作成のみです。

 

ただ、”知っているのと知らないのとでは大違い”といった感じですね。

 

知ればなんてことはないノウハウでも、

自分自身で発案することは難しいですから、

それこそグレーゾーンを合法的に稼ぐなんてノウハウはYouTubeを

”独学で稼ごう”と考えている人には目からウロコだと思います。

 

しかし、販売から2年経過した今もなお

「YouTubeトレンドマーケティング」に4万円という、

高額な商材代金を支払うほどの有用性があるのかというと、疑問です。

 

なぜかと言うと、「YouTubeトレンドマーケティング」と同様に、

YouTubeアドセンスのグレーゾーンを狙って稼ぐノウハウ教材で、

より”今のYouTube市場に合ったクオリティの高いもの”が

この半額以下の販売価格で売られているからです。

 

エビルユーチューバーの詳細はこちら

 

また、そういったYouTubeのグレーゾーンを専門的に狙わなくても

王道のYouTubeアドセンスの稼ぎ方を皆で共有することができる、

「YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム」という企画には

あらゆる”稼ぎやすい動画事例”が掲載されており、

そこにグレーゾーンを狙うノウハウと似た方法も記載されています。

 

YouTubeAdense攻略情報共有プログラムの詳細はこちら

 

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラムに関しては9800円ですので、

YouTubeトレンドマーケティングの4分の1の価格で

ほとんど同じノウハウを実質的に知る事ができるわけですね。

 

それにも関わらず、今もなおYouTubeトレンドマーケティングが

売れ続けている理由として考えられるのは、

多くのアフィリエイターがそういった”真実”を隠して、

自分本位に売っているからなのではないかと思います。

 

なぜ「YouTubeトレンドマーケティング」を売るのかと言うと、

単純に”アフィリエイト報酬が高いから”です。

 

YouTubeトレンドマーケティングは

購入者には個別のアフィリエイト権が特典として配布されるので、

その場合は最低でも一見につき20000円は報酬が入りますし、

売れば売るだけ報酬額が上がっていくというシステムです。

 

つまり、「YouTubeトレンドマーケティング」は

コンテンツの内容がいいから売れているというよりは、

アフィリエイターたちが”高額なアフィリエイト報酬”が欲しいから、

そんな事を知らない初心者に売り込んでいるだけ、だという事です。

 

今でもまだ同じノウハウで取り組んでいる人もいるとは思いますが、

今からYouTubeアドセンスで稼いでいこうと思うのであれば、

決してオススメはできる情報商材とは言えないと思います。

 

少なくとも先述したようにグレーゾーンならエビルユーチューバー、

王道の稼ぎ方であればYouTubeAdsense攻略情報共有プログラム、

これらの情報商材の方が、圧倒的にその再現性、有用性は高いと思います。

 

まぁそれぞれに若干の違いはありますので、

興味があれば、セールスレターを読み比べてみてください。

 

エビルユーチューバー

 

YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム

 


YouTube トレンドマーケティング

 

それでは。

 

無料メルマガ講座はこちら

 

トップメニューへ戻る